ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 税務のイロハ > トピック一覧 > 【お知らせ】指定公証人の変更に...

税務のイロハコミュの【お知らせ】指定公証人の変更について

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

【お知らせ】指定公証人の変更について

 平成26年12月1日(月)に,次の公証役場において,指定公証人の変更が予定されています。電子公証手続の申請に当たっては,申請先の指定公証人にご留意願います。
 なお,指定公証人につきましては,法務省ホームページに掲載している「指定公証人一覧」をご覧ください。





法務局名

公証役場名



東京法務局

王子公証役場



東京法務局

昭和通り公証役場



 また,指定公証人の変更に伴い,申請用総合ソフトの指定公証人ファイルの更新を行います。平成26年12月1日(月)午前8時30分以降に申請用総合ソフトを起動すると,上記公証役場における指定公証人の変更情報が反映された指定公証人ファイルに更新することができます。
 更新方法については,こちらをご覧ください。
http://www.touki-kyoutaku-net.moj.go.jp/information/info_201411.html#HI201411201912
解党を決めたみんなの党の山内康一、中島克仁両衆院議員が20日午前、党本部を訪れ、海江田万里代表に入党を申し入れた。会談には枝野幸男幹事長、福山哲郎政策調査会長が同席した。これに先立ち山内、中島両議員は、みんなの党へ離党届を提出した。

 海江田代表は「仲間として頑張ろう。民主党への参加を心から歓迎する」と述べ、枝野幹事長、福山政調会長も「これまでさまざまな活動のなかでなぜ違う党にいるのだろうという思いを持っていた」「フリーエージェントで強力な仲間を得た思い」と述べ、両議員の申し出を歓迎した。
http://www.dpj.or.jp/article/105485

<北海道新幹線>列車名は「はやぶさ」「はやて」 

毎日新聞 11月20日(木)13時42分配信



.








北海道新幹線の先頭車両=北海道函館市の函館港で2014年10月13日、手塚耕一郎撮影

 JR北海道は20日、2016年3月に新青森(青森市)−新函館北斗(北海道北斗市)間で開業する北海道新幹線の列車名を東北新幹線と同じ「はやぶさ」「はやて」にすると発表した。一般公募せず、社内で決めた。

【写真特集・北海道新幹線】報道公開された北海道新幹線の運転席

 東北新幹線の「E5系」をベースにした「H5系」(10両編成)の新型車両を使用する。走行試験は12月1日から始まり、開業準備が本格化する。

 北海道新幹線は新青森と札幌市を結ぶ約360キロ。このうち青函トンネルを通る新青森−新函館北斗間約148キロを部分開業する。東京−新函館北斗の所要時間は4時間10分になる。【鈴木勝一】
2014年11月20日「地域再発見プロジェクト」産直市進行中!上野駅において「信州産直市」を開催します。 [PDF/177KB]北海道新幹線の列車名決定について [PDF/7KB]
http://www.jreast.co.jp/company/
12/22まで!函館駅⇔新函館北斗駅間 アクセス列車愛称名募集中!
http://www.jrhokkaido.co.jp/new/camindex.html
11月21日 平成26年11月1日現在のデータに更新しました
内容:平成26年11月 1日現在の法令データ(平成26年11月 1日までの官報掲載法令)

※平成26年11月 1日現在の未施行法令は次のとおり提供しています。
未施行法令:本ページ内「未施行法令」に一覧表示(クリックすると全文表示)
未施行の一部改正法令:「法令索引検索」で表示する法令に未施行の改正内容があるとき、「(最終改正までの未施行法令)」を表示(クリックすると画面下部に未施行内容表示)


