ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 車、バイク > マシンもろもろ記録 > トピック一覧 > 12RMZ250 セッティング...

マシンもろもろ記録コミュの12RMZ250 セッティング記録

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

<取説より抜粋の標準セッティング情報>
ECMマッピングカプラ:白色(薄目)、灰色(濃目)

サスペンション
F(上COMP):10クリック戻し
 (下TEN):11クリック戻し

R(上COMP低):12クリック戻し
 (上COMP高):2回転戻しでポンチ一致位置
 (下TEN):14クリック戻し

プラグ:NGKCR8EIA-10

EGオイル量:オイルのみ950mL、フィルタ含む1000mL
※オイル交換時には、Fスプロケ下のオイルストレーナーも取り外して洗浄必要
 オイルストレーナーキャップ:21N・m

スプロケット関係
F13×R49 520チェーン

<FIセッティング> with プロサマフラー
つるつるコンディション
2000域 : +1
4000域 : +1
6000域 : +0
8000域 : +0
10000域: +0

ドライかちぱんコンディション
2000域 : +0
4000域 : +0
6000域 : +1
8000域 : +1
10000域: +1

2015年7月装着 DEP製マフラー
<フルパワー仕様> : 108dB (MX408にて実測)
2000域 : −1 点火タイミング : 0
4000域 : +0 点火タイミング : 0
6000域 : +0 点火タイミング : 0
8000域 : +0 点火タイミング : 0
10000域: +0  点火タイミング : 0

<消音バッフル付仕様> : ?dB
2000域 : −1 点火タイミング : −1
4000域 : +0 点火タイミング : −1
6000域 : −1 点火タイミング : 0
8000域 : −1 点火タイミング : 0
10000域: −1  点火タイミング : 0
※2000域は噴射量−1必須。始動性最悪になる


コメント(15)

2012-06-24

1)ワイセコ製のFIコントローラを取付
 いろいろいじってみるとなかなか面白い。
 STDはあくまで標準というだけで、湿度によりセッティングを変えた方が走る。
2)HINSONクラッチ (フルキット)取付
 純正で問題であったクラッチの切れの悪化が無く、これいい♪
2012-06-25 凸凹
気温24℃ぐらい、湿度低め
FIセッティング : 低速+4、中速+1、高速−1


2012-07-01 谷田部
気温26℃ぐらい。 湿度高め
FIセッティング : 低速+0、中速−1、高速−1
2012-09-22 凸凹(セミドライコンディション)

サスセッティング結果。(第3弾完了時)
※ハード路面+ギャップ多数の場合(?)

フロントサス
圧側 14クリック戻し(STD+4クリック抜き)
伸側 13クリック戻し(STD+2クリック抜き)
油面 391ml(STD+3ml増量)

リアサス
低速圧側 12クリック戻し(STD)
高速圧側 1+3/4戻し(STD-1/4締め)
伸び側  13クリック戻し(STD-1クリック締め)
2013-03-10
凸凹ランド練習にて。
したみんさんから教えてもらった通りフロントの突出し量を+5mmにセット。
STD位置よりもリアのRにフロントが合うようになった。
+5mmセットを基準として今後の練習にて確認するものとする。
2013-05-06
凸凹ランド練習にて。
フロントの突出し量を+5→+3mmに変更して走行した。
特に問題は無い感触。+5だとフロントの切れ込み感があったものが良くなったように感じる。
フロントの大回り感もないので、暫くこれで練習してみて様子を見ることにする。
尚、前からではあるが、フロントフォークの動き方がちょっと気になる。
フロントブレーキを調整しながら、回り込むときに動きすぎるきらいあり。
うーむ。バルブ調整かのだろうか?
谷田部練習したが、突き出し量+3个世叛回性悪く曲がって行かれない。車体が寝かせられないコンディションのときは突き出し量を増やすべきか…。
2013-07-06
ブリッツシュネル社にてフロントフォークのモディファイをしてもらう。
1G付近の落ち着きが出て乗り易くなった。
アジャスト結果

