ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > デジブラ・デーリー画像 > トピック一覧 > 2018年11月26日(月)

デジブラ・デーリー画像コミュの2018年11月26日(月)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

2018年11月26日(月)晴れ8.7℃〜17.5℃
今日も晴れに成りましたが、最低気温は昨日程下がらず、最高気温は前日並みの様です。

チューリップアザミ(薊)(Cirsium)
キク科 アザミ属 花期、5〜9月 草丈、30〜50cm
ギリシャ語の古名の「cirsion」が語源。「cirsos(静脈腫)」の症状に対して薬効を持つ植物があり、その植物にアザミが似ていることからこの名前になった。
撮影編集日:2018年11月26日 場所:大阪府堺市 新金岡

コメント(17)

チューリップカスミソウ(霞草)(Gypsophila elegans)
別名、(宿根霞草)(花糸撫子)
ナデシコ科 ジプソフィラ属 花期、5〜6月 草丈、30〜80cm
中央アジア原産で、かすみをかけたような小花を咲かせる。別名をベビーズブレス(赤ちゃんの吐息)。花色は白とピンク。
撮影編集日:2018年11月26日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
チューリップススキ(薄)(Miscanthus sinensis)
イネ科 ススキ属 花期、9〜10月 草丈、1〜2m
多年草で、花序は20〜30cm、秋の七草で月見には欠かせないものですが、花粉症にかかる人も居るとか。「幽霊の正体見たり枯れ尾花」とはススキの事。
撮影編集日:2018年11月26日 場所:大阪府堺市 新金岡
芽ブーゲンビレア(Bougainvillea glabra) 
和名、イカダカズラ(筏葛)
オシロイバナ科 イカダカズラ属 花期、5〜10月 樹高、5mつる性
南米原産、綺麗な花に見えるのは葉が変化し苞で花弁では無い、花径3cm、花色、桃、青紫、赤、橙、白、黄色。
撮影編集日:2018年11月26日 場所:大阪府堺市 新金岡
芽ヤツデ(八手)(Fatsia japonica)
別名、テングノハウチワ
ウコギ科 ヤツデ属 花期、11〜12月 樹高、1〜3m
20〜40cmもある大きな掌状の葉が特徴で、ヤツデと言っても葉は7や9に切れ込むことが多い、枝先にボールのような丸い小さな白い花。
撮影編集日:2018年11月26日 場所:大阪市 長居公園
さくらんぼアキニレ(秋楡)(Ulmus parvifolia) 実
別名、イシゲヤキ、カワラゲヤキ
ニレ科 ニレ属 花期、9月 樹高、10〜15m
秋楡は本州中部以西に分布する落葉高木て、花は2〜4mmの小さい花で両性種。果実、7mm〜1.3cmの柄の中に種を2個。
撮影編集日:2018年11月26日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
さくらんぼイチジク(無花果、映日果)(Ficus carica)
クワ科 イチジク属 花期、5〜9月 樹高、2〜10m
原産地はアラビア南部、雌雄異株で、単独で結実する品種。花は、花嚢の中に咲き外からは見えない。
撮影編集日:2018年11月26日 場所:大阪府堺市 新金岡
さくらんぼガマズミ(Viburnum dilatatum)実
スイカズラ科 ガマズミ属  花期、4〜5月 樹高、2〜3m
山地や丘陵地の明るい林や草原に生える落葉低木、関東以西、四国、九州に分部、小さな白い花。
撮影編集日:2018年11月26日 場所:大阪府堺市 堺市緑化センター
さくらんぼネーブルオレンジ (Navel Orange)
ミカン科 ミカン属 花期、4〜5月 樹高、1.5〜3m
ネーブルは柑橘類でオレンジの一種、日本ではカリフォルニア産が多く輸入され、広島県、和歌山県、静岡県、愛媛県などで生産されている。
撮影編集日:2018年11月26日 場所:大阪府堺市 堺市緑化センター
さくらんぼハッサク(八朔、晩柑類)(Citrus hassaku)実
ミカン科 ミカン属 花期、5〜6月 樹高、1〜3m
ハッサクは夏みかんに似ているがやや小さく皮が薄い。旧暦の8月1日を指す意味でこの頃食べられる。
撮影編集日:2018年11月26日 場所:大阪市 長居公園
さくらんぼフユサンゴ(冬珊瑚)(Solanum pseudo-capsicum Snow Sango)実
花名、スノーサンゴ
ナス科 ソラナム属 花期、6〜9月 草丈、10〜150cm
ブラジル原産で、フユサンゴの斑入りで、実の観賞期は7〜12月。
撮影編集日:2018年11月26日 場所:大阪府堺市 新金岡
さくらんぼヤブサンザシ(藪山査子)(Ribes fasciculatum Sieb. et Zucc.) 実
別名、キヒヨドリジョウゴ(木鵯上戸)
ユキノシタ科 スグリ属 花期、3〜4月 樹高、1〜1.5m
本州、四国、九州に分部する落葉低木、雌雄別株でこれは雄花の様で雌花は見確認です。花径、6〜8mmで黄色い花。果実も7〜8mmで秋に赤く熟す。
ユキノシタ科では珍しい低木で、サンザシはバラ科の樹木です。
撮影編集日:2018年11月26日 場所:大阪市 長居公園
さくらんぼユズ(柚子)(Citrus junos)実
ミカン科 ミカン(シトラス)属 花期、4〜5月 樹高、3m
中国原産の柑橘類で、花は白い5弁花で、実径は6〜7cm程のオレンジ色で、果実は冬至の日に入る柚子湯や、料理の香付けに使われる。
撮影編集日:2018年11月8日 場所:大阪府堺市 新金岡
さくらんぼランシンボク(爛心木)(Pistacia chinensis Bunge) 実
別名、カイノキ、トネリバハゼノキ
ウルシ科 ランシンボク属 花期、4月 樹高、15〜25m
中国、フィリピン原産、雌・雄異株で4月ごろ赤黄色い花を沢山付ける。
撮影編集日:2018年11月26日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
ひよこアオジ(青鵐)(Emberiza spodocephala) 雌
スズメ目 ホオジロ科 全長、約16cm
特徴:頭上と頬は緑灰色で目先から嘴の基は黒味が強い。背は緑灰色で黒い縦斑があり、腰は茶褐色。翼には2本の淡色帯がある。下面は黄緑色で顎線と胸から脇にある縦斑は灰黒色。特徴:雌は、頭上と頬は灰緑色、眉斑と下面は淡黄緑色で黒い顎線と胸には縦斑がある。
分布:日本では本州の中部以北、北海道で繁殖する。冬は本州西南部、四国、九州から台湾、中国南部にかけてすごす。
生息地:山地帯上部から亜高山帯下部にかけての、比較的乾いた明るい林にすみ、疎林で藪が多いところ、林緑、若木林などを好む。
採餌:タデ科、イネ科などの種子、ズミ、イポタノキの果実、夏には昆虫の成虫・幼虫も食べる。
撮影編集日:2018年11月26日 場所:大阪府堺市 大和川、河川敷