  法 令 数 備 考
憲 法 1 国の最高法規
法 律 1,925 法律とは、一般に、日本国憲法の定める方式に従い、国会の議決を経て、「法律」として制定される法をいう。
(当システムでは、太政官布告※1件(爆発物取締罰則)を法律に分類しております。)
※太政官布告とは、明治維新から明治18年に内閣制度ができるまでの間に置かれていた最高中央官署である太政官が制定公布した法形式。
政 令 2,067 政令とは、内閣の制定する命令をいう。
(当システムでは、太政官布告6件(褒章条例、勲章制定ノ件 等)を政令に分類しております。)
勅 令 75 勅令とは、旧憲法時代、天皇によって制定された法形式の1つ。
(昭和二十二年政令第十四号「日本国憲法施行の際現に効力を有する勅令の規定の効力等に関する政令」により、政令と同一の効力を有するものとされております。)
府令・省令 3,627 府令とは、内閣総理大臣が内閣府の長として発する命令をいい、省令とは、各省大臣が発する命令をいう。
閣 令 11 閣令とは、旧憲法時代に内閣総理大臣が発した命令をいう。
(当システムでは、閣令は「府令・省令」に分類しております。)
規 則 333 規則とは、内閣府及び各省の長以外の他の行政機関が発する命令をいう。
(当システムでは、規則は「府令・省令」に分類しております。)
計 8,039  
(注)施行停止法令、整備法令等の法令数については、上表には計上しておりません。


次回の更新予定

時期:平成26年12月下旬
内容:平成26年12月 1日現在の法令データ(平成26年12月 1日までの官報掲載法令)

http://law.e-gov.go.jp/announce.html
187

16

外国人漁業の規制に関する法律及び排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律の一部を改正する法律案

成立

経過

本文
187

21

公職選挙法等の一部を改正する法律案

衆議院で審議中

経過

本文
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/menu.htm
【第38号 平成26年11月20日(木)】

委員会及び調査会等経過
○議事経過 今二十日の委員会の議事経過は、次のとおりである。
  法務委員会(第八回)
   政府参考人の出席を求めることを決定した。
   裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案(閣法第九
   号)(衆議院送付)
   検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律案(閣法第一
   〇号)(衆議院送付)
    右両案について上川法務大臣及び政府参考人に対し質疑を行っ
    た後、いずれも可決した。
  外交防衛委員会(第九回)
   政府参考人の出席を求めることを決定した。
   防衛省の職員の給与等に関する法律の一部を改正する法律案(閣
   法第一三号)(衆議院送付)について江渡防衛大臣から趣旨説明
   を聴き、同大臣及び政府参考人に対し質疑を行った後、可決した。
  文教科学委員会(第六回)
   政府参考人の出席を求めることを決定した。
   原子力損害の補完的な補償に関する条約の実施に伴う原子力損害
   賠償資金の補助等に関する法律案(閣法第二七号)(衆議院送付)
   原子力損害の賠償に関する法律及び原子力損害賠償補償契約に関
   する法律の一部を改正する法律案(閣法第二八号)(衆議院送付)
    右両案について下村文部科学大臣及び政府参考人に対し質疑を
    行った後、いずれも可決した。
  議院運営委員会理事会
   本会議及び本委員会の運営等について協議を行った。
  災害対策特別委員会(第六回)
   災害対策樹立に関する調査の継続調査について決定した。
   委員派遣については委員長に一任することに決定した。
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/koho/187/koho/ko270201411200380.htm
議事日程


--------------------------------------------------------------------------------




 国会回次

 187



 本会議年月日

 平成26年11月21日(金)






 第 一 専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別
     措置法案(第百八十六回国会、内閣提出)(参議院送
     付)

 第 二 財団法人日本遺族会に対する国有財産の無償貸付に関
     する法律の一部を改正する法律案(第百八十六回国会
     、本院提出)(参議院送付)

 第 三 銃砲刀剣類所持等取締法の一部を改正する法律案(内
     閣提出、参議院送付)
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_honkaigi.nsf/html/honkai/nittei20141121.htm


