ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > お笑い > コピペの館 > 【読み物・第5部】神様「神様だ...

ログインして参加する

このコミュニティに参加するにはログインが必要です。

【読み物・第5部】神様「神様だっ!!」 神使「神力ゼロですが...

【読み物・第5部】神様「神様だっ!!」 神使「神力ゼロですが・・・・・・」【長編SS】 2016年11月15日 21:02
mixiユーザーmixiユーザー
【第1部】http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=3885725&id=79821055
【第2部】http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=3885725&id=80018436
【第3部】http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=3885725&id=80396828
【第4部】http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=3885725&id=80765492
(それぞれリンク先のタグが↑と違っていますが事実上の第1部〜第4部です)

検索かけましたがもしかぶっていたらごめんなさいm(_ _)m
コメントに続きます。 くっしょん含めて、全部で51コメの予定です。
ただし、1回は規制が入るために(40コメント目)1時間ほど中断することになります。
途中コメント、栞(しおり)の書き込みは御遠慮願います。
『チェック』機能をご利用するか、携帯であればお気に入り登録、画面メモ保存をお勧めします。

携帯から読んでいて一番下までいけない場合は、機能設定で文字サイズを小さく変更すれば見れるはずです。
以下、コピペ↓


541:◆8YCWQhLlF2 2016/10/10(月) 23:50:28 ID:qI/0iV2M
ガタンゴトン


神使「神様?」

神様「なんだよ、極悪邪道腐れ犬ころ変態神使」

神使「スレが余っています」

神様「だから?」

神使「まだ私達の旅を書き記せます」

神様「いや、もう良いんじゃね?」

神使「もうじき次の目的地にも着きますし・・・」

神様「どうせ減給になるだけだから行かなくて良いと思うの」

神使「では、このまま鈍行に乗っていますか? 永遠に終わる事のない鈍行の旅・・・」

神様「!? “神ちゃんと行く全国牡蠣食べ尽くし漫遊記”スタートゥ!」

神使「タイトルが違います」


542:◆8YCWQhLlF2 2016/10/10(月) 23:51:50 ID:qI/0iV2M

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


神様「神様だっ!!」 神使「神力ゼロですが・・・・・・」



ガタンガタン
プシュー


神使「いや〜 良い所ですね」

神様「マジで30時間も電車に乗せられるとは思わなかった・・・」ゲンナリ


神使「見て下さい神様! この景色!」

神様「緑色しか見えないんだけど・・・ 人は? お店は? 人工物は?」キョロキョロ

神使「ホームしかないですね、この駅」ハハハ

神様「勘弁してくれよ〜 山しかねーじゃん・・・」


神使「私こういう雰囲気大好きです」

神様「私はコンクリートジャングルの方が好きです!」


543:◆8YCWQhLlF2 2016/10/10(月) 23:52:26 ID:qI/0iV2M

〜あらすじ〜


神様「かわゆい神ちゃん!」

神使「ダメ神です」


※コメントに続きます

コメント(53件)

[14]2016年11月15日 21:07
656:◆8YCWQhLlF2 2016/10/19(水) 20:18:03 ID:YnMAKHLo
神主「・・・古の昔より、おはしら山には不思議な力が隠されていると伝えられています」

神様「不思議な力ね〜・・・」

巫女「その力の暴走を止めるため、神さまが結界を張ったそうです」

神主「何千年も前のお話の伝承のようですが・・・」


巫女「神さまから結界の守りを任されたのが、あにあに神社の巫女だそうです」

神使「それが、山巫女様と言う事ですね?」

巫女「はい。 彼女の死後も村民が村の守り神としてお祀りしたと・・・」


巫女「山巫女様は、現在もあの神社で守り続けていると言われています」

神様「・・・・・・」

巫女「その山巫女様をお守りするのが、代々私の家系でした・・・」

神使「失礼ですが、神主さんはどのような経緯で?」

神主「私は、彼女の・・・ その、婚約者でして、婿養子として近いうちに籍を入れる予定です」

神使「なるほど、それで神職に?」


657:◆8YCWQhLlF2 2016/10/19(水) 20:19:23 ID:YnMAKHLo
神主「・・・私と巫女ちゃんは昨年まで市内にあるスーパーで働いていました」

神使「と言う事は、あのご神体を守るためにこの村に戻って来られたと?」

神主「いえ・・・」


巫女「今の時代、山巫女の結界なんて誰も信じていませんでした。 私の母も父も市内で会社勤めしていましたし」

神主「村の人もそんな昔話は誰も信じておらず・・・ 私達も最初は村に戻るつもりなどありませんでした」

神様「でも、村長以下村人全員山巫女を信じているっぽかったけど?」


巫女「・・・1年ほど前から山巫女様に異変が・・・」

神使「異変・・・ ですか?」

巫女「はい。 夜になるとお告げのような物を出すようになったんです」

神様「お告げ?」


658:◆8YCWQhLlF2 2016/10/19(水) 20:20:54 ID:YnMAKHLo
巫女「山巫女様から、直接お言葉が・・・」

神様「マジかよ・・・ 怖いなそれ・・・」

神使「そのような現象というのは例があるんでしょうか?」

神様「いや〜 私は聞いた事無いけど・・・」


神主「私も最初は信じていなかったのですが・・・ その、ハッキリと・・・」

巫女「私も何度か聞きました」

神様「う〜ん・・・」


神主「村長の命令で、さすがに巫女ちゃんは村に戻らざるをえなくなりまして」

巫女「しかし、一人で村に戻るのはさすがに・・・」

神主「私が神職の資格を取るので、それまで待って欲しいという条件で・・・ 先月私が資格を取ったため二人で戻ってきたのです」


659:◆8YCWQhLlF2 2016/10/19(水) 20:21:42 ID:YnMAKHLo
神使「その間、神宮が宮司の派遣を行っているのですが村からのご依頼でしょうか?」

巫女「いいえ、私は存じ上げません」


神主「村は山巫女様の存在を隠す方向で動いていましたので、村以外から人を呼ぶというのは考えられないのですが・・・」

巫女「現に、村の人は追い返すため色々と行っていたようですし・・・」

神様「・・・・・・」


660:◆8YCWQhLlF2 2016/10/19(水) 20:22:40 ID:YnMAKHLo
神使「あの、神様?」

神様「ん?」

神使「四柱結界と関係あるのでは・・・」

神様「猫神が渡したK7の議事録か?」

神使「神様、読まれていたのですか?」

神様「ここ来る前に電車の中で読んだよ」

神使「それで、私の鞄に入れたんですね・・・」

神様「お前読んだのか?」

神使「すいません、盗み見するようなまねをして・・・」

神様「お前に読ませるために入れたんだよ」

神使「え?」

神様「今までの説明とあの資料を見て、お前ならどう判断する?」


661:◆8YCWQhLlF2 2016/10/19(水) 20:23:48 ID:YnMAKHLo
神使「神力を安定させるための四柱結界のうち第三柱近辺から神力異常が発生していると記載がありました」

神様「書いてあったね」

神使「場所は記載されておりませんでしたが、おはしら山ですよね? 第三柱がある場所って」

神様「そうだね」

神使「今回の現象は四柱結界の異常による神力放出では?」

神様「当ってる」

神使「やはり・・・」フム


神様「・・・・・・」

神使「・・・・・・」


神様「終わり?」

神使「はい。 まだ何か?」

神様「50点」

神使「え!?」
[15]2016年11月15日 21:07
[16]2016年11月15日 21:07
662:◆8YCWQhLlF2 2016/10/19(水) 20:24:40 ID:YnMAKHLo
神様「おはしら山の第三柱に神力異常が発生しているのは間違いない。 私も神力放出は確認した」

神使「はい」

神様「犬ころは神力放出が起こっている山で何をした?」

神使「おはしら山・・・ 清祓・・・ まさか!」

神様「そう、お前は神の力を祓おうとしたんだよ」

神使「と言う事は、私が体調を崩したのは・・・」

神様「神の力を祓ったから斎主であるお前に厄がふりかかったの。 神の力を祓うなんて良い根性してるよね〜」

神使「・・・・・・」

神様「まぁ、その件に関しては私がお守りの神力で押さえ込んでいるから良いんだけど・・・」


663:◆8YCWQhLlF2 2016/10/19(水) 20:25:57 ID:YnMAKHLo
神様「祈祷は山巫女の指示?」

神主「はい・・・」

神様「指示の内容を詳しく覚えてる?」

巫女「確か“外より参りし者が持つ神の力を用いて山を鎮めよ”だったと」

神様「なるほどね、確かに正しいお告げだな。 回りくどい言い方だけど・・・」

神使「え?」

神様「神の力を用い、つまり神力を使ってどうにかしろって事」

巫女「神使先生が神職の高い階位をお持ちだと伺ったもので・・・ すいません」シュン

神様「いやいや、気にしないで。 神の力とか言われても、ね」

神使「では、本来祈祷するのは私でなく・・・」

神様「そだね〜」


664:◆8YCWQhLlF2 2016/10/19(水) 20:26:58 ID:YnMAKHLo
神使「山巫女様というのも、同じく神力異常が原因ですか?」

神様「いや〜 山から出てる神力だけで喋り始めるとかありえないわ〜」

神使「では一体・・・」


神様「まぁ、正体は後で暴きましょ。 その前におはしら山の神力放出を止めますかね」

神主「すぐに準備いたします」

神様「いや、夜に行く」

巫女「夜・・・ ですか?」

神様「神の力は夜が一番強いんだよ?」


666:以下:2016/10/19(水) 22:36:16 ID:5NPxl7ck
神ちゃんカックイイ
つ[牡蠣]差し出せば、続きが捗るって聞いた


667:以下:2016/10/20(木) 00:10:31 ID:hgByLJ0g
そんじょそこらの牡蠣じゃ神ちゃんは納得しないぞ!
あと、たまには海の物だけじゃなく
肉とか肉とか肉を奉納しなきゃな


668:以下:2016/10/20(木) 06:36:22 ID:D1z/iL.s
肉ってことだが
かわゆい神ちゃんは、どんな肉をご所望なのかわからんことには・・・

とりあえず近江牛A1〜A5ランク各300gほど奉納してみる


669:以下:2016/10/20(木) 09:39:12 ID:/VK3/fMs
コーラも用意しないとなぁ


670:以下:2016/10/20(木) 15:34:57 ID:ZPwNwZAo
っ千屋牛


671:◆8YCWQhLlF2 2016/10/20(木) 22:08:18 ID:aQJFW2mY

―――

神使「神様、皆様から色々と頂いてしましました」

神様「嬉しいね〜 責任を持って私が全部食べる!」

神使「・・・・・・」

―――


672:◆8YCWQhLlF2 2016/10/20(木) 22:09:55 ID:aQJFW2mY

――― 昼


神主「私は一度、本あにあに神社に戻りますので」

神様「ばれない?」

神主「山巫女様は深夜0時に現れるので、それまでは本殿には誰も立ち入りません」

巫女「まだ神ちゃんさんは本殿で縛られていると思っているはずです」

神主「出発は何時頃です?」

神様「夜8時くらいかなぁ〜」

神主「それまでには戻ります。 巫女ちゃん、こっちは頼んだよ」

巫女「うん!」

神主「では、後ほど」スタスタ


巫女「そうしましたら、お二人は客間でゆっくりしていて下さい」

神様「ほい」
[17]2016年11月15日 21:07
673:◆8YCWQhLlF2 2016/10/20(木) 22:10:54 ID:aQJFW2mY


――― 客間


神様「うへ〜 眠い・・・」ゴロンッ

神使「神様?」

神様「ん〜?」

神使「軽はずみな行動を取ってしまい、申し訳ありませんでした」

神様「あ〜 気にすんなって」

神使「しかし、神を祓う行為など・・・」

神様「大丈夫だよ。 神を祓うとか言ってもただの神力だし」

神使「これからは、もう少し慎重に行動いたします」

神様「そんな事しなくても良いって。 それよりもだ」

神使「?」


674:◆8YCWQhLlF2 2016/10/20(木) 22:12:22 ID:aQJFW2mY
神様「私を警察に通報したやつがいるんだよ」

神使「・・・・・・」

神様「誰だ?」

神使「すいません」ドゲザ

神様「やっぱりお前かよ・・・」

神使「K7の議事録に四柱結界の事が書いてあるのを読んで、神様が知らずにまたやらかすと大変だと思ったもので・・・」

神様「やらかすって・・・」

神使「これ以上神様の減給が増えると、ローンに影響しますし・・・」

神様「・・・嫌な事を思い出させるなよ」

神使「本当に申し訳ありませんでした」


675:◆8YCWQhLlF2 2016/10/20(木) 22:14:19 ID:aQJFW2mY
神様「まぁ、そのおかげで山巫女の存在も分かったし良いんだけどさ」

神使「神様、山巫女様の事何かお分かりになったんですか?」

神様「いや、まだ推測だけどね〜」

神使「?」


神様「疲れたし、時間まで寝る」ポイポイ

神使「・・・・・・」

神様「下着姿が落ち着くの! 本当は裸になりたいのを譲歩してやってんの!」

神使「せめて腹巻きだけでも」スッ


神様「・・・お前、なんで私の腹巻き持ってんだよ」

神使「神宮のA子ちゃんから先日宅急便で・・・」

神様「A子ちゃんが!?」

神使「神様は冬に必ず巫女装束の下にこの腹巻きを着けて仕事をしているから、と書いてありました」

神様「ばらさないでよA子ちゃん・・・ 地味に恥ずかしいから・・・///」


676:◆8YCWQhLlF2 2016/10/20(木) 22:15:29 ID:aQJFW2mY

――― 夜


神使「神様? 神様」ユサユサ

神様「んぁ・・・」ポケー


神使「夜7時30分です。 そろそろ起きた方が・・・」

神様「んあ〜 そうね」ムニャムニャ

神使「巫女装束でおはしら山に行きますか?」

神様「お前に買ってもらった装束も着る」

神使「腹巻きは?」

神様「いらねーよ!」


677:◆8YCWQhLlF2 2016/10/20(木) 22:16:48 ID:aQJFW2mY

――― 社務所


神使「お待たせいたしました」

神様「おっ、神主君も戻ってきてるね」

神主「はい」


神様「村の監視はいなくなった?」

巫女「先ほど帰ったのを確認しました」

神主「村の人たちは、夕食を取って本あにあに神社へ向かうはずです」


神様「んじゃ、おはしら山へ行きますか」


678:◆8YCWQhLlF2 2016/10/20(木) 22:17:48 ID:aQJFW2mY
テクテク


神様「ねぇ、一つ聞いても言い?」

巫女「私ですか?」

神様「なんで私を助けたの?」

巫女「何となく・・・ 神ちゃんさんを助けないと、と・・・」


神使「何かそう思う理由などがあったんですか?」

巫女「・・・お二人はどのようなご関係なんです?」

神様「私と犬ころ?」

巫女「はい」

神様「神宮の巫女と・・・ 神職だっけ?」


679:◆8YCWQhLlF2 2016/10/20(木) 22:20:07 ID:aQJFW2mY
巫女「それ、嘘ですよね?」

神様「・・・・・・」

巫女「神ちゃんさん、神使先生の事凄く大切に思ってらっしゃる感じがして・・・ 同僚以上の関係というか」

神様「私が? これ犬ころだよ?」

巫女「神使先生が寝込んでいるとき、ずっと寄り添って・・・ 普通あそこまで出来ませんよ?」

神様「・・・・・・」

巫女「神使先生も、神ちゃんさんをとても大切になされていましたし」

神使「・・・・・・」

巫女「あっ、別に正体を詮索しようとは思ってませんから!」


巫女「神ちゃんさんがいなくなった時、神使先生とても心配そうでしたので・・・ それが理由でしょうか」

神様「・・・・・・そう」
[18]2016年11月15日 21:07
680:◆8YCWQhLlF2 2016/10/20(木) 22:21:12 ID:aQJFW2mY
神様「で? 神主君は?」

神主「巫女ちゃんが神ちゃんさんを助けたのであれば、それ以上の理由は必要ありません」

神様「いいね〜 男だねぇ。 犬ころ、メモ」

神使「メモしてどうするんですか・・・」


神様「私をおはしら山へ行かせた理由は?」

神主「私にも分からないのですが・・・ 近寄りがたい雰囲気が・・・」

神様「え? 私そんなに怖かった?」

神主「ご装束を着た神ちゃんさんが・・・ その、とても神聖に見えたもので」

神様「犬ころ、メモ」

神使「・・・・・・」


681:◆8YCWQhLlF2 2016/10/20(木) 22:22:34 ID:aQJFW2mY

――― おはしら山


巫女「この場所で大丈夫ですか?」

神様「オッケ〜」


神使「念のためお祓い用の用具を持ってきましたが、準備した方が良いでしょうか?」

神様「あ? そんなのいらないよ」

神使「では、どうやって・・・」

神様「神の力だよ、神使君や」

神使「でも神様、神力が・・・」

神様「これ」スッ


682:◆8YCWQhLlF2 2016/10/20(木) 22:24:48 ID:aQJFW2mY
神使「それは、神様の昔の神力が入っているお守りですか?」

神様「そうそう」

神使「しかし、そこには少ししか神力が無いのでは?」

神様「まぁ火種みないな物だよ。 一旦火を入れれば燃える物はここに沢山ある」

神使「?」


神様「まぁ、見てろって。 神主君と巫女ちゃんは少し下がっていてね」

神主「はぁ・・・」

巫女「何が始まるんですか?」


神様「イッツ ショータイム!」


683:以下2016/10/20(木) 22:38:39 ID:uwmeiqgU
ショータイムだ!


