ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 地域 > 茂木町の片隅で愛を叫ぶ!(仮) > トピック一覧 > 介護事件事故虐待「殺人未遂」!...

茂木町の片隅で愛を叫ぶ!(仮)コミュの介護事件事故虐待「殺人未遂」!?介護老人保健施設 「もてぎの森 うごうだ城」医療法人社団「松徳会」理事長 松田 源一 精神科医 ●施設長 片岡孝 内科医●木村勝則 本部長●川勾直之課長●澤田雄二弁護士

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

介護被害画像(公開)障害者にされた介護被害者「母」介護事件事故虐待・「殺人未遂」!?医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設 「もてぎの森 うごうだ城」

●医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」
http://www.moteginomori.com/index.html

●介護老人保健施設 「もてぎの森 うごうだ城」グーグルマップ(地図)
https://goo.gl/maps/SasV1SAUdDH2


●社会福祉法人「松徳会」特別養護老人ホームみながわ桜園
http://minagawa-sakura.com/
●社会福祉法人「松徳会」特別養護老人ホームましこの里星の宮
http://mashikonosato.com/index.html

●小規模多機能型居宅介護事業所 多機能ホームましこの里 星の宮
http://mashikonosato.com/shisetsu.html#01

上記「特養2件・小規模多機能1件」に関しては、医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」での介護事件事故虐待現場にいた職員、当時救急車も呼ぼうとしなかった介護関係者も含め、介護職員・相談員・事務方など、医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」にいた職員が分散されて何事も無かったかのように現在でも働いています。

医療法人から社会福祉法人へ介護グループ介護事件事故虐待後のうのうと拡大、理事長(精神科医)●「松田 源一 医師」●松徳会 運営本部長●「木村勝則 本部長」などが社会福祉法人の特養運営にもかかわっています。



栃木県介護被害者会 発足の経緯の介護事件事故虐待・「介護弱者への人権問題」

「老健で介護事件事故後、嫌がらせ退所、栃木県の公文書にまで介護家族を人格否定」

■医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」■
●理事長(精神科医)●「松田 源一 医師」

●施設長(内科医)●高根沢中央病院(理事長)「片岡 孝 医師」
(現在も高根沢中央病院への勤務日有り・介護事件当日、高根沢中央病院であるバイト中)
www.takanezawa-chuo.jp/

●松徳会 運営本部長●「木村勝則 本部長」

●総務課長●「川勾直之(カワワ)課長」

医療法人社団 「松徳会」 加害者側 代理人弁護士

●宇都宮中央法律事務所
http://utsunomiya-law.com/

●「澤田雄二弁護士」(栃木県弁護士会元副会長)「損保ジャパン日本興亜・顧問弁護士」宇都宮・宇都宮中央支社

足利事件(冤罪事件)栃木県側担当弁護士

「介護弱者への人権問題」栃木県弁護士会「懲戒処分」「澤田雄二弁護士(戒告処分)」


代理人弁護士
●「新田裕子弁護士」 ●「海老原 輝弁護士」● 「大内一宏弁護士」●


<介護事件事故虐待の内容>
会代表の認知症の母の●医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」での介護事件事故についての詳細、 3階フロアーにて、介護スタッフだけが出入りする「非常階段の液晶のダイヤルロック付きのドアが開錠(オートロック)」(介護スタッフしか知らない暗証番号)されており、私の母が出入り、暗がりの非常階段(通常室内の避難通路なので電気は消され真っ暗)を転げ落ち、事件事故が起きてどのくらい時間が経ったのかも把握できなかったずさんな介護サービス。

介護スタッフが母がいないことに気づき、探し回ったところ避難通路の「非常階段の液晶のダイヤルロック付きのドアが開錠(オートロック)」され近辺に母の上履きが・・・・。3階からもしやと介護スタッフが恐る恐る、3階〜2階〜1階へと下の階に下ると血痕が壁つたいにも続き 1階で血だらけで倒れているのを発見。

その後、夕方に介護事件事故虐待・殺人未遂が起こり、なんと介護施設側(医療関係者含む)は、●施設長(内科医)●高根沢中央病院(理事長)「片岡 孝 医師」が、翌日の16時間以上経って病院に連れて行けばと医療判断ミス、介護施設利用者が「顔面挫傷で眉毛上数針縫合、大腿骨頚部骨折」していたにもかかわらず、看護師、介護従事者、相談員の誰一人、直ぐに救急車も呼ぶ事も無く「介護弱者高齢者の緊急患者の人権無視。」

介護家族が直ぐに出向き、緊急搬送を求めたが「救急車も呼んで貰えず、施設の車で搬送、車内病院到着後嘔吐。 」

救急車を呼ばなかった医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設 「もてぎの森 うごうだ城」の言い訳「過去に救急サイドから、老健なのだから軽症患者まで救急車を呼ぶな。」と言われたので躊躇し救急車を「呼ばなかったと」弁明。

しかし、介護事件事故虐待当時は、社会的に救急車のたらい回しが問題になりニュースで取り上げられている時代。

介護被害者家族が疑問に思い、救急本部である「芳賀地区広域行政事務組合消防本部に情報開示請求」をし、消防本部にて、当時の消防職員など全てに聞き取りした結果そのような事実は無く、医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設 「もてぎの森 うごうだ城」関係職員●施設長(内科医)高根沢中央病院(理事長)「片岡 孝 医師」●松徳会 運営本部長「木村勝則 本部長」●総務課長「川勾直之(カワワ)課長」による言い訳弁明が「嘘、捏造の可能性」が発覚。

栃木県高齢対策課に訴えたがこれまた、福祉行政認可機関が「嘘、隠蔽」(現在、質問書を提出済み・栃木県知事 福田富一氏)

結局、顔面挫傷で眉毛上数針縫合、大腿骨頸部骨折手術しましたが手術し後遺症が残り、「障害認定」

介護事件事故後、母は顔面挫傷で眉毛上数針縫合、大腿骨頚部骨折にて手術、退院後に加害者側●医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」には戻りたくは無かったのですが、リハビリ病院、リハビリ施設を探しましたが、認知症状がある患者のリハビリは無理と断られ、しょうがなく手術した病院でもリハビリはできないと言われたので加害者側容疑者(犯人)も見つからないまま●医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」に戻り、リハビリ及び介護サービスを受けることになりました。

この時点でも「非常階段の液晶のダイヤルロック付きのドアが開錠(オートロック)」していた介護職員の容疑者3名から一人に犯人を絞れず・・・。

何と、茂木警察署署員が、現場検証に出向いたのが、介護事件事故虐待の「2週間後」、それも容疑者も含め「事情聴取もせず」対応していた事が、栃木県警本部への情報開示請求、栃木県への情報開示請求で発覚、どこまでデタラメなのか・・・・。


加害者側介護施設
●医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」からの「圧力、暴言、嫌がらせ」を抜粋して明記します。

