ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 明治神宮野球大会 > トピック一覧 > [実況・総評・感想] 第47回...

明治神宮野球大会コミュの[実況・総評・感想] 第47回(2016年)大会

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

大会前夜なので僭越ながら立てました。

平成28年11月11日(金)〜16日(水) ※雨天順延

日本学生野球協会公式サイト
http://www.student-baseball.or.jp/game/jingu/index.html

「バーチャル高校野球」にて、全試合ネット中継があります
http://www.asahi.com/koshien/schedule/
↑いまいちハッキリしないけどこのリンクかも


組合せ・高校の部
11/11(金)第1試合(11:00) 作新学院高vs明徳義塾高
11/11(金)第2試合(13:30) 履正社高vs仙台育英高
11/12(土)第1試合(8:30) 静岡高vs早稲田実業
11/12(土)第2試合(11:00) 札幌第一高vs宇部鴻城高
11/13(日)第1試合(8:30) 福岡大大濠高vs(作新学院高or明徳義塾高)
11/13(日)第2試合(11:00) (履正社高or仙台育英高)vs福井工大福井高
11/14(月)第1試合(8:30) 準決勝第1試合
11/14(月)第2試合(11:00) 準決勝第2試合
11/15(火)第1試合(10:30) 決勝
http://www.student-baseball.or.jp/game/jingu/2016/2016jingu_highschool.html

組合せ・大学の部
11/11(金)第3試合(16:00) 上武大vs富士大
11/12(土)第3試合(13:30) 東海大北海道キャンパスvs日本文理大
11/12(土)第4試合(16:00) 大阪体育大vs環太平洋大
11/13(日)第3試合(13:30) 関西大vs明治大
11/13(日)第4試合(16:00) 名城大vs(上武大or富士大)
11/14(月)第3試合(13:30) (東海大北海道キャンパスor日本文理大)vs日本大
11/14(月)第4試合(16:00) 桜美林大vs(大阪体育大or環太平洋大)
11/15(火)第2試合(13:30) 準決勝第1試合
11/15(火)第3試合(16:00) 準決勝第2試合
11/16(水)第1試合(12:00) 決勝
http://www.student-baseball.or.jp/game/jingu/2016/2016jingu_college.html

※日程が変更したので一部編集しました。

コメント(98)

3回終了
履正社高4ー0札幌第一高

3回表、札幌第一は四球のランナーを三塁へ進めるも無得点。その裏履正社は西山、若林のヒットなどでワンアウト一、三塁からスクイズで1点先制、さらに悪送球でワンアウト二、三塁とすると松原の2点タイムリーツーベース、片山のタイムリーツーベースで4点取って攻撃終了です。
4回終了
履正社高4ー1札幌第一高

4回表、札幌第一は高階、今野の連続ヒットと送りバントでワンアウト二、三塁から内野ゴロで1点返して攻撃終了。その裏履正社はツーアウトから安田にツーベースが出るも無得点でした。
5回終了
履正社高4ー1札幌第一高

5回から履正社はピッチャーを左の松井から右の田中にスイッチ、5回表に札幌第一はツーベースの西村を三塁へ進めるも無得点。その裏履正社は三者凡退でした。
6回終了
履正社高4ー1札幌第一高

6回表、札幌第一は三者凡退。その裏履正社はツーアウトから石田がヒットで出塁も無得点でした。
7回終了
履正社高4ー2札幌第一高

7回表、札幌第一は途中出場の小川がヒットで出塁、ワンアウト後に西村のツーベースで二、三塁とし、宮澤の内野ゴロで1点返して攻撃終了。
その裏履正社はツーアウトから筒井の代打・白瀧がツーベースで出塁、四球で一、二塁とし、片山のタイムリーツーベースで2点追加し攻撃終了です。
>>[63]

訂正

7回終了
履正社高6ー2札幌第一高
8回終了
履正社高7ー2札幌第一高

8回表、札幌第一は柴田、高階の連続ヒットと四球でノーアウト満塁とするも無得点。その裏履正社は四球のランナーを三塁に進め、札幌第一はピッチャーを高田にスイッチ、四球でツーアウト一、三塁となりワイルドピッチで1点追加し攻撃終了です。
試合終了

