ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > ギフテッド(gifted)教育 > トピック一覧 > ギフなあなたからギフなみんなへ...

ギフテッド(gifted)教育コミュのギフなあなたからギフなみんなへ〜質問トピ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

タイトル通りです。


ギフといったって十人十色、それぞれ結局違いや差があり、合う合わない、あー同じだ!あれ?自分とは違うなぁ…色々ですよね。

みなさんにとって、100人に2人とされる自分のような人間は 別に大して珍しくもない、身近でありふれた存在でしたか?そんなにも軽いものでしたか?
少なくとも、私にとっては違いました。
うわーこいつたかだか100人に2人の存在についてブランド視して自分に酔ってるーw?…とか。そういったことではなく、本当に切実でした。まぁ、どうやら環境の影響もかなり大きかったようなのですがね。

とにかく。
だから気になるんです!興味があるんです!
他の人はどうなの?どうだったの⁇って。

皆さんには、そんな他のギフテッド達に訊きたいこと…ありませんか⁇

コメント(35)

答えてくださる方いらっしゃるかどうかも自信はありませんが^^; トピ主から、まず一つ目の質問。

一番最初に自分自身について“違和感”を感じたのは、いつ頃の事でしたか?また、その内容はどういったものでしたか?
>>[1]
私が初めて違和感を感じたのは小学校1年の頃です。
大雨が降っていた日に
「今外で雨が降ってるけど、みんなにはどんな音に聞こえるかな?」
みたいな質問を先生からされた時でした。

皆それぞれに
「ピチョン、ピチョン」
「シトシト」
などと、それまで読んだり読み聞かせをしてもらった絵本での表現のような擬音語を答えていくのですが、私には
「ガーッ!」
という激しい音に聞こえたのでそれを答えました。すると他の生徒からは猛反発。
「雨の音でガーッっていうのはおかしい」
という内容でしたね。

ありのままを受け取って答える事は周りの子達は出来なくて、私には違和感しかなかった。
認知する能力に差があると感じたというか。

もちろん当時はそこまで考えて分析する事もなく
「みんな、何でピチョンピチョンとかシトシトって聞こえるなんて言うんだろう?」
と不思議に思って困惑するばかりでしたが。

先入観や固定観念に捉われるか否かという事が、私が周りとの差を感じた最初の出来事でした。
私からの質問。

ギフテッドでなければ人の心の暗い部分に気付かずに苦しむ事もなかったり、まだ先に起こる可能性のある問題に誰よりも先に気付いて不安や苦しさを感じたりする事があると思います。

悩みや苦しみを感じたとしても、周りに相談しようにもこちらが既に検討した内容のアドバイスしか返ってこないので悩みや苦しみは1人で抱えるしかない孤独があったり、周りの人が楽しく感じているような出来事に対して、楽しみを感じられなかったりする事もあると思います。

平均域の知能であれば知らずに済む苦しさや、もっと世の中楽に生きられただろうなって出来事なんて多々多々あると思いますが、皆さんはギフテッドとして生まれて良かったと感じますか?
それともこんなに苦しいと感じる事が多いなら平均域に生まれたかったと感じますか?
>>[3]

私は現在34歳ですが、
これまで生きてきて
自分自身が周りの人々と同じ
ヒトという生き物だとは
とても思えませんでした。
それは良し悪しではありません。

何の為に生きるのか、
その根底にある行動原理が
全く異なるのです。
多くの人は依存的か支配的であり、
良くも悪くも自分の為に
他人を利用しようとします。

「自分」も「他人」も
同じ一人の人間であり、
尊厳の重さは一人分で
同じはずですが、
人々は自分と他人を天秤にかけ、
自分に傾けるだけの
エゴという重しを持っています。
ですが、
人の道理を考えずにはいられず、
人と対等であることを望む私には
天秤を傾けるソレがありません。

道理を通して物事を考えれば
思考力は鍛えられますが、
世の理不尽に対して少なからず
抗うことになって心身が疲弊し、
やがて社会的に不利な立場へと
追い込まれてしまいます。

突出した能力や感性があっても
それを活かす環境や機会がなければ
よりいっそうの不全感に
苛まれる事でしょう。

人間から酷い仕打ちを受けても
自分が人間になりたいという憧れから
人間の為にしか生きられない
優しい性格に生まれた定めの
妖怪人間ベムという
物語がありますが、
それも原作者の自己投影でしょう。

その性格(気質)に生まれたのが
他でもない自分自身であり、
異る性格の誰かを仮定しても
意味がありません。
そこにある真意は
人間が好きか嫌いか、
あるいは
自分自身を認められるか、
というところではありませんか?