●松徳会 運営本部長●「木村勝則 本部長」の発言 「裁判になったら出て行ってもらう、これが脅迫と取られてもい い」 茂木警察署通報済み(警察署に「脅迫発言を隠蔽」)
●施設長(内科医)兼 高根沢中央病院(理事長)●「片岡 孝 医師施設長」、相談員の発言「介護事件事故の為、後遺症で歩けなくなっているのに、歩行させるのを拒み、事故の後遺症では無く、年を取って加老で歩けなくなっている、歩かせて症状が悪くなってもいいのですね」
●ケアマネが、ケアプランの説明、家族の意向を聞かずに職務拒否、ケアマネ資格を持っていない 無資格者の総務課長●「川勾直之(カワワ)課長」が、ケアプランを説明せずに利用者家族にサインを求める行為。 「介護保険法違反」
●母が朝方に吐血、家族に連絡があったのは、6時間半後、その後病院・・・。
●加害者側施設代理人●「澤田雄二弁護士」(栃木県弁護士会元副会長)「損保ジャパン日本興亜・顧問弁護士」)の発言、被害者介護家族に「何を騒いでいるん だ!!頭の悪そうな人ですねと罵倒され、2度も頭の悪そうな人と罵られ、終始威圧的な発言で、 代理人と言われる人から電話をガチャ切り・・・。」
●通常、損保で補填されるリハビリ期間の施設サービス利用料金を含め、慰謝料から相殺するはずの 施設サービス料金を、数週間という期限を切られ一括請求、払えなければ施設から出て行け、退所し たら、今後の事故の後遺症の経過観察の治療病院代金の支払い拒否と ●「澤田雄二弁護士」(栃木県弁護士会元副会長)「損保ジャパン日本興亜・顧問弁護士」)が脅し。
●加害者側老健施設から、慰謝料も払われず移転介護施設も見つからない状況で施設を追い出し、 被害者家族は自宅介護に迫られる。 その後ショートのロングを在宅を含め数年、その後措置入所・・・・。
「澤田雄二弁護士、弁護士法違反で懲戒処分事由」
●老健を追い出されてから数ヵ月後、加害者側施設代理人●「澤田雄二弁護士」(栃木県弁護士会元副会長)「損保ジャパン日本興亜・顧問弁護士」)より、慰謝料から相殺されるはずの退所日までの利用分数百万の請求が、いきなり介護サービス利用者である母親宛てで は無く、身元引受人の息子宛に請求、催告書「本書面を受領後、10日以内に請求金額を支払わない 場合は、遅延損害金及び訴訟費用等の請求も併せて、法的手続きを検討致します。」 と脅し。「澤田雄二弁護士、弁護士法違反で懲戒処分事由」
●栃木県の公文書を情報公開請求し、行政側が介護事件事故施設を監査に入った時の情報などが明 記されているのですが、加害者側老健施設の嘘と被害者側家族を人権否定するような発言も明記さ れており、それを公文書に明記してしまう高齢対策課の問題も明るみに出まして現在、栃木県側に公文書 内の人権否定部分のコメントの削除依頼を願い出ていますが、栃木県高齢緒対策課が拒否。 削除したければ栃木県を訴えろ。
●介護事件事故後、数週間後の県の監査の時には、介護被害者家族を加害者●医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」が、人権否定の 発言をしておりそれが公文書に・・・。
●3階から真っ暗な非常階段の1階まで転げ落ち血だらけになった母を救急車も呼ばなかった理由も情
報開示請求で分かりました・・・。 最初から呼ぶつもりが無かったそうです(情報開示の公文書にて)
●「施設をこの方のストレスで辞めたスタッフより」と名乗った加害者側老健関係者のmixiでの
被害者家族のトピへの誹謗中傷コメントについての介護保険法違反。
●老健を追い出される時に手渡された服用薬一覧で発覚した、虐待(ドラックロック)問題。
高齢者虐待防止法違反及び医師法違反(服用薬の説明を利用者家族へ行わず、就寝前に服用させる睡眠剤を
15時に利用者へ服用させる行為)現在、医師会へも告訴予定、既に栃木県高齢対策課としては揉み消し隠蔽。
●管轄の茂木警察署が、介護事件事故の数日後に通報した通報記録を「隠蔽、捏造」さらに、●医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」 運営本部長●「木村勝則 本部長」「脅迫と取られてもい 」と発言した事を、茂木警察署に相談した事まで、「隠蔽、捏造」さらに公安委員会までその事実を「隠蔽、捏造」youtube発言動画UP済み。
●茂木警察署が介護事件事故の老健へ現場検証に出向いたのが何と「約2週間後」、現場検証時に事情聴取は行わず事情聴取はさらに後日(栃木県公文書にて発覚)
●既に茂木警察署の介護事件事故への問題対応を、栃木県警本部及び公安委員会ともに「隠蔽工作」。

栃木県の情報公開請求の公文書には、介護家族が知りえなかった事が山程あり、1点1点最終結果までに明らかにしていくつもりです。
介護関係者の方でしたら、どの行為が介護保険法に抵触するかお分かりだと思います。
上記の行為発言もごく一部です。

●施設長(内科医)●高根沢中央病院(理事長)「片岡 孝 医師」への業務上過失傷害容疑では、宇都宮地検真岡支局に「不起訴」にされました。(現在、検察審査会に申立検討中)

既に栃木県知事、町長及び栃木県高齢対策課に相談しましたが、見事なぐらいの施設養護、介護保険制度上、介護支援専門員の第69条の34(義務違反)の規定に違反する問題でも県高齢対策課ではケアマネにも聞き取りせずに問題無しとの事、栃木県高齢対策課の相談時に、県民に対して「指図されない」「施設側には面談しても、被害者家族とは会う必要が無い」などの公僕としての問題対応について、栃木県人事課に証拠と一緒に相談したが、これまた、高齢対策課擁護・・・。

栃木県及び市町村町には、介護事件事故に対する対応について継続的情報開示請求。

加害者側代理人●「澤田雄二弁護士」(栃木県弁護士会元副会長)「損保ジャパン日本興亜・顧問弁護士」)の威圧的暴言侮辱発言、及び障害者を介護施設から追い出し行為等に対しては栃木県弁護士会に懲戒請求手続き。
栃木県弁護士会元副会長「損保ジャパン日本興亜・顧問弁護士」)が「弁護士法違反と栃木県弁護士会懲戒委員会が議決」

宇都宮中央法律事務所
●「澤田雄二弁護士」(栃木県弁護士会元副会長)「損保ジャパン日本興亜・顧問弁護士」宇都宮・宇都宮中央支社

足利事件(冤罪事件)栃木県側担当弁護士

「介護弱者への人権問題」栃木県弁護士会「懲戒処分」
「澤田雄二弁護士(戒告処分)」既に官報にも載っております。


しかしながら、地元下野新聞記者が懲戒処分でもされたら取り上げる事を検討する発言していたが、いざ懲戒処分が下ると栃木県県政記者クラブ、総勢18社とも記者会見拒否、記事にもせず・・・・。マスコミと弁護士のズブズブ加減が明白に・・・・。


■医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」■
■「損保ジャパン日本興亜・顧問弁護士」宇都宮・宇都宮中央支社■

何と「弁護士法違反で懲戒処分され犯罪者」の弁護士「澤田雄二懲戒処分弁護士」を、■医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」■及び■「損保ジャパン日本興亜・顧問弁護士」宇都宮・宇都宮中央支社■共に「継続委任」し続けるという介護被害者を「愚弄」

栃木県弁護士会懲戒委員会の懲戒事由が「介護弱者への人権問題」として懲戒処分されているのもかかわらず、継続委任するとは介護業界・損保業界とも何でも有りの業界かと(呆れ)

澤田雄二懲戒処分弁護士が、裁判所に調停の選任手続き 宇都宮地方裁判所(真岡支部)書記官が、澤田雄二懲戒処分弁護士と会話した事を隠蔽!?書記官(真岡支部)澤田雄二弁護士が懲戒処分されたことも知らず、介護被害者家族から問い合わせに何度も、加害者側「懲戒処分弁護士」を、書記官が軽々しく「澤田先生」と何度も「先生」「先生」と介護被害者家族に発言する始末、これで裁判所が中立公平・・・。

裁判や調停の段階で、もし加害者側の弁護士が懲戒処分(戒告)、それも介護被害者家族に「頭の悪そうな人ですね」と発言し介護弱者への人権問題で懲戒処分された弁護士の戒告処分は、裁判や調停では判断されないのか?

●宇都宮地裁真岡支部の書記官  「弁護士の懲戒処分(戒告)は裁判や調停では判断されません」と言い切りました。

介護被害者家族として、「裁判や調停では判断されません」との回答に絶句というか、回答に呆れ果てました・・・・。

そんなこんなで「澤田雄二懲戒処分弁護士」が裁判所も味方に付けられたと思ったのか、今回の介護事件事故虐待の案件が、介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」及び澤田雄二懲戒処分弁護士の発言。

●何と「加害者側」では無い!!