684:以下2016/10/20(木) 23:06:31 ID:DN3t0FYU
神使君、アクション!


685:以下:2016/10/21(金) 01:56:32 ID:pg/fR9H2
神ちゃん頑張れ


688:◆8YCWQhLlF2 2016/10/22(土) 15:32:04 ID:prnkP22A

神様「お守りに封印されし我が神力を解放す」


ポワ


神様「この地に宿りし神力と我が力を同期せよ」


ポワポワ


神様「・・・よし、っと」


神使「終わり・・・ ですか?」

神様「あ? これからだよ。 ビックリして腰抜かすなよ?」ニヤッ

神使「?」


神様「犬ころ、私の隣に来い」

神使「・・・はい」スタスタ


689:◆8YCWQhLlF2 2016/10/22(土) 15:33:48 ID:prnkP22A
神様「よく見ておけ。 私の力を」

神使「神様の・・・ 力・・・?」


神様「我! 神力を解放す!」


ボー


神使「!?」

巫女「え!? 神ちゃんさんが・・・ 光ってる・・・」

神主「そんな・・・」


神様「我、おはしら山を御する代理神なり! 我と同期しこの地に宿る神力の片鱗を見せよ!」


ゴゴゴゴ


巫女「地震!?」


690:◆8YCWQhLlF2 2016/10/22(土) 15:35:19 ID:prnkP22A
ボワーン


神主「山が・・・」

巫女「すごい・・・ 一面光ってる・・・」

神使「・・・・・・」

神様「思った以上に神力が漏れ出してるな・・・」チッ


ゴゴゴゴ


神様「神使」

神使「・・・・・・」ポケー

神様「おい! 狛犬の神使!!」

神使「!? は、はい何でしょう」

神様「私が神力放出を封印した後、山のどこかが一瞬強く光るはずだ。 見逃すな」

神使「分かりました」ゴクリ


691:◆8YCWQhLlF2 2016/10/22(土) 15:36:25 ID:prnkP22A
ゴゴゴゴ


神様「我、天を制し地を制す者なり! その力を持って我に御されし神力の封印を命ず!!」


ゴゴゴゴ


神様「四柱結界! 第三柱神力封印!!」


ゴゴゴゴ
バリバリッ!


巫女「キャッ!」

神主「雷!?」


692:◆8YCWQhLlF2 2016/10/22(土) 15:37:00 ID:prnkP22A
ピカッ


神使「!? 神様、右14時の方向です!」

神様「・・・あれか」チラッ


ゴゴ…
ゴ…


巫女「・・・・・・」ポカーン

神主「・・・・・・」ポカーン
[19]2016年11月15日 21:08
693:◆8YCWQhLlF2 2016/10/22(土) 15:37:52 ID:prnkP22A
シーン


神様「ふぃ〜 もう大丈夫」


神主「あの・・・ 今のは一体・・・」

巫女「神ちゃんさんって、もしかして・・・ 神さま?」

神主「神さま!?」


神様「神宮の女神!“かわゆい神ちゃん”とは私の事だ!」フンスッ

巫女「そんな・・・」

神主「神なんて・・・ 本当に存在していたんですか!?」


694:◆8YCWQhLlF2 2016/10/22(土) 15:39:20 ID:prnkP22A
神使「すごい・・・」

神様「おっ、神使君もようやく私の事を見直して―――」

神使「神様の後ろに後光が・・・」

神様「ん?」


ポワポワ


695:◆8YCWQhLlF2 2016/10/22(土) 15:40:16 ID:prnkP22A
神様「あ〜 ちょっと強めの神力使ったから、まだ光ってるね」

神使「神様こんな凄い力を使えたんですね・・・」

神様「昔の私はこんなレベルじゃないぞ?」

神使「!?」


神様「それより、さっき光った場所ちゃんと覚えてるか?」

神使「え? あっ、はい」

神様「そこに第三柱がある。 位置を正確に記録しておけ」

神使「分かりました・・・」


696:◆8YCWQhLlF2 2016/10/22(土) 15:41:29 ID:prnkP22A
神様「あと、おでこ貸せ」

神使「おでこ? 私のですか?」

神様「お前の厄を取り除く」

神使「・・・はい」


神様「・・・私のデコが届かないからちょっとしゃがめ」

神使「すいません」スッ

神様「・・・ん」ピトッ

神使「!?」


神様「我、汝に付きし災いの元となる厄を祓いその身を清める・・・」ボソッ


ポワポワ


神様「よし、これでオッケー」

神使「・・・あ、ありがとうございます///」


697:◆8YCWQhLlF2 2016/10/22(土) 15:42:23 ID:prnkP22A
神様「?」


神主・巫女「・・・・・・」フカブカ


神様「あっ、そういうの苦手なんで・・・ やめてもらって良いっすか?」

神主「まさか、神ちゃんさんが神さまだったなんて・・・」

巫女「今までの無礼お許し下さい!」


神様「二人ともさぁ、勘違いしてるよ?」

神主・巫女「え?」

神様「神は別に偉くないの」

神主「そんな事は・・・」


698:◆8YCWQhLlF2 2016/10/22(土) 15:43:01 ID:prnkP22A
神使「神様? 一応体裁というのもございますし・・・ 威厳も必要かと思うのですが・・・」

神様「あ? そんなの人が勝手に決めただけだろーが」

神使「そうかも知れませんが・・・」

神様「嫌いなの! そういうのは!」

神使「・・・・・・」ハァ


神様「さて、次は山巫女ちゃんの所に行きますか! あんまり行きたくないけど・・・」


699:以下:2016/10/22(土) 18:06:35 ID:lJW94k5o
神ちゃんかっけぇ!!


700:以下:2016/10/22(土) 22:05:30 ID:WgkYdUMk
牡蠣に肉に色々食べてパワーアップだ


702:◆8YCWQhLlF2 2016/10/23(日) 20:08:18 ID:OWSVaCCE

――― 本あにあに神社


スタスタ


神様「たのも〜!」

村民「!?」クルッ

村長「お前、なんで外にいるんだ! 本殿の中にいるはずじゃ・・・」


神主「・・・・・・」

村長「神主! お前何をしている!」

村人A「巫女まで一緒に!」


神様「あ〜 言いたい事は分かる」ウンウン

村長「うるさい! 捕らえろ!」


ダダダダッ


703:◆8YCWQhLlF2 2016/10/23(日) 20:09:08 ID:OWSVaCCE
神様「待った!」

村民「!?」ピタッ


神様「山巫女の正体を教えてあげる」

村長「なに?」

神様「1年前から続く様々な異変の元凶に関しても全部教えてあげる」

村長「・・・・・・」


ザワザワ


神様「知りたいでしょ? 本当の事」ニヤッ


704:◆8YCWQhLlF2 2016/10/23(日) 20:10: ID:OWSVaCCE

――― 本殿


神主「そろそろ山巫女様が現れる時間です」

神様「なんか、嫌〜な感じの神力が上がってきてるな・・・」

神使「・・・」ゴクリ


ピカッ


神使「目が光った!?」

神様「うへ〜 悪趣味な演出・・・」


村長「山巫女様!」ハハァー

村民「山巫女様だ!」ハハァー
[20]2016年11月15日 21:08
[21]2016年11月15日 21:08
705:◆8YCWQhLlF2 2016/10/23(日) 20:11:44 ID:OWSVaCCE
山巫女「うむ。 面を上げよ」

神様「声、低! どこのジジイだよ! 巫女ちゃうんかい!」

村長「な! 何を失礼な!」


山巫女「無礼者がいるな」

神様「え!? いや・・・」

山巫女「ん? その声は・・・」

神様「・・・・・・」

山巫女「牡蠣好きのガキか?」

神様「やっぱ凄爺かよ・・・」ハァ

神使「凄爺・・・って、りんごちゃん神宮の凄爺神さまの事ですか?」

神様「だろ」

神使「神階最高位の守護神さまじゃないですか!」


706:◆8YCWQhLlF2 2016/10/23(日) 20:13:14 ID:OWSVaCCE
神様「なんか、嫌な神力を感じると思ったら・・・」

凄爺「嫌な神力じゃと?」

神様「あっ、いえ何でもありません。 守護神凄爺さま」ドゲザ

凄爺「勝手に正体をばらすでない! ガキが!」


村長「あの山巫女様、これは一体・・・」

神様「山巫女の神力を経由して“りんごちゃん神宮”にいる凄爺が喋ってんだろ」

凄爺「バレてしまったものは仕方が無い。 そのガキが言ったとおり私はりんごちゃん神宮の神じゃ」

村長「今までのお告げは、その・・・ 凄爺神さまが・・・?」

凄爺「うむ」


707:◆8YCWQhLlF2 2016/10/23(日) 20:14:13 ID:OWSVaCCE
神様「こんなジジイ声の巫女がどこにいるんだよ・・・」

凄爺「おいガキ! 相変わらず生意気な事を! 少しお仕置きが必要じゃな」

神様「出来るもんならしてみろよ〜 おしりペンペ〜ン」ベー

凄爺「・・・次に会ったときは覚悟しておけよ、ガキが」

神使「・・・・・・(神様、本当に子供ですね・・・)」


巫女「あの、どうして凄爺様が山巫女の役など・・・」

凄爺「この地に封じし神力結界が破れつつあった。 故に再封印を行うため指示を出していた」

神主「封印は、先ほど神ちゃん様が・・・」

凄爺「知っておる」


708:◆8YCWQhLlF2 2016/10/23(日) 20:16:36 ID:OWSVaCCE
村長「この巫女が?」

村人A「お前何者だ?」


凄爺「無礼であるぞお前達!」

村長・村民「!?」

凄爺「そこのガキは見た目はあれだが、この国の守護神! 神の頂点に立つ最高神だぞ!」


一同「!?」


村長「最高神!?」


ザワザワ


709:◆8YCWQhLlF2 2016/10/23(日) 20:17:37 ID:OWSVaCCE
巫女「そこまで偉い神さまだったんですか・・・ 神ちゃ・・・ 神様」

村民「今までの非礼、お許し下さい」フカブカ

神使(国の守護神?)


神様「あの、内緒にしている事をべらべら喋らないでもらえないでしょうか・・・ 最高機密なんですが・・・」

凄爺「さっきのお返しじゃ」

神様「・・・・・・」チッ


710:◆8YCWQhLlF2 2016/10/23(日) 20:18:48 ID:OWSVaCCE
神様「回りくどい事を・・・ 凄爺が来て直接やれば良かったと思うの!」

凄爺「わしは今は動けん」

神様「?」


神使「もしかして、宮司の派遣は凄爺様が・・・」

凄爺「そうだ。 しかしこの村の者が全て追い返すもんじゃから、しかたなく暇そうであったお前達を向かわせた」

神様「暇じゃねーよ!」

凄爺「嘘つくでない! 噂では相変わらずそこら中で悪さしているそうじゃないか!」

神様「うぐっ・・・」

凄爺「適任じゃ」

神様「指示が雑! 昔と違うんだからもっと分かりやすく指示しなきゃダメ!」

凄爺「そんな事まで面倒見切れん!」

神様「逆切れかよ・・・」


711:◆8YCWQhLlF2 2016/10/23(日) 20:19:35 ID:OWSVaCCE
村長「と言う事は、このミイラ・・・ 山巫女様は・・・」

神様「ただのご神体。 勝手に喋ったりすることなんて無いから」


凄爺「さてと、直近の問題も解決したしワシは引き上げるぞ」

神様「とっとと帰れ! 散々掻き回しやがって!」

凄爺「次に会うときが楽しみじゃな。 覚悟しておけ! 牡蠣ガキ」スッ

神様「もう会う事なんてありませんし〜」ベー

神使(神様に伝えた方が良いでしょうか・・・ 次の訪問先の事を・・・)


山巫女「・・・・・・」

神使「消えたようですね」

神様「じじくさい神力が消えたな」
[22]2016年11月15日 21:09
712:◆8YCWQhLlF2 2016/10/23(日) 20:20:44 ID:OWSVaCCE
神使「しかし、凄爺様も結界が壊れているから直せと神宮に言えば済んだのでは・・・」

神様「四柱結界は最高機密なんだよ。 私も一部の神にしかその存在を知らせてないし、神宮の人間も知らないはずだ」

神使「ここにいる方にはバレてしまいましたが・・・」

神様「大丈夫。 この地に住んでいるものは知る資格があるし、それに・・・」

神使「?」

神様「なんだかんだ言っても、山巫女の存在を今まで秘密にしてこれたんだ。 信頼できる」


713:◆8YCWQhLlF2 2016/10/23(日) 20:21:33 ID:OWSVaCCE
神様「村長」

村長「?」


神様「そのミイラを山巫女ちゃんとしてゆるキャラを作って、2つのあにあに神社を一般に公開しろ」

村長「え!?」

神様「きっと、大勢の人たちが訪れる。 とても豊かで明るい村に生まれ変わるはずだ」

村長「そんな罰当たりな事・・・」

神様「いいや、そんな事はない。 この巫女も明るい村が好きだったみたいだし・・・ きっと喜ぶと思う」

神使「神様・・・」


714:◆8YCWQhLlF2 2016/10/23(日) 20:22:10 ID:OWSVaCCE
神様「その代わり一つだけ条件がある」

村長「条件?」

神様「ロイヤリティーとして商品の上代4%を発案者である私に納付する事。 それだけだ」フッ


一同「・・・・・・」


神使「神様?」

神様「・・・・・・あにあに神社の財源として納付する事」

村長「分かりました」


715:以下:2016/10/23(日) 23:23:08 ID:jSSnwzU6
神ちゃん流石だな


716 :以下:2016/10/24(月) 00:33:40 ID:exeXiXOo
流石神ちゃんぬかりなしw


717:◆8YCWQhLlF2 2016/10/24(月) 01:35:19 ID:ZgcnK/As

――― 翌日


巫女「本当に神ちゃん様にはなんとお礼をしたら良いか」

神主「ありがとうございました」

神様「いやいや〜 元はこっち側の問題だし。 めんごめんご」


神使「では、私達はこれで失礼いたしますので」


神様「・・・・・・」

神使「神様?」


神様「・・・巫女ちゃんに一つお願いがあるんだけど良い?」

巫女「私ですか?」


718:◆8YCWQhLlF2 2016/10/24(月) 01:36:22 ID:ZgcnK/As
神様「その・・・ 山巫女のミイラをあんまり嫌いにならないで欲しいなって」

巫女「山巫女様を?」


神様「まぁ、さすがにミイラは私もどん引きしたけど・・・ 山巫女は凄く良い子だったんだよ」

巫女「え?」

神使「神様、山巫女様をご存じなんですか?」

神様「凄く明るくて、楽しくて・・・ 村を本当に大切にしてたんだ。 だから・・・」

巫女「任せて下さい! 山巫女様の代わりは私には出来ないですが・・・ 大切にお守りします!」

神主「それに、この村には国を守る大切なお柱もあるんです。 自慢の村です」

巫女「うん!」


神様「ありがとう」

巫女「きっと山巫女様もまた神様に会えて嬉しかったんじゃないですかね?」フフッ

神様「そうかな。 だと嬉しいな・・・」


719:◆8YCWQhLlF2 2016/10/24(月) 01:36:55 ID:ZgcnK/As
神使「では、行きましょうか」

神様「あぁ」


神主「道中お気を付け下さい」

神使「神主さん、巫女さん。 どうぞお幸せに」

神主・巫女「ありがとうございます!」

神様「はいばーい!」


720:◆8YCWQhLlF2 2016/10/24(月) 01:38:36 ID:ZgcnK/As

――― 田舎道


テクテク


神使「神様、山巫女様の事知っていたんじゃないですか・・・」

神様「いや、昔はそんな名前じゃなかったし・・・ 正直、第三柱の場所も忘れてた」

神使「きちんと覚えておかないとダメですよ・・・」

神様「千年以上も前なんだ。 全部は覚えきれない・・・ でも・・・ そうだな、忘れちゃダメだったな」

神使「あっ、いえ、別に責めている訳ではないのですが・・・」アセアセ


神様「でも、よく似ていた」

神使「?」

神様「山巫女と・・・ 巫女ちゃん」

神使「もしかして・・・ 山巫女様は巫女ちゃんのご先祖様かも知れませんね」

神様「そうかもな」
[23]2016年11月15日 21:09
721:◆8YCWQhLlF2 2016/10/24(月) 01:39:09 ID:ZgcnK/As
テクテク