ペンギンキジバト(雉鳩)(Streptopelia orientalis)
別名、ヤマバト
ハト目 ハト科 全長、32〜35cm
特徴:体はぶどう色がかった灰褐色。雨覆は黒く、羽の縁は赤褐色と灰色で、その名の通り、キジの雌の背と色が似る。くびには青と黒の斑がある。尾は灰色で、先端は縁が白くなっている。羽のうろこ模様が特徴。
分布:日本では全土にすみ、北海道では夏鳥、本州、四国、九州、南西諸島では留鳥として繁殖し、ごくふつうに見られる。
生息地:低地から亜高山帯まで、また農耕地や雑木林から原生林まで、幅広くすむ。とくに畑地と周辺の集落、雑木林に多い。公園や街路樹、庭木などのある市街地にもすむ。ニセアカシアが多い河川敷にも多数生息する。
撮影編集日:2018年11月26日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
ひよこシロハラ(白腹)(Turdus pallidus)
スズメ目 ツグミ科 全長、24〜25cm
特徴:全体的に灰褐色、翼、背、腰は特に褐色味が強い。尾は黒味がかり、外側尾羽の先に白斑がある。雌雄共に色は似ているが、雄は頭部が黒く目の周りの黄色が強い。雌の方が顔や腹部が白っぽく、目の上に薄い眉斑がある。雌雄同色。
分布:日本には冬鳥として渡来し、積雪の少ない地方で越冬する。
生息地:越冬期には、低山や丘陵のササなどの下生えがよく茂った常緑広葉樹林に、単独または小群で生息する。
採餌:地上を歩きながら、落ち葉をはねのけてミミズや昆虫などを食べる。
撮影編集日:2018年11月26日 場所:大阪府堺市 大泉緑地

ログインすると、残り1件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

デジブラ・デーリー画像 更新情報

デジブラ・デーリー画像のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済