宇都宮地方裁判所真岡支部と「澤田雄二懲戒処分弁護士」が「介護家族を裁判調停などから外して、事を済ませる思惑が確認」出来ましたので、別戦略。

●介護案件として「澤田雄二懲戒処分弁護士」を「宇都宮地方検察庁との折衝の末(告訴)現在受け付け済み」
●宇都宮地方法務局、人権相談「資料提出」
●栃木県医師会へ「老健医師2名に対する介護事件事故虐待(介護弱者への人権無視・医師法違反行為)に対する苦情申出」


ということでこの度の介護施設名・施設関係者名公開に至りました。
現在、介護事件事故虐待の詳細が分かる動画資料製作中&ネットだけでは無く、アナログ的な動きも検討中!!


●署名サイト「Change.org」

動画及び反響など告発段階が来たら上記●署名サイト「Change.org」にUPします!!


詳細画像はこちらから

栃木県介護被害者会
http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

●介護事件事故虐待 公開告発サイト(登録済み)
http://kaigohigai.wp.xdomain.jp/

●介護老人保健施設 「もてぎの森 うごうだ城」グーグルマップ(地図)
https://goo.gl/maps/SasV1SAUdDH2

コメント(39)

「老健で介護事件事故後、嫌がらせ退所、栃木県の公文書にまで介護家族を人格否定」

■医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」■
●理事長(精神科医)●「松田 源一 医師」

●施設長(内科医)●高根沢中央病院(理事長)「片岡 孝 医師」(現在も高根沢中央病院への勤務日有り)

●松徳会 運営本部長●「木村勝則 本部長」

●総務課長●「川勾直之(カワワ)課長」

■社会福祉法人「松徳会」介護グループ■
●社会福祉法人「松徳会」特別養護老人ホームみながわ桜園
●社会福祉法人「松徳会」特別養護老人ホームましこの里星の宮
●小規模多機能型居宅介護事業所 多機能ホームましこの里 星の宮

医療法人社団 「松徳会」 加害者側 代理人弁護士

●宇都宮中央法律事務所
●「澤田雄二弁護士」(栃木県弁護士会元副会長)「損保ジャパン日本興亜・顧問弁護士」宇都宮・宇都宮中央支社

足利事件(冤罪事件)栃木県側担当弁護士

「介護弱者への人権問題」栃木県弁護士会「懲戒処分」「澤田雄二弁護士(戒告処分)」

代理人弁護士
●「新田裕子弁護士」 ●「海老原 輝弁護士」● 「大内一宏弁護士」●





■医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」■
●理事長(精神科医)●「松田 源一 医師」
●松徳会 運営本部長●「木村勝則 本部長」

上記2名は茂木町知られる存在のはずですが、介護事件事故虐待当時も、茂木警察署、茂木町長の動きも悪く、隠蔽・擁護のオンパレードでした。

他からの情報で、理事長(精神科医)●「松田 源一 医師」は地元の名士???

との事で、「茂木町長も、茂木警察署長も繋がってズブズブ」だからとの情報を頂いておりました。

実質的な運営者は、松徳会 運営本部長●「木村勝則 本部長」ですが、町内からの推薦もあって、介護施設の運営にかかわり、昼には「松田 源一理事長」の「ジャガー」を運営本部長の「木村勝則 本部長」と総務課長「川勾直之(カワワ)課長」が乗り回している姿も拝見して、烏合田の小学校跡地を、多額の税金を投入、税制控除もされ老健「もてぎの森 うごうだ城」の運営をし、介護事件事故虐待が起きれば「揉み消し脅し」


●理事長(精神科医)●「松田 源一 医師」
●松徳会 運営本部長●「木村勝則 本部長」
●総務課長      ●「川勾直之(カワワ)課長」

上記3名の情報を求む!!
■医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」■

●施設長(内科医)である、高根沢中央病院(理事長)「片岡 孝 医師」
(現在も高根沢中央病院への勤務日有り)

また、施設長の高根沢中央病院(理事長)でもある「片岡 孝 医師」の情報もあれば求む!!


栃木県介護被害者会
http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/
老健 もてぎの森 うごうだ城 代理人弁護士

「澤田雄二懲戒処分弁護士と新田裕子弁護士揃って登場!!」

「介護弱者への人権を無視し障害者を施設から追い出し懲戒処分」
http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-292.html
拡散希望「介護事件事故虐待状況の詳細動画」「公開」 !!
老健「もてぎの森 うごうだ城」(介護事件事故虐待)「松徳会」

●理事長(精神科医) 松田 源一 医師 ●施設長(内科医)兼「高根沢中央病院(理事長)」 片岡孝医師 本部長 木村勝則   課長川勾直之(カワワ)

■社会福祉法人「松徳会」介護グループ■
●社会福祉法人「松徳会」特別養護老人ホームみながわ桜園
●社会福祉法人「松徳会」特別養護老人ホームましこの里星の宮
●小規模多機能型居宅介護事業所 多機能ホームましこの里 星の宮

代理人弁護士
●澤田雄二弁護士(登録番号24846)宇都宮中央法律事務所
●懲戒処分 戒告(弁護士会元副会長)
●栃木県弁護士会元副会長
●冤罪事件である「足利事件の栃木県側担当弁護士」
●「損保ジャパン日本興亜」栃木県宇都宮支社の顧問弁護士
他代理人弁護士
●「新田裕子弁護士」 ●「海老原 輝弁護士」● 「大内一宏弁護士」●

https://youtu.be/EoRh2-6Dbkw

介護事件事故虐待を「不起訴処分」にした「沼尾清彦 副検事」宇都宮地方検察庁真岡支部・真岡区検察庁・明治学院大学卒(白金法学会)」(介護弱者(障害者)への人権無視案件)懲戒処分「澤田雄二弁護士」 「損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士」 老健「もてぎの森 うごうだ城」

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-315.html

老健「もてぎの森 うごうだ城」での介護事件事故虐待で、容疑者が3人浮かび上がっていたにもかかわらず、「不起訴」にした検事「沼尾清彦 副検事・宇都宮地方検察庁真岡支部・真岡区検察庁」
介護口コミサイト「みんなの介護」 「老健 もてぎの森 うごうだ城」募集案内中止!!

会代表のコメント

先日の大手介護口コミサイトへの当会からの提案にて、介護口コミサイト「みんなの介護」さんが、共感ご賛同頂けました。

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-327.html

●「老健 もてぎの森 うごうだ城」募集案内中止!!

他にも介護口コミサイトでご賛同頂いているところも御座いますが、介護口コミサイト「みんなの介護」さんが早急に対応して頂き感謝しております。

「みんなの介護」さんの「老健 もてぎの森 うごうだ城」のページには、口コミも3件付いていたので、目を引く所では御座いましたが、今後も情報提供並びに連携させて頂ければと、介護利用者の為に考えております。
ken 介護口コミサイト「介護DB」 「老健 もてぎの森 うごうだ城」募集案内中止・「リンク先全削除!!」当会の趣旨など、ご賛同頂き早急に対応して頂けました!!

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-330.html

会代表のコメント

先日の大手介護口コミサイト「みんなの介護」さんに続き 
大手介護口コミサイト「介護DB」さんが共感ご賛同頂けました。

●「老健 もてぎの森 うごうだ城」募集案内中止・「リンク先全削除!!」

介護口コミサイト「みんなの介護」さんに続き 

介護口コミサイト「介護DB」さんにも早急に対応して頂き大変感謝しております。

流石、民間介護大手口コミサイトさんは、トップダウンの判断も早くご対応して頂けました。

今後も情報提供並びに連携させて頂ければと、介護利用者の為に考えております。
「介護弱者への人権問題・確定及び調査開始(弁護士会&法務局)」栃木県高齢対策課 それでも対応せず!?高齢対策課 寺内由幸氏・介護事件事故虐待「老健 もてぎの森 うごうだ城」案件 

会代表のコメント

「介護弱者への人権問題・確定及び調査開始(栃木県弁護士会&宇都宮地方法務局 真岡支局)」

●栃木県高齢対策課は、介護施設の認可監督機関で有りながら、「介護弱者への人権問題」それでも対応せず!?