精神的に自立した人は皆孤独です。
>>[4]
異なる性格の誰かを仮定したつもりはなかったんですが、伝え方をミスったのかな。

一文で表すと
「ギフテッドは苦労が多いけどギフテッドとして生まれて良かったと思えますか?」
というだけの質問でした。

人間が好きか嫌いかというのは、画一的には私には答えられないし(好きな人もいれば嫌いな人もいる)、自分を認められるかどうかと聞かれれば客観的には一般域の方より判断力は優れていると思えるけど、自分は出来損ないであると思うので認めることは出来ないという感じですね。
さっそくコメントくださったKAGAMIさん トピ参加してくださったDIYさん ありがとうございます(*^^*)

性質上亀レスになりがちなのですが、必ずお返事はさせていただきますので!
>>[2]



コメントありがとうございます(^^)


情報を事実ありのままに取得することが、できないみたいなんですよねぇ…みんな…
取得する情報そのもの・そしてそれらの処理の精度が、ほんと低い。
手前勝手な感情や思い込みにより、バンバン捻じ曲げちゃう。味付けしちゃう。刷り込まれた先入観・固定観念によるところなんて、もはやただの暗記・丸飲みとしか言えない場合も多く、質の問題以前に“己”の思考やそれに基づいた理解すらそこには存在しないし…自分では演算も検算も、絶対しとらんw
んで、これらの自覚もないんですよねぇー^_^;
狭い範囲しか見えていないが故に、全てが見えてるつもりでいる。だから自分の“それ”に対し、疑いを持つこともない…(ダニングクルーガー)…私達の場合は、完全にこの逆ですもんね。
>>[3]



思ったことはあります。ギフの誉れな部分全てを失ってもいいから、楽になりたいって。もう疲れたって。
まぁ、多分その時も本心からではなくて ただ、一時的にヤケになってただけなんですけどね^^;

結果的には どれだけ孤独でも、敵が多くて…叩かれ、バカにされ、潰しにかかられても この世の構造に不安や恐怖や絶望を感じても 自分の頭の中の果てのなさに苦しんでも 私は、こういう人間に生まれて 本当によかったと思っています。
平均域に憧れる気持ちは、ありません。
>>[9]



コメントありがとうございます(^^)


CTRXさんは、特に皆さんに質問したいことはなかったでしょうか?すでにそういう次元は突破している、とか そういったところでしょうか。

正常域のその構造について、機械的に理屈の理解はできるわけですがね。
気持ちの部分でも、彼らについて全く分からない…ということは、ありません。
同じ人間として、あくまで同じ一本の線状には存在しているわけで それぞれの持っているものについても、その程度の差が大きいか小さいかというだけではありますし。

エネルギー、ほんとそれ。
私の場合、理屈の理解はあっても まだまだ、感情的に揺らいでしまうところがあるのです。
“強固な”というのが、なかなかまだ達しきれないでいるのですよ〜ネガティブな方面の反応が、その時々反射で出てしまい>_<
理解はあったとて、記憶を消せない以上はこの反射、地道な努力で上書きしていくしかありません。そしてどれだけ調子が悪い時も、それだけは怠らずに前進していくつもりです。

こだわりが強く完璧主義度も高いため、過去についても納得しクリアにしたくてふり返ること自体は多いのですが けして無駄に引きずっているということではなく、これは未来にとってもむしろ必要なことだと考えています。
>>[5]
こんにちは。
わたしの場合はギフテッドゆえの苦労があれば、そうでない苦悩が見えない......という「共感力」の低さでしょうか。
若い頃は自分がギフテッドであることを知らなかったので、周囲との衝突が避けられませんでした。
しかしこれももしかしたら性格のうちでそうなっただけかも知れません。

