ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > デジブラ・デーリー画像 > トピック一覧 > 2018年10月9日(火)

デジブラ・デーリー画像コミュの2018年10月9日(火)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

2018年10月9日(火)晴れ18.0℃〜28.0℃
今日も晴れですが、明日は雨で気温の高い日も今日までの様で、明日前線通過後は気温は下がり秋本番に成る様です。

芽カッシア・コリンボサ(Cassia corymbosa)
別名、アンデスの乙女、ハナセンナ(花旃那)
マメ科 カッシア属 花期、9〜10月 樹高、50〜300cm
南米原産、 濃い黄色の5弁花が咲く。ヨーロッパではセンナと言う事から花センナ。
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪府堺市 大泉緑地

コメント(23)

芽カッシア・コリンボサ(Cassia corymbosa) 白
別名、アンデスの乙女、ハナセンナ(花旃那)
マメ科 カッシア属 花期、9〜10月 樹高、50〜300cm
南米原産、 濃い黄色の5弁花が咲く。ヨーロッパではセンナと言う事から花センナ。
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
チューリップステルンベルギア・ルテア(Sternbergia lutea)
別名、キバナタマスダレ(黄花玉簾)
ヒガンバナ科 ステルンベルギア属 花期、9〜10月 草丈10〜20cm
タマスダレに似た、花径3cm程で純黄色の6弁花を咲かせ、よく育つので人気があります。
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪府堺市 百舌鳥赤畑町
チューリップブルーエルフィン(Clerodendrum ugandense)
別名、クレロデンドルム・ウガンデンセ
クマツヅラ科 クレロデンドルム属 花期、8〜11月 樹高、1〜3m
熱帯アフリカ原産の常緑低木、花径2cmの蝶のような淡いブルーの花をつける。 
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪府堺市 新金岡
チューリップユウゼンギク(友禅菊)(Aster novi-belgii)
キク科 アスター属 花期、8〜11月 草丈、40〜100cm
北米原産、花径約2.5cmの花が群がって咲く、花色は青紫、紅、桃、白と多彩。
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪府堺市 新金岡
チューリップユウゼンギク(友禅菊)(Aster novi-belgii)
キク科 アスター属 花期、8〜11月 草丈、40〜100cm
北米原産、花径約2.5cmの花が群がって咲く、花色は青紫、紅、桃、白と多彩。
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪府堺市 新金岡
さくらんぼコナラ(小楢)(Quercus serrata) 実
ブナ科 コナラ属 花期、4月 樹高、25m
コナラはモミジ程では無いが黄色から赤褐色に紅葉する。花は雌雄同株で、本州、四国、九州に分部する。
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪市 長居公園
さくらんぼドイツスズラン(鈴蘭)(Convallaria majalis) 実
別名、ドイツスズラン(lily of the valley)
キジカクシ科 スズラン属 花期、4〜6月 草丈、20〜35cm
鈴蘭は花の形やつき方が鈴を思わせ、ユリ科だが、ラン科の植物に似ているところからついた名。 
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪府堺市 新金岡
さくらんぼノグルミ(野胡桃)(Platycarya strobilacea) 実
別名、ノブノキ
クルミ科 ノグルミ属 花期、6〜7月 樹高、5〜10m
落葉高木で、日本では本州(東海以西)、四国、九州に見られる。雌花序長は2cm、雄花長は5〜8cm、実は3〜4cmの楕円形。
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪市 長居公園
さくらんぼヒオウギ(檜扇)(Belamcanda chinensis) 実
別名、ぬばたま(射干玉)
アヤメ科 ヒオウギ属 花期、7〜8月 草丈、40〜60cm
オレンジ色で斑点のある6弁花が咲く、葉の並び方が、ヒノキの薄い板をとじあわせた扇)に似ているところから。「桧扇」とも書く。
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪市 長居公園
さくらんぼフェイジョア(Feijoa sellowiana) 実
フトモモ科 フェイジョア属 花期、6〜7月 樹高、3〜5m
南米原産の果樹で、花が美しいので観賞用に出回っている。 果実は10から11月頃。
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪市 長居公園
さくらんぼボケ(木瓜)(Chaenomeles speciosa)実
バラ科 ボケ属 花期、3〜4月 樹高、30〜200cm
早春を彩る用途の広い花木の代表種。ボケ属には数種あり、花色は赤、桃、白などある。春に咲くものを(木瓜)と言い、実が瓜のような形であるところから「木瓜」。
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪府堺市 新金岡
