ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > ボウリング革命P☆LEAGUE > トピック一覧 > P☆LEAGUE 第64戦(第...

ボウリング革命P☆LEAGUEコミュのP☆LEAGUE 第64戦(第8シーズン第1戦) ※ネタバレ有り

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

1回戦Aグループ
・小林あゆみ
・坂本詩緒里○
・森彩奈江

1回戦Bグループ
・小泉奈津美○
・鶴井亜南
・山田幸

1回戦Cグループ
・安藤瞳
・遠藤未菜
・西村美紀○

1回戦Dグループ
・酒井美佳○
・岩見彩乃
・姫路麗

1回戦Eグループ
・寺下智香○
・古田翔子
・本間成美

1回戦Fグループ
・大石奈緒○
・大嶋有香
・キム・スルギ

準決勝第1試合
・坂本詩緒里○
・小泉奈津美
・西村美紀

準決勝第2試合
・酒井美佳
・寺下智香○
・大石奈緒

決勝戦
・坂本詩緒里
・寺下智香
・大石奈緒○

優勝:大石奈緒(5回目)

コメント(32)

自分自身で失投と認識した上で”レーン変化”なんていう取って付けた様な言い訳を口にしているのか、はたまた本当にレーン変化と失投の区別がつかないのか・・・呆れて笑ってしまいます。

仮に前者であれば、勝負の世界では『そんな事言ってるうちは成長しないよ』ですし、後者であれば、プロのレベルでないと思います。

若手が成長するにはベテランが壁として立ちはだかったり、ライバル・好敵手の存在が欠かせませんが、坂本Pにとっては、これでは”カベ”でなく”カモ”です。



正直なところ坂本プロが勝ったのはラッキーとしかいえないですね!森Pの裏へのストライクが2投とも続いたのはレーンの変化かな?って思ってました…けど最後のミスは頂けないよ!ここ一番つまらんミスが多いような気がするね!
小林姉のボウリングも抜けが悪いのかスプリットが続いて全然乗れてなかったですね!調子がずっと良くないような気がします。
坂本プロは1つミスがあったけど連覇を考えたら良く頑張ったと思うよ!次もいいボウリングして欲しいですね!

最後に新人さんの大島Pは新人戦を見てたからPリーグに出て欲しいなぁ〜って思ってたからPリーガーになってくれてうれしいです!寺下P・山田幸Pと並ぶ若手として期待していきたいと思いますね!
第8シーズン開幕。A組は前回覇者坂本Pが勝ちました。ミスで流れを失いかけましたが、逃げ切りました。逆に森Pはそのミスを突けませんでした。まあブルックリンもあったりで決して内容は良くありませんでした。あゆみPはあれだけオープンを出しては…。



さて今大会から大嶋有香P・小池沙紀Pが新参入。ちょっと気になるのコーナーで知りましたが、大嶋Pは所沢スターレーン所属。私の家からは徒歩1分のところです。応援せねばexclamation ×2そして本間P・古田Pが復帰ですね。逆に不参加が吉田P・鈴木亜P・浅田P・渡辺Pですね。若手が増えてきた印象ですが、どんなシーズンになるか見ものです。
>>[3]
そうですね。森Pもせっかく勝てるようになったと思ったら、また、「1回戦の番長」に逆戻りです。もっとベテランの意地を見せてもらいたいですね。

 小林あゆみPは川崎グランドボウルになってからは不調が続いていますね。運からも見放された感じです。

 来週は小泉Pと鶴井Pがまたしても直接対決なので、鶴井Pにとっては最初の関門ですね。そこに山田Pがどこまで食らいつけるかだと思います。
1回戦のB組は小泉Pが貫禄勝ちというか!やっぱり後半レーンをつかみ出したらストライクが続きますね!
鶴井Pにしたら7番ピンをカバーできなかった事が痛恨の極みですね!残念!
MK杯を優勝するなど力を付けてきた山田幸Pはダブルが出せずに200を超える事ができずに初戦敗退に出場停止も残念やったなぁ〜
 10ピンが飛ばない時のボールチェンジの際、女子プロの多くは、.薀ぅ鵑亙僂┐覆き▲棔璽襯船Д鵐犬涼奮も1段階から2段階に留まる で対応します。(少しの変化で10ピンが飛ぶ事が多く、大きな変更はハイリスクである為)
 以前解説でありましたが、仮に10球持ち込んだ場合、その10球で序列を作り、車のギアの様に、3番目でダメなら2番目に上げる(4番目に下げる)といった変更が基本です。
 ボールを変えた際にラインを同時に変えないのは、そのアジャストが逆効果だった場合、原因がどちら(ボールなのかラインなのか)にあるかが判りにくい為です。