わたしのしていることは昔からいわゆるタレンテッドの領域でしたので、経営など自分のする分野でない部分で引っかかることは多々ありますが、そのために苦悩して己の仕事を全うしましたとは言えないので、関係ないやとさばけるのはまだ楽かも知れません。
>>[12]



そうは言っても、それこそ知的好奇心でもっての単純な興味や疑問は、同族に対しても無限に湧きませんかー?
受け入れる他ない…その表現を用いられたということは、例え過去のことではあったとしても CTRXさんも、それなり悩まれた時期はあったということなのでしょうか。あくまで同族他者(私?)へ向けた言葉なのかもはしれませんが。

違う面そのものについてどうの…というより それによる実害があまりにも多く、またその質的にも重いこれまで〜現状で、さすがに疲弊はしとるわ…!という、愚痴w
この領域に生まれた人間の中にも、数値以外で様々格差はあるのです。
マイノリティーの中に、さらにマジョリティーとマイノリティーもいる。
このような内容で常ネガティブに愚痴ってばかりいるようなら、それは問題ですがね。

恐れを感じること自体は当たり前のことであり、また必要なことだと思います。
ポジティブな感情にのみ、意味や価値、パワーがあるわけではありません。また、陰陽表裏一体という話でもあります。ネガティブな感情→必要悪にも含まれるものでしょう。
…大丈夫、昔から根っこの気概は人一倍なつもりなので 恐れに100%支配されたことなんて、むしろありませんよ笑 少年漫画の主人公的な性質あるので笑

CTRXさんは、なんだかとても集中力が高そうですね!
剣道で対峙するお相手も、未来の目標も 同じように、揺らがず真っ直ぐ見据えていらっしゃるのかな…と感じました(^^)
>>[7]
先入観や思い込みって、ギフテッドの人は持ちにくいとは思うけど、平均域の人は情報の精査やありのままの情報を受け止めることが難しいみたいですね。
大人になってからも現れるのが「ニュースで言っていた」「ネットに書いてあった」でその得た情報が正しいかどうかの検討を自分の中で行えないなどがあるんですよね。
思考をせずに生きていけるなど、私には到底想像もつかない事だけど平均域の人とギフテッドの差として、今も一番感じる部分ですね。

知識量や記憶力より、まず思考力の差で気になってしまいます。
もっとも
ギフテッドを自称する人の中にも相容れないというか理解出来ない人もいますので、そこが全てとは思いませんけども。
>>[8]
今の自分を誇れて、平均域に憧れがないと言えるのが羨ましく思えます。

私は人生観として「いかに楽しく幸せに過ごすか」を重視してます。ある種の享楽主義ですね。
たた遊び呆けて自分勝手、好き勝手をすることは楽しくも幸せでもないので誤解なきように予めお願いしておくとして。

自身の能力に誇りや自信を持てたとしても、周りが敵だらけになって常に戦いの中にいるかのような環境では私は楽しく幸せに感じられなくて。。なので平均域に憧れてしまう面もあるんですよね。

私の親は、私を数倍優秀にした能力のあるギフテッドと思えてしまうので、自己肯定感を持てず、また平均域からは逸脱してしまっているからそう感じるだけなのかもしれませんが。
>>[11]
コメントありがとうございます。
ギフテッドの立場から見れば、平均域の方の悩みは「答えが目に見えているような事」で悩んでいるようにしか感じられないので、共感力の低さという訳でもないと思いますよ。
歌を歌うのに音程をとれる人が、音程を取れない人を見て何故取れないのか解らないようなもので、仕方のない部分かと。
で、そこで他人とギフテッドである自身が異なるというある種の選民意識を持つことが良くないと感じていた時なら、相互に理解を深めやうとして話し合おうとして、衝突したりも普通にあり得る事で、共感力や性格は関係ない部分かなって個人的には思います。

私は自営業を始めて、人の経営方針に振り回される事は無くなりましたが、それでも私を利用しようと見え透いた動きをする方や、身勝手で変な事をする取引先などに振り回されちゃってますね。関係ないやと捌ければ楽なんですが、関わらざるをえない人が多々いるので困りものです。
>>[14]