札幌第一高
000100100=2
00400021X=7
履正社高

9回表、札幌第一高はツーアウトからエラーでランナーを出すも無得点でゲームセット。

履正社高が決勝進出です。
1回終了
日本大2ー0東海大北海道

1回表、東海大北海道は四球のランナーを三塁へ進めるも無得点。その裏日本大は上川畑がヒットで出塁、ワンアウト後に京田のタイムリースリーベースで先制すると、太田のタイムリーツーベースで追加点を挙げ攻撃終了です。
2回終了
日本大2ー0東海大北海道

2回表、東海大北海道は三者凡退。その裏日大は八田、長沢のヒットと四球でツーアウト満塁とし、京田はレフトへの当たりもレフトの好守備に阻まれ無得点でした。

写真は日大の先発・弓削
3回終了
日本大4ー0東海大北海道

3回表、東海大北海道は三者凡退。その裏日大は太田のヒットと松田のツーベースなどでワンアウト二、三塁から八田の2点タイムリーで追加点を挙げました。

写真は東海大北海道の先発・水野でしたが3回途中でノックアウト…。ピッチャーは三浦に替わってます。
4回終了
日本大4ー0東海大北海道

4回は両チームとも三者凡退でした。

写真は先制タイムリーを放った日大・京田
5回終了
日本大6ー0東海大北海道

5回表、東海大北海道はツーアウトから死球でランナーを出すも無得点。その裏日大はエラーと松田の内野安打に送りバントでワンアウト二、三塁から弓削の2点タイムリーで追加点を挙げ、さらに千葉と長沢のヒットなどでツーアウト満塁とするも2点止まりでした。

写真は日本大側応援席
6回終了
日本大6ー0東海大北海道

6回は両チームとも三者凡退でした。

写真は東海大北海道側応援席
試合終了

東海大北海道
0000000=0
2020201=7
日本大

7回表、東海大北海道はワンアウトから伊藤がチーム初ヒットを放つも無得点。その裏日大はワンアウトから死球でラ出塁のランナーを二塁へ進め、上川畑のタイムリーでコールド成立。

日本大が準決勝進出です。
1回終了
環太平洋大0ー0桜美林大

1回表、桜美林は先頭の山野辺が四球で出塁も無得点。その裏IPUはワンアウトから死球でランナーを出すも連続三振で無得点でした。
2回終了
環太平洋大0ー0桜美林大

2回は両チームとも三者凡退でした。

写真は桜美林大の先発・佐々木
3回終了
環太平洋大0ー0桜美林大

3回表、桜美林は佐々木が四球で出塁、三塁まで進めるも無得点でした。その裏IPUはワンアウトからピッチャーの岩永が四球で出塁、ランナーが野村颯に入れ替わり二塁への盗塁を決めるも三塁への盗塁は失敗で無得点でした。

写真は一年生ながらIPUの先発・岩永
4回終了
環太平洋大0ー3桜美林大

4回表、桜美林大はワンアウトから村井がツーベースで出塁、そして大平がレフトスタンドに飛び込む2ランで先制しました。なおも死球と工藤の内野安打などでツーアウト一、三塁とし、山本のタイムリーで1点追加して攻撃終了。その裏IPUは三者凡退でした。

写真は2ランホームランを放った桜美林大・大平
5回終了
環太平洋大0ー3桜美林大

5回は両チームとも三者凡退でした。なお佐々木はここまでノーヒットピッチングです。

写真は環太平洋大側応援席。吹奏楽の大音量が響きわたります。
6回終了
環太平洋大0ー4桜美林大

6回表、桜美林大は大平と佐々木のヒットなどでツーアウト一、三塁から山本のタイムリーで1点追加し攻撃終了。その裏IPUは三者凡退でした。

写真は桜美林大側応援席
7回終了
環太平洋大0ー5桜美林大

7回表、桜美林大は山野辺がスリーベースで出塁、そして井橋のタイムリーで追加点を挙げました。その裏IPUは三者凡退でした。

写真は環太平洋大の1番打者・野村颯
8回終了
環太平洋大1ー6桜美林大

8回表、桜美林大はツーアウトから佐々木の右中間へのソロホームランで1点追加し攻撃終了。
その裏IPUはワンアウトから代打・三木のツーベースでノーヒットノーラン阻止、そして和田のタイムリースリーベースで1点返して攻撃終了です。佐々木は1点取られましたが、10奪三振です。