神使「そうだ、一つ気になる事があるのですが」

神様「あ?」

神使「なぜ第三柱が神力放出を起こしたのか・・・」

神様「・・・・・・」

神使「あっ、すいません。 最高機密でしたよね」

神様「四柱結界全体が不安定な状況なんだわ」

神使「え!?」


722:◆8YCWQhLlF2 2016/10/24(月) 01:39:43 ID:ZgcnK/As
神様「そんな簡単に破られるものじゃないんだけどな」

神使「破る? ・・・だれかが結界を破ったと言う事ですか?」

神様「ん〜・・・ 自然決壊とは考えにくいな」

神使「そんな・・・」


神様「まぁ、分からない物を考えても仕方ないし今はいいや」

神使「きちんと対策した方が良いと思いますが・・・」

神様「大丈夫だよ。 その為に守護神を配置しているんだし」

神使「凄爺神さまですね?」

神様「まぁ、凄爺もそのうちの一人ではあるね」


723:◆8YCWQhLlF2 2016/10/24(月) 01:41:03 ID:ZgcnK/As
神使「一度お会いしてみたいですね」チラッ

神様「やだ! 絶対に会いたくない! 次に会ったら私は間違いなくコキャとやられる」

神使「そうですか」


神様「・・・・・・」

神使「・・・・・・」


神様「・・・・・・お前、何隠してる?」ジー

神使「何故そう思ったのですか?」

神様「何故質問に答えず、別の質問で返すのですか?」

神使「・・・・・・」


神使「急ぎましょう、電車に乗り遅れます」

神様「嘘つけよ! さっき社務所に張ってある時刻表見たら次の電車2時間後だったぞ!」


724:◆8YCWQhLlF2 2016/10/24(月) 01:41:42 ID:ZgcnK/As
神使「一本前に乗ります」

神様「え!? だって後5分しかないよ?」

神使「走ります!」

神様「マジかよ!!」


神使「行きますよ!」タッ タッ タッ

神様「ふざけんなよ! おんぶしろ! おんぶ!! 私は走らないぞ!」

神使「神様が私を追い抜く事が出来れば、途中で牡蠣食べ放題に寄りましょう」

神様「!?」


725:◆8YCWQhLlF2 2016/10/24(月) 01:42:47 ID:ZgcnK/As
ダダダダ


神様「うひゃひゃ、私に勝とうなんて千年早いわ!」ダダダダ

神使「負けませんよ?」タッ タッ タッ


神様「!? お前、なに本気で走ってんだよ! 牡蠣食わせろよ!」

神使「神様が勝てば良いだけですよ」


ダダダダ


神様「まって! 牡蠣〜! 牡蠣食べたいよ〜!!」





神様「神様だっ!」 神使「神力ゼロですが・・・」#12 ―END


726:◆8YCWQhLlF2 2016/10/24(月) 01:43:50 ID:ZgcnK/As
ありがとうございました!<(_ _)>


728:以下2016/10/24(月) 04:40:30 ID:jSN05tTk
乙神!
このシリーズ大好きだ〜
次の話も牡蠣用意して待ってる!


729:以下2016/10/24(月) 08:43:00 ID:w0a27p1I
牡蠣鍋を用意して待ってるからな
鳥取のすなすな神社でナマズが変な動きをしてるから神ちゃん行ってあげて


731:以下:2016/10/24(月) 11:45:29 ID:u586JHnE
試される大地より
【仙鳳趾産牡蠣】奉納致しますよご賞味下さい

そういや神使君は好物何だっけ?


735:以下:2016/10/25(火) 22:41:48 ID:NEf9AlzY
神使の好物は巫女カフェで出るなにか


733:以下:2016/10/24(月) 19:02:08 ID:j0hjCXZQ
今、牡蠣バターで一杯やってるけど思わず神ちゃん思い出しちゃったわー
[24]2016年11月15日 21:09
739:◆8YCWQhLlF2 2016/10/29(土) 04:55:00 ID:OpaaqRyo

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


テクテク


神様「はぁ〜 お腹いっぱい」ゲープッ

神使「神様・・・ そんな大きな・・・ はしたないですよ」

神様「出ちゃうものは仕方ないの!」ゲップ

神使「一人で牡蠣60個とか食べ過ぎですよ。 お店の人ビックリしてましたし」

神様「食べ放題だしさぁ〜 でも産地で結構味違うもんだな。 食べ比べできたのも食が進んだ原因だね」

神使「私には全く分からなかったんですが・・・」

神様「塩気が全然違っただろうが。 だからお前はいつまで経っても犬ころなんだよ」

神使「そう・・・ なんでしょうか・・・ でも沢山食べて元気百倍ですね」

神様「そうね〜」

神使「では、次の場所ではお仕事頑張って下さいね」

神様「任せろ!」


ゲップ


740:◆8YCWQhLlF2 2016/10/29(土) 04:55:54 ID:OpaaqRyo

〜あらすじ〜


神様「私は神様! みんな大好き、とってもかわゆい理想の女神! 私の神力で皆の願いをビビッと叶えちゃう!」

神使(訳)「神宮が誇るダメ女神。 問題行動連発による無期出向と減給、多額のローンにより手取り50円。 財布に300円しかない残念な神様です」


741:◆8YCWQhLlF2 2016/10/29(土) 04:57:18 ID:OpaaqRyo

【#13】


――― りんごちゃん神宮前


神様「い〜や〜だ!」ジタバタ

神使「ダダこねないで下さい」グイグイ

神様「絶っ対、嫌!」


神使「どうして、そんなに嫌がるんですか」

神様「ふざけんなよ! 嫌にきまってんだろうが! りんごちゃん神宮じゃないかよ!」

神使「はい」

神様「はい、じゃねーよ! 極悪邪道腐れ犬ころ変態アホ神使!」

神使「なんですかそれ・・・」


742:◆8YCWQhLlF2 2016/10/29(土) 04:58:38 ID:OpaaqRyo
神様「りんごちゃん神宮だよ? 凄爺のお膝元だよ?」

神使「凄爺神様は最高位の神階を持つとても立派な神とお伺いしております」

神様「お前・・・ 神階が高けりゃ会いたいのかよ!」

神使「勿論です。 最高位の神ですからお目にかかるのが楽しみです!」

神様「神使君さぁ、勘違いしてるよ? あにあに神社の時に気づけよ」

神使「?」


神様「じゃ、私は体調不良だから駅前で買い物してそのまま神宮に帰るね?」スタスタ

神使「ちょと神様、300円しか持っていないのに何買うんですか? 電車で県外からも出られませんよ」ガシッ

神様「放せよ〜 神宮まで歩いて帰る〜」ジタバタ

神使「無理です。 先ほど仕事を頑張ると仰ったばかりですよ? ほら、行きますよ」


神様「ノー! 私まだ死にたくない〜!」ズルズル


746:◆8YCWQhLlF2 2016/10/30(日) 02:54:06 ID:zVC08qI2

――― りんごちゃん神宮


神使「これは・・・」

神様「でかっ!」

神使「さすが神宮と名の付くだけありますね」

神様「中庭が学校のグランドくらい広いんだけど・・・ 何この無駄な空間」

神使「神様はりんごちゃん神宮には来た事が無いんですか?」

神様「室町くらいの時に一回来たけど、こんなに広くなかったぞ?」

神使「かなり昔なんですね・・・」

神様「新年の挨拶に来い! ってうるせーから行ったのに、滅茶苦茶怒られたからすぐ逃げ帰ってきたけど」

神使「また何か生意気な事を言ったんじゃないですか?」

神様「言ってねーよ。 半年くらい行くのが遅くなっただけで」

神使「そうですか・・・ 取りあえず社務所の方へ行きましょう」


747:◆8YCWQhLlF2 2016/10/30(日) 02:56:22 ID:zVC08qI2
テクテク


神使「建物も大変立派ですね。 色鮮やかで神宮とはまた違った荘厳さがありますよね」

神様「なんか、平城京の大内裏みたい」

神使「そう言えば、神様は平城京は生で見ているんですか?」

神様「住んでたね」

神使「え!?」

神様「私これでも人が素っ裸で走り回っていた時代からいるんだよ?」

神使「そ、そうですよね。 すいません、神様が昔は偉い方だったと言う事をつい忘れがちで・・・」

神様「なにその言い方・・・ それより社務所あれじゃないの?」

神使「あれは第四社務所ですね。 私達が最初に行くのは第三社務所です」

神様「そうなんだ・・・」
[25]2016年11月15日 21:09
[26]2016年11月15日 21:10
748:◆8YCWQhLlF2 2016/10/30(日) 02:58:14 ID:zVC08qI2

――― 第三社務所


ガラガラ


神使「すいません」

巫女「はい?」

神使「神宮から参りました神使と申します」

巫女「ご苦労様です」

神使「宮司様はおられますでしょうか?」

巫女「あいにく宮司は本日不在でして」

神使「そうでしたか。 神宮から今日こちらに伺うように言われておりまして」

巫女「そういたしましたら、向かいの第五社務所の方へお願いいたします」

神使「わかりました」

神様「反対側じゃん・・・」

神使「仕方ありません」


749:◆8YCWQhLlF2 2016/10/30(日) 02:59:48 ID:zVC08qI2

――― 第五社務所


神使「こんにちは」

巫女「こんにちは」

神使「神宮から参りました神使と申します」

巫女「遠い所ご苦労様です」

神使「神宮から伺うように言われておりまして」

巫女「お約束でしょうか?」

神使「主神様にお目にかかりたく」

巫女「主神? あ〜 本殿への立ち入りですね? 第二社務所の方で立ち入り手続きをお済ませ下さい」

神使「第二社務所ですね。 ありがとうございます」

神様「・・・・・・」


750:◆8YCWQhLlF2 2016/10/30(日) 03:00:43 ID:zVC08qI2

―――第二社務所


神使「失礼します」

巫女「はい」

神使「神宮から参りました神使と申しますが、本殿への立ち入り申請はこちらでよろしいでしょうか?」

巫女「本日ご予約などはございますか?」

神使「神宮から連絡などありませんでしたでしょうか」

巫女「確認いたしますので少々お待ち下さい」スタスタ


神様「ねぇ、面倒くさくない?」

神使「これだけ大きいお社ですから、仕方ありませんよ」

神様「いや〜 なんか嫌な感じがする」


751:◆8YCWQhLlF2 2016/10/30(日) 03:01:55 ID:zVC08qI2
巫女「お待たせいたしました」スタスタ

神使「いかがでしょうか?」

巫女「まだこちらの方へは申請が上がって来ていないようですね」

神使「はぁ」

巫女「ちなみに、どの部署宛でしょうか?」

神使「部署・・・ ですか? 主神様とお話しできるとありがたいのですが」

巫女「主神? 祭祀担当でしょうか?」

神様「凄爺!」

巫女「すごじい?」

神様・神使「・・・・・・」

巫女「?」


神様「あ〜 また出直すね。 行くぞ、犬ころ」テクテク

神使「え? ちょっと神様?」スタスタ


752:◆8YCWQhLlF2 2016/10/30(日) 03:03:08 ID:zVC08qI2

――― 中庭


テクテク


神使「神様、どうされたんですか?」

神様「面倒くせーよ。 それにあの巫女ちゃん、凄爺に会った事無いぞ。 たぶん神がいる事自体知らないんじゃない?」

神使「え!?」

神様「ハァ〜・・・ ん?」ピタッ

神使「神様?」


神様「ねぇ、あそこでアイス食べたい」

神使「休憩所・・・ そうですね」


753:◆8YCWQhLlF2 2016/10/30(日) 03:04:15 ID:zVC08qI2

――― 休憩所


おばちゃん「いらっしゃいませ」


神使「神様は何にしますか?」

神様「りんご味とかあるよ・・・」

神使「それにします?」

神様「ん〜・・・ りんご味とチョコ味」

神使「え? 二つも食べるんですか?」

神様「お前はストロベリーな」

神使「私、抹茶が食べたいんですけど・・・」

神様「じゃぁ抹茶とストロベリー頼めよ」

神使「・・・・・・」


754:◆8YCWQhLlF2 2016/10/30(日) 03:05:35 ID:zVC08qI2
神様「おばちゃん! 私はりんごとチョコ、こいつは抹茶とストロベリーで!」

おばちゃん「二人で四個食べるの?」

神様「やだな〜 私が三個食べるんだよ」

おばちゃん「すごいね〜。 はい、落とさないでね」

神様「うほ〜 渦巻きが綺麗! うまそ〜」ペロペロッ

神使「椅子に座って食べて下さい」

神様「へいへい」ヨイショ


神使「この抹茶アイスほろ苦くて美味しいです」ペロッ

神様「おい犬ころ、ストロベリー私の方に向けてろ」

神使「はいはい、どうぞ」

神様「ん。 お〜 ストロベリーも美味しいね〜」アムッ
[27]2016年11月15日 21:10
755:◆8YCWQhLlF2 2016/10/30(日) 03:06:34 ID:zVC08qI2
神使「両手にアイスを持って・・・ 凄い食べ方しますね」

神様「気取って食べても仕方ないだろーが。 高速ペロペロ〜!」ペロ ペロ ペロッ

神使「もう少し上品に召し上がって下さい。 神の品格に関わります」

神様「私に品格なんてありません〜」ベー

神使「・・・・・・」ハァ


神様「それよりさぁ」

神使「?」

神様「向こうの柱の影からこっちを見てるのってお前の知り合い?」ペロ ペロッ

神使「柱?」


756:◆8YCWQhLlF2 2016/10/30(日) 03:07:33 ID:zVC08qI2
?「・・・」ジー


神使「あっ、もしかして狐娘さん!?」

狐娘「やっぱり! 神使先輩ですか?」スタスタ


神使「お久しぶりですね」

狐娘「ご無沙汰してます! どうしたんですか、こんな所で!?」

神使「神宮から派遣されてきたんですが、たらい回しにされていまして・・・」

狐娘「そうでしたか、申し訳ありません」ペコリ


神様「神使君の知り合い?」ペロ ペロッ

神使「はい、神使研修所で一緒だった後輩の狐娘さんです」


757:◆8YCWQhLlF2 2016/10/30(日) 03:09:04 ID:zVC08qI2
狐娘「りんごちゃん神宮で神使を務めております狐娘と申します」ペコリ

神様「私は、かわゆい神ちゃん! 神宮の内宮巫女長」フンスッ

狐娘「初めまして、社務所の方へご案内しますのでよろしければ」

神使「ありがとうございます。 助かります」ニコッ

狐娘「はぅ・・・ ど、どうぞ///」スタスタ


神様「ほぉ〜」ニヤリ

神使「?」


759:◆8YCWQhLlF2 2016/10/31(月) 03:21:08 ID:Xo70zgpE

――― 第一社務所


狐娘「どうぞ」コトッ

神使「ありがとうございます。 あっ、これは」

狐娘「先輩は濃いめの緑茶に、お抹茶を少し入れるのが好きでしたよね?」

神使「覚えていてくれたんですね。 嬉しいです」ニコッ

狐娘「・・・///」

神様「」ニヤニヤ

神使「神様、先ほどから何ニヤニヤしているんです?」

神様「ん? 何でもない」

狐娘「ここへはどのようなご用でいらっしゃったんですか?」

神使「実は私も詳しい事は聞いておらず・・・ 宮司様か主神様にお目にかかれればと思ったのですが」

狐娘「宮司はあいにく出張中でして・・・」

神使「そのようですね。 主神様は?」

狐娘「・・・・・・少しお待ち下さい」スタスタ


760:◆8YCWQhLlF2 2016/10/31(月) 03:22:51 ID:Xo70zgpE
神様「可愛い子だね〜」

神使「私の妹と同期なんです。 研修所では成績も優秀で聡明な方でした」

神様「あ〜 妹ちゃんと同期か・・・」

神使「神宮に神付き神使として奉職申請を出されていたようですが空きがなく・・・ こちらに御奉職されていたんですね」

神様「ふ〜ん。 憧れを追うのは大変だね〜」

神使「?」


神様「お茶美味しい」ズズッ

神使「お抹茶が入っていますからね」

神様「犬ころこれ好きなの?」

神使「はい。 お抹茶の上品な甘みがあって美味しいと思いませんか?」

神様「玉露で良いじゃん。 面倒くさい」

神使「・・・・・・違います」ズズッ


761:◆8YCWQhLlF2 2016/10/31(月) 03:24:23 ID:Xo70zgpE
スタスタ


狐娘「お待たせいたしました。 三日前に神宮からお二人の主神謁見書類が届いていますね」

神使「良かったです」ホッ


狐娘「ただ、本殿への立ち入りは申請に一週間ほどかかるんです」

神使「え? そうなんですか!?」

狐娘「その後、主神様への謁見審査がありまして・・・ 私の知る限りここ数年は申請自体通った事はないんですが・・・」

神使「それは・・・」

神様「うへ〜 面倒くさ!」

狐娘「神にはそう簡単に会えないんですよ? 特に凄爺様は神階も最高位なので」

神使「まぁ、普通はそうですよね」チラッ

神様「なに? 何か言いたいの? 神使君」

神使「いえ、別に」
[28]2016年11月15日 21:10
762:◆8YCWQhLlF2 2016/10/31(月) 03:25:54 ID:Xo70zgpE
狐娘「私も四年ほどここにいますが数回しかお目にかかった事ありませんし。 神宮も同じじゃないんですか?」

