ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > セッションレポ@払う > トピック一覧 > 【N◎VA】Say hello...

セッションレポ@払うコミュの【N◎VA】Say hello to New World【ハンドアウト】

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

・アクトトレーラ−

人類の守護者は語る、人理の可能性は幻想を凌駕すると。
極致の哲学者は語る、人類の到達点は幻想の彼方にあると。

故に、ヒトは果てへと歩み続ける、ヒトの本質を失いながら―。


とある乳児の誘拐事件に端を発するこの舞台は、
陰謀張り巡らす現実世界と未来へ伸長する電脳世界の狭間にて、
一人の少年の夢と希望を映し出す。

もしも願い一つだけ叶うなら―


トーキョーN◎VA THE AXLERATION
『Say hello to New World』

運命よ、僕は約束の場所へ辿り着けるだろうか。




●PC1推奨スタイル:バサラ
シナリオコネ:“ラプンツェル”   推奨スート:理性

「いつか、あの場所でもう一度あなたと会いたいです…その約束が、ボクの勇気になりますから」

キミの友人のMMORPGプレイヤー“ラプンツェル”は中々変わった人物だ。
ゲーム内で助けを求めるPCを見かけたら自分の都合そっちのけで手を差し伸べ、
操作やゲーム進行に苦労するPLには優しく丁寧なアドバイスを投げかける聖人君子のような人物である。

ゲーム内でも半ば“便利キャラ”として見られがちな“ラプンツェル”だが、
それでも愚痴一つ零さず明るく善行を積む姿にキミも少なからず認めるところがあったものだ。

そんなある日のこと、“ラプンツェル”から手術のためにゲームを引退するという連絡が届く。
彼自身、その手術について思うところがあるようだが…。
キミ達は再会を約束し、しばしの別れとなった。

その数週間後、キミのもとへ再び彼からの連絡が届く。
そこには、運営元不明の電脳仮想空間遊戯『New World』の招待コードが記載されていた。


【PS:“ラプンツェル”と再会する】


●PC2推奨スタイル:クグツorエグゼグ
シナリオコネ:須佐見 ナチ 推奨スート:外界

「何のために多額の予算を査察部に回してると思ってるのよッ!御託はいいから息子を取り返しなさいッ!!」

千早重工の理化学研究セクションの所長、須佐美ナチの生後数か月の次男、須佐美 キクヒコが誘拐されてから数日、
ブラックハウンドによる初動捜査、後方処理課によるアンダーワークの努力も虚しく、得られた手がかりはほとんど無かった。

千早重工上層部に影響力を持つ須佐美 ナチは一刻も早い事態の解決を要請、
その鬼気迫る姿勢に屈した上層部は特設チームの設立を約束。
そして、キミはその特設チームのリーダーとして白羽の矢が立てられたのである!

このまま成果が上げられなければ、査察部再編論が取締役会に叩きつけられるのも時間の問題である。
一刻も早く、誘拐された赤子を救い出さなければなるまい。


【PS:≪完全偽装≫あるいは≪M&A≫の経験点を得る】




●PC3推奨スタイル:アヤカシ
シナリオコネ:“魔神”ツラツストラ 推奨スート:理性

「我は勇者の言葉を受け入れ、その可能性を信じ、幾星霜の時を待った。その結果、我は利用され、騙され、捨てられたのだ…」


キミは紆余曲折を経て、『New World』と呼ばれるVRMMORPGで“レンズ”“マリカ”“メル”の3名とパーティを組むに至った。
当初はPK、チート、RMTなどゲーム内で可能なありとあらゆる悪事を繰り返す3名だったが、
心境の変化があったのだろうか、徐々に気持ちを切り替えて純粋にゲーム内での冒険を楽しんでいるように見える。

そんな様子を微笑ましくも見守っていたキミではあるが、
ある日、ゲーム内でとあるエネミー…かつての知己、キミと対立関係にあった“魔神”ツラツストラとエンカウントする。


彼(彼女?)もまた、紆余曲折を経てこのゲームの運営側に参画しているようだが…

ゲーム内でのエンカウントに辛くも勝利した一行だったが、ツラツストラは散り際に不吉めいた予言を残す。
これより、人類救済を賭けた舞台の幕が上がるだろう。貴様との決着はそこで着けようぞ―と。



【PS:“魔神”ツラツストラに真の死を与える】


●PC4推奨スタイル:イヌ
シナリオコネ:“Black Cross”黒木 十字 推奨スート:外界

「…結局、お前たちは耳障りの良い御託を並べて本質から目を背けているに過ぎん」

真教浄化派によるイワヤトビル襲撃テロ。
さる筋から情報得ていたケルビムは秘密裏にブラックハウンドと共同でカウンターテロを立案。
絶対的な防御網を配備し、テロリストの襲来に備えていたのだが…。

真教浄化派幹部“能天使”その最強の一角である“Black Cross”の前には為す術もなく、
ケルビムとブラックハウンドの防御網は破られることとなる。

現場から去りゆく彼はキミに対し言葉を残す。
これは仕込みに過ぎない、救済の福音は間もなく現われる―と。

【PS:≪制裁≫の経験点を得る】

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

セッションレポ@払う 更新情報

セッションレポ@払うのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。