写真はここまで2打点の桜美林大・山本
試合終了

桜美林大
000301111=7
000000010=1
環太平洋大

9回表、桜美林大は内野安打の山野辺を二塁へ進め、沼田のタイムリーツーベースで1点追加し攻撃終了。
9回から桜美林大はピッチャーを右の宮崎にスイッチ。9回裏、IPUは松本、志賀のヒットなどでツーアウト一、二塁とするも無得点でゲームセット。

桜美林大が準決勝進出です。
>>[86]

ありがとうございます。防寒対策はバッチリでしたが、今回は雨が大変でした。

神宮大会では紙パックのお茶3本と神宮の売店での温かい食べ物で何とかしのいでます。温かい飲み物も欲しいときはありますが、たいていは大丈夫ですね。
モバイルバッテリーは容量が大きいのがあるのでそれで1日乗り切ってます。あとは写真添付をしまくって月のデータ量がしんどくなることぐらいですね(^_^;)

今大会は今日の観戦が最後となりますが、明日以降も熱戦に期待してます。
●大会4日目
【高校の部・準決勝】
福岡大大濠
000 002 101 4
102 010 20X 6  2:31
早実
福・●三浦ー古賀
早・〇中川、赤嶺、服部ー雪山

札幌第一
000 100 100 2
004 000 21X 7  2:04
履正社
札・●前田、高田ー西村
履・松井、〇田中、竹田ー片山

【大学の部・準々決勝】
東海大北海道キャンパス
000 000 0 0  7回コールド
202 020 1 7  1:58
日大
東・●水野、三浦、太田、松浦、立花ー廣辻
日・〇弓削ー八田

桜美林大
000 301 111 7
000 000 010 1  2:24
環太平洋大
桜・〇佐々木千、宮ー大平
環・●岩永、又吉、藤本、和田ー志賀

三浦でも早実の強力打線は抑えられませんでしたね。
終盤福大大濠が追い上げただけに野村の本塁打は効きました。

履正社は今日もややもたつましたね。やっとと7回、8回で勝負を決めましたが。

明日の決勝は乱打戦になりそうな気がします。13-10とかね。
早実打線は少しくらいの失点は跳ね返す打力がありますからね。

24年ぶり出場の日大は緊張するかと思っていましたが最初からエンジン全開でしたね。
ネットの記事を見ると水野は今季あまりよくなかったらしいですが、それにしても東海大北海道にコールドで勝つとはさすが東都代表です。東都4連覇まであと2勝ですね。

全出場校のトリを飾って登場の桜美林。
佐々木は8回一死までノーヒットだったんですね。ホントは5回ぐらいで降ろしたかったんでしょうが無安打を続けている以上監督も変えるわけにはいきませんからね。打っても本塁打とまさに佐々木デーでした。
環太平洋大では四番手で出て来た和田が佐々木から三塁打を打ちましたが、一回戦でもよくバットが振れていましたね。

明日の日大・桜美林大はいい試合になると思います。

それにしても桜美林はリーグ戦ではどちらかというと貧打のチームでしたが、代表決定戦、そして今日の初戦と打線もなかなかですね。
履正社 013
早 実 105

初回清宮の先制ホームラン
3回表安田のスリーラン
3回裏野村の同点ツーベース
小西の逆転タイムリー

3回途中からエース竹田登坂
履正社 013 70  |11
早 実 105 00  |6

5回終了
履正社 013 700 000|11
早 実 105 000 000|6

試合終了

近畿が神宮枠獲得
履正社、神戸国際大付、大阪桐蔭、滋賀学園、智弁学園、報徳学園で6校

ベスト8の高田商はコールド負け
上宮太子は大阪で選ばれないから

初戦敗退から選ばれる可能性も
桜美林2回表

大平と小林颯のホームランで2点
●大会5日目
【高校の部決勝】
履正社
013 700 000 11
105 000 000 6  2:30
早実
履・松井、田中、〇竹田ー片山
早・中川、●赤嶺、池田、服部ー雪山