神使「確かに・・・ 神宮も神職や神付き神使でもそう簡単に会う事はできませんからね」

狐娘「先輩は神宮の神付き神使ですよね? 主神様とはお会いになれるんですか?」

神使「えぇ・・・ まぁ・・・ 私の主神様はちょっと特殊でして・・・」

神様「毎日会ってるよね〜」

狐娘「毎日!? 神宮の神なのにそんな頻繁にお会いになれるんですか!?」

神使「・・・はい。 その・・・ 今も私の隣にいますね」

狐娘「?」

神様「ハロー」

狐娘「え?」

神様「神宮所属 内宮神籍の女神、かわゆい神ちゃんと申します。 この犬ころの主神をやらせて頂いております」ペコリ

狐娘「・・・・・・」


763:◆8YCWQhLlF2 2016/10/31(月) 03:26:46 ID:Xo70zgpE
神使「信じられないかも知れませんが本当なんです。 こちら神宮の神です」

狐娘「で、でもさっき巫女って!」

神使「それも本当で・・・ 神様は神宮で巫女のアルバイトもやっておりまして」

狐娘「・・・・・・はい?」

神使「お給料が低いのでアルバイトをしないと生活が苦し―――」

神様「アッチョー!」ゲシッ

神使「痛っ!」


狐娘「神・・・ さま・・・ !!」スッ

神様「ストーップ! ふかぶか禁止!」

狐娘「!?」

神使「神様はそういう畏まられたり奉られたりするのが苦手でして・・・ 友達のように普通に接してあげて下さい」

神様「うんうん」コクコクッ


764:◆8YCWQhLlF2 2016/10/31(月) 03:27:58 ID:Xo70zgpE
狐娘「でも、神宮の神にそんな不敬なことは」オロオロ

神様「別に偉くないんだし。 それにこの犬ころだって普通に接してるでしょ?」

狐神「はぁ・・・」


神使「私は、本心では崇め奉りたいほど尊敬しているんですよ?」

神様「よせやい、照れるじゃないか〜」クネクネ

神使「きちんと仕事をして頂ければ。 神としての威厳を出して頂ければ。 下着姿で寝なければ・・・ ですが」

神様「それもう私じゃないじゃん!」ゲシッ

神使「痛っ!」


狐娘「・・・・・・」


765:◆8YCWQhLlF2 2016/10/31(月) 03:28:43 ID:Xo70zgpE
神様「それより、ジジイは居るの?」

狐娘「はい?」

神使「神様? きちんと凄爺神様と言わないとダメです。 先日も生意気な口聞いて怒られているじゃないですか」

狐娘「!?」

神様「良いんだよ。 あんなジジイ逆に私がお尻ペンペンしてやる!」

狐娘「あの!」

神様・神使「!?」ビクッ

狐娘「凄爺様とお会いになったんですか!?」

神使「直接お目にかかった訳ではないのですが・・・」

神様「神力越しで会話したくらい。 相変わらず堅物なお節介ジジイだったよ」

狐娘「そうですか・・・」ホッ


766:◆8YCWQhLlF2 2016/10/31(月) 03:29:49 ID:Xo70zgpE
神使「何かあったんですか?」

狐娘「あっ、いえ・・・」

神様「凄爺、ここに居ないんでしょ?」

狐娘「!?」

神使「それは、お出かけ中という意味ですか?」

神様「いや、年単位で不在かな?」チラッ

狐娘「・・・・・・」

神使「どういうことです?」

神様「凄爺の神力が全く感じられない」

神使「神様、凄爺神様が居ない事を知っていたんですか・・・」

神様「ここに凄爺がいたら私がノコノコと足を踏み入れる訳ないだろ?」

神使「ずいぶんと威勢が良いと思ったのはそういうことでしたか」

神様「そんじゃ主神もいないし帰りますか〜」

神使「しかし・・・」


767:◆8YCWQhLlF2 2016/10/31(月) 03:30:54 ID:Xo70zgpE
狐娘「あの! 神宮神様!」

神様「?」キョロキョロ

神使「神様の事です」

神様「ミー?」


狐神「非礼を承知で・・・ ご相談に乗っていただけないでしょうか・・・」

神使「分かりました」

神様「ちょっと待って神使君。 今の私宛だよね? 私の意見は?」

神使「牡蠣ご馳走します」ボソッ

神様「よろしい、この神ちゃんに何でも相談しなさい。 たちどころに解決して進ぜよう」フンスッ

神使(この単純さ、私も少し見習いたいですね)
[29]2016年11月15日 21:11
769:◆8YCWQhLlF2 2016/11/01(火) 04:40:07 ID:Eq46KQaE

――― 本殿入り口


テクテク


狐娘「本殿はこの門の先になります」

神使「大変立派な門ですよね」

神様「羅城門かよ・・・」

神使「神様、羅城門は実物を・・・」

神様「もちろん見てるね。 悪戯書きして凄爺に折檻された」


狐娘「・・・あの、失礼ながら神宮神様は何の神なのでしょうか?」

神使「何の神なんです?」

神様「・・・・・・かわゆい神?」

神使・狐娘「・・・・・・」


770:◆8YCWQhLlF2 2016/11/01(火) 04:41:42 ID:Eq46KQaE
テクテク


神主「あっ、狐娘さん。 どうされたんですか?」

狐娘「こちらの方達を本殿へご案内いたします」

神主「え!? 本殿への立ち入り申請は今日はなかったと思うんですが」

狐娘「神宮からの御使者です」

神主「しかし、入館審査証がないと・・・」


狐娘「御正体をお話ししてもよろしいでしょうか?」

神様「オッケ〜」


狐娘「こちらは神宮の神さまです。 対応をわきまえて下さいませ」

神主「神宮の神さま!?」


771:◆8YCWQhLlF2 2016/11/01(火) 04:42:56 ID:Eq46KQaE
神様「うむ。 神宮所属内宮神籍の神であるぞぉ〜」

神使「こちら神様の神籍証と、私の神使籍証です」スッ


神主「!? た、大変失礼いたしました」フカブカ

神様「フカブカいらないぞぉ〜」

神主「え!?」


狐娘「神宮神様はお忍びで来られておりますのであまり公にしたくないそうです」

神主「そ、そうですよね。 失礼いたしました」フカブカ

神様「ユー、面白いぞ〜」


狐娘「私達が本殿から出るまで誰も中に入れないようお願いします」

神主「分かりました。 中央の扉からお入り下さい」


772:◆8YCWQhLlF2 2016/11/01(火) 04:45:42 ID:Eq46KQaE
ギィ


狐娘「神宮神様、どうぞ」

神様「我が神使よ、参るぞぉ〜」

神使「・・・・・・はぁ」


スタスタ


狐娘「この庭を抜ければ本殿です」

神使「お庭も大変立派ですね・・・」キョロキョロ

神様「我が神使よ。 我は疲れた、おんぶせよぉ〜」

神使「調子に乗らないで下さい」


神様「え〜 もう少し神さまごっこしよーぜ〜 おんぶ〜」

神使「ダメです。 あまりみっともない行動しないで下さい」

神様「んだよ、ケチ!」


773:◆8YCWQhLlF2 2016/11/01(火) 04:46:39 ID:Eq46KQaE
狐娘「・・・・・・」


神使「どうされました?」

狐娘「!? いえ・・・ 神宮神様に随分と何と言いますか・・・ 対応が・・・」

神様「そうだよ。 もう少し優しく扱えよ。 私はガラスのように繊細なんだから」

神使「厚さ1メートル位の強化防弾ガラスですよね」

神様「うへ〜 ちょっと聞きました? 狐娘さん。 うちの子ったら」

狐娘「・・・・・・」

神様「?」


774:◆8YCWQhLlF2 2016/11/01(火) 04:47:23 ID:Eq46KQaE
狐娘「あっ・・・ すいません。 仲がよろしいんですね」シュン

神様「・・・・・・ごめん、そんなつもりじゃ」


神使「どうされたんですか神様?」

神様「・・・」ジロッ

神使「?」

神様「」ゲシッ

神使「痛っ! え!? 私なんで蹴られたんです?」

神様「アホ神使」


775:◆8YCWQhLlF2 2016/11/01(火) 04:49:06 ID:Eq46KQaE

――― 本殿


ギィー


狐娘「こちらが本殿です」

神様「なんだよこの広さは!」

狐娘「本殿の広さだけで言えば最大の面積はあるかと思います」


神様「あれがご神体の内内陣かな?」

狐娘「はい」

神様「ちょっと中見るね」トテトテ


776:◆8YCWQhLlF2 2016/11/01(火) 04:49:41 ID:Eq46KQaE
ギィ


神様「あ〜・・・」

神使「どうされました?」


神様「我、神体の神力を解放す」


ポワ


狐娘「!?」

神様「・・・やっぱり」ハァ

神使「神様?」
[30]2016年11月15日 21:11
[31]2016年11月15日 21:11
777:◆8YCWQhLlF2 2016/11/01(火) 04:51:04 ID:Eq46KQaE
神様「凄爺が最後にここに来たのっていつ?」

狐娘「確か二年ほど前だったと思います」

神様「あのジジイ・・・」

神使「何か分かったんですか?」

神様「ん〜 まずは狐娘ちゃんの話から聞きましょ」

神使「そうですね。 狐娘さん、相談というのは?」


狐娘「はい。 実は凄爺神様が行方不明でして・・・」

神使「行方不明・・・ ですか?」

狐娘「はい。 二年前から一度もこちらにはお入りになっていないんです」

神使「神宮に報告は?」

狐娘「いいえ・・・ 宮司の判断で、その・・・ 体面的な事もありますので」

神様「神宮って名前が付いているのに神不在じゃ、間違いなく社位は落ちるしねぇ〜」

狐娘「・・・・・・」


778:◆8YCWQhLlF2 2016/11/01(火) 04:51:49 ID:Eq46KQaE
神使「凄爺様が出て行かれたお心当たりは?」

狐娘「いいえ」

神使「しかし、ご神体はあるんですよね」


神様「今ここに納められている神体は中継神体だ」

神使「中継神体?」

神様「本体は別の所にあって中継しているだけのお飾り。 摂末社とかでよく使うんだけど」

神使「と言う事は、凄爺神様は別の場所におられると?」

神様「ジジイの居場所はこの中継神体をたどればすぐ分かるけど」

狐娘「!?」


779:◆8YCWQhLlF2 2016/11/01(火) 04:53:07 ID:Eq46KQaE
神使「では、早速」

神様「いや〜 でもそれじゃ解決にはならないでしょ」

神使「しかし、お会いになって理由を聞けば・・・」

神様「ん〜 ジジイ自分の事は喋らない主義だしなぁ〜」

狐娘「・・・・・・」


神様「狐娘ちゃん、相談する事はそれだけ?」

狐娘「・・・・・・はい」

神様「そう」ヨイショ

神使「神様?」

神様「取りあえず、今日は疲れたし寝る。 宿行こう、宿」

神使「・・・・・・。 狐娘さん、お願いがあるのですが」

狐娘「?」


781:◆8YCWQhLlF2 2016/11/02(水) 01:06:09 ID:cuozD91I

――― 客間


狐娘「申し訳ありません。 急でしたのでこんなお部屋しか用意できなかったのですが・・・」

神使「無理言ってすいません」

神様「・・・広っ!」


狐娘「本当に本殿でなくても良いんですか? 神宮神様にこのようなお部屋というのも・・・」

神使「いえ、こんなに広いお部屋贅沢すぎです。 ねっ、神様?」

神様「旅館が良い。 温泉入りたい。 神社ヤダ」

神使「そんなお金ありません。 折角用意して頂いたのに失礼ですよ?」

神様「へいへい。 でもこの1/4の広さで良いのに・・・ 20畳くらいあるよね、この部屋」


782:◆8YCWQhLlF2 2016/11/02(水) 01:07:36 ID:cuozD91I
狐娘「本来は別々にお部屋をご用意したいのですが・・・ すぐに間仕切りを入れますので」

神使「お気遣いなく。 このままで大丈夫です」

狐娘「しかし、それでは・・・」

神使「主神と同行の神使は一緒にいないといけないもので。 同じ部屋で大丈夫です」

狐娘「・・・・・・」


神様「大丈夫だよ、犬ころは悪さしないように隅っこの一畳だけで生活させるから」

神使「・・・・・・」

狐娘「では、何かご用がございましたらご指示下さい」


スタスタ
ガチャッ


783:◆8YCWQhLlF2 2016/11/02(水) 01:08:44 ID:cuozD91I
神使「神様、何か解決策はありますか?」

神様「う〜ん・・・ 神使君ってさぁ、モテた?」

神使「・・・はい?」

神様「女の子からモテたかって」

神使「・・・・・・質問の意味が分からないのですが」

神様「告白された回数は?」


神使「それは今回の件と何か関係あるのでしょうか・・・」

神様「うん」


784:◆8YCWQhLlF2 2016/11/02(水) 01:09:50 ID:cuozD91I
神使「・・・・・・8回ほど」

神様「」イラッ

神使「すいません、9回でした」

神様「」ゲシッ

神使「痛ぃ! 何ですか・・・」

神様「極悪邪道腐れ犬ころ変態すけこまアホ神使」

神使「それ言いにくくないですか?」

神様「寝る!」モソモソ


神使「私買い物に行ってきますので、夕方に目覚まし掛けておきますから起きて下さいね」

神様「ん」モソモソ
[32]2016年11月15日 21:11
785:◆8YCWQhLlF2 2016/11/02(水) 01:10:40 ID:cuozD91I

――― 夕方・社務所


テクテク


神使「コーラが特売で助かりました。 これだけあればこちらにいる間は大丈夫でしょう」

神使「しかし、神様のコーラ代もバカにならなくなってきましたね・・・」


ザワザワ
あの子下着姿でどうしたのかしら・・・ ヒソヒソ
何で廊下で寝てるの? ヒソヒソ


神使「?」


786:◆8YCWQhLlF2 2016/11/02(水) 01:11:51 ID:cuozD91I
狐娘「あの、大丈夫ですか? 風邪引いてしまいますが・・・」


神使「狐娘さん、どうされたんですか?」スタスタ

狐娘「あっ、神使先輩。 それが・・・」



神様「Zzz・・・」グガー



神使「あ〜 すいませんご迷惑をおかけして」

狐娘「何度かお声をおかけしているんですが・・・」

神使「神様は揺らさないと起きませんので」

狐娘「しかし、神宮神様に触れるだなんて・・・」

神使「気にしないで下さい。 すぐ片付けますから」

狐娘「片付け!?」


787:◆8YCWQhLlF2 2016/11/02(水) 01:12:37 ID:cuozD91I
神使「神様、廊下で下着姿なんかで寝てちゃダメですよ。 通行の邪魔です」ヨイショ

狐娘「!?」

神使「お騒がせしました」スタスタ


すごーい! 脇に抱えて持ってった
あの男の人格好いいね〜


狐娘「・・・・・・」


788:◆8YCWQhLlF2 2016/11/02(水) 01:19:22 ID:cuozD91I

――― 客間


ガチャッ


神使「神様、まだ寝ます?」

神様「まんにゃむみゃ・・・」

神使「はいはい」ヨイショ

神様「みゅみょむ・・・」

神使「はい、布団です。 ちゃんと肩まで掛けて下さい」パサッ

神様「ん〜 Zzz・・・」スースー

神使「フフッ」ニコッ


神使「さて、コーラを冷やしてきましょう」スタスタ


789:◆8YCWQhLlF2 2016/11/02(水) 01:20:29 ID:cuozD91I
ガチャッ


狐娘「!?」ビクッ

神使「うわっ! 狐娘さん!」

狐娘「あっ、すいません。 神宮神様は大丈夫でしょうか」

神使「先ほどは驚かせてしまって申し訳ありません」ペコリ

狐娘「あっ、いえ」

神使「コーラを冷やしたいのですが冷蔵庫をお借りしてもよろしいでしょうか?」

狐娘「コーラですか?」

神使「神様の大好物でして・・・ コーラを切らすと風当たりが強いもので」

狐娘「台所に私物入れの冷蔵庫があります。 ご案内します」

神使「ありがとうございます」


スタスタ


792:◆8YCWQhLlF2 2016/11/03(木) 02:30:46 ID:fpk2ek/M
神様「Zzz・・・」グガー


 猫神『神ちゃ〜ん、起きないとお説教だよ〜』


神様「!?」


 猫神『神ちゃ〜ん、そんなにお説教されたいの〜』


神様「まって! 起きる!!」ガバッ


 猫神『神ちゃ〜ん、起きないとお説教だよ〜』


神様「・・・目覚ましかよ。 何だよこの悪趣味なアラームは・・・」


ポチッ


793:◆8YCWQhLlF2 2016/11/03(木) 02:31:41 ID:fpk2ek/M
神様「ハァ〜 最悪の目覚め・・・ おい犬ころ!」


シーン


神様「そういえば買い物行くって言ってたな・・・ まだ戻ってないのか」

神様「・・・・・・」ブルッ

神様「お花を摘みに行きたい。 そう思う神ちゃんであった」トテトテ


ガチャッ


794:◆8YCWQhLlF2 2016/11/03(木) 02:32:17 ID:fpk2ek/M

――― 廊下


神様「も〜 広すぎてトイレの場所わかんねーよ〜」トテトテ



神使『へぇ〜 そうだったんですか』

狐娘『はい、面白いですよね』クスクス



神様「ん? 犬ころと狐娘ちゃん・・・」ニヤリ

神様「」コソッ


795:◆8YCWQhLlF2 2016/11/03(木) 2:33:07 ID:fpk2ek/M

――― 台所


神使「では、そろそろ神様が起きる時間ですので」

狐娘「ぁ・・・ あの神使先輩!」

神使「はい?」


狐娘「その・・・/// 先輩ってお付き合いされている方とかいるんですか?」

神使「え!? 私ですか?」

狐娘「先輩、すごくモテてましたから・・・ 今はどうなのかなぁって」

神使「そんな事ありませんよ。 そのような方はおりませんよ?」

狐娘「そうなんですか!?」パァ
[33]2016年11月15日 21:12
796:◆8YCWQhLlF2 2016/11/03(木) 02:34:46 ID:fpk2ek/M
神使「狐娘さんは、おられるのですか?」