 
 中盤までラインを変えて様子を伺っていた山田Pでしたが、7フレでボールをヘビーオイル用(ヒュージリスペクト)から一気にライトオイル用(ジュピター)に変えて、外から打つ込むラインに変えた点、結果は実りませんでしたが、彼女の勝負センスの良さを感じました。

リリースが安定している彼女だからこそ出来るアジャストとも言えます。

 

C組は西村Pの圧勝で何か格の違いを見せつけた格好ですね!アジャスト力にパワフルな投球で…あと1Pが倒せない安藤Pとは対称的でしたね!
>>[7]
そうでしたね。安藤PもTシャツに「10ピンを倒す」と書いて意気込んでいたんですが、9フレまでストライクが来なかったのでアンラッキーでしたね。でも、遠藤Pは最後までレンコンを掴めずに苦しんでいた印象でした。
C組は西村Pがまさに格の違いを見せつけた格好でした。こうなると気になるのが、ほかのコミュで出てた事ですが西村PがJPBAを退会したみたいですね。ドクターストップがかかったようですが。もちろん今大会は収録済みでしょうから最後まで出ると思いますが、次の大会からが不透明ですね。いきなり出なくなるのでしょうか?詳細がわからないので不安が大きいですね。
>>[9] 番組的には何も説明なしで出なくなると思われます。
前例で言うと金城プロや清水プロ他多数です。
>>[010]


コメありがとうございます。懐かしい名前ですね。金城Pは見た事ありますが、清水Pは見た事ないです。確か初期の頃の選手ですね。いつだったか小泉Pが休場して、2人対戦になった事ありました。その時も急用の為という説明だけだったので、似たような感じになりますかね?
>>[11]
清水プロはLBOのチャーターメンバーとして抜けたのでJPBAからは「抜け忍」扱いです。
おそらく今回もフェードアウトだと思います。
中谷プロも全く説明の無いままに卒業でしたし。
今週はダイジェスト泣き顔D組はベテラン2人による打ち合いを期待しましたが、思いの外低調でした。ワンショットプレーオフの末酒井Pが勝ちました。姫路Pは悔し涙でしたね。のいちゃんこと岩見Pはこういう展開なら…と思わせましたが、うまくいきませんね。
E組は寺下Pが貫禄勝ちでした。正直この相手なら勝たなければならない試合でしたね。復帰の2人はやはり低調でした。特に本間Pは気のせいか投法がかなり違和感ありましたが…。古田Pは場慣れするであろう次戦に期待です。
 プロ入り直後は鳴かず飛ばずでも、後に大成する”姫路麗タイプ”は稀で、プロ入りして2年経てばその後のプロ生活で、シード常連クラスか、中堅クラスか、はたまたマスコットプロか、およその察しがつきます。
 スコアの良し悪しよりも、リリース技術がアマチュアレベルの試合を見せられると、出場18人に占めるマスコットプロの数は1〜2名にしておかないと、番組が成立しないと感じます。

 『低速低回転&オーバーターン連発するんだったら、メカテク付けてでもいいからとりあえず打てよ』とは私の独りごとです。

ROUND1CUPLadies2016をニコ生で見た後に、今回の放送見ると、愕然としますね。

Dグループは姫路プロらしくないゲーム。
Eグループは2位争いをしたプロの実力の無さがもろに出てました。プロとアマチュアが戦っているのでは?と感じました。
確かにD組の姫路Pは「らしくない」戦いでしたね。本来ならワンショットプレーオフなら酒井P相手なら勝っていますよね。ワンショットプレーオフの初球で6本は姫路Pじゃないようでした。
 岩見Pもあのようなロースコアの展開なら2位を確実にすべきでしょう。

 E組は寺下Pが経験の差を見せつけた感じですね。素人目から見ても本間Pは伸び悩んでいる印象を受けました。

 次週は大嶋Pの初陣なのでどんな投球をするのか見ものですね。
ほんまに姫路Pはらしくない試合でしたね!本来の調子なら勝たなければならない相手やったのにワンショットプレーオフで6Pはちょっと…岩見Pはたしかにこのロースコアの争いで勝てなければいつ勝つの?って思ったしちょっと勿体無いですね!
E組は寺下Pの独壇場やった感じですね!格の違いを見せつけた感じですねexclamation
古田Pも本間Pも何かの殻をぶち破らないとワンランク上にいけないかな?って思いました。次は大嶋Pのデビュー戦いい試合を期待したいですね!
>>[16]
姫路プロのワンショットプレーオフでの6本は2投目ですね。1投目はストライクでした。
>>[18]
そうでしたね。失礼致しました。
Fグループですが、不完全燃焼な印象ですね。