【大学の部・準決勝】
明治
100 200 000 3
000 000 000 0  2:23
上武大
明・〇柳、星ー牛島
上・●寺沢、霍本、宮川哲、鈴木、石井、山下ー吉田

桜美林大
020 020 030 7
000 001 030 4  2:43
日大
桜・〇安田、増田、邑楽、宮ー大平
日・●東、木村、山本、田村、弓削、上原ー八田

高校決勝は私の予想通り乱打戦となりました。
観衆は10,000人だったようですね。平日なのにすごい。

清宮、安田という東西スラッガーの本塁打競演など見ごたえがあったと思います。
早実が3回に逆転したのもさすがなら、履正社が4回すぐ再逆転したのもさすがでした。
このあと試合は動きませんでしたが意外でした。
4回履正社が8-6と逆転したあとに出た片山の3ランが効きましたね。
履正社は初優勝。これで1校増の「7」枠です。

明治は初回ライトの宮川海がライトフライを落球する間に先制。4回は柳の2ラン。昨日の
佐々木に刺激されたのですかね。

桜美林は佐々木温存で日大に勝ってしまいました。
大平の2試合連続の本塁打などでリードを奪い、8回は山野辺の2点三塁打と捕逸でダメ押しともいえる3点。
しかし日大もあきらめずその裏無死満塁から2つの内野ゴロで2点返し代打新井の中前打で3点返し、9回も一死一二塁と一打出れば同点の場面でしたが、最後の打者が併殺打に倒れゲームセット。
京田は佐々木と対戦したかったでしょうね。

東都の4連覇はなりませんでした。
明日の決勝は明治と桜美林。

首都大学勢は87年の筑波を最後に28年も優勝から遠ざかっているんですよね。
明日勝てば首都の優勝は6回となり、5回で並んでいる関西を引き離して単独3位の優勝回数となります。

どちらが勝つにしても今年の総決算にふさわしい試合を期待します。

●大会最終日・大学の部決勝
桜美林大
200 000 000 2
000 040 01X 5  2:17
明治大
桜・●佐々木千、土井、邑楽ー大平
明・柳、〇星ー牛島

決勝戦にふさわしい試合でしたね。
初回桜美林は先頭の山野辺がいきなり二塁打。バントで送った一死三塁から主将の沼田が右中間を破る三塁打で桜美林先制。続く村井も右前打で2点目。

佐々木千は4回まで明治を1安打に抑えており、大学選手権の中京学院大に続く初出場初優勝の可能性が高まったのですが。

5回明治は渡辺左前打、レフトのエラーで二進。このエラーが痛かったです。吉田大が送った一死三塁から竹村が中前打でまず1点。その後二死二塁となり、牛島四球、川口死球で二死満塁。ここで萩原が右前打で3-2と逆転。続く逢澤も右前打で4-2。この回4安打を集めて佐々木を攻略しました。

明治は8回にも一死から5回から登板の星が左へソロ本塁打。
今大会投手の本塁打は一昨日の佐々木、昨日の柳に続いて3日連続。

初回桜美林がいきなり2点取った時は昨日の日大戦のように序盤で大差がつくのではないかと思いましたが、柳が2回以降抑えて5回から星につなぎ、星も役割を果たしました。

明治はこれで5年ぶり大会最多となる6回目の日本一。六大学勢としては13度目の日本一で東都の15回に「2差」と迫りました。
六大学勢は過去4年決勝ですべて敗退していましたが、5度目の正直でついに日本一の座を勝ち取りました。

首都大学勢の27年ぶりの日本一はならず。

ログインすると、残り62件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

明治神宮野球大会 更新情報

明治神宮野球大会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済