取り合えず、これから数回に分けて、人権問題に膨らんでいる「介護事件事故虐待案件」を見てみぬ振りする栃木県高齢対策課の弁明言い逃れ動画をご視聴下さい。

介護被害者が栃木県に問題を訴えても、動画のような責任感も無い、公務員の対応にどれだけ県民が泣かされているか?

https://youtu.be/bpt_FHnIIM4


介護事件事故虐待での大腿骨骨折手術入院後の「加害者側施設受入れ書面」老健「もてぎの森 うごうだ城」介護事件事故虐待 「松徳会」「澤田雄二懲戒処分弁護士」「損保ジャパン日本興亜・顧問弁護士」

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-339.html

会代表のコメント

介護事件事故虐待での大腿骨骨折手術入院後の「加害者側施設受入れ書面」(老健「もてぎの森 うごうだ城」)

こんな受入れ書面を出しておいても結局は、障害者に母をさせておいて施設から追い出せるのですから、介護施設からの書面など信用しないように・・・・。

介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」関係者は、さすが揉み消しはお得意のようで、グーグルマップ上への被害画像UPが会代表からのグーグルIDでは、「写真の追加が出来なくなりました。」

たぶん老健「もてぎの森 うごうだ城」関係者がグーグル側に動いたのか分かりませんが、口コミは削除されていないので、介護事件事故虐待の詳細動画の感想など、グーグルマップの「口コミ評価」にコメントなどして頂けたら、第2第3の介護被害者を無くす為にも今後の利用者への注意喚起が出来るかと考えております。

ちょっとグーグルマップの「口コミ評価」の場所が分かりにくいので、後ほどまたご紹介させて頂きます。

だいぶ介護口コミサイト等のご協力により、「ネットの当会案件の検索率」も上がって来ていますので、まだまだこれからです!!
週刊現代「認知症老人を狙う悪徳弁護士が急増」悪用される後見人制度・裁判所も同罪

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-337


悪徳弁護士が増えていますのでお気をつけて下さい!!
介護事件事故虐待以外「その他 3通の被害診断書」老健「もてぎの森 うごうだ城」介護事件事故虐待 「松徳会」「澤田雄二懲戒処分弁護士」「損保ジャパン日本興亜・顧問弁護士」

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-344.html

会代表のコメント

介護事件事故虐待での大腿骨骨折・顔面挫傷以外の3通の被害診断書。

介護事故は1度では有りませんでした、介護事件事故虐待での障害者にされる前にも、一度「頭部打撲・頭部挫傷」の損害を会代表の母は負っております。

1度目は介護家族も「やっと老健に入所が出来て」、大騒ぎしてもと介護職員に注意喚起して収めましたが、その数ヶ月も経たない内に、今回の介護事件事故虐待です(怒り)


これでも、介護家族が大騒ぎして職員を威嚇したなどと言えるのですから、介護施設はいくらでも、最終的には加害者であっても揉み消しそして被害者振ります。(これもリスクマネージメントのマニュアル?)

障害者にさせておいて、施設から追い出せる人権無視の老健「もてぎの森 うごうだ城」ですから、何でも有りです。
介護サイト「HOME'S介護」「老健 もてぎの森 うごうだ城」募集案内中止・「リンク先全削除!!」
当会の趣旨など、ご賛同頂き早急に対応して頂けました!!

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-346
介護保険法違反を認める書面という事も分からず「澤田雄二懲戒処分弁護士と新田裕子弁護士」で文面を作り、老健「もてぎの森 うごうだ城」から提出 服部昌江(介護支援専門員・ケアマネ)総務課長「川勾直之(カワワ)課長」介護事件事故虐待 「松徳会」「損保ジャパン日本興亜・顧問弁護士」

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-355.html

会代表のコメント

●服部昌江(介護支援専門員ケアマネージャー)が、ケアプラン(月予定表)の説明、家族の意向を聞かずに職務拒否。

ケアマネ資格(介護資格)を持っていない 無資格者の総務課長●「川勾直之(カワワ)課長」が、ケアプラン(月予定表)を説明せずに利用者家族にサインを求める行為。 「介護保険法違反」

上記の問題対応をされ、老健「もてぎの森 うごうだ城」へ書面で説明を求めたら会代表に提出されたのが、この「ケアプラン説明時の対応について」というA4ー1枚の書面・・・。

●「ケアプラン説明時の対応について」

○○様のケアプランは下記の理由により事務員からお渡ししました。


内容は見ての通り、
介護家族からの威的とも思える言動・・・・。

会代表もこの書面を見た時に、介護保険法違反は、家族のせいと言いたいようで、挙句にまたまた威圧されたとかの文言・・・。

会代表に「濡れ衣を着せたいのか?」 

毎回、威圧威圧と「もてぎの森 うごうだ城」が被害者気取りで、弁護士と発言していますが、これは介護業界のやり口です!!

既に、会代表は「威圧などと言っている時のやり取りの証拠」を日弁連へ澤田雄二弁護士の懲戒処分の件で、証拠提出しております。

この証拠もいずれ公開させて頂きます!! 威圧なのか指摘なのかはっきり分かります。

弁護士が付いているなら暴言となる発言そのものを指摘するはずが、「それが出来ない」
だから苦し紛れに介護家族からの「威圧」・・・・。

会代表の指摘のように、澤田雄二懲戒処分弁護士から「頭の悪そうな人ですね」と何度も罵られたとはっきり指摘すればいいのにそれが出来ないから「威圧」・・・・。


たぶん介護関係者で介護保険法が多少なり分かる方なら、この内容の弁明書面など介護保険法違反を認める書面でも有り、提出できる筈も無く・・・・。

良く「もてぎの森 うごうだ城」として提出できたものかと思いつつ、介護事件事故虐待の介護被害者家族としては疑問???

可笑しいな・・・・。と思い 「川勾直之(カワワ)課長」に、この回答の文面は、「誰が考えたの?」

少し回答まで時間が有り、「弁護士さんが・・・・。」

やっぱり、宇都宮中央法律事務所の「澤田雄二懲戒処分弁護士と新田裕子弁護士」が、回答の雛形を作り、「もてぎの森 うごうだ城」側が、送られてきた内容をワープロで打って提出したという事です。

雛形といっても内容はそのままの文面のようです、澤田雄二懲戒処分弁護士の懲戒請求の時も、弁護士会に指摘していますが栃木県弁護士会が、介護保険法など全く理解していませんのでスルー・・・・。

介護資格の意味合いも知らない弁護士が、介護問題にかかわるとこうなるのです。


わざわざ弁護士が介護保険法違反を認めてくれたのですが、弁護士会も高齢対策課も処分せず。

栃木県高齢対策課の回答

●問題ではあるが「介護保険法違反では無い」

こんな介護施設の認可監督機関までもが、こんな回答しているのでは(呆れ)
「無記名捺印無しの後遺障害認定書面」?「損保ジャパン日本興亜」老健「もてぎの森 うごうだ城」介護事件事故虐待 「松徳会」「澤田雄二懲戒処分弁護士」

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-357.html

会代表のコメント

先日、特別代理人との面談の時に「無記名捺印無しの後遺障害認定書面」を特別代理人の弁護士さんが見て「何だこれ?」

記名などがなければ「どこが発行したのか?」分からない・・・・。普通は第三者機関の認定機関もしくは損保の記名があるはずだが・・・・。

これでは、損保がいくらでも損保(損保ジャパン日本興亜)に有利な認定が出せるのでは?