大嶋Pに関しては、ボウリングよりも口ポカンが気になってしまいました。
Fグループはみんないいスタートきったかなって思ったけど…大石Pの快勝やなって感じましたね!
中盤でのストライクラッシュが効いた感じですね!流石やなって思ったよ!大嶋Pは勝てなかったけど…内容はまずまずやったので次に繋げてもらいたいですね!顔(笑)
キムスルギPは韓国から同僚とコーチが自費で応援に来ていたのが逆にプレッシャーになっちゃったみたいですね。
 大石Pは前半はストライクラッシュだったのに後半失速して圧勝ではなかったですね。
準決勝,魯譟璽鵐灰鵐妊ションが変わっていたのか、全員苦戦気味でした。そんな中坂本Pが勝ち上がりました。前回の優勝で自信をつけたのと、ミスの差が物をいいました。小泉Pと西村Pはタイスコアで、今大会2度目のワンショットプレーオフ。小泉Pがワイルドカードの権利を得ましたが、それより何より西村Pはこれが最後の勇姿でしょうか?そうだとしたら寂しすぎます。
坂本Pがロースコアやったおかげで勝てましたね。攻めるというよりいかにミスしないか!という形で切り替えたように思いました。
まぁミスの差で坂本Pがかちましたね!しかしこの試合で西村Pが最後ならめちゃ残念やしなんか呆気ない感じがしますね!ワイルドカードも180やとほぼ無いですね!
坂本Pがここの所調子がいいのはやはりバレリーナ習得の為にロシアに留学したことで度胸がついたことがボウリングにも活き始めたんだと思います。勿論、3人の中でミスが少なかったのも影響していますが。「運も実力のうち」と言いますからね。
坂本Pは結果的にノーミスで行けましたが、スペアミスをしてもおかしくないのが2回ほどありました。

今回は西村P、小泉Pが早々に自滅してしまったなという感じです。

西村Pのボールチェンジしてからのアジャストの早さは流石だと思いました。
準決勝の2試合目は寺下Pと大石Pとの対決になりましたが終盤のストライクラッシュで寺下Pが振り切った感じですね!
ボールの力強さにコントロール申し分なく良かったのでだいぶ好調時の感じになりつつありますね!
大石Pも200アップでまとめてきたんて決勝戦 楽しみです!
準決勝第2は1回戦でのスコアが反映された感じです。

酒井Pは2フレのスプリットで心がめげたのか、それを9フレまで引きずってましたね。

大石Pは9本以上倒れるラインを投げていて、ワイルドカードが暫定180だったこともあったので、ワイルド狙いだったのかな?

寺下Pは中盤から終盤にかけてのアジャストが上手かったです。
大石P涙の優勝でしたね。過去4回優勝しててもこうなるもんですね。川崎で初というのもあったかもですが。前半の連続ストライクが物をいいました。坂本Pは10ピンに泣かされましたが、とにかく辛抱してしぶとくいきました。寺下Pは今回優勝の最大のチャンスかと思いましたが…。1フレのスペアミスが全てでしたかね。やっと後半連続ストライクでつかみかけてまたミス…。1回戦から通じて一番いい内容だっただけに、やっぱり優勝は難しいですね。
今回の決勝戦は多分寺下Pが優勝するかな?って思っていたら大石Pと同様に1フレオープンやったのが響いて3位!一方の大石Pも出たしオープンやったけど…中盤での4連チャンで勝てた感じでしたね!坂本Pはノーミスゲームで良かったですがせめて早い段階でダブルターキーがあればって思ったなぁ〜残念やけど
智香ちゃんが投げる会には、解説が金太さんでも丸山さんでも「上手いですねぇ」とか「さすがですねぇ」とか必ず1回は言うよね。今決勝も金太さんが「鳥肌が立ちますね」と発言してたし。
実力は十分すぎるくらいだから、あとは勝負強さを身につければ無敵だよね。
寺下Pは9フレの失投が悔やまれました。Pで優勝するだけの力量は十分あるし、また今度ですかな。
大石Pは出だしは悪かったですが、その後早めにストライクを重ねることが出来ました。それが優勝につながりました。
坂本Pはスペアが危なっかしく、厳しく言いますと我慢とか辛抱のレベルに達していません。最後のパンチアウトはよかったと思います。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ボウリング革命P☆LEAGUE 更新情報

ボウリング革命P☆LEAGUEのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済