狐娘「いえ・・・ あの、憧れている方はいるのですが・・・ ///」モジモジ

神使「あっ、では私と同じですね」

狐娘「えっ、えっ!?」ソワソワ

神使「私もお慕いしている方はおります。 全く相手にされていないんですが」ハハッ

狐娘「え・・・?」


神使「私はその方をとても尊敬しております。 私にとっても女神様ですね」ニコッ

狐娘「それって・・・ お気持ちは、お伝えになったのですか?」

神使「まさか。 私がそのような事を口にするのは大変失礼ですし、その資格はございませんから」

狐娘「・・・・・・」


797:◆8YCWQhLlF2 2016/11/03(木) 02:35:51 ID:fpk2ek/M
神様「・・・・・・」

トテトテ


神様「・・・///」

タッタッタッ


798:◆8YCWQhLlF2 2016/11/03(木) 02:39:02 ID:fpk2ek/M

――― 客間


ガチャッ


神様「!?」

神使「あっ、神様起きておられてのですね」

神様「!? んぁ!? あ・・・ あぁ」

神使「どうされたんですか? 顔真っ赤ですよ? まさか熱があるんじゃ!」

神様「え!? いや、ほら今日暑いじゃん? ///」パタパタ

神使「そんな事はないと思いますが。 まさか凄爺様が嫌で清祓いをして逆に祟られたとか!?」

神様「しねーよそんな事! あの・・・ あっ、目覚まし! 目覚ましに驚いたの!」

神使「あぁ〜 やはり効果覿面でしたか」

神様「何だよあの目覚まし・・・ 悪質ないじめだぞ?」


799:◆8YCWQhLlF2 2016/11/03(木) 02:40:01 ID:fpk2ek/M
神使「先日、猫神様に神様が中々起きないと相談したら目覚ましに声を吹き込んでくれまして」

神様「なんだよそれ・・・」

神使「猫神様がこれなら絶対に神様は起きるからと」

神様「猫神のヤツ・・・」


神使「そうだ。 先ほどコーラ買ってきましたのでお飲みになります?」

神様「飲む」

神使「はい、どうぞ」スッ

神様「わ〜 瓶コーラじゃん。 すげー」

神使「特売で売っていまして。 瓶は返すと10円戻してくれるそうですから飲み終わったら渡して下さい」

神様「うん」プシュッ


800:◆8YCWQhLlF2 2016/11/03(木) 02:41:48 ID:fpk2ek/M
神使「それより神様、凄爺様の件はどうされますか?」

神様「ん〜 そうだな〜・・・」ゴクゴク

神使「何か難しい問題でもあるんでしょうか?」

神様「いや、そっちは簡単だけど・・・ もう一つが・・・」ゲップ

神使「もう一つ?」


神様「明日、ジジイの所に行くか・・・」

神使「神様、凄爺様の居場所をご存じなんですか?」

神様「まぁ・・・ その〜 お前も一緒に来る?」

神使「そのつもりですが?」キョトン

神様「いや〜 でも、どうすっかな〜・・・」ウーン

神使「?」


802:◆8YCWQhLlF2 2016/11/03(木) 22:09:22 ID:fpk2ek/M

――― 翌日・ひねくれ神社


神使「ここは?」

狐娘「確かうちの兼務社で“ひねくれ神社”・・・」


キャッ キャッ
ワー ワー


神使「随分と賑やかな場所ですね・・・」

狐娘「神社を囲むように公園と幼稚園があるんです」

神様「元々この一帯はひねくれ神社の神域だったんだよ」

神使「え? そうなんですか?」

神様「でも今は小さいよね〜 この鳥居も・・・ !?」ハッ


タッ タッ タッ



神使「神様! 急にどうされたんですか〜」


803:◆8YCWQhLlF2 2016/11/03(木) 22:10:36 ID:fpk2ek/M

――― ひねくれ神社・本殿


バンッ


神様「!?」

神使「神様、急に走ってどうされ・・・ これは!?」

狐娘「凄爺神様!!」

神様「おい、凄爺! どうした! おい!!」ユサユサ


神使「これは一体・・・」

神様「そこの座布団を並べて凄爺を寝かせるぞ。 急げ!」

神使「はっ、はい」

神様「しっかりしろ! 凄爺!」

凄爺「・・・・・・」
[34]2016年11月15日 21:12
804:◆8YCWQhLlF2 ID:fpk2ek/M

――― 1時間後


凄爺「・・・・・・ん」

神様「気づいたか」

狐娘「凄爺様!」


凄爺「お前は・・・ りんごちゃんの狐娘か」

狐娘「はい。 よかった」ホッ

凄爺「牡蠣ガキも一緒か」チッ

神様「命の恩人にその態度はないんじゃな〜い?」ニヤッ

凄爺「神がそう簡単に死ぬわけないだろ!」

神様「へぇ〜」


805:◆8YCWQhLlF2 ID:fpk2ek/M
凄爺「・・・ん? となりのヤツは誰だ?」

神使「申し遅れました。 神様の使いで狛犬の神使と申します」フカブカ

凄爺「その声・・・ 確かあにあに神社でも聞いたな」

神使「恐縮でございます」

凄爺「賢そうな狛犬だ」

神使「私などまだまだ右も左も分からない未熟者でございます」


凄爺「・・・なるほどな」チラッ

神様「何だよジジイ・・・」プイッ


806:◆8YCWQhLlF2 ID:fpk2ek/M
狐娘「それより凄爺様、どうしてこのような場所に」

凄爺「お前らに話す事ではない」

狐娘「・・・・・・」シュン


神様「ご神体の神力が枯渇してるけど?」

凄爺「牡蠣ガキ! お前ワシの神体を勝手に覗いたのか!」

神様「覗いてないって。 神力の量なんて見れば分かるっつーの」

凄爺「相変わらず神力操作だけは得意だな」

神様「何その言い方・・・」

凄爺「褒めてやったんだ、感謝しろ」

神様「へいへい。 で? りんごちゃん神宮の神力全部使ってまで何したんだよ」

凄爺「大した事じゃないわ! とっとと帰れ牡蠣ガキ!」


神様「うへ〜 面倒くさ〜・・・」ゲンナリ

神使(なるほど、確かに面倒ですね・・・)


807:◆8YCWQhLlF2 ID:fpk2ek/M
狐娘「凄爺神様、りんごちゃん神宮の皆も心配しています。 お戻り頂けませんでしょうか?」

凄爺「まだ戻れん。 そう伝えてくれ」

狐娘「・・・・・・」


神様「だから何やってるか言わないと心配すんだろーが。 向こうじゃ出来ないのかよ」

凄爺「ワシの仕事に一々口を出す出ない!」

神様「仕事だったら向こうでも良いだろーが」


神使「確か凄爺神様は守護神様でしたよね」

凄爺「・・・・・・」

神様「まさか、ジジイ・・・」

凄爺「なんだ」

神様「あにあに神社の時、動けないとか言ってたな」

凄爺「・・・変な事だけは覚えているんだな」


808:◆8YCWQhLlF2 ID:fpk2ek/M
神様「神体を借りるぞ」スタスタ

凄爺「バカ! 神体に触れるでない!」

狐娘「凄爺様、お体に触ります」


神様「我、神体の神力を解放す。 我の問いに答えたまえ」


ポワポワ


神様「!?」

神使「神様?」


神様「嘘だろ・・・」

凄爺「」チッ


809:◆8YCWQhLlF2 ID:fpk2ek/M
神使「神様? どうされたんです?」

神様「四柱結界が壊れてる・・・」

神使「えっ!?」

狐娘「四柱・・・ 結界?」


神様「凄爺、いつからだ?」

凄爺「・・・・・・」

神様「凄爺!!」

凄爺「亀裂が入り始めたのは百年前。 決壊が発生し始めたのは三年ほど前だ」

神様「なんで黙ってたんだよ!」

凄爺「四柱結界の守護は私の仕事だ。 それに十分修復も可能だ」


810:◆8YCWQhLlF2 ID:fpk2ek/M
神様「・・・・・・まさか私が神力を使えなくなってからずっと一人で・・・」

凄爺「勝手に神力を失いおって。 ガキの力なんか無くてもワシ一人でどうにでもなるわい」

神様「・・・・・・」


凄爺「すぐに神力は満杯になる。 あと数回再結界を行えば維持できる」

神様「すまない・・・」シュン

凄爺「お前が一々責任を感じる事では無い。 ワシが守ると約束したんだ」

神様「・・・・・・」グッ


811:◆8YCWQhLlF2 ID:fpk2ek/M
神使「神宮から行うのはダメなのでしょうか? あそこならりんごちゃん神宮より強い神力が・・・」

凄爺「四柱結界の基盤はこの場所で行った。 この場所以外で修復は行えん」

神使「そうでしたか。 失礼いたしました」

神様「・・・・・・」

凄爺「おい牡蠣ガキ、ワシはお前との約束を果たしている。 お前も果たしに来たと思って良いのか?」チラッ

神使「?」



神様「・・・・・・」テクテク

ギィ


神使「あっ、神様」スタスタ

狐娘「」スタスタ




凄爺「ったく、だから誰も知らせたくなかったのだ」ハァ
[35]2016年11月15日 21:12
[36]2016年11月15日 21:13
812:◆8YCWQhLlF2 2016/11/03(木) 22:22:08 ID:fpk2ek/M

――― 境内


神使「神様?」

神様「私はやっぱりダメ神だな・・・」

神使「そんな事はございませんよ? とてもご立派な女神様です」

神様「優しいな・・・ でも私はお前が思っているような・・・ そんな立派な神じゃない」グッ

神使「神様・・・」

狐娘「・・・・・・」


神様「私は、自分勝手だ。 神にしている者も私の友達・・・ いや、ただ友達になりたいヤツだけで」

神使「・・・・・・」

神様「面倒くさい事は他の神に全部押しつけて・・・ 私は毎日ただ遊んでいるだけで・・・」

神使「そんな事は・・・」


813:◆8YCWQhLlF2 2016/11/03(木) 22:23:13 ID:fpk2ek/M
神様「神力も使えない神なんて、お前の主神である資格すらもないしな」

神使「そんな事ありませんよ? 神様は私が尊敬する主神さまです」

神様「・・・」フッ


神様「いや。 自分の事は自分が一番分かっている。 だから・・・」

神様「潮時かもな。 潔く神なんか辞めてニートにでもなっ―――」

神使「神様!!」

神様「!?」ビクッ


814:◆8YCWQhLlF2 2016/11/03(木) 22:23:56 ID:fpk2ek/M
神使「見損ないました」

神様「ぇ・・・」


神使「私の知っている神様はどんな状況でも絶対に諦めたりしません」

神使「私の知っている神様は神力がなくてもどんな願いだって叶えてくれます」

神使「そんな神様を私は・・・」


神使「今の神様は、私の知っている神様ではありません」ウルウル

神様「・・・・・・神使」


神使「失礼します」スタスタ

狐娘「あっ、先輩・・・」


815:◆8YCWQhLlF2 2016/11/03(木) 22:25:08 ID:fpk2ek/M
神様「・・・・・・」ウルウル

神様「ふぇ・・・ ぐすっ」ポロ ポロ

神様「うぇ〜ん! ひぐっ・・・ うぇ〜んっ!」ボロ ボロ


トテトテ





狐娘「・・・・・・神宮神様」


818:◆8YCWQhLlF2 2016/11/05(土) 03:11:33 ID:qi3vY.0w
神使「・・・・・・」テクテク


凄爺「おい狛犬」


神使「凄爺神様・・・」フカブカ


凄爺「話がある、本殿に上がれ」

神使「・・・はい」スタスタ


819:◆8YCWQhLlF2 2016/11/05(土) 03:12:32 ID:qi3vY.0w

――― 本殿


神使「・・・先ほどは申し訳ございませんでした」フカブカ

凄爺「何故謝る?」

神使「一介の神使が神に・・・ いえ最高神様に非礼な事を・・・」


凄爺「アイツの正体はどこまで知っているんだ?」

神使「神宮三神を隠れて兼任している事と・・・ 二百年前に分裂してお二人いると言う事までは・・・」

凄爺「ほぉ〜 あのガキの神使は何年目だ?」

神使「神様にお仕えして4年になります」

凄爺「たったそれだけか?」

神使「・・・はい」


820:◆8YCWQhLlF2 2016/11/05(土) 03:13:19 ID:qi3vY.0w
凄爺「ワシは神になる前はあのガキと40年ほど一緒にいた」

神使「・・・・・・」

凄爺「だが、あんなにギャンギャン泣いたのを見たのは初めてだ」

神使「申し訳ありません・・・」フカブカ

凄爺「だから、何故謝る」

神使「神様はこの国の最高神です。 そのような立派な方にあのような非礼を・・・」


凄爺「ワシはあまり自分の事を喋らん主義だが・・・ まだ神になる前に、その・・・ 思いを寄せていたヤツに告白した事がある」

神使「え!?」


821:◆8YCWQhLlF2 2016/11/05(土) 03:14:08 ID:qi3vY.0w
凄爺「彼女はどんな時も他人を優先し、どんな難しい難題でもあらゆる手を使って解決してくれた」

神使「・・・素晴らしい方ですね」

凄爺「当時はまだ神力が使えていたが、名実ともに神の頂点と言って良い素晴らしい女神だった」

神使「それって・・・」

凄爺「言わすな、恥ずかしい」

神使「それで、神様・・・ いえ、その方からのお返事は」

凄爺「まぁ・・・振られたな」

神使「・・・・・・」
[37]2016年11月15日 21:13
822:◆8YCWQhLlF2 2016/11/05(土) 03:16:39 ID:qi3vY.0w
凄爺「雲一つ無き青空と、夕日に燃える朱色の・・・」

神使「え?」

凄爺「・・・・・・なるほどな。 そう言うことか」フッ


神使「あの・・・」

凄爺「いや、すまん」

神使「?」


凄爺「アイツは毎日一緒にいても飽きなくて、お金にはうるさいけど定期的に好物を食べさせてくれる使いが好きだと言っていた」

神使「随分と限定的な方なのですね・・・」

凄爺「そうだな。 ワシも全く同じ事を言った」

神使「そうでしたか・・・」


823:◆8YCWQhLlF2 2016/11/05(土) 03:17:51 ID:qi3vY.0w
凄爺「まぁ、盛大に振られた代わりアイツは一つだけ約束をしてくれた」

神使「約束・・・ ですか?」

凄爺「もし好きなやつが出来たときはワシの所に連れて来るとな・・・ 全く悪趣味なヤツだ」


神使「その後、神様は誰かお連れになったのですか?」

凄爺「ワシが神になってから一人だけ男を連れてきた」

神使「!?」

凄爺「誰だか分かるか?」

神使「・・・・・・もしかして、昭宮神様でしょうか」

凄爺「昭宮神? あの妄想野郎を知ってるのか?」

神使「はい。 神様の旦那様だと仰っておりました」


824:◆8YCWQhLlF2 2016/11/05(土) 03:18:52 ID:qi3vY.0w
凄爺「あの変態が勝手に言っているだけだろ。 アイツが昭宮神を連れてきた事など一度も無いぞ」

神使「では一体・・・」


凄爺「お前だ」

神使「えっ?」

凄爺「お前以外であのガキがワシの前に男を連れてきた事は無い」

神使「それは・・・ 私は神様の神使ですので当然かと」

凄爺「そうかもな。だが、アイツの神使や使いで男は今まで沢山いた」

神使「・・・・・・」


凄爺「アイツが自分の使いに会うのは月に1回あれば多い方だ。 お前はどのくらいの周期で会っているんだ?」

神使「・・・・・・毎日お会いしております」

凄爺「そうか」


825:◆8YCWQhLlF2 2016/11/05(土) 03:19:32 ID:qi3vY.0w
凄爺「アイツは途方もない長い時間を過ごしている。 ワシでも想像できないような辛い出来事も経験しているはずだ」