損保ジャパン日本興亜の「社内基準なのか?」・・・・。


上記のような会話のやり取りが有り、会代表も無記名の捺印無しの認定書面が、老健「もてぎの森 うごうだ城」から出された時には、ちょっと疑問に思ったのですが、その時はまだ母を、老健「もてぎの森 うごうだ城」に預け、首根っこ掴まれている状況(人質を取られている)でしたので取り合えず、示談交渉ですんなり収める為に、物申す事も無く収めていました。

しかし今回、特別代理人までもが疑問に思っているとの事ですので、きちんと調停で話を詰めて頂ける事を望むしか有りませんが、全て特別代理人にお任せするつもりも御座いません。

会代表が直接確認してもいいのですが・・・・。


第三者機関の認定機関というのは、「損害保険料率算出機構」のことかと思われますが、「損害保険料率算出機構」を通したのか?損保ジャパン日本興亜の独自基準なのか? 今のところはまだ分かりません。


今後、損保ジャパン日本興亜絡みの介護事故の時は、後遺障害認定に関してご注意下さい!!


後遺障害認定も「損保認定」、査定も「損保査定」では、損保に有利な認定・査定しか出さないのは目に見えています。
介護事件事故虐待後(緊急搬送〜障害者にされるまで)
「診断書(2病院)」「後遺障害診断書」「無記名捺印無しの後遺障害認定」「身体障害者認定(栃木県)」

老健「もてぎの森 うごうだ城」「松徳会」「損保ジャパン日本興亜」 「澤田雄二懲戒処分弁護士」

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-359.html

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/

会代表のコメント

●老健「もてぎの森 うごうだ城」介護事件事故虐待後(緊急搬送〜障害者にされるまで)
「診断書(2病院)」   芳賀日赤病院(大腿骨頚部骨折手術拒否温存)  済生会病院(大腿骨頚部骨折手術可能)
「後遺障害診断書」
「無記名捺印無しの後遺障害認定」
「身体障害者認定(栃木県)」

母が障害者にされるまでの流れが分かるように記事にしておきます。

22年4月27日介護事件事故虐待発生

22年5月10日大腿骨頚部骨折手術

23年5月10日手術後に症状固定まで1年「後遺障害診断書」

23年6月29日それから約1ヶ月半ぐらいで「後遺障害認定」

●今後も定期的な外来通院を要する

22年から27年までは「半年に1回、術後通院」 

28年から年1回の通院〜以後続く・・・。

被害者の介護計画崩壊

障害者にされた介護被害者は、ショートのロング(介護保険グレー利用・約1年9ヶ月)から「措置入所中」


●25年7月5日 警告書3週間の期限を切り、「介護弱者の人権を無視し契約解除の警告」、従わなければ「法的手段を取ると脅し慰謝料を支払うどころか、逆に支払い請求、退所を迫り、介護事件事故虐待の障害者にした介護被害者の追い出しに成功」

老健「もてぎの森 うごうだ城」
理事長(精神科医)「松田 源一 医師」● 施設長「片岡 孝 内科医」松徳会 運営本部長●「木村勝則 本部長」総務課長●「川勾直之(カワワ)課長」

代理人弁護士 「損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士」
宇都宮中央法律事務所 澤田雄二懲戒処分弁護士、新田裕子弁護士、海老原輝弁護士、大内一宏弁護士


●上記の流れで、どこが介護弱者の人権無視・高齢者で有り、障害者にされた被害者の老後の介護計画を崩壊せしめたのかが分からない行政司法介護関係者はかかわらないで頂きたいものである。
<経営陣画像公開>老健「もてぎの森 うごうだ城」 「理事長 松田 源一 精神科医」 「木村勝則 本部長」 

介護職員は、搾取され働かされて、経営人は介護現場の事は全く知らず、外車を乗り回して海外生活、これが日本の「介護福祉人」!?

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-388.html

会代表のコメント

医療法人社団「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」
●理事長 松田 源一 精神科医
●木村勝則 本部長

さて調停日まで3週間を切りました、介護被害者家族が代理人になれるかはこれからですが、老健「もてぎの森 うごうだ城」の経営陣の「公開」に進みます。

理事長「松田源一」は 医療法人社団「松徳会」と社会福祉法人「松徳会」の両理事長として、海外で悠々自適の生活を送り、呑気に俳句に勤しんでいるようです(怒り)

■医療法人社団「松徳会」
■介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」■
● 理事長(精神科医)●「松田 源一 医師」
● 施設長「片岡 孝 内科医」●高根沢中央病院(理事長)
(現在も高根沢中央病院への勤務日有り)

● 松徳会 運営本部長●「木村勝則 本部長」
● 総務課長●「川勾直之(カワワ)課長」

■社会福祉法人「松徳会」介護グループ■
●社会福祉法人「松徳会」特別養護老人ホームみながわ桜園
●社会福祉法人「松徳会」特別養護老人ホームましこの里星の宮
●小規模多機能型居宅介護事業所 多機能ホームましこの里 星の宮


木村勝則本部長も海外で理事長「松田源一」と合流して、楽しんでいるようですがこれが介護事件事故虐待を起こして、障害者を介護施設から追い出した、「介護施設経営陣」の姿です。

木村勝則本部長が理事長「松田源一」に介護被害者家族を会わせない為に、理事長「松田源一」は「頭が可笑しい、人に合わせられない」とふざけた嘘を付き、面談させないように企み・・・。

理事長「松田源一」本人は「自分は名義だけ、運営にはかかわっていないから知らない」とはこれが日本の介護施設の実態なのか?

介護職員は、搾取され働かされて、経営人は介護現場の事は全く知らず、外車を乗り回して海外生活、これが日本の「介護福祉人」!?
茂木町では有名な松田源一理事長、理事長前は、「もてぎの森 うごうだ城」の「施設長」だった人物・・・・。

介護事件事故虐待の加害者側「もてぎの森 うごうだ城」の理事長「松田源一」の生活ぶり
理事長「松田源一」は 医療法人社団「松徳会」と社会福祉法人「松徳会」の両理事長として、海外で悠々自適の生活!!

障害者にされた加害者側「もてぎの森 うごうだ城」被害者の母は、介護施設たらい回しで、措置入所・・・・。(怒り)
松徳会 運営本部長「木村勝則 本部長」

●松徳会 運営本部長●「木村勝則 本部長」の発言 
「裁判になったら出て行ってもらう、これが脅迫と取られてもいい」 茂木警察署通報済み(警察署に「脅迫発言を隠蔽」)

この「木村勝則 本部長」が実質的な経営運営者、バンダナにサングラスやメガネを掛け、とても介護関係者と思えない感じであることは見て頂いている方も感じるかもしれません。

この人物に関してはじっくりと暴かせて頂きます、もともと介護関係者でも無い人物が、いきなり松徳会 運営本部長???
「木村勝則 本部長」は、介護現場の事など全く出来ない人物・・・・。

日中には当時、松田源一理事長のジャガーを乗り回しやりたい放題。

澤田雄二懲戒処分弁護士の栃木県弁護士会への弁明にも加担し、栃木県の公文書にもこれから公開させて頂きますが、まあ「ふざけた事を偽善ぶって発言していたようです。
宇都宮中央法律事務所「国際弁護士 新田裕子弁護士」

高校で英会話の授業、英語の先生している前に「介護保険法、社会福祉法その他福祉関係の法律と介護施設のサービス利用契約書の内容を勉強して下さい!!」

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-441.html

会代表のコメント

いや〜「国際弁護士、新田裕子弁護士」宇都宮市内の高校で、英会話の授業だそうです。

肩書きは、何と「国際弁護士、新田裕子弁護士」!!

