ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 憂国の士 > トピック一覧 > 「支那」は世界の共通語   (...

憂国の士コミュの「支那」は世界の共通語   (『私の正名論』  評論家 呉智英)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

(sankei.jp.msn.comより)
 必ずや名を正さんか。孔子の言(げん)だ。名は言葉。言葉が正しくないと社会も文化も混乱してしまう。迂遠(うえん)なようでもまず名(ことば)を正す(正名)のがすべての基本である。
 
その孔子の故国に批判が噴出している。農薬まみれの野菜、毒入りギョーザ、少数民族抑圧、過剰な愛国主義…。批判も当然。私はこれに同調する。しかしまず名を正すべきだと思う。

 昨夏、中国食品という会社が倒産した。健全な経営の食品会社であったが、農薬汚染食品の輸入会社だと誤解されて製品が売れなくなったのだ。この会社は広島にある。社名が中国食品で何の不思議もない。中国放送、中国新聞、中国電力、中国ガス、中国銀行…これらは全部日本の中国にあって、支那にあるわけではない。知名度の高いこれら公共企業であれば特に誤解も起きないが、それ以外の、岡山や広島や山口など中国にある中国何々といった会社や団体がみんな迷惑している。中国は「中国」、支那は「支那」とすれば、こんな混乱は起きるはずはない。中国食品も倒産などせずにすんだのだ。

 この混乱の責任はどこにあるのか。第一に「中国」を日本に対してだけ強要する支那。第二に、この異常な主張に諾々(だくだく)として従い、言論機関にこれを強制した昭和二十一年当時の外務省。第三に、この言論抑圧に屈するのみならず、これをなにか「民主的な」改革だと正反対に勘違いしている自称良識人たち。この三つが連動して混乱をもたらしているのである。

 詳論(しょうろん)しよう。

 まず第一の点。「支那」禁止は理不尽な言いがかりである。「支那」という言葉は最初の統一王朝の「秦(しん)」に由来し、世界中でその近似音で支那を呼んでいる。支那人自身が支那を「支那」と呼んだ記録もあり、清朝の公的文書にも「支那」は出てくる。しかし、かつての朝貢(ちょうこう)国である日本には自分たちを世界の真ん中にある国「中国」と呼ばせたいのである。

 第二の点。「支那」が抹殺されたのは、戦後の混乱期である昭和二十一年六月の外務省次官・局長通達による。支那は形式上アメリカを中心とする連合国の一員であり、日本に対して戦勝国である。その力関係を背景に「中国」を強要してきた。外務省は従順にそれを受け入れ、各言論・報道機関に「支那」を禁止し「中国」を使うように通達を発した。その中にこんな文言がある。「今度(このたび)は理屈抜きにして先方の嫌がる文字を使はぬ様(やう)に」。占領下では、正当な理屈さえ禁じられていたのである。

 第三の点。明白な言論弾圧を、自称良識人たちは、侵略戦争への反省や民族差別解消の名目で歓迎した。二十世紀末まで支那を植民地支配していたイギリスでもポルトガルでも「チャイナ」「シーナ」と呼んでいることを知らないふりで。また「中国」が差別的な自国中心主義を意味することも知らないふりで。そもそも外務省通達の存在を、これは本当に知らないのである。

 私は四十年前の全共闘の学生だった頃(ころ)からこの不合理を批判し、支那は「支那」だと言い続けてきた。最近やっと「支那」解禁の動きが出てきた。六十二年前の言論抑圧通達は無効だと外務大臣に言わせる議員はいないのだろうか。(くれ・ともふさ)

平成20年5月14日(水) 産経新聞より

コメント(1)

永山英樹さんの メルマガ版「台湾は日本の生命線!」より。

祝・産経新聞「シナ人」広告掲載ー実はそれの意義は大きい


ブログでは関連写真も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-959.html

産経新聞は十一月十五日、『シナ人とは何かー内田良平の「支那観」を読む』(宮崎正弘・内田良平研究会編著、展転社)の広告を掲載した。

実はその数日前、産経は書名の「シナ人」を問題視し、掲載を拒否していた。だがそれは「当然」だった。今日では「シナ」も「支那」も差別語であるとして、政府でもマスコミでも禁句なのだ。

「支那」は英語で言う「チャイナ」であり、決して差別語ではないのだが、政府、マスコミ自身が「差別語だ」と言うから国民も「差別語」と誤解しているところもあるのだ。

あまりにも奇妙な話であるわけだが、そこまで「差別語だ」と言い張って徹底的に使用禁止するのは、言うまでもなく中国が怒るからである。

そこで広告拒否の話が広まると、「産経までがそれでいいのか」との声が上がったようだ。そのためだろうか、このたび産経は堂々と掲載した。

これは、日本にも及ぶ中国の「言論統制」を打ち破る一つの前例となり、「快挙」と言っていい。

ところで、産経が広告したこの本こそ、そうした中国の影響力を打ち破るための、日本の国家戦略、日本人の心構えを提示する本なのである。

日本の生命線である満蒙を守るため、民間で南下するロシアとの戦争を促進したのが黒龍会を率いた内田良平だった。当時の黒龍会の活躍は、のちにGHQからも敵意を以って注目されたものだが、日本はこの対露戦争で勝利を収め、満州での権益を確保するに至ったが、その地の防衛をさらに強化するため、内田は反清革命の支援を行う。

なぜならその革命は日中連帯と富国強兵の近代国家作りを意味していたとともに、革命派のリーダーだった孫文らが支援の見返りとして、革命達成後は満洲を日本へ譲渡すると約束していたからだ。

革命派はロシアを打ち破り、中国をも防衛してくれた日本を革命のモデルとしていた。

そして内田ら民間有志の庇護、支援の結果、ついに辛亥革命が勃発し、中華民国が成立したのだが、革命派は中華ナショナリズムを高揚させて日本側を裏切り、満洲奪還のために反日に走る。

こうした予想外の中国人の裏切り行為に日本側は驚愕し、日中連帯戦略の危険性を感じ取ったが、そこで内田は戦略転換を図り、その際に政府に提出した意見書が『支那観』だった。

そこには、それまで日本の官民が同文同種と看做して親しみを覚え、同情をし、懸命に支援してきた中国人と言うものが、実は日本とは全く異なる「異種」であることを徹底的に解明するとともに、今後あるべき中国政策を建議するものだった。

その建議とは、中国人を信じて甘やかせば裏切られるので強硬に当たれと言うもの。つまり東洋平和の重要性など全く解していないので、武断的に臨み、満洲人の国家建設を手伝って、生命線を完全に確保せよと言うものだった。

そうした思想的流れの中で、やがて満洲建国が行われるが、しかし中国情報に詳しい陸軍ですら、中国人の民族性をついに理解しえず、それが大陸政策を失敗させ、結果的に日本は敗戦の憂き目を見ることになる。

そうした中国音痴の日本人のために、警鐘を鳴らしたのが『支那観』だったのだが・・・。

『シナ人とは何かー内田良平の「支那観」を読む』は、その意見書に再び脚光を当てたものだ。

何しろ中国人の民族性は、昔と変わっていない。それであるのに日本人は、昔以上に中国へは無防備だ。そして今やロシアではなく中国が、現代の生命線である台湾を攻略しようとしている。

だから日本人は今こそ、内田の戦略、思想、志、気概に学び、国難克服を志さなければならず、そうした状況下でのこの書の発刊には、まことに意義深いものがあるのである。

産経の広告掲載決意は何ともめでたく、この書の刊行に花を添えた感じがする。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

憂国の士 更新情報

憂国の士のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済