神使「・・・・・・」

凄爺「あんな小さな体で、あんな性格なのに何千年もそれに耐えてきたんだ」

神使「はい・・・」


凄爺「そんなヤツがたかが4年一緒にいる神使にキツく言われただけであんなに泣くと思うか?」

神使「えっ・・・」


凄爺「羨ましいわ」ボソッ

神使「凄爺様・・・」


826:◆8YCWQhLlF2 2016/11/05(土) 03:20:45 ID:qi3vY.0w
凄爺「あのガキ、お前に嫌われたと思っているだろうな」

神使「え?」

凄爺「たぶん初めての感情だったんだろ。 あんなに泣きやがって」

神使「・・・・・・」


凄爺「あとはワシは知らん。 お前が決めるんだな」

神使「ありがとうございます。 私は、どんな形であれ神様をお守りすることをお約束します」

凄爺「・・・・・・」

神使「しかし、私は神様の神使です。 神ちゃんさんに相応しい男になった時に、この思いをお伝えいたします」フカブカ

凄爺「そうか」




凄爺(なるほど、確かにお前の言う通り私はコイツに勝てないな)フッ


830:◆8YCWQhLlF2 2016/11/05(土) 21:01:25 ID:qi3vY.0w

――― ひねくれ神社・境内の端っこ


神様「・・・・・・」シュン



狐娘「神宮神様?」

神様「・・・狐娘ちゃん」グシグシ


狐娘「少しお話しをしてもよろしいでしょうか?」

神様「・・・うん」


831:◆8YCWQhLlF2 2016/11/05(土) 21:03:09 ID:qi3vY.0w
狐娘「先輩に怒られちゃいましたね」

神様「・・・うん」

狐娘「私、先輩が怒っているところ初めて見ました」

神様「・・・・・・」


狐娘「ちょっと羨ましいです」

神様「え?」

狐娘「先輩って、どんな人にも全く同じ対応なんですもん。 誰にでも優しくて、頼み事だって絶対断らないんですよ?」

神様「知ってる・・・ でも私のお願いはあんま聞いてくれないけど・・・」


狐娘「私、神宮神様といるときの先輩の対応を見てびっくりしました」

神様「あいつ、私を見下してるから・・・」

狐娘「先輩が神を・・・ いえ、人も神使も見下すなんて事は絶対にありません」

神様「・・・・・・」
[38]2016年11月15日 21:13
832:◆8YCWQhLlF2 2016/11/05(土) 21:04:56 ID:qi3vY.0w
狐娘「私、先輩の妹と研修所時代の同期なんです」

神様「この前アイツから聞いた」

狐娘「妹さんはご存じですか?」

神様「うん」

狐娘「先輩、妹にも敬語なんですよ?」

神様「・・・うん」

狐娘「先輩って女性と話すときは絶対に一歩自分を引いて話すんです。 相手が妹でも」

神様「・・・・・・」

狐娘「神宮神様と一緒の時はその距離がありませんでした。 あんな先輩初めて見ました」

神様「でも、それは・・・」


833:◆8YCWQhLlF2 2016/11/05(土) 21:06:27 ID:qi3vY.0w
狐娘「それに、どんなに親しくても先輩が女性を脇に抱えて歩いたりするなんて考えられませんよ」

神様「さすがにそんなこと私もされた事無いけど・・・」


狐娘「・・・先日、神宮神様を脇にお抱えになっていましたよ?」

神様「え!?」

狐娘「廊下でお眠りになっていたときに・・・ 覚えていないのですか?」

神様「・・・・・・うん」

狐娘「手慣れた感じでしたし、何度もされているのでは・・・」

神様「・・・///」

狐娘「大変非礼な発言ですが、あんなの見せられて・・・ 私、嫉妬しちゃいました」


834:◆8YCWQhLlF2 2016/11/05(土) 21:07:51 ID:qi3vY.0w
神様「・・・・・・狐娘ちゃんは、犬ころの事を好きなんだよね」

狐娘「はい」


神様「・・・あいつ優しいから、ちゃんと思いを伝えれば大丈夫だと思うよ」

狐娘「私もそう思っていました。 でも先輩はすでにお慕いしている方がいるようですし」

神様「今なら大丈夫だよ。 たぶんそいつ嫌われたし」シュン


狐娘「私が神使先輩に告白しても絶対にお返事はもらえません。 先輩を悩ませちゃうだけです」

神様「でも・・・ 思いを伝えるのは大事だよ?」

狐娘「神宮神様は思いをお伝えになったのですか?」

神様「・・・・・・」


835:◆8YCWQhLlF2 2016/11/05(土) 21:09:09 ID:qi3vY.0w
狐娘「神使先輩は神宮神様にお譲りします!」

神様「でも・・・ 私は嫌われたし・・・」

狐娘「あの先輩が神宮神様の事を嫌いになるわけ無いじゃないですか」

神様「狐娘ちゃん・・・」


狐娘「神さま、どうか神宮神様が神使先輩と共に歩んでいけますように」パン パンッ

神様「・・・・・・」

狐娘「これが、私から神様へのお願いです」ニコッ

神様「ありがとう・・・///」


836:◆8YCWQhLlF2 :qi3vY.0w
狐娘「はい、お賽銭です」ジャラ

神様「130円?」

狐娘「裏手に自動販売機がありますので、一緒にコーラ買いに行きませんか?」

神様「うん。 ありがとう狐娘ちゃん」

狐娘「出過ぎたまねを失礼いたしました」ペコリ

神様「後でアイツに謝まる。 もう絶対神を辞めるなんて言わない!」

狐娘「ふふっ、そうですね」ニコッ


837:◆8YCWQhLlF2 :EKibyOBE

―――ひねくれ神社・本殿前


テクテク


神様「狐娘ちゃん、折角ジュース買うのに水とか無いわ〜」

狐娘「そうでしょうか・・・」


神様「あっ・・・」


神使「・・・・・・」



神様「・・・・・・」シュン


狐娘「神宮神様? 謝るのでは?」ボソッ

神様「神使・・・ あの、さっきは・・・」モジモジ


838:◆8YCWQhLlF2 :EKibyOBE
神使「神様? またコーラを勝手に買ったんですか?」

神様「え・・・? いや、これは・・・」


神使「これからは、1日2本までですよ?」

神様「・・・・・・」

神使「約束できますか?」

神様「する・・・ 約束する!」

神使「ありがとうございます」


神様「それと、もう一つ約束する事がある」

神使「?」


神様「もう、神を辞めるだなんて言わない。 冗談でも絶対に言わない! だから・・・」


839:◆8YCWQhLlF2 ID:EKibyOBE
神使「よくよく考えたら神様が神を辞めるわけなんかありませんからね」

神様「え?」

神使「神様は神以外の仕事は出来ませんし」

神様「・・・どういう意味?」

神使「そのままの意味です」

狐娘「」クスッ


神様「あのさぁ、勘違いしてもらっちゃ困るんだけど私の本職は巫女だからね?」ハァ

神使「そうでした。 内宮巫女長でしたね」

神様「その通り! 神としての神階は最低位だけど巫女としては優秀なのだよ」カッ カッ カッ


凄爺「おい」


神様・神使「?」
[39]2016年11月15日 21:14
840:◆8YCWQhLlF2 2016/11/06(日) 00:39:27 ID:EKibyOBE
狐娘「凄爺様、お体に触りますのでお休みになって頂かないと・・・」


凄爺「悪いんだが、お前達うるさいから帰ってくれないか? ゆっくりできん」」

神使「も、申し訳ございません」フカブカ


神様「へぇ〜 こんなにキッズ達がウジャウジャいるのに、そっちはうるさくないの?」ニヤッ

凄爺「・・・あのガキ達はしかたあるまい」

神様「だよね〜 好きで無きゃ神宮の反発を押し切って土地を切り売りして幼稚園誘致したり公園にしたりしないもんね〜」

凄爺「・・・おい牡蠣ガキ、なんでそれを知っているんだ!!」

神様「前に、神宮の大宮司が教えてくれたの」

凄爺「あの野郎・・・」


841:◆8YCWQhLlF2 2016/11/06(日) 00:40:13 ID:EKibyOBE
神様「狐娘ちゃん、色々ありがとう」フカブカ

狐娘「そんな! やめて下さい」

神様「これ、お礼にもならないと思うんだけど受け取って」スッ

狐娘「お守り?」

神様「うん。 私が作ったヤツだから御利益薄いけど・・・」

狐娘「ありがとうございます。 大切にいたします」


凄爺「ほぉ〜 お前お守りなんか作っていたのか」

神様「なんだよ・・・」

凄爺「ワシの分は無いのか?」

神様「ありません〜 これは私の大事な友達にだけあげてるんです〜」ベー

凄爺「何だと? 生意気な!!」


842:◆8YCWQhLlF2 2016/11/06(日) 00:40:59 ID:EKibyOBE
神様「よし! 逃げるぞ犬ころ!」タッ タッ タッ

神使「え!? ちょっと、神様?」

凄爺「おい!」


神様「狐娘ちゃん、元気でね〜」タッ タッ タッ


狐娘「はい! お元気で!」


神様「おいジジイ! 次に私が来るときは牡蠣用意しておけよ〜」タッ タッ タッ


凄爺「うるさいわ! お前が土産を持って来い!」


843:◆8YCWQhLlF2 2016/11/06(日) 00:42:03 ID:EKibyOBE
神使「申し訳ありません! 凄爺様、お世話になりました」

凄爺「期待しているぞ、狛犬の神使」

神使「はい! 狐娘さんも頑張って下さい」

狐娘「ありがとうございます」ペコリ


神使「では、失礼いたします」フカブカ


神使「神様、待って下さ〜い」タッ タッ タッ




凄爺「ったく、ワシは縁結びの神では無いぞ・・・」

狐娘「これを機に、縁結びの神としても活動されてはいかがでしょうか?」

凄爺「バカを言うな。 こんな面倒くさい事してられんわ」


844:◆8YCWQhLlF2 2016/11/06(日) 00:42:40 ID:EKibyOBE

――― 帰り道


テクテク


神様「なぁ、犬ころ」

神使「何です?」


神様「私はお前を絶対に神にするぞ」

神使「何度もお話しいたしましたが、私は神様の神使でありたいのです」


神様「人よりは随分と長いけど、神使にも寿命がある」

神使「・・・・・・」


845:◆8YCWQhLlF2 2016/11/06(日) 00:43:58 ID:EKibyOBE
神様「お前が私の神使として過ごす時間は・・・ 私にとっては短すぎる」

神使「神様・・・」

神様「だから、その・・・ 何というか、私はお前を・・・///」モジモジ


神使「神様? その先は今は言わないで下さい」

神様「・・・・・・」

神使「ワガママですが私が胸を張って神様にお伝えできるその日まで、もうしばらくお時間を下さい」

神様「そうか。 私はお前がおじいちゃんになってからでも構わない。 その時を待ち続ける」



神使「神様、おんぶしましょうか?」

神様「・・・そうだな。 少し疲れたかも」

神使「はい、どうぞ」スッ

神様「ん」ヨイショ


846:◆8YCWQhLlF2ID:EKibyOBE
テクテク


神様「今日は良い天気だな」

神使「そうですね。 雲一つ無い快晴です」

神様「お前の袴の色と同じだ」

神使「確かに。 似た色ですよね」

神様「私はその色が大好きなんだよ」

神使「私も巫女さんの緋色の袴は大好きですよ?」

神様「うれしいな。 毎日これで過ごすかな」

神使「それは止めて下さい」

神様「何でだよ・・・」

神使「神様は・・・ いえ、かわゆい神ちゃんは私の大切な方です。 あまり他人に見せびらかしたくありませんので」

神様「・・・そういうことを言うのは先じゃなかったのか?」

神使「そうでした。 今のは胸にしまっておいて下さい」

神様「分かった・・・///」ギュッ
[40]2016年11月15日 21:14
*くっしょん 。規制中*
1時間以上こちらが書き込み規制されますので、途中コメント、栞(しおり)等は書き込まないよう願います。
携帯であればお気に入り登録か、画面メモ保存をお勧めします。
[41]2016年11月15日 21:15
847:◆8YCWQhLlF2 2016/11/06(日) 00:45:58 ID:EKibyOBE
テクテク


神使「それでは、心機一転。 次の出向先へ向かいましょう」

神様「都会が良い」

神使「・・・そうですか」

神様「都会?」

神使「・・・・・・」


神様「・・・おい」

神使「頑張っていきましょう!」


848:◆8YCWQhLlF2 2016/11/06(日) 00:46:54 ID:EKibyOBE
神様「ふざけんなよ! 絶対田舎だろ! 間違いなく次の場所は田舎だろ!」

神使「神様の言う田舎という定義が私の定義と同じかどうかが分からないので何とも言えないのですが」

神様「何わけ分かんねーこと言ってんだよ! コンクリートジャングルに行かせろよ!」ゲシッ ゲシッ

神使「ちょっと! 神様! この状態で足蹴りはマズいですよ!」

神様「うるせー! 神罰だ!」ゲシッ ゲシッ

神使「うわっ、ちょっと! 本当にマズいですって!」フラフラ

神様「うひゃひゃ、都会って言うまで折檻だ〜」ゲシッ ゲシッ


神使「止めて下さい〜!!」





神様「神様だっ!」 神使「神力ゼロですが・・・」#13 ―END


849:◆8YCWQhLlF2 2016/11/06(日) 00:47:43 ID:EKibyOBE

――――
―――
――


〜〜 ずっとずっと昔


凄爺(若)「主神様はどんな方が好みなんですか?」

神様「そんな事を聞いてどうするのだ?」

凄爺(若)「盛大に振られた記念にぜひ教えて頂けないでしょうか」


神様「・・・その者は雲一つ無い青空、私は夕日に燃える朱色なんだ」

凄爺(若)「?」

神様「お金にはうるさいけれど定期的に好物を食べさせてくれる私の使い・・・ そんな者が私の好みだ」

凄爺(若)「随分と限定的な方なのですね・・・」


850:◆8YCWQhLlF2 2016/11/06(日) 00:48:33 ID:EKibyOBE
神様「その者と私はいつも一緒にいて、寝るときも同じ部屋なのだぞ?」

凄爺(若)「使いと一緒の部屋にですか!?」

神様「あぁ。 その者はいずれ神となり、私と共にこの国を守ってくれる」

凄爺(若)「・・・・・・」

神様「私は、その者を一生愛し続け片時も離れる事は無いであろう」

凄爺(若)「主神様・・・」

神様「お前も時が来れば神になる。 いずれ会わせてやる」

凄爺(若)「それは、複雑な気分でございますね・・・」

神様「約束する。 お前はその者には勝てないと役不足を痛感するはずだ」ウヒヒッ


――
―――
――――


851:◆8YCWQhLlF2 2016/11/06(日) 00:49:13 ID:EKibyOBE
凄爺「確かにワシでは役不足だったな・・・」

狐娘「凄爺神様?」

凄爺「浅葱色の袴と巫女の緋袴か・・・ なるほどな」フッ

狐娘「?」


凄爺「お前は良いのか? 思い人を取られても」

狐娘「私も・・・ 役不足でした」ニコッ

凄爺「ハハハッ、お互い甘酸っぱい経験をしたな」

狐娘「そうでございますね」


852:◆8YCWQhLlF2 2016/11/06(日) 00:50:20 ID:EKibyOBE
凄爺「さて、結界の確認でもするか。 お前もワシの隣でよく見ておけ」

狐娘「え?」

凄爺「今日からお前にも手伝ってもらおう」

狐娘「しかし・・・ 私のような者がお側にいるとご迷惑では・・・」

凄爺「お前にも四柱結界の守護を手伝ってもらう事にする」

狐娘「!?」

凄爺「不満か?」

狐娘「いいえ! ぜひ勉強させて下さい!」

凄爺「よし。 では牡蠣を買ってこい」

狐娘「牡蠣・・・ ですか?」

凄爺「そうだ。 アレを喰うと力が湧く。 ワシが尊敬する神から教えてもらったのだ」

狐娘「分かりました! すぐに買って参ります」


タッ タッ タッ


853:◆8YCWQhLlF2 2016/11/06(日) 00:50:57 ID:EKibyOBE
チュンチュン


凄爺「良い天気だ・・・」


トテトテ


子供「ねぇ、神社の神主おじいちゃん」

凄爺「なんだ? 勝手に本殿に入ってきてはダメであろう」

子供「この前のお話しの続き聞きたい」

凄爺「話?」

子供「神ちゃんの昔話」

凄爺「お〜 そうだったな。 良いぞ、聞かせてやろう」

子供「やった! 皆〜 神ちゃんの昔話の続き教えてくれるって〜」


ワー ワー
キャッ キャッ
[42]2016年11月15日 21:15
854:◆8YCWQhLlF2 2016/11/06(日) 00:52:46 ID:EKibyOBE
凄爺「さてと、どこからだったかな?」

子供「神ちゃんが池から出てきた所から〜」

凄爺「そうだったな。 では」


凄爺「神ちゃんが池から這い上がると、そこにおまるがあってな? そのおまるにまたがった次の瞬間―――」




ワハハッ
ギャハハッ





神様「神様だっ!!」 神使「神力ゼロですが・・・・・・」―END


855:◆8YCWQhLlF2 2016/11/06(日) 00:53:51 ID:EKibyOBE

#09 「のんびり村」 >>1-153
神様の悪友である大宮司が退職。大宮司の思いを知った神様はある決意をする・・・

#10 「巫女カフェ」 >>165-410
本職の巫女が喫茶店で働いている。真相は三年前に起った事件が引き金だった・・・

#11 「もももも神社」 >>419-526
もももも神社に伝わる開かずの宝箱。その箱には神様が知られたくない過去が・・・

#12 「あにあに神社」 >>542-725
新米神職の指導のために着任する神様。しかし村人から歓迎されていない様で・・・

#13 「いつでも一緒」 >>739-854
神様と神使がお互いの気持ちに気づいたとき・・・ 新たな旅が始まるのであった・・・


856:◆8YCWQhLlF2 2016/11/06(日) 00:54:52 ID:EKibyOBE
ありがとうございました <(_ _)>


857: 以下 2016/11/06(日) 00:57:35 ID:AYflCG.I
乙!乙!!
これは素晴らしいSSだ


858:以下2016/11/06(日) 01:21:51 ID:HLr34Xao
今回で本当に終わり感が凄い
スレはまだ余ってるぞ
おつ


859:以下2016/11/06(日) 01:39:54 ID:7BiU3h1M
乙乙
面白い
まだいけるな


860:以下:2016/11/06(日) 03:55:06 ID:J9C8EyZw
おまるにまたがった次の瞬間どうなったか、いい加減教えてくれないか
それまで終わってもらうわけにはいかん


862:以下:2016/11/06(日) 17:41:57 ID:oFWYnR9E
もっと頼むよ
お願いします


863:以下:2016/11/07(月) 01:22:10 ID:Vr/IyKCM
乙!ほんと面白い
ところでまだスレが余っているようですが…?