油面:STD-5cc (もうちょっと抜かずに-3か-4cc辺りが良さそう)
突出量:STD+5mm (旋回性向上のため)
圧側:全締めから12クリック戻し付近が良さそう
伸側:左側全締めから11クリック戻し、右側12クリック戻し(11.5を狙った)

にて、凸凹でのテスト結果良好
次回は油面をちょっと足してみる予定
2013-07-24
油面:STD-3ccに調整
突出量:STD+5mm (変更なし)
圧側:全締めから10クリック戻し
伸側:左側全締めから11クリック戻し、右側12クリック戻し(11.5を狙った)

取り敢えず、先日のテストにてフロントの1G付近の動きがスカスカすぎることと、着地の衝撃に対する限界性能をアップさせるべく 油面を+2cc処置してみた。
次回の練習時に乗り味を確認することとする。
フロントの感触をもうちょっと腰があるようにするために油面を調整。
それに伴いセッティングも変更

油面:STD-3cc
突出量:STD+5mm (旋回性向上のため)
圧側:全締めから15クリック戻し
伸側:左側全締めから11クリック戻し、右側12クリック戻し(11.5を狙った)

MX408にてテスト。ショートしても底付しないし腰が出た。またコーナーリング中の動きも落ち着いて良好な方向になった。
ただ、一部逆バンク状態のコーナーでは曲がりにくい状態が残る。
O/H後の初凸凹走行
車体の感触が変わっていたので、調整した。
フロントは底付するので、硬めにアジャストすると硬くてギャップを拾いすぎるので油面にて調整してみた。
また、リアはダンパーが復活したせいか、硬すぎてアジャストが必要となった。

<フロント>
油面:STD -1 cc (左右共に2ccずつ増やした)
突出量:STD+5mm (変更なし。)
圧側:全締めから12クリック戻し
伸側:左側全締めから11クリック戻し、右側11戻し

<リア>
圧側高速 STD+1/4回転(硬い方向へアジャスト)
圧側低速 STD-2クリック(柔らかい方向へアジャスト)
伸び側  STD(変化なし)

全体的に路面のギャップにしなやかに対応してくれる感触となる。
しかしながら、ED用というよりもMX的なサスペンション特性と思われる。
それなりにハンドルにギャップの衝撃が来るので手が疲労しやすい感じ。
2014-02-24
凸凹ランド
コンディションドライ、晴天

<フロント>
油面:STD -5 cc (Fスプリング社外品交換後初期状態)
突出量:STD+5mm (変更なし。)
圧側:全締めから13クリック戻し
伸側:左側全締めから11クリック戻し、右側11戻し

<リア>
圧側高速 STD+1/4回転(硬い方向へアジャスト)
圧側低速 STD±0クリック(柔らかい方向へアジャスト)
伸び側  STD(変化なし)

林間コースなどの極低速部分ではトラクションが悪いが、メインコースを走っているスピードレンジでは非常にしなやかで乗りやすい印象。
スプリングの復活により、全体的にクイックな走りが可能になった。
フープスも2−3−2で飛べるぐらい浮き沈みの動きが小さくなり良好なり。
2014-03-14 MX408にて
<フロント>
油面:STD −4 cc
スプリング 社外品STDとソフトの間レート品
突出量:STD+5mm (変更なし。)
圧側:全締めから8クリック戻し
伸側:左側全締めから10クリック戻し、右側10戻し

<リア>
圧側高速 STD+1/6回転(硬い方向へアジャスト)
圧側低速 STD±0クリック(柔らかい方向へアジャスト)
伸び側  STD(変化なし)

フロントは圧側が強すぎて、ちょっと硬すぎかな?
油面は軽い底付感があったので1cc増やした
リアはフープスでの挙動がふらつかなくなって良好
2014 08 24
谷田部にて、フロントの油面を左右共に3嫣やして標準にした。
これで底突き対策になるといいなと
2017/7/15
成田MXパークにて練習
FIのセッティングを
2000域 : +0
4000域 : +0
6000域 : +1
8000域 : +1
10000域: +1
に変更した。
こちらの方が回すほどトルク/パンチが出るので乗りやすい。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

マシンもろもろ記録 更新情報

マシンもろもろ記録のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済