介護保険法、社会福祉法その他福祉関係の法律も知らず、介護施設のサービス利用契約書の内容も理解できない弁護士が国際弁護士で英会話とは呆れて話しになりません。

未だに介護施設のサービス利用契約書の内容が全く理解できず、「懲戒請求を掛けられても」介護被害者家族の息子は、施設の利用料請求可能な「代理人」と栃木県弁護士会に述べているようで・・・・。

勉強ばかりしていると「自分が法律」とでも思って勘違いしているのでしょうか・・・。

懲戒請求( 2度目)「澤田雄二弁護士」(宇都宮中央法律事務所) 


老健「もてぎの森うごうだ城」代理人弁護士

損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士・栃木県弁護士会元副会長

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-445.html



●二度目の懲戒請求手続きです。

内容は1回目の懲戒処分で問題になった「警告書」での問題。

宇都宮地方検察庁の検事、「小市原潤 検事]としては、有給休暇消化中で全く知りませんという代理人がいても問題が無いとのことでしたが・・・・。

「小市原潤 検事」が流石、司法業界の馴れ合いと申しますか、「一般感覚では考えられない告訴の判断」をされてしまいましたが・・・。

現在、茂木警察署に「刑事告訴中」


●懲戒請求手続きでの「弁護士法となれば話は別」です。

栃木県弁護士会が、関係が無い弁護士に連名捺印する事をもし認めたら徹底的に叩かせて頂きます。

こんな事をやっているのは弁護士ぐらいです(呆れ)


http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-483.html

母が亡くなる前日の、夕方、火葬場近くに介護事件事故虐待の加害者老健「もてぎの森 うごうだ城」木村勝則部長の副業なのか?本業なのか?分かりませんがお店があることは調べが付いていたので、確認しに出向いたら、ばったり木村勝則部長と会うことになり、

介護被害者家族を、加害者側施設、老健「もてぎの森 うごうだ城」木村勝則部長が「ストーカー呼ばわり!!」

更に、介護被害者家族に、「裁判するならしろ、それの方がはっきりするなどとふざけた発言」をして、挙句の果てに「介護虐待をしているのは介護被害者家族だろう!!」と発言・・・・。

なぜ、木村勝則部長のお店が直ぐに分かったか?

大体の場所は分かっていたのですが、駐車しているジャガーを発見・・・・。

このジャガーは、老健「もてぎの森 うごうだ城」の松田源一理事長のジャガー、普段は木村勝則などが乗り回し・・・・。

ジャガーのナンバーも一緒です。

お店の張り紙を確認していたら、木村勝則部長がどこからか現れたかと思ったのですが、確認したら「隣画の自宅」から出向いたようで表札で分かりました。

介護事件事故虐待を起こしておいて、お店が本業なのか副業なのか分かりませんが?木村勝則部長に尋ねたら惚けた振りして・・・・。

惚けていたのでお店のHPも有りますよねと言われたらダンマリ・・・・。


お店をやっていることを知ってから介護被害者家族としては、片手間に介護をしているから介護事件事故虐待を起こすのだと思ったぐらい・・・・。

この日が母の緊急搬送後なので、怒りを感じつつ「ストーカー呼ばわり・裁判するならしろ発言」でピーク・・・・。

今、思えば切れたら母の看取りも出来なかったので何より。


老健「もてぎの森 うごうだ城」介護関係者のネットでの介護被害者家族への誹謗中傷の件も、木村勝則部長は知らないと惚け・・・。


この介護現場の経験も無い、木村勝則部長がなぜ老健「もてぎの森 うごうだ城」 「松徳会」の本部長に中途で、いきなり本部長・・・・。

これから公開して行きますが、介護業界のしがらみが分かって来るでしょう。

既に政治家の繋がりまでは分かっているので、後は裏取りが出来たら指摘させて頂きます。
●松徳会 運営本部長●「木村勝則 本部長」 や●総務課長●「川勾直之(カワワ)課長」 が乗り回す、松田源一理事長のジャガー・・・・。

そのジャガーが、木村勝則本部長の店に駐車・・・・。

このジャガーは老健もてぎの森うごうだ城の社用車かと思うほど・・・。

利用者を障害者にしておいて、慰謝料払わず、部長、課長まで外車乗り回されて、裁判するならしろと言われたら切れますよね(怒り)
介護事件事故虐待 老健「もてぎの森 うごうだ城」 被害者側「特別代理人」

<懲戒請求中「一木明弁護士」動画公開>
(一木明法律事務所)栃木小1女児殺害事件(今市事件)被疑者弁護団

「澤田雄二弁護士の懲戒処分も噂でしか知らない弁護士が特別代理人!?」「澤田雄二弁護士の懲戒処分と損害賠償は関係ない発言・擁護?」

■栃木県介護被害者会では「弁護士とのやり取りの録音を推奨!!」「録画までは難しくても、録音は必ず相談者依頼者は行いましょう!!」

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-538.html



会話内容が、私の母の特別代理人でありながら、澤田雄二懲戒処分弁護士擁護ですか?

「澤田雄二弁護士の懲戒処分と損害賠償は関係ない」とは、法科大学院の弁護士の講師でもそんな事は言っていませんがね(呆れ)

今回公開する、動画での会話が、初めて「一木明弁護士」と話した時の会話です。

まあ、特別代理人の決定は、27年12月初旬ですが、その後、数週間も会代表である介護被害者家族には連絡が入らず、会代表から最初は留守でしたが折り返しが入り・・・。

https://youtu.be/2LxoF9TdETs


介護事件事故虐待 加害者側 医療法人社団 介護老人保健施設(老健)
その他 関係「社会福祉法人」
■医療法人社団「松徳会」
■介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」■
● 理事長(精神科医)●「松田 源一 医師」
● 施設長「片岡 孝 内科医」●高根沢中央病院(理事長)
(現在も高根沢中央病院への勤務日有り)

● 松徳会 運営本部長●「木村勝則 本部長」
● 総務課長●「川勾直之(カワワ)課長」

■社会福祉法人「松徳会」介護グループ■
●社会福祉法人「松徳会」特別養護老人ホームみながわ桜園
●社会福祉法人「松徳会」特別養護老人ホームましこの里星の宮
●小規模多機能型居宅介護事業所 多機能ホームましこの里 星の宮


<介護事件虐待「殺人未遂」松田 源一 理事長自宅>医療法人社団 松徳会「松田 源一 理事長 精神科医」老健「もてぎの森 うごうだ城」 「木村勝則 本部長」 

介護職員は、搾取され働かされて、経営人は介護現場の事は全く知らず、外車を乗り回して海外生活、これが日本の「介護福祉人」!?(続き7)

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-580.html


医療法人社団「松徳会」
■介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」■
● 理事長(精神科医)●

「松田 源一 理事長(医師)」の自宅公開です。

特養の社会福祉法人の理事長でもありますので、暢気に暮らしているのか?

元施設長でもありながら、運営にはかかわっていないなどと弁明していましたが、己が介護施設追い出し行為にかかわっていることは県の公文書で記載あり。

松田源一の親族も、「もてぎの森 うごうだ城」に勤めているとの情報もあり・・・・。
<介護事件で慰謝料も支払わない殺人未遂介護施設「松徳会」>老健「もてぎの森 うごうだ城」松田源一理事長 片岡孝施設長 木村勝則本部長 

人の親(母)を殺しかけ障害者にしておいて、調停申し立ての答弁書で 「加害者側 殺人未遂犯」が 介護被害者相続人の調停に対し「申立人の請求を争う・否認ないし争う!!」(怒り) 弁護士法違反 澤田雄二弁護士、損保ジャパン日本興亜よ、さっさと慰謝料払えよ!!偽善者ども!!(怒り)

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-610.html

医療法人社団 「松徳会」介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」

医療法人社団 「松徳会」
松田源一理事長
木村勝則本部長

上記医療法人プラス経営者2名、人の親(母)を殺しかけ障害者にしておいて、調停申し立ての答弁書で

加害者側が 介護被害者相続人の調停に対し「申立人の請求を争う・否認ないし争う!!」(怒り)

殺人未遂犯、弁護士法違反弁護士よ、損保ジャパン日本興亜よ、さっさと慰謝料払えよ!!