たとえどれだけ突出した高知能であっても、そういった人間の持つ愚かさやその他醜さ、そもそも全く無い・出ないというわけでは、ないんですがね。私的には具体的な構造の理解が進むにつれ、そういう意味では あぁ、あくまで私達も彼等も ベースは同じ人間なんだよなぁ…と 一応、“宇宙人感”は 薄れましたよ笑

例えば区別・差別についてとかも 同じようなことが言えますね。
私達は当たり前に“区別”しにかかるし 実際、それができるわけですが(まぁその結果についても、なにせ精度が“高い”だけで 100%とは言えないけれど。この点についても、良い意味で自分自身に常疑いを持ち続けられる性質の利き…はありますしね)
彼らの場合は、けして悪意はなくリスクを避けたいだけの純粋な思いからにしても それぞれを細かく見て“区別”するための地頭の能力に恵まれていないところがあるため、どうしてもザックリと短絡的に、“差別”してしまう傾向があるようには感じられます。
まぁ、意図的な悪意でもってわざわざ…の、どーしよーもないのもおるが。

知識量や記憶力より、思考力。ほんとそれ!
思考力こそ最も大事なものなのではないかと、つくづく思います。その材料として、知識(情報)はもちろん絶対的に必要にはなってきますが。短期間でスピーディーにそれらを多く得られるにもこしたことはないし、だからこそ記憶力もそりゃ、欲しいところではあるけれど。

ギフテッドも十人十色。
これ、仕方なく当たり前のことではあるのですが ただでさえマイノリティー、さらにその中で気の合う仲間を探すことの困難さを感じて さみしく、残念にも思ってしまいます。
>>[15]



残念ながら、そこまで立派でカッコイイもんではないですよσ^_^;

戦い続けてきての疲労困憊もあるだろうし、KAGAMIさんのそのお気持ちは、よく分かるつもりです。なんし、私も思ったこと自体はあるわけで…

ただ、もぅこれもはや 最終、絶対的な“好き嫌い”の話でしかないんですよwww
例えば私は迎合が大嫌いですが(ギフなんてもれなくみんなそーちゃうんか?そこもまさか十人十色なのexclamation & questionあ、負けて勝つ的必要性に迫られての戦略・スキルとしては、アリっちゃアリてか、仕方なしと認め受け入れられるところもあるが…それですら、心の中での反発・葛藤は強いですね…TCはみ出し系なんで、こういう内容については機械的に冷静になりきれないところが…)、迎合して仲間・味方とみなされ好かれて攻撃されず安泰、みたいな。んなん、結局自分自身が一番納得できないし 絶対絶対、嫌なんですwwwほんとそれだけwwwただの“我”www

…KAGAMIさんだって、それはそうじゃないんでしょうか?生来の性質的に。
ただ、これこちらの勝手な印象なのですが 私に比べるとKAGAMIさんは、もしかしたらもっともっと、気の優しさ・平和主義の精神が、強い方なのかなぁと…良くも悪くも、好戦的なところは薄い方なのかなって。だからよりいっそう、お辛いのかなと…

迷いは、常にありますか?
最終的に自分が一番守りたい、大事にしたいものは何かというところで 踏ん切りは、つけられないでしょうか。
いえ、私もスタンス自体は選べているものの それだって100%揺らぐ瞬間がないわけではないし 別の部分では全然踏ん切り…つけられていないダメ人間なもので。偉そうには言えない身なのですが>_<
…本当の幸せや楽しさは、手に入れるのがとても難しいものと認め 覚悟を決めて、それを常のものとして求めるんじゃなくて 最終的なゴールとして目指すことは、できないでしょうか。そのために、辛い今を耐えしのぐ。クサイ言い方かもですが、情熱で。
私も亀の歩みではありますが、少なくとも前進はしてきたつもりです。


親御さん、そうなのですね。
そういった悩みをお持ちのこの領域の方、ちょくちょくいらっしゃるようですねぇ(´・_・`)