事件番号

 平成26(し)560



事件名

 保釈許可決定に対する抗告の決定に対する特別抗告事件



裁判年月日

 平成26年11月18日



法廷名

 最高裁判所第一小法廷



裁判種別

 決定



結果

 その他



判例集等巻・号・頁






原審裁判所名

 東京高等裁判所



原審事件番号

 平成26(く)554



原審裁判年月日

 平成26年10月29日




判示事項





裁判要旨

 1 受訴裁判所によってされた刑訴法90条による保釈の判断に対する抗告審の審査の方法
2 詐欺被告事件において保釈を許可した原々決定を取り消して保釈請求を却下した原決定に刑訴法90条,426条の解釈適用の誤りがあるとされた事例



参照法条





全文
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=84641



事件番号

 平成26(し)578



事件名

 勾留請求却下の裁判に対する準抗告の決定に対する特別抗告事件



裁判年月日

 平成26年11月17日



法廷名

 最高裁判所第一小法廷



裁判種別

 決定



結果

 その他



判例集等巻・号・頁






原審裁判所名

 京都地方裁判所



原審事件番号

 平成26(む)4113



原審裁判年月日

 平成26年11月7日




判示事項





裁判要旨

 迷惑行為防止条例違反被疑事件において勾留請求を却下した原々裁判を取り消して勾留を認めた原決定に刑訴法60条1項,426条の解釈適用の誤りがあるとされた事例



参照法条





全文

http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=84640



事件番号

 平成25(行ウ)23



事件名





裁判年月日

 平成26年11月6日



裁判所名・部

 奈良地方裁判所



結果





原審裁判所名





原審事件番号





原審結果






判示事項の要旨





全文

http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=84639



平成26年11月21日(金)定例閣議案件






一般案件


日本放送協会平成25年度財産目録,貸借対照表,損益計算書,資本等変動計算書及びキャッシュ・フロー計算書並びにこれらに関する説明書並びに監査委員会及び会計監査人の意見書を国会に提出することについて(決定)

(総務省)

日本放送協会平成25年度業務報告書及び同報告書に付する総務大臣の意見並びに監査委員会の意見書を国会に送付することについて(決定)

(同上)

所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とアラブ首長国連邦との間の条約の承認について(決定)

(外務省)
公布(条約)


所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とアラブ首長国連邦との間の条約(決定)

(外務省)


公布(法律)


地方公共団体の議会の議員及び長の選挙期日等の臨時特例に関する法律(決定)

犯罪による収益の移転防止に関する法律の一部を改正する法律(決定)

国際連合安全保障理事会決議第1267号等を踏まえ我が国が実施する国際テロリストの財産の凍結等に関する特別措置法(決定)

日本環境安全事業株式会社法の一部を改正する法律(決定) 

不当景品類及び不当表示防止法の一部を改正する法律(決定)

北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律の一部を改正する法律(決定) 

空家等対策の推進に関する特別措置法(決定)

外国人漁業の規制に関する法律及び排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律の一部を改正する法律(決定) 

私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律(決定)

医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保等に関する法律の一部を改正する法律(決定)

ハンセン病問題の解決の促進に関する法律の一部を改正する法律(決定)


政 令


金融商品取引法等の一部を改正する法律の一部の施行期日を定める政令(決定)

(金融庁)

金融商品取引法等の一部を改正する法律の一部の施行に伴う関係政令の整理等に関する政令(決定)

(同上)

保険業法等の一部を改正する法律の一部の施行期日を定める政令(決定)

(同上)

保険業法施行令の一部を改正する政令(決定)

(同上)

不当景品類及び不当表示防止法第12条第1項及び第2項の規定による権限の委任に関する政令の一部を改正する政令(決定)

(消費者庁)

地方公共団体の議会の議員及び長の選挙期日等の臨時特例に関する法律施行令(決定)

(総務省)

電気通信事業法の一部を改正する法律の一部の施行期日を定める政令(決定)

(同上)

電気通信事業法施行令の一部を改正する政令(決定)

(総務・財務省)

花きの振興に関する法律の施行期日を定める政令(決定)

(農林水産省)

花きの振興に関する法律施行令(決定)

(農林水産・財務省)


平成26年11月21日(金)臨時閣議案件






一般案件


政府声明(決定)

(内閣官房)

衆議院議員総選挙の施行公示について(決定)