●偽善者ども!!(怒り)

この後12日に調停でその後に、加害者側と警察沙汰・・・。

完璧にこれから分かりますが、真岡簡易裁判所 田中正哉判事と調停委員の企みで、一方的に調停不成立にされました(怒り)
<介護事件で慰謝料も支払わない殺人未遂施設・老健「もてぎの森 うごうだ城」>

被告 木村勝則本部長 7月12日真岡簡易裁判所の調停にも出て来ず、その後本部長宅前で警察沙汰!!

被告 木村勝則が、母の介護事件事故の時には「警察も救急車も呼ばなかったくせに110番!!」

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-670.html

■被告 医療法人社団「松徳会」 (介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」)

●「被告 松田源一」 理事長(精神科医)
●「被告 片岡 孝 」 施設長 内科医●高根沢中央病院(理事長)
●「被告 木村勝則 」 松徳会 運営本部長

見たくも無い、「被告 木村勝則 」 松徳会 運営本部長、上半身裸で、7月12日真岡簡易裁判所の調停にも出て来ず

代理人も調停に来ていたのかも分からぬうちに、調停不成立・・・・。

真岡簡易裁判所 田中正哉判事と調停委員の企みで、一方的に調停不成立にされ

加害者側の調停も取り下げ(怒り)

まんまと澤田雄二懲戒処分弁護士擁護の、真岡簡易裁判所にはやられましたが、裁判官に片棒を担がれたらどうにもなりません(呆れ)

その後、調停委員の一人が、裁判所近くの司法書士であることが分かりました・・・。名前も後ほど公開します!!

12日夕方に裁判所を出て、宇都宮市内に出向くのに、木村勝則宅前を通ったら、上半身裸でチャリンコを洗っており・・・・。

会代表としても「舐めてんのか(怒り)」

歩道に車横付けして、木村勝則に慰謝料払えよ!!

会代表も入所中は相当抑えて会話しており、それで調子に乗った木村勝則本部長が・・・。

「裁判になったら出て行ってもらう、これが脅迫と取られてもいい」とまで、ふざけた事を言われておりますが

自宅に来られて賠償金請求されたら、ビビッているのか、早々に被告 木村勝則が、宇都宮中央法律事務所に電話!!

代理人から会代表に電話を掛けて来れるのかなあ?

被告 澤田雄二懲戒処分弁護士からは、やはり会代表に電話を掛けて来られず・・・・・。

宇都宮中央法律事務所の代理人は何をしているのかね(呆れ)

その後直ぐに、被告 木村勝則が、母の介護事件事故の時には警察も救急車も呼ばなかったくせに、110番!!

会代表はそんなことは予想して動いておりますので、どうぞ警察でも何でも呼べば!!

呼ばれて困るのは警察の方ですが・・・・。

それから、10分後ぐらいにパト1台が来て、会代表からお巡りさんに、ご苦労様と事情を話し・・・・。

その後にもう1台パト&覆面パトがもう1台(笑い)

お巡りさんには、そんなに来なくて良いですよ、県警本部まで出向いている人間ですから暴力は振るいませんので!!

障害者に母をされた、慰謝料請求に出向いて来ているだけなので、そんな大騒ぎしなくても(笑い)

そこにいる木村勝則は、母の介護事件事故の時には警察も救急車も呼ばなかった人間ですよと説明しながら警察も

会代表には問題が問題だけに手が出せず。

これで警察に任意同行を求められても、すんなり行く会代表でも無く(笑い)

その間に警察が、県警本部もしくは、茂木警察署などに確認を入れたようで・・・・。

その後、場が収まらないので、何と、通報された会代表を警察署に連行では無く・・・。

木村勝則を、いつの間にかにパトに乗せ、警察が真岡警察署で事情聴取することに(呆れ)

会代表はその後、何の事情聴取も受けることなく、木村勝則が連行されてしまったので終了!!

お巡りさんに、ご苦労様!!、また賠償請求に来る時には、

道路使用許可でも取ってから来ますかね?と笑いながら終了!!

この後、真岡市から宇都宮市の被告 片岡孝施設長の自宅へ出向き、また一騒動!!

しかし何にも出来ない、損保ジャパン日本興亜の顧問弁護士の代理人弁護士が、頭数揃えたものだと呆れ!!
老健「もてぎの森うごうだ城」 川勾直之(カワワ)総務課長、

この課長が介護保険法違反の、介護計画予定表のサインを、ケアマネ資格も無いのに対応した課長

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-716.html …
介護事件虐待「殺人未遂」 被告 片岡孝施設長 、看護師の奥さんの発言

施設長「片岡 孝 内科医」の住所

●(宇都宮市西原2丁目5番30号)


流石、高齢者虐待を犯す医者の奥さんだこと(呆れ)

●被告 片岡孝施設長の看護師の奥さんの発言

「まあ、殴られていますけど患者様に・・・。」
「それでも訴えられない状況ですけど」

「火に油を注ぐ」とはこの事かと思うほどの発言!!


典型的に、介護従事者と一緒で・・・・。

●「利用者’お客様)からお金を頂いて仕事をしているという感覚」を欠いている発言!!

その片岡孝 施設長は、利用者を障害者にしておいて介護被害者家族を「訴えた」のですから流石ですよ!!

夫婦でワーゲン乗り回して、セレブ気取りの奥さんなのか知りませんが・・・・。

この奥さんの発言で、会代表だぜん「やる気が出てきました!!」

看護師の奥さんが旦那の事は関係ないと言うのですから・・・。

旦那が宇都宮地検に「告訴」されていることを知っているのか???

後で発言に後悔しないようにされていて下さい!!

この発言の後に検察沙汰でパト3台呼ばれたぐらいですから、容赦はしませんよ!!


https://youtu.be/2Piwp1v4gBc


<介護事件虐待「殺人未遂」「木村勝則 本部長 故意・過失が無いと笑い(怒り)動画」>

老健「もてぎの森 うごうだ城」 「松田源一理事長」「片岡孝施設長」

澤田雄二懲戒処分弁護士」「損保ジャパン日本興亜」

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-760.html

「木村勝則 本部長」の介護被害者家族への開き直りの音源です。

既に、栃木県高齢対策課、市貝町、茂木町には、事実確認監査に入るように要望・・・・。

●「十字架を背負いながら、面倒を見させていただく。」と行政には「偽善者発言」しておきながら利用者の「母」を障害者にさせておいて介護施設を、「脅し追い出しておいて」開き直り(怒り)

実は上記の木村勝則本部長の、「十字架を背負いながら、面倒を見させていただく。」発言ですが、

公文書で栃木県高齢対策課が、黒塗りで非公開にしたかった事が分かりました!!

ではなぜ、黒塗りでない公文書、公開文書が会代表の手元に!?


何を高齢対策課が隠蔽したかったのか?名前だけ個人情報で黒塗りなら分かりますが・・・・。

会代表にバレれば、行政にだけ調子のいい事を言っていることが問題にされると思ったのか???