さくらんぼモチノキ(黐木)(Ilex integra) 実
モチノキ科 モチノキ属 花期、4〜5月 樹高、25m
雌雄異株で、花径、約5mmで花弁は4枚でオシベも4個の黄緑色の花、モチノキの樹皮から鳥餅を作るので、これが和名の由来。
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪府堺市 向陵公園
ひよこキビタキ(黄鶲)(Ficedula narcissina)雌
スズメ目 ヒタキ科 全長、13.5cm
特徴:雄、上面が黒色で、眉斑が黄色、下面も黄色い。あごやのどは橙色で、胸から腹にかけては黄色。雌、全体がオリーブがかった褐色で、のどと腹の中央は淡い色である。
分布:中国、サハリン、日本には夏鳥として渡来繁殖し、ほぼ全国的に分布する。ボルネオやフィリピン等で越冬する。
生息地:丘陵や山地の常緑樹林、落葉掛林、針広混交林に生息する。北海道では平地の林にも生息する。
採餌:キク科、イネ科、タデ科、マメ科など種子食である。
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
ひよこカワラヒワ(河原鶸)(Carduelis sinica)
スズメ目 アトリ科 全長、14.5cm
特徴:全体がオリーブ色で、飛行中は翼と尾に幅広の黄色い帯が目立ち綺麗。雄は頭の部分が黄緑色、目先から嘴にかけて黒く見える。雌は雄よりも緑がかった褐色。
分布:日本には北海道から九州までの全域に分布する。北海道ではほとんど夏鳥で、一部が越冬し、他は暖地に移動する。その他の地域では留鳥である。
生息地:人家周辺、農耕地、雑木林、河原、海辺に群れで生息する。繁殖期には低地や低山のスギ、マツの針葉樹林帯で見られる。
採餌:キク科、イネ科、タデ科、マメ科など種子食べ、雛には種子の胚乳(はいにゅう)を与える。
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
ひよこコサメビタキ(小鮫鶲)(Muscicapa dauurica)
スズメ目 ヒタキ科 全長、13cm
特徴:体の上面は淡い灰褐色で、下面の喉(のど)、胸、腹とも白色。胸、脇はちょっとうす汚れた感じのする淡い灰褐色。
分布:日本には夏鳥として4月ごろ渡来し、北海道から九州までの全国各地で繁殖する。
生息地:平地から標高1000mぐらいまでの落葉広葉樹林、雑木林、カラマツ林に生息し、密生した林より明るい林を好む。一般には、同属のサメビタキよりも標高の低い山に生息し、両種は住み分けているらしい。
採餌:木の枝にじっととまり空中を飛ぶ蝶、蛾、虻などの昆虫をフライングキャッチ法で捕獲する。
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
ペンギンホシハジロ(星羽白)(Aythya ferina) 雄
カモ目 カモ科 全長、42〜49cm
特徴:頭とクビは赤褐色、胸は黒く、体は灰色で上下尾筒は黒い。嘴は黒くて、先端近くに鉛色の帯びがある。エクリプスは色彩が鈍い。
雌は頭部からクビは褐色で、目の周りと後に淡色の線がある。体は灰褐色、飛翔中に翼に灰色の帯が出る。
採餌:水中に潜って採餌、主としてアマモ、エビモなどの水草をとる植物食べる、イネ科やタデ科などの種子も食べる。
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
ペンギンホシハジロ(星羽白)(Aythya ferina) 雌
カモ目 カモ科 全長、42〜49cm
特徴:頭とクビは赤褐色、胸は黒く、体は灰色で上下尾筒は黒い。嘴は黒くて、先端近くに鉛色の帯びがある。エクリプスは色彩が鈍い。
雌は頭部からクビは褐色で、目の周りと後に淡色の線がある。体は灰褐色、飛翔中に翼に灰色の帯が出る。
採餌:水中に潜って採餌、主としてアマモ、エビモなどの水草をとる植物食べる、イネ科やタデ科などの種子も食べる。
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
かたつむりモンシロチョウ(紋白蝶)(Pieris rapae crucivora) コスモス
シロチョウ科 大きさ、20〜30mm 
時期、3〜11月 分布、全国。野原や畑でふつうに見られ、フワフワと飛ぶ白っぽいチョウ。いろいろな花で吸蜜する。  
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪府堺市 東三国ヶ丘
かたつむりイチモンジセセリ(Parnara guttata)コスモス
セセリチョウ科 大きさ、15〜21mm
時期、5〜11月 分布、本州・四国・九州・沖縄
茶色で後翅に白い斑点がつながった一文字模様を持つセセリチョウ。
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
さくらんぼトキリマメ(吐切豆)(Rhynchosia acuminatifolia)実
マメ科 タンキリマメ属 花期、7〜9月 草丈、10m程ツル性  
マメ科ツル性の多年草で、タンキリマメ(痰切豆)と良く似てますが、痰切豆との違いは、葉先が細くなるところと、葉を覆う毛が痰切豆より少ない点で区別できる。 花、果実では区別が難しい。
撮影日:2018年10月9日 場所:大阪府堺市 大泉緑地

ログインすると、残り3件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

デジブラ・デーリー画像 更新情報

デジブラ・デーリー画像のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済