(同上)
平成26年11月21日 金融審議会「投資運用等に関するワーキング・グループ」(第4回)を開催しました。

平成26年11月21日 平成26年金融商品取引法等改正(6ヶ月以内施行)に係る政令・内閣府令案に対するパブリックコメントの結果等について公表しました。

平成26年11月21日 「保険業法施行令の一部を改正する政令(案)」等に対するパブリックコメントの結果等について公表しました。

平成26年11月21日 IFRSの任意適用の積上げに関する取組みの公表について掲載しました。

平成26年11月20日 韓国金融委員会及び韓国金融監督院との間における金融監督分野の協力に関する覚書について公表しました。

平成26年11月20日 日韓金融協議の開催について公表しました。

平成26年11月20日 第48回金融トラブル連絡調整協議会を開催します。

平成26年11月19日 麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要(平成26年11月18日)

平成26年11月19日 全国信用協同組合連合会に対する信託受益権等の買取りの決定について公表しました。

平成26年11月19日 資金決済法に基づく払戻手続実施中の商品券の発行者等一覧を更新しました。
http://www.fsa.go.jp/

2014年11月21日

国際電気通信連合(ITU)全権委員会議の結果概要

情報通信国際戦略局



2014年11月21日

電気通信事業報告規則の一部を改正する省令案に関する意見募集

総合通信基盤局



2014年11月21日

行政機関等が保有するパーソナルデータに関する研究会「中間的な整理」の公表

行政管理局



2014年11月21日

個人企業経済調査(動向編)平成26年7〜9月期結果(確報)

統計局



2014年11月20日

行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の規定による通知カード及び個人番号カード並びに情報提供ネットワークシステムによる特定個人情報の提供等に関する省令(仮称)案に対する意見募集の結果

自治行政局



2014年11月20日

政治資金規正法に基づく政治団体の届出事項の異動の届出

自治行政局



2014年11月20日

「地方財政の健全化及び地方債制度の見直しに関する研究会」 の開催

自治財政局



2014年11月20日

「電波政策ビジョン懇談会 最終報告書(案)」に対する意見募集

総合通信基盤局



2014年11月20日

株式会社インペリアルに対する特定電子メール法違反に係る措置命令の実施

総合通信基盤局
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/index.html


11月21日

法制審議会民法(債権関係)部会第92回会議の議事録を掲載しました。 
.



11月21日

法制審議会民法(債権関係)部会第91回会議の議事録を掲載しました。 
.



11月20日

説明会情報を更新しました!! 
.



11月20日

法制審議会国際裁判管轄法制(人事訴訟事件及び家事事件関係)部会第4回会議の議事録を掲載しました。 
.



11月20日

司法試験の実施に関する司法試験委員会決定等について 
.



11月20日

平成27年司法試験予備試験受験願書の交付等について 
.



11月20日

人権侵犯事件統計統計表(平成26年9月分月報公表) 
.



11月20日

訟務事件統計統計表(平成26年9月分月報公表) 
.



11月20日

少年矯正統計統計表(平成26年9月分月報公表) 
.



11月20日

登記統計統計表(平成26年9月分月報公表) 
.



11月20日

「債権管理回収業の営業を許可した株式会社一覧」の更新(平成26年11月20日) 
.



11月19日

法務省ホームページ運用停止のお知らせ(平成26年11月22日(土)) 
http://www.moj.go.jp/#info03
財務省

日・ドイツ税関相互支援協定が署名されました



11月19日(水)、ドイツ・ベルリンにおいて、日・ドイツ税関相互支援協定(税関に係る事項における相互支援及び協力に関する日本国政府とドイツ連邦共和国政府との間の協定)が、中根猛駐独大使とシュテファン・シュタインライン独連邦外務省事務次官及びヴェルナー・ガッツァー独連邦財務省事務次官との間で署名されました。

本協定は、双方の税関当局が、それぞれの関税法令を適正に執行し、税関手続の簡素化・調和化を含む貿易円滑化措置及び効果的な水際取締りを実現する観点から、不正薬物の密輸情報の交換を含む相互支援等を行うための法的な枠組みを提供するものです。