それで、故意・過失は無し、損害賠償債務は存在しないとなれば

木村勝則本部長、介護被害者家族を舐めすぎ!!

https://youtu.be/iSFGykE5wB0


茂木町町長「古口達也町長」(元助役)コメントすることは御座いません介護被害者家族の訴えを無視、

「小学校跡地」の老健「もてぎの森 うごうだ城」理事長「松田源一」や「木村勝則本部長」との繋がり・・・・。

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-766.html

茂木町町長「古口達也町長」にメールするが・・・・。

コメントすることは御座いません、ご了承ください。

何だ!?この町長は・・・・。


「この度は当町、介護施設で・・・。」などという一文も無し(呆れ)

調べてみれば、なるほど「町の元助役」ですか、色々なところに顔が利くわけですね・・・・。

>>老健 もてぎの森うごうだ城の松田源一理事長と古口達也町長は、遊び仲間

木村勝則本部長のことも、よく古口町長は知っているはず・・・・・。

メールでの上記内容にも訂正がないということは、図星のようで・・・・。


流石に舐めているようなので、本日裁判所に、栃木県&市貝町と一緒に提訴可能か確認を入れました!!

せっかく、茂木町は提訴しないであげたのに、古口達也町長の対応ミスで、提訴!?

介護事件事故の監査にも同席した茂木町・・・・。

母退所直前にも相談しましたが、問題対応・・・・、その後公文書残さず、会代表に指摘され!!
<介護事件事故虐待の町「茂木町」!!「道の駅 もてぎ」での当会介護相談及びPR使用拒否!!>

被告 茂木町長「古口達也」(元助役)コメントすることは御座いません介護被害者家族の訴えを無視、

「烏合田小学校跡地」の老健「もてぎの森 うごうだ城」理事長「松田源一」や「木村勝則本部長」との繋がり、栃木県と市貝町と提訴併合!!

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-793.html

「道の駅 もてぎ」管理課から連絡が有り、古口達也町長指示で使用不可!!

流石、介護事件事故虐待の町、「茂木町」!!


挙句に本日、茂木町福祉課に連絡したら、福祉行政を無視して

今後は茂木町が委任した弁護士へ・・・・。

後ほど、その弁護士を紹介させて頂きます・・・・。

完璧に町ぐるみで介護事件事故虐待の隠蔽と分かる弁護士です(呆れ)
<老健「もてぎの森うごうだ城」介護事件・茂木町答弁書>
横堀太郎弁護士(横堀法律事務所)被告茂木町(古口達也町長)茂木町訴訟代理人

栃木県医師会顧問、栃木県薬剤師会顧問

「社会福祉法人 共生の丘 理事 障害者支援施設」

http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-802.html

被告茂木町 古口達也町長の代理人弁護士は・・・・。

横堀太郎弁護士 横堀法律事務所

栃木県医師会顧問
栃木県薬剤師会顧問

社会福祉法人 共生の丘 理事 横堀太郎

横堀法律事務所
事務所住所 〒320-0014 栃木県宇都宮市大曽4−10−3
電話番号 028-622-4588

横堀太郎弁護士は、澤田雄二弁護士同様、2代目弁護士

栃木県医師会などの顧問も息子の横堀太郎弁護士が引き継ぎ・・・。

故 横堀晃夫弁護士(父親弁護士)

横堀弁護士逝く
 日本プロボクシング協会の顧問弁護士を長年務め、大のボクシング・ファンでもあった横堀晃夫弁護士が3月14日早朝、自治医科大学付属病院で亡くなった。死因は呼吸不全。73歳だった。
 横堀氏は栃木県出身。中央大学卒業後弁護士を開業。平成3年に協会の弁護士となる。昭和のボクシング黄金期から観戦してきた根っからのボクシング・ファンで、後楽園ホールのリングサイド・ボックスシートを持ち、国内地方で行われる好カードはもちろん、海外にも足を運んだ。ここ数年は闘病生活を送っていた。
 葬儀は妻幸子さんを喪主として、下記の次第で催される。
 通夜・ 3月17日(水) 19時より
 告別式・3月18日(木) 11時より12時半まで
 式場 宇都宮御苑(栃木県宇都宮市鶴田町1545−1 電話028-64901600)


横堀法律事務所 在籍の久保田智也弁護士

あれ!?どこかで見たお名前 久保田智也弁護士

栃木県弁護士会現副会長の1人でした・・・・。

と言うことは説明せずとも、横堀太郎弁護士は、今回の澤田雄二弁護士会絡みの情報は得ているかと・・・。

●さらに1月11日の口頭弁論は、蓬田勝美弁護士同様に

茂木町代理人 横堀太郎弁護士も、擬制陳述で欠席・・・・。


老健「もてぎの森うごうだ城」の地元福祉行政茂木町の代理人が、擬制陳述で欠席ですか(呆れ)

しかし老健「もてぎの森うごうだ城」の松田源一理事(精神科医)、片岡孝施設長(内科医)の介護事件に

茂木町の代理人に、栃木県医師会、栃木県薬剤師会の顧問弁護士 横堀太郎弁護士を立てるとは

茂木町ぐるみでズブズブなことを世論に公開したようなもの(呆れ)

市貝町の代理人が公安委員会委員の蓬田勝美弁護士といい・・・・。

これが介護村の柵、利権がバレバレ・・・・。

それも驚いたのがこの介護事件に・・・。

社会福祉法人 共生の丘 理事 横堀太郎

現況報告書 共生の会

社会福祉法人、それも障害者支援サービスを行っている介護施設の、それも横堀太郎弁護士が理事・・・。

社会福祉法人の名前が出ることぐらいが考えなかったのだろうか???

老健「もてぎの森うごうだ城」、茂木町 古口達也町長、栃木県医師会、弁護士絡みの茂木町ということが

バレバレ・・・・。
横堀太郎弁護士(横堀法律事務所)「裁判資料&情報リーク」 茂木町訴訟代理人(古口達也町長)
栃木県医師会顧問、被告茂木町が被告高齢者虐待介護施設 老健「もてぎの森うごうだ城」に裁判資料&情報リーク!!
https://youtu.be/Iyp9PLbhTMI


介護家族をネットで誹謗中傷した介護職員が分からない!? 川勾直之(カワワ)課長

老健「もてぎの森うごうだ城」 澤田雄二弁護士「松徳会」

被告 松田 源一 ・被告 片岡 孝・被告 木村勝則


被告 茂木町訴訟代理人 横堀太郎弁護士(横堀法律事務所)「裁判資料&情報リーク」
(古口達也町長)栃木県医師会顧問、被告茂木町が被告高齢者虐待介護施設 老健「もてぎの森うごうだ城」に裁判資料リーク!!


被告 茂木町訴訟代理人 横堀太郎弁護士(横堀法律事務所)「裁判資料&情報リーク」
(古口達也町長)栃木県医師会顧問、被告茂木町が被告高齢者虐待介護施設 老健「もてぎの森うごうだ城」に裁判資料リーク!!


介護保険法違反「服部昌江ケアマネ」「川勾直之(カワワ)課長」
「ケアマネ業務を無資格者が対応・被告 片岡孝施設長容認(呆れ)」

老健「もてぎの森うごうだ城」被告 松田 源一 ・被告 木村勝則

「木村勝則本部長」「もてぎの森 うごうだ城」「松徳会」の介護事件事故虐待日の「わずか数週間後」、行政への介護被害者家族 侮辱人格否定・偽善発言

●「十字架を背負いながら、面倒を見させていただく。」
「他に「介護被害者家族」の言動に耐えながら、母親の面倒を見られる施設は無いと思う。」

「彼(介護被害者家族)は理想が高く、完ぺき主義。要求がかなえられないとストレスになり、社会への不信感に繋がっている」

介護被害者家族も、栃木県への個人情報開示請求で、この公開資料を見た時には、「はあ!?」

偽善者ぶり木村勝則本部長が、行政福祉課には「十字架を背負いながら、面倒を見させていただく。」

挙句に、「彼(介護被害者家族)は理想が高く、完ぺき主義。要求がかなえられないとストレスになり、社会への不信感に繋がっている」介護被害者家族への 「侮辱・人格否定」

ログインすると、残り1件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

茂木町の片隅で愛を叫ぶ!(仮) 更新情報

茂木町の片隅で愛を叫ぶ!(仮)のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済