ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 中川式ツボ療法 > トピック一覧 > 転ぶを防止する方法(新しい医学...

ログインして参加する

このコミュニティに参加するにはログインが必要です。

転ぶを防止する方法(新しい医学)

転ぶを防止する方法(新しい医学) 2016年11月20日 17:18
mixiユーザーmixiユーザー
転ぶを防止する方法(新しい医学)

顔、胸、みぞおち、お腹を打撲するとあとでとんでもない病気症状で苦しむ方が多いのです。原因は幼少より転ぶつまずく滑る症状があるためであることが多い。転ぶことによって起こる病気症状を並べてみると統合失調症、被害妄想、うつ、喘息、過呼吸、地震恐怖症、かたずけられない捨てられない、電車に乗れない、集中出来ない、イライラする、潰瘍、慢性下痢、生理激痛、花粉症、鼻炎、蓄膿症、匂い過敏症、化学物質過敏症、シックハウス症候群、斜視、尿もれ、多汗症、火照り、冷え性、更年期障害、腰痛、膝痛、肩凝りなどがあります。子供の場合はこれからの病気の予防に大人の場合は今の病気の進行を食い止めるため転ぶつまずく滑るを治す取り組みを始めましょう。まず誰かに足の指をつかんで全力で押してもらって下さい。跳ねかえせる方は大丈夫ですが跳ねかえせない方や子供はとても危険な状態にあります。いつ階段から転げ落ちるか分かりません。すぐに防止策に取り組みましょう。まず側頭部位を棒で擦ります。左右で4分続けて下さい。そのあと足の小指と薬指の間に人指し指をカギ型に曲げて差し込み胡麻をするように回転します。2分続けて下さい。http://www005.upp.so-net.ne.jp/nakagawa/ここに画像があります。これを二回繰り返します。再び足の指をつかんでもらい全力で押してもらいます。跳ねかえせたら大成功です。転びにくくなります。

コメント(1件)

[1]2016年12月09日 06:05
転ぶつまずく滑るの防止

数十万人を施術してきて何が原因でたくさんの症状で苦しむのか?再発を防ぐにはどうすれば良いか考えてきました。共通の問題が幼少より蓄積された「転ぶつまずく滑る」でした。探し当てた方法は側頭部位を施術して足の小指と薬指の間を交互に施術することでした。足指をつかんでもらい思い切り跳ね返して下さい。手の力に負けて跳ね返せない方がとても多いのです。この方法を行えばあっという間に跳ね返す力を得ることが出来ます。医師に証明を得ることではなくて患者様が証明することです。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

コメントを書く (*の項目は入力必須)

中川式ツボ療法のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

中川式ツボ療法