ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 車、バイク > ツーリングで温泉 > トピック一覧 > 【群馬】 塩ノ沢温泉 やまびこ...

ツーリングで温泉コミュの【群馬】 塩ノ沢温泉 やまびこ荘

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

群馬県の「塩ノ沢温泉 やまびこ荘」をご紹介します。

【上野村振興公社HP】
http://uenomura-tabi.com/top/stay/yamabiko/

【注】トピをお読みになる前に
 * 本トピは、ツーリング+温泉の内容になっています
 * 温泉の記事のみ読まれる場合は、コメの最初に【温泉】という
   表示がありますので、その部分をお読み下さい

コメント(10)

先日のお盆に、キャンプツーリングに行ってきました。

本来であれば、この時期は毎年東北地方に行ってくるのですが、
天気予報でお盆中がすべて雨の予報だったため、
ギリギリまでねばった挙句、結局東北よりは天気が良かった
長野県でキャンプすることに(泣)

今回お邪魔したのは、群馬県上野村から旧ぶどう峠林道・K124に
入ったところにある、長野県・北相木村(きたあいきむら)の
「長者の森キャンプ場」です。

ネットなどで見てみると、「自然たっぷりのキャンプ場」などと
評価されている良さげなキャンプ場なのですが、
実際に何回かここを利用している私から言わせてもらうと、
「接客のイロハを知らない地元の人が運営している」感が強く、個人的な
おススメ度としては、「★★☆☆☆=行きたいなら、あえて止めはしない」レベルです。

できれば他のキャンプ場を利用したかったのですが、
空きがなく、苦渋の決断です(笑)

で、予約時に「バイクで一名で行きます」と伝えたせいか、
とてもとても狭いテントサイトに案内されますた。

テントは何とか建てられるものの、ターブの設営が難しい感じです。
当日は夜から雨の天気予報でしたので、どうしてもターブが必要だったため、
いろいろ頭をひねりながら、なんとか設営完了。

予報通り、夕方から降り出した雨はそのうち
テントの中でもラジオの音が聞こえないほどの豪雨になりましたが
ターブのおかげで無問題でした。


このキャンプ場の評価が辛口になる要因の一つが、
この辺りが「お風呂暗黒地帯」であることなんです。

本来、キャンプ客は敷地内のコテージでシャワーを使えるはずなのですが、
ボイラーの故障が多く、使用中止のときが多いんです。

また、キャンプ場まで来てしまうと、温泉施設は隣の南相木村にある
村営日帰り温泉施設、「滝見の湯(中画像)」一択になってしまうのですが、
北→南の両相木村の間には、御座山(おぐらやま)という山がそびえていて、
山をショートカットするバイパスなどがないので、
滝見の湯に行くには右画像のように、きれいな舗装道ながら
単調なつまらない道を、15キロも走らなければならないのです。

【温泉】

なので、テントを立ててしまうと、
可及的速やかに「飲み」に入りたい私は、
このキャンプ場を利用するときには、
「キャンプ場の受付をする前に滝見の湯に行く」か、
「むしろK124に入る前に温泉に入ってくる」の二択になります。

今回は、後者を選びました。
K124を過ぎて、すぐのところにあるK45に入ると、
すぐに「湯の沢トンネル」にたどり着きます。
トンネルに入らずに右に曲がってすぐのところにあるのが、
今回お邪魔した「塩ノ沢温泉 やまびこ荘」です。
【温泉】

日帰り温泉の受付時間には少し早かったので、
ロビーで許可を得てソファーにふんぞり返って
缶コーヒーを飲んでいたところ、
施設の支配人らしき方がいらっしゃって、
「少し早いですが、いいでしょう(苦笑)」と言われ
温泉に入れることになりました。

村営施設ですので、上野村民は外部の人の半額で入浴できます。
【温泉】

やったー!本日の一番風呂だ\(^o^)/
自販機で買った入浴券を受付の人に渡…さずにかごに入れて(笑)
奥のお風呂場に行くことにします。

ということで、例によって誰もいなかったので、内部を激写!(古)

広く明るい内湯には、無色透明のお湯がなみなみと入っています。
メタほう酸-炭酸水素ナトリウム泉で、pH7.1と、肌にやさしい泉質です。

口に含んでみましたが、無味無臭でややツルスベ感のある浴感でした。
それでも、浴槽の底は温泉の析出物で茶色く染まっています。
【温泉】

小さいながら、お約束の露天風呂もあります。
眺めはイマイチ、というかむしろ内湯の方が眺めがいいのですが(笑)
鳥の声など聴きながら、のんびり入浴できます。

内湯、露天の他に水風呂と、なぜか洞窟風呂(中画像・右側)がありました。
水風呂の左側にはサウナもついてます。

施設によっては、内湯は加温・循環・消毒でも、
水風呂は源泉かけ流し、の場合があるので、
期待して口に含んでみたのですが、
残念ながら内湯との差は感じませんでした。

洗い場に置いてあるのは、もちろんケロリンの桶です。

いかにも「温泉入ってる!」的なパンチ感はありませんが、
ぬるめの温泉は、いつまでも浸かっていられる感じでした。
毎度温泉情報ありがとうございます。 
 やまの中にやまびこ荘なんて立派な宿泊施設が建ってるんですね・・・・・
 不二洞キャンプ場は二度ほど利用しました。一度は施設全体を貸切で使いました。
 その1週間後に全日空機の事故がありました。 一度訪ねてみようと思いながらも・・・・今では慰霊碑までの歩行も困難だとおもいます。    不二洞周辺はおおムラサキの繁殖地のようで群舞が見られました。
>>[9]
コメありがとうございます。
トビ内の湯ノ沢トンネルは2003年に完成したもので、それまでK45は
細いつづら折りの道で、さらに一部がダートだったんですよね。
トンネルができて便利になったものの、ツーリングの旅情という面では
ダダ下がりという感じです。
不二洞のキャンプ場には行ったことはありませんが、
洞窟には入ったことがあります。
真夏だったのですが、内部は震えるほど寒く、
コウモリが飛んでいて…《(;´Д`)》

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ツーリングで温泉 更新情報

ツーリングで温泉のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。