864:以下:2016/11/07(月) 12:56:03 ID:q33L/SHM
おまるにまたがった次の瞬間、有名過ぎだろ!この先聞くまでスレ終わらねーぞ


865:以下:2016/11/07(月) 16:03:28 ID:Lv6H1qnU
神ちゃんにまた会えますように(^∧^)
きっと神ちゃんなら願いを叶えてくれるはず♪


866:以下:2016/11/08(火) 01:44:26 ID:jve4Y6HE
おまるの先が気になって仕方ないな


867:以下:2016/11/09(水) 01:01:52 ID:NNf8.QsI
何をお供えすれば続きが見られるのだろうか。と思うけど、あれだけ綺麗に締められたらこのままでもいいかなとも思う。


868:以下:2016/11/09(水) 06:44:55 ID:dSD7hhuE
>>867
諦めるな
神ちゃんは願いを叶える為にはどんな手を使っても叶えてくれる


869: 以下 2016/11/10(木) 23:27:52 ID:zhXuWvDw
おーい
神ちゃん


870:以下:2016/11/11(金) 02:23:34 ID:25zlI2dM
大変面白かった、1さん乙でした。
いつかまた神ちゃんに会えますように!!

つ【岩牡蛎】


872:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 03:01:36 ID:hV6D42AU
スレがまだ余っているだと?
埋めなくては!(強迫観念)
[43]2016年11月15日 21:16
873:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 03:02:51 ID:hV6D42AU

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【#0】「旅立ち」


――― 四年前・神宮


神使「さすがに神宮は大きいですね」


?「ねぇ、ねぇ」


神使「?」キョロキョロ


?「うしろ」


神使「あっ、すいません・・・(巫女さん?)」

巫女「おみくじやってかない? 今日大吉いっぱい入れておいたからさぁ〜」

神使「おみくじ・・・ ですか?」


874:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 03:04:00 ID:hV6D42AU
巫女「お守りもあるよ?」ゴソゴソ

神使「・・・なぜお守りとおみくじを売り歩きしているんですか?」

巫女「いや〜 今日人少なくてさぁ〜 ちょっと売り上げ的にマズいんだよね」

神使「・・・・・・」

巫女「このペラペラのお守りなら2000円の所300円にオマケしちゃうよ? おみくじも一回サービス!」

神使「授与品を割引販売するのはどうかと思いますが・・・」

巫女「ん? もしかして関係者?」

神使「ならなら神社の者です」ペコリ

巫女「あ〜 そうなんだ。 じゃ、いいや。 バイバイ」トテトテ


おみくじ〜 お守りはいかがっすか〜


神使「変わった巫女さんですね・・・」


875:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 03:04:55 ID:hV6D42AU

――― 数分後


神使「おかしいですね・・・ こちらの方で道はあっていると思うのですが・・・」キョロキョロ


おみくじ〜 お守りはいかがっすか〜


神使「あっ、先ほどの巫女さん・・・」


巫女「?」クルッ


神使「その・・・ またお会いしましたね」ハハハ

巫女「おみくじやる?」

神使「いえ・・・」

巫女「やってよ〜 すんごい当たるから」

神使「・・・では1回だけ。 100円で良いですか?」

巫女「サンキュ〜 はい、どうぞ」スッ


876:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 03:05:43 ID:hV6D42AU
神使「では」ゴソゴソ

巫女「何番?」

神使「18番ですね」

巫女「おめでとう! 大吉!」


神使「・・・・・・」

巫女「・・・・・・」


神使「えっ!? くじ紙とかないんですか?」

巫女「紙が欲しかったら、そこら辺の授与所で“神ちゃんくじ”18番の紙くれって言えばくれるから」

神使「・・・はぁ」


巫女「じゃあね〜」トテトテ


877:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 03:06:37 ID:hV6D42AU
神使「あっ、あの!」

巫女「?」


神使「すいません・・・ 内宮の社務所ってどちらでしょうか?」

巫女「社務所?」

神使「大宮司さまと約束で来たのですが・・・」

巫女「あ〜 迷ったのね。 案内してあげよっか?」

神使「でも、お忙しいのでは」

巫女「大丈夫だよ」

神使「しかし・・・」


巫女「んじゃ、交換条件でどう?」

神使「交換条件ですか?」


883:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 19:46:08 ID:hV6D42AU
ガコンッ


神使「これでいいんですか?」ハイ

巫女「サンキュ〜」プシュッ


神使「奉務中に飲み物なんて・・・ しかもコーラですか?」

巫女「バレないって」ゴクゴク

神使「では行きましょうか」

巫女「君は買わなくても良いの?」

神使「大丈夫です」


884:◆8YCWQhLlF2 ID:hV6D42AU
テクテク


巫女「あっ、ここ右」

神使「はぁ・・・ かなり参道から外れているようですが」

巫女「そうね〜 近道だから。 関係者以外は通らないし」ゲップ

神使「・・・・・・」

巫女「あ〜 ゴメンね私だけ飲んで」

神使「美味しいんですか? それ」

巫女「最高だよ〜 あれ? もしかしてコーラ飲んだ事ないの?」

神使「はい、普段は白湯かお茶ですので・・・」

巫女「マジで!? 飲む? 一口ならあげるよ?」

神使「いいえ大丈夫です」

巫女「美味しいのに・・・ ん?」ピタッ

神使「どうされました?」


885:◆8YCWQhLlF2 ID:hV6D42AU
?「フンフン〜♪」


神使「林に誰かいますね・・・」

巫女「あれって・・・」

神使「お知り合いですか?」

巫女「お〜い、何やてんだよ〜」


?「あん?」


神使「あの方は・・・ まさか!」

巫女「なんでこんな所ににいるんだ? またサボりか?」

?「禊ぎ中だ」

巫女「あ〜 抜け出してきたのね」
[44]2016年11月15日 21:16
886:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 19:49:39 ID:hV6D42AU
神使「さ、祭儀神様! 神様図鑑と同じ・・・ 本物!」ドゲザ

祭儀神「ん?」

巫女「君、急に土下座なんかしてどうしたの?」ケラケラ

神使「巫女さん! こちら神宮の祭儀神様ですよ!?」


祭儀神「・・・こいつ関係者か?」ボソッ

巫女「あ〜 ならなら神社の、って酒くさ! お前、酒飲んだろ」

神使「!? 祭儀神様にお前だなんて・・・ 申し訳ありません! 神宮の巫女さんですのでどうか御慈悲を!」フカブカ

祭儀神「・・・・・・」


887:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 19:50:50 ID:hV6D42AU
巫女「ねぇ、何してたの?」

祭儀神「ちょっと野暮用でな・・・」

巫女「ふ〜ん。 んじゃ、私達は社務所行くから。 ここでサボってた事を神職に伝えておくわ」

祭儀神「!? ちょ、ちょっと待った!」

巫女「なに?」

祭儀神「・・・午前中にやった祭儀のお供え物を後で持って行かせる」

巫女「オッケ〜。 私はここでお前には会わなかった」

祭儀神「」ホッ


巫女「それじゃ神使君、行こうか」

神使「は、はい。 祭儀神様、お目にかかれて光栄でした」ペコリ

祭儀神「あ、あぁ・・・」


888:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 19:52:38 ID:hV6D42AU
テクテク


巫女「いや〜 お供え物ゲット! ラッキ〜♪」

神使「祭儀神様にあんな対応をするなんて・・・」

巫女「え〜 アイツってそんなに有名なの?」

神使「神宮の祭儀神様ですよ? 神階最高位の神ですよ!?」

巫女「ただのジジイじゃん」

神使「・・・・・・」


巫女「あの建物が内宮の社務所」

神使「さすが大きいですね」

巫女「おっ、玄関に大宮司いるじゃん」


889:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 19:54:08 ID:hV6D42AU
巫女「お〜い、大宮司〜」

神使「大宮司様にもそのような態度なのですね・・・」


大宮司「ん? あ〜 神ちゃんか、サボりか?」

巫女「ちげーよ! 客連れてきたの!」


神使「・・・ならなら神社から参りました神使と申します」フカブカ

大宮司「君が神使君か。 待っていたよ、中に入ってくれ。 神ちゃんも一緒に―――」

巫女「玄関落ち葉だらけじゃん。 ちょっと掃除するから箒取ってくる」タッ タッ タッ

大宮司「おい神ちゃん・・・ はぁ〜 逃げられたか・・・」


890:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 19:55:23 ID:hV6D42AU
神使「変わった巫女さんですね・・・」

大宮司「彼女と何か話したのかい?」

神使「とてもフレンドリーな巫女さんですね」

大宮司「そうだね、少しフレンドリーすぎる気もするが」

神使「先ほど、祭儀神様とお会いしたのですが・・・ 神と接する態度とは思えないほど何と言いますか・・・」

大宮司「はははっ、仲の良い先輩と後輩というヤツじゃないのか?」

神使「?」

大宮司「まぁ、詳しくは中で話そうじゃないか」

神使「はい」


891:◆8YCWQhLlF2ID:hV6D42AU

――― 大宮司室


大宮司「さてと、まずは神宮へようこそ」

神使「私のような未熟者をご採用頂きましてありがとうございました」フカブカ

大宮司「いやいや、その若さで最高位の神使だなんて十分立派だと思うよ?」

神使「そんな事ございません。 全身全霊を込めて神宮でご奉仕させて頂きます」

大宮司「まぁ、堅い話は無しにして楽にいこうじゃないか」

神使「お気遣いありがとうございます」


892:◆8YCWQhLlF2 ID:hV6D42AU
大宮司「神使君は神宮の神についてどのくらい知っているかね?」

神使「神宮主神である最高神様、内宮神様、外宮神様の神宮三神を筆頭に祭儀神様などの神々の皆様がおられるという程度ですが・・・」

大宮司「神宮三神は別格である事は承知だと思う」

神使「はい。 人や神使はもちろん神職でさえ謁見は禁止されていると聞いております」

大宮司「そうだな。 取りあえず神宮三神は置いておくとして、それ以外で今現在神宮には二人の神がおられる」

神使「たった二神なのですか?」

大宮司「最高神様の希望らしくてね。 最低限の神しかいないのだよ」

神使「そうなのですか・・・ 勉強不足で申し訳ございません」

大宮司「いやいや、表には出していないから知っていたら逆に大変だよ」ハハハッ

神使「祭儀神様は神社界では著名な神ですので知っているのですが・・・」
[45]2016年11月15日 21:16
[46]2016年11月15日 21:16
893:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 20:00:08 ID:hV6D42AU
大宮司「もう一人が・・・ まぁ君の主神となる神で女神様だ」

神使「女神様・・・」

大宮司「ちなみに、神様図鑑にも載っていないぞ?」

神使「そのような神がおられるのですか?」

大宮司「別格だからね。 良い意味でも悪い意味でも・・・」

神使「? 一体ご専門は・・・」

大宮司「う〜ん・・・ 確か審査神だったかな?」

神使「・・・審査神?」

大宮司「広域特務課? とかいう場所に所属していた気がする」

神使「はぁ・・・」

大宮司「いや、忘れている訳じゃないんだよ? 普段は違う仕事をしているものでね」

神使「違う仕事・・・ ですか?」

大宮司「君に隠しても仕方がないから言ってしまうが、すでに君と面識がある」

神使「?」


894:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 20:01:03 ID:hV6D42AU
大宮司「あれ」クイッ

神使「? 窓の外?」


サァ サァ サァ


神使「先ほどの巫女さんがお掃除しているようですね」

大宮司「さっきからこちらが気になるのかチラチラと見ているみたいだが」ハハハッ

神使「あの巫女さんが何か?」

大宮司「あれが君の主神」


神使「・・・・・・はい?」


895:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 20:02:39 ID:hV6D42AU
大宮司「内宮神籍の神様で巫女さん」

神使「・・・・・・」


大宮司「うん、言いたい事は分かる。 でも神ちゃんは巫女としては優秀でね、内宮巫女長なんだよ」

神使「あの・・・ 冗談でなくですか?」

大宮司「神ちゃんはちょっと特殊な神でね。 周りには神である事を隠しているんだ」

神使「はぁ・・・」

大宮司「ああ見えて、神宮は長いんだよ?」

神使「何故そのような神が巫女さんを・・・」

大宮司「まぁ、訳ありでね・・・ その、神力が少し弱いんだよ」

神使「神力が・・・ それで巫女さんの仕事を?」

大宮司「まぁ何というか・・・ そうであって、そうでないというか・・・」


896:◆8YCWQhLlF2 ID:hV6D42AU
神使「えっと・・・ 私はどのようにお付き合いすればよろしいんでしょうか?」

大宮司「そうだね〜 どうしようかな」

神使「・・・・・・」


大宮司「大丈夫だよ。 何も考えずに神ちゃんが君を神使に付けたはずないだろうし」

神使「え? 神様が私をお選びになったのですか?」

大宮司「ん? そんな事言ったかね? 私が選んだんだよ、厳正なる選考でね」アセアセ

神使「・・・・・・はぁ」


大宮司「神ちゃんはすごく面白いからすぐに仲良くなれるよ」

神使「神使が神と仲良くなど、そんな非礼な事は・・・」


897:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 20:04:49 ID:hV6D42AU
大宮司「君に一つだけ言っておこう」

神使「?」


大宮司「神と神使、神と人の付き合い方とあり方の常識を捨てなさい」

神使「常識を・・・ 捨てる?」

大宮司「君は、何故神を崇め奉るんだい?」

神使「それは・・・」

大宮司「人に対しても立派な人には神のように崇め奉ったりするかい?」

神使「・・・・・・」


898:◆8YCWQhLlF2 ID:hV6D42AU
大宮司「まぁ、今は何のことだかよく分からないだろうが時期分かる」

神使「はい」

大宮司「急に今までの常識を捨てろと言われても戸惑うかも知れないが・・・」

神使「いえ、仰る事は何となくですが分かったような気がします」

大宮司「そうか。 期待しているぞ、神使君」

神使「ありがとうございます」フカブカ


大宮司「神勅が発せられる任命式は明日だ。 それまでゆっくりしていなさい」

神使「承知いたしました」

大宮司「よしと」スタスタ


899: ◆8YCWQhLlF2 ID:hV6D42AU
ガラガラ


大宮司「おい、神ちゃん」


神様「なに?」


大宮司「掃除はいいから、こっちに来てくれるか?」


神様「ん」トテトテ


大宮司「神使君を宿舎に案内してあげてくれるか?」

神様「あ〜 良いけど、コーラおごって」

大宮司「分かったよ、後で宿舎に届けさせる」


900:◆8YCWQhLlF2 ID:hV6D42AU
神様「んじゃ、案内するから一緒に行くぞ」

神使「は、はい! よろしくお願いいたします!」フカブカ

神様「あ〜 そういうのしなくていいから」

神使「?」


神様「まぁ、いいや。 行くよ〜」

神使「はい!」
[47]2016年11月15日 21:17
901:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 20:09:27 ID:hV6D42AU
テクテク


神様「・・・・・・」

神使「・・・・・・」カチコチ


神様「ねぇ・・・」

神使「はっ、はい! 何でしょうか神様!」

神様「もっと普通で良いよ。 社務所行く前みたいな感じで」

神使「しかし・・・」


神様「私、堅苦しいのは苦手でさ。 距離を置かれるの好きじゃないんだよね」

神使「そうなのですか?」

神様「別に神って偉い存在ではないしさ?」

神使「そのような事はないと思うのですが」

神様「・・・・・・」


902:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 20:10:53 ID:hV6D42AU
神使「ところで、私は普段どのような補佐をすればよろしいでしょうか? 祭儀などは頻繁になされるのですか?」

