ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 特発性血小板減少性紫斑病 > トピック一覧 > ステロイド薬が急に効かない体質...

特発性血小板減少性紫斑病コミュのステロイド薬が急に効かない体質になることってありますか?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

ITPになって2年弱になるものです。
無治療でしばらく経過を見てましたが、その間喘息のような症状があり、呼吸器内科で出された薬を飲んでました。その際、ステロイド薬も処方されてたらしく、その時は2万ぐらいだった血小板が6万まで上がりました。
また、入院治療しステロイド治療したこともありますが、そのときも12万まで上がりました。
そういった経緯もあり、プレドニン10ミリを服用しているのですが、先日の検査で血小板が思いの外あがらず、3万5000でした。
主治医の話だとプレドニン10ミリだと副作用で骨粗鬆症になるかもしれないとのことで、とりあえず減薬になりました。
妊娠を希望しており、3万前後の血小板だと随分心許ないです。かといってプレドニン以外の薬は妊娠NG…

ステロイドが効きすぎるぐらいの体質だと思ってたのに、主治医も予想外と言ってました。
こんな急にステロイド効かなくなることってあるんでしょうか。
脾臓摘出も視野に入れないといけないかと思うと不安です。今まで効いていた薬が効かなくなることってありますか?

コメント(3)

僕はITP歴9年ですが、ステロイド(プレドニン)を45mlから始めていたので、効果もありましたが副作用のほうが強く、体調が悪く毎日が苦しかったです。途中でレポレイドと併用したおかげで、プレドニンが少しづつ減っていきましたが、悪性リンパ腫を再発してしまい、レポレイドの仕様がストップしました。おそらく抗がん剤との相性の問題だと思います。ちなみに治療前は血小板が8千まで下がったことにより発見され、投薬で10万以上を維持しておりました。今は抗がん剤のインブルビカの影響か、食事が取れなくなり体重が18kgほど痩せたことにより、何故か血小板数値も16万〜20万で維持しており、プレドニンは飲んでおりません。しかし抗がん剤は今も服用中ですが。。。参考になればよいのですが。。。
じゅんじゅんさん、こんにちは(^ ^)
私も約2年ほど前からITPと診断され、最初の一年くらいは、経過観察のみで様子をみてましたが、少しずつ下がり始めて、一年ほど前からステロイド30mgからスタート

数値が19万まで上がり検診のたびに5mgずつ減らしていきましたが、5mgぐらいから一気に半分くらいに減り(7万)一応3mgまで減ったのですが、5万になったため、また5mgに戻されました(><)

現在飲んでいる薬はフルコナゾール、ダイフェン、プレドニン5mgです 骨粗鬆症の薬は、飲んでいません

プレドニンが人によって何mgで効かなくなるかわかりませんが、10mgで効かないのであれば、少し増やして貰って様子みるとかは、どうですか?
それでも効果なしでしたら、薬変更とか考えて貰っては、いかがでしょうか
>>[1]
45ミリとは、なかなか副作用が大変そうですね。
レボレードと併用できるのがりそうなのですが、妊娠を考えるとレボレードには頼れません。
抗がん剤の副作用大変ですね…無理なさらないように。
回答ありがとうございました。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

特発性血小板減少性紫斑病 更新情報

特発性血小板減少性紫斑病のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済