我が国は、既にEU(欧州連合)と税関相互支援協定を締結していますが、不正薬物や銃器等の水際取締り権限はEU加盟国にあり、実際の税関手続の執行面も加盟国が担っております。したがって、本協定は、EUとの協定では対象としていない不正薬物や銃器等の取締りに関する協力も対象としており、今後、これらの分野におけるドイツの税関当局との協力関係が強化されます。

本協定は、我が国にとって27番目の協力の枠組みであり、署名30日後となる本年12月19日に発効することになります。

【日・ドイツ税関相互支援協定の主な内容】

○ 支援・協力の内容
•両税関当局は、要請に応じ又は自己の発意により、関税法令の適正な適用の確保並びに関税法令違反の防止、発見及び調査のために必要な情報を相互に提供する。
•両締約国政府は、それぞれの税関手続の簡素化及び調和のため、それぞれの税関当局を通じて協力するよう努める。

○ 支援・協力の条件
•この協定は、両締約国政府により、それぞれの国の法令に従い、かつ、それぞれの税関当局の利用可能な資源の範囲内で適用される。
•提供される情報は、秘密として取り扱われ、また、裁判所又は裁判官の行う刑事手続に使用されない。
•主権、安全等重要な利益を侵害する場合には、支援を拒否し、又は保留することができる。

(資料1)日・ドイツ税関相互支援協定(和文) [PDF,140kb]
(資料2)日・ドイツ税関相互支援協定(英文) [PDF, 28kb]

(参考)税関相互支援協定等の現状(2014年11月20日現在)
http://www.mof.go.jp/customs_tariff/trade/international/cmaa/ka20141120.htm

原子力損害賠償紛争解決センター和解実例の公開について
和解事例の公表について(方針) (PDF:65KB)


 個別事案の和解仲介の結果を公表いたします。

 ※今回 新しく公表した和解契約書は番号948から番号959になります。
http://www.mext.go.jp/a_menu/genshi_baisho/jiko_baisho/detail/1329134.htm
ニュースリリース:最新情報をお知らせ

[LPガス]大阪府内でガス漏えい爆発事故(軽傷1名)が発生しました(11月21日)
『ここ1年の中小・小規模企業の経営状況の変化について』を公表します(11月21日)
[都市ガス]京都府内で火災事故(人的被害なし)が発生しました(11月20日)
「『攻めのIT経営』中小企業百選」を募集します!(11月20日)
圧縮水素スタンドの技術基準を改正しました〜今後、液化水素貯槽を使用した圧縮水素スタンドの整備が促進されることが期待されます〜(11月20日)
日本工業規格(JIS規格)を制定・改正しました(平成26年11月分)(11月20日)
第6回日中韓自由貿易協定(FTA)交渉会合(局長/局次長会合)が開催されます(11月19日)
外国為替及び外国貿易法に基づく行政処分(輸出禁止)を行いました(11月19日)
平成26年上期(1月〜6月期)工場立地動向調査結果(速報)を公表します(11月19日)
「第4回日本・アラブ経済フォーラム」の開催を延期します(11月19日)
http://www.meti.go.jp/
最新の検査報告


会計検査院は、日本国憲法第90条の規定により、国の収入支出の決算を検査し、会計検査院法第29条の規定に基づいて、平成25年度決算検査報告を作成し、平成26年11月7日、これを内閣に送付しました。

また、河戸会計検査院長は安倍内閣総理大臣に手交する際に、その概要を説明しました。

この検査報告には、25年度の歳入歳出決算、政府関係機関の収入支出決算などについて、会計検査院が26年次中に実施した会計検査の成果が収録されています。
平成25年度決算検査報告の概要
平成25年度決算検査報告の本文

24年度以前の検査報告は、検査報告データベースからもご覧いただくことができます。あわせてご利用下さい。
http://www.jbaudit.go.jp/report/new/index.html

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

税務のイロハ 更新情報

税務のイロハのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済