神様「私は祭儀とかしないね」

神使「では、神力成就がご専門で?」

神様「・・・それもしないね」


神使「では普段はどのような・・・」

神様「巫女」

神使「巫女・・・ さんですか?」

神様「そう、巫女。 私は、普段は神としての仕事は全くしていない」

神使「大宮司様が内宮巫女長と仰っておりましたが」

神様「そうそう。 だから私の神使なんてやる事ないと思うよ?」


903:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 20:12:26 ID:hV6D42AU
神使「・・・では、私はなぜ神様の神使に任命されたのでしょか?」

神様「まぁ、近いうちに必要になるし」

神使「?」


神様「あっ、でも私以外の神に付きたいと思ったら遠慮なく言ってね」

神使「そんな事は・・・ そんな非礼は神使として失格です」

神様「いや、祭儀神とか他の神階の高い神に付きたいと思ったら正直に言う事。 それだけは約束してくれる?」

神使「はぁ・・・」

神様「まぁ、これでも神宮は長いからどの社の神にでも神使として付ける事くらい出来るし」

神使「え!?」

神様「神宮三神以外だったら誰でも良いよ? だから約束して。 君の人生を無駄にしたくない」

神使「分かりました」


904:◆8YCWQhLlF2 2016/11/13(日) 20:13:34 ID:hV6D42AU
神様「よし! まぁ、しばらくは適当に仕事見つけてプラプラしててよ」

神使「そんなアバウトな事でも良いのですか?」

神様「いいよ」

神使「・・・・・・」


テクテク


神様「あっ、あの建物が宿舎。 神使君は右側の建物だね」

神使「立派な宿舎ですね」

神様「じゃ、また」トテトテ

神使「あの、神様!」

神様「?」

神使「明日の任命式でのご神勅、どうぞよろしくお願いいたします」フカブカ

神様「へいへい」スタスタ


神使「・・・・・・」


905:◆8YCWQhLlF2 ID:yV/GXYyo

――― 任命式


大宮司「狛犬の神使よ」

神使「はい」

大宮司「本日付で神宮所属とし主神付の神使とする」

神使「ありがとうございます」フカブカ


大宮司「神様、神勅をお願いいたします」

神様「Zzz・・・」コクッ

大宮司「おい、神ちゃん」ボソッ

神様「んあ?」ポー

大宮司「神勅」

神様「あ〜」ヨイショ

神使「・・・・・・」


906:◆8YCWQhLlF2 ID:yV/GXYyo
大宮司「神勅は内宮神籍・神様から賜る」

神使「」フカブカ


神様「神勅! 狛犬の神使よ、其方を本日付で神宮主神付とし我が神使として任命する」

大宮司・神使「」フカブカ

神様「以上、内宮神籍神様より神勅を申し伝えた」

神使「神様の主神付神使として恥じぬよう誠心誠意ご奉仕いたします」

神様「堅い!」

神使「・・・神様の神使として頑張ります」

神様「いいね〜 んじゃお祝いパーチィ―でもしますか」

大宮司「まだ日が出てるぞ? 早すぎじゃないか?」


907:◆8YCWQhLlF2 ID:yV/GXYyo
神様「祭儀神がバーベキューの用意始めちゃってるんだよ〜」

大宮司・神使「・・・・・・」


神様「取りあえず私と神使君は先に行くから大宮司達は後から来て」

神使「え? 私、ならなら神社に戻って私物を取りに行かないといけないのですが・・・」

神様「そんなの明日の始発で行けば良いじゃん。 夜通しでパーチィーなんだから」

神使「夜通し!?」

大宮司「・・・・・・私はこのあと会合だから頑張ってくれ。 それじゃ」スタスタ


神様「マジかよ・・・ まぁ良いや。 いくぞ神使君」ガシッ

神使「えっ、ちょ・・・」ズルズル

神様「レッツゴー!」
[48]2016年11月15日 21:17
908:◆8YCWQhLlF2 2016/11/14(月) 00:49:39 ID:yV/GXYyo

――― 裏庭


神様「うひゃひゃ! どうだ! キレッキレの神ちゃんダンシングは!」クネクネ

祭儀神「いいぞ〜 クネクネしてて全然キレてないけどな」

神使「・・・・・・」

祭儀神「キレると言えば、この肉って何の肉だ? ゴムみたいでかみ切れないぞ?」モグモグ

神使「あの・・・」

祭儀神「あん?」

神使「神様が下着姿で踊っているのですが、お止めにならなくても良いのでしょうか?」

祭儀神「ほっとけ。 アイツは寝るときと機嫌が良い時は裸になるんだよ」

神使「・・・・・・」


909:◆8YCWQhLlF2 2016/11/14(月) 00:50:42 ID:yV/GXYyo
神様「? おっ、犬ころも一緒に踊るか?」クネクネ

神使「犬!? 私の事ですか!?」

神様「ほかに犬ころなんか居ないだろ〜が〜」

祭儀神「はははっ。 良かったな、早速あだ名付けてもらえて」

神使「・・・・・・」


神様「それより、みんな遅くね? ちょっと見てくるわ」トテトテ

神使「!? 神様、裸ですよ?」

神様「うひゃひゃ! このまま境内までダッシュしてやる〜」

神使「ちょ! ダメです! そんな格好で走り回ったら通報されますから!」ガシッ

神様「大丈夫だよ〜」ジタバタ

神使「ダメです! 参拝者だってまだいるんですから!」


910:◆8YCWQhLlF2 2016/11/14(月) 00:51:30 ID:yV/GXYyo
祭儀神「そうだぞ、神ちゃん。 お付きの言うことちゃんと聞いておけ。 通報されるとまた面倒だぞ?」

神様「分かったよ〜 んじゃ寝る。 みんなが揃ったら起こして?」バタン

神使「神様・・・ そんな格好で寝たら風邪引きますよ・・・」

神様「ん〜 Zzz・・・」グガー


神使「祭儀神様・・・ 神様が・・・」

祭儀神「こんなにはしゃいだ神ちゃん見たの久しぶりだ」

神使「?」

祭儀神「神ちゃんの神使、よろしく頼むぞ」

神使「祭儀神様・・・」


祭儀神「さて、もうじき他の連中も来るし神ちゃんの服だけでも着せておくか」

神使「そう言えばまだ日も落ちていないんですよね・・・」


911:◆8YCWQhLlF2 2016/11/14(月) 00:52:19 ID:yV/GXYyo
祭儀神「ワシは追加の肉持ってくるから、神ちゃんは頼んだぞ」

神使「え!? 私が服を着せるのですか?」

祭儀神「当たり前だろ。 神使なんだから主神の世話はお前の役目だ」

神使「・・・・・・」


祭儀神「大丈夫だよ。 お前は神ちゃんに選ばれた神使なんだ」

神使「・・・やはり、私を選んだのは神様ご本人なのですか?」

祭儀神「ん? そんな事言ったか? 選んだのは・・・ なんか選考とかだろ?」アセアセ

神使「・・・・・・」

祭儀神「じゃ、きちんと服着せておけよ」スタスタ


神使「私、朝まで持つでしょうか・・・」ゲンナリ

神様「Zzz・・・」グガー


912:◆8YCWQhLlF2 2016/11/14(月) 00:53:41 ID:yV/GXYyo

――― 翌日・ならなら神宮


友「おう、神使〜」

神使「あ、友さん」

友「任命式終わったのか?」

神使「はい、昨日終わりました」


友「なんかお前、目の隈すごくないか?」

神使「夜通しで歓迎会がありまして・・・」

友「夜通し!?」

神使「まるで地獄絵図でした・・・ 耐え抜くのが大変でした・・・」ゲッソリ

友「優秀なお前でもそんな弱気になるなんて、さすが神宮・・・ 俺には無理だな」ハハハッ


913:◆8YCWQhLlF2 2016/11/14(月) 00:55:05 ID:yV/GXYyo
神使「友さん、今までお世話になりました」ペコリ

友「いやいや、世話になったのはこっちだよ。 しかし、お前もついに神宮の神使か〜」

神使「神宮の神さまにお仕えするのは私の夢でしたから」

友「だよな、ところで神さまとお会いになったんだろ?」

神使「まぁ・・・ 一応・・・」

友「やっぱり、神宮の神さまともなると凄いんだろうな〜」

神使「・・・そうですね、ある意味想像以上でした。 私の考えていた神の概念を変えなくてはいけないほどです・・・」

友「就任早々弱音か? お前らしくないな」

神使「そうですね。 でも・・・」

友「?」

神使「なんだか楽くなりそうです」ニコッ
[49]2016年11月15日 21:17
914:◆8YCWQhLlF2 2016/11/14(月) 00:56:00 ID:yV/GXYyo

――― 二年後


神使「あっ、神様! やっと見つけました」

神様「お〜 久しぶり〜」トテトテ


神使「また祭儀の補佐をサボったそうですね」

神様「なんで知ってんだよ・・・」

神使「巫女の御奉仕も良いですが、たまには神の仕事もして頂かないと困ります」

神様「相変わらずうるせーな〜 分かってるって・・・」

神使「いえ、全然分かっていないようですので少しお話しをさせて下さい」

神様「うっせー! ばーか」タッ タッ タッ

神使「ちょっと、神様! まったく・・・ 逃げ足だけは速いんですから・・・」ハァ


915:◆8YCWQhLlF2 2016/11/14(月) 00:56:45 ID:yV/GXYyo
大宮司「はははっ、だいぶ手を焼いているようだね」

神使「大宮司様。 ご苦労様です」フカブカ


大宮司「安心したよ、神ちゃんと上手くやっているようで」

神使「上手く・・・ やれているんでしょうか?」

大宮司「合格点だよ。 神ちゃんと良いコンビだと思うよ?」

神使「そんな・・・ 主神付神使としては落第点だと思うのですが・・・」

大宮司「そんな事ないよ、期待以上だ。 これからもよろしく頼むよ」

神使「はぁ・・・」

大宮司「しかし・・・ 神ちゃんはこの後、私と打ち合わせをするという事を忘れていないだろうか・・・」


916:◆8YCWQhLlF2 2016/11/14(月) 00:57:24 ID:yV/GXYyo

――― 大宮司室


トントン


大宮司「誰かな?」


ガチャッ


神様「神ちゃんどぇす」

大宮司「打ち合わせはちゃんと覚えていたか」

神様「私からお願いしたんだから忘れないっつーの」

大宮司「そこのソファーに」

神様「ん」ボフッ


917:◆8YCWQhLlF2 2016/11/14(月) 00:58:05 ID:yV/GXYyo
大宮司「・・・本当に、神宮を出て行くのか?」

神様「うん」

大宮司「でも、急にどうして・・・」


神様「アイツに・・・ 犬ころに色々と教えておきたくてね〜」

大宮司「そうか」

神様「まぁ、近いうちに神宮から私が出て行く事になるだろし」

大宮司「外宮宮司か?」

神様「・・・もし、私が出て行かざるを得ない状態になったときは流れに任せてくれ」

大宮司「分かった・・・」


918:◆8YCWQhLlF2 2016/11/14(月) 00:58:51 ID:yV/GXYyo
神様「大丈夫だよ、犬ころは優秀な神使だ」

大宮司「神宮も寂しくなるな」

神様「片割れはココにいるんだ。 まぁ本殿と住居から出てくる事はないけど・・・」

大宮司「そうだな」


神様「別に神宮が嫌になって出て行くわけじゃないんだし、また戻ってくるって」

大宮司「なんだか娘を送り出すような気分だよ」

神様「嬉しい事を言うね〜」


大宮司「神階を上げておくか? 外を回るなら役に立つだろ」

神様「いいよそのままで。 そういうの好きじゃないし」

大宮司「そうか」フッ


919:◆8YCWQhLlF2 2016/11/14(月) 00:59:49 ID:yV/GXYyo
神様「なんだよ・・・」

大宮司「いや、少し羨ましく思ってね」

神様「・・・なんならお前も神になって一緒に来る?」

大宮司「私はそんな器じゃない、神になどならないよ。 それに・・・ 二人で行きたいんだろ?」

神様「・・・・・・」


大宮司「行き先は決めてあるのか?」

神様「最初は犬ころに任せるつもり。 その後は・・・ まぁ神様機構の長官君が指示出すでしょ」

大宮司「無茶だけはするなよ? 何かあったらすぐに連絡すること」

神様「お前は親かよ・・・」

大宮司「さっきも言ったろ? 娘みたいなもんだって」

神様「・・・そうだな。 ありがとう」ニコッ



――――
―――
――
[50]2016年11月15日 21:17
ラストくっしょん
[51]2016年11月15日 21:18
920:◆8YCWQhLlF2 2016/11/14(月) 01:00:37 ID:yV/GXYyo

――― 半年後


テクテク


神様「う〜 さぶっ!!」

神使「氷点下いっているでしょうね」

神様「んなこと言われなくても分かるわ! 腐れ神使」

神使「神様? 一応女性なのですからもう少し上品な言葉使いをなされては・・・」

神様「うっさい! 一応って何だよ! っていうかまだ着かないの〜」

神使「そこを曲がれば次の勤務先のにょろにょろ神社です」


921:◆8YCWQhLlF2 2016/11/14(月) 01:01:27 ID:yV/GXYyo
神様「にょろにょろ神社か・・・ 良いネーミングだな」

神使「そうでしょうか?」

神様「にょろにょろだよ? こう、脳天を揺さぶるような素敵な物語が始まる感じしない?」

神使「・・・・・・いえ、しません」

神様「さよですか」


テクテク


神様「・・・なぁ、社務所ないぞ? っていうか神社がないぞ?」

神使「これは大きな駐車場ですね・・・」


ヒュー


――――
―――
――



神様「神様だっ!」 神使「神力ゼロですが・・・」#0 ―END


922:◆8YCWQhLlF2 2016/11/14(月) 01:02:21 ID:yV/GXYyo
おまけの0話はここまで
ダラダラと2スレも使ってすいません……


以上で、
・神様「神様だっ!」 神使「神力ゼロですが・・・」
を終わります



お読み頂きました皆様、ありがとうございました <(_ _)>


923:以下:2016/11/14(月) 01:57:38 ID:cxjy7yLI
本当に良いSSだった
>>1と神ちゃん、神使君にありがとうと言いたい
乙!


924:以下:2016/11/14(月) 02:48:02 ID:IGOYtyvE
期待に応えてくれてありがとう!乙!


925:以下:2016/11/14(月) 03:12:44 ID:AmPX02Dk
巡回スレが暖簾をたたむのは本当に淋しいね。乙!おもしろかった!
気が向いたらまた新しいSSよろ!!


926:以下:2016/11/14(月) 08:49:58 ID:r0pBwWUg
本当に終わりか
寂しくなるな
気が向いたらまた後日編でも書いてくれよ


927:以下:2016/11/14(月) 08:59:39 ID:yAWVntiQ
おまるの続きが気になって三度の飯しか喉を通らない…。


928:以下:2016/11/14(月) 09:04:30 ID:vW68v8Ms

最高だった


929:以下:2016/11/14(月) 11:04:13 ID:HJ6xIC2w
面白かった
次スレも期待してたのになぁ
神ちゃんと神使の子供の話とかあったらおもしろそうだなぁ


930:以下:2016/11/14(月) 11:13:31 ID:T1mM2JqM
いい世界だった。寂しくなるけどこれもまた一興。


931:以下:2016/11/14(月) 11:29:10 ID:1/kf2/Sc
長い間、楽しませて貰いました。
お疲れ様でし!


932:以下:2016/11/14(月) 18:03:54 ID:cAZ15nNc
終わりなの!?
いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁ〜
ひとまず神ちゃんも犬ころも作者さんもお疲れ様でした。
次回作に期待♪


933:以下:2016/11/14(月) 18:19:23 ID:OkNFiLg.
おつ!
バーベキューで今度こそおまるがと思ったけど気のせいだった
楽しかった!次回作きたいしてます!


934:以下:2016/11/14(月) 19:25:04 ID:/8Qo/4UY
>>1の神ちゃんとか神使君の創造像を教えて欲しい


935:以下:2016/11/14(月) 19:44:00 ID:c/6RMa8A
おつかれ


コピペおわり
最後まで読んでいただきありがとうございました。
[52]2016年11月15日 21:19
たぶんこれで完結したのかもしれないけど、これまでみたいに続きか番外編があるかもしれないのでタグはあの通りとなりました。

もし続きがあればまた紹介したいと思います。
ではでは
[53]2016年11月17日 15:21
張りお疲れ様ですm(_ _)m
続いて欲しいような関係性が変わったからここでおしまいがいいような複雑な感じです

ログインすると、残り13件のコメントが見れるよ

コメントを書く (*の項目は入力必須)

コピペの館のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

コピペの館

人気コミュニティランキング

関連ワード

  • 削除されました

mixiで趣味の話をしよう
新規登録(無料)