自己肯定感は私も激低(伊達でない部分についての健全な肯定感もないことはないんだけれど)なのですが、理由・原因はKAGAMIさんとは全く違っていて。だから想像するしかできないのですが…

能力差により、親御さんや周りから 否定されてこられたのでしょうか?それとも、ご自分自身が気にされているのでしょうか…親子だからこそ比較してしまう、ということなのかもしれませんが まぁ、上には上・下には下って 受け入れざるをえないとは…けれどKAGAMIさんの場合は、きっとそんな簡単な話ではなく 色々おありなのでしょうね…
>>[19]
<宇宙人感>
宇宙人感というか、視点がここまで違うと違う世界観で生きていると感じているという感じです。

例えば
「何故勉強をしなければならないのか?」
と質問を受けた時に
A「良い高校や大学に進学して、良い会社に入るため」
B「終身雇用制度が崩れた今、転職もありえるよね。その時に学歴で弾かれて就きたい仕事を選択できないと困るから、選択の幅を広げるため勉強して進学するんだよ」
C「そもそも根本的な話、勉強は無駄だよ。社会に出たら連立方程式なんて使わないしね。でも社会に出ると無駄と思える事を強制的にやらされることが多いんだ。『無駄だ。もっと効率的な方法がある』とわかっていても無駄をやるという事が社会では必要だから、それに慣れる訓練みたいなものだよ。人を鋳型に嵌める様なものだね」

と、見える答えは平均域か優秀な人かギフテッドかなどで異なりますよね。受け手の理解力により伝えるかどうかは判断する所ですが、見える範囲がそもそも異なる。
平均域の人はAの答えを見つけ、優秀な人はBの答えを見つけ、ギフテッドはCを見つける。
(あくまで例なので違うよって意見もあるとは思いますが、ニュアンスで伝われば嬉しく思います。)
Bの答えを見れている人はAの言い分も理解できるし、Cの答えを見つけている人はAやBの意見も把握していますが、逆にAの答えしかない人はCの意見はもはや外国語を聞いている様な訳の分からない事になるでしょう。
xyzさんもこの辺りの例は示されるまでもなくおそらく考慮した上なんだと感じますが、私はこの辺りの感覚が強くて、AやBとはもう根本的に違う世界観で生きているなとしか感じられてなくて。

<差別や区別>
差別と区別は並べて使われやすいけど、私には区別は「この人は男性だ」「この人は女性だ」というくらいの分け方のつもりなので、平均域の人が区別をするつもりが差別をしているというのとは別物だと感じています。
おそらくギフテッドは論理性を持つことが出来るので差別する事なく区別をしているのではないかなって推測します。
私達も100%の精度ではないものの、その精度はどれだけ悪く見積もっても80%以上はあると思いますし。
平均域の人は不思議と先入観や思い込みで決めつけにかかる事に、本当に何の違和感もなさそうなんですよね。そういう所も彼等(彼女等)を別の世界観で生きてる存在と感じる点でもありますね。

<思考力と知識量と記憶力>
知識量は本やネットを使用して調べれば補えるし、記憶力もメモ帳やパソコンのハードディスクで補えるけれども、思考力だけは自身が持つしかない能力ですので3つの中では一番重要な能力だと思います。
中には知識量と記憶力の有利さを持ち出してマウントしてくる自称ギフテッドもいますが、それらは私には似非ギフテッドにしか見えなかったりしますね。

<ギフテッドも十人十色>
確かにギフテッドと呼ばれる人も能力だけでなくて性格などの個性差はありますしね。
それ以外にも、似非ギフテッドは柔軟性のなさが目立ち、思考力よりも知識量や記憶力のみで選民意識を持っている人もいると感じたりしますし。
気の合う人ってなかなか見つかりませんよね。

<迎合と平和主義について>
迎合する事自体は、私は相手によっては良しとしますね。何が何でもそこは許せない!とはならないので、ギフテッドの中では扱いやすい部類かもしれないです。
とはいえ誰にでもは迎合しませんし、私が能力や判断力や人柄(この人柄が一番重要視する点)を認められる人でないと嫌ですけどね。なので一般の会社員をして人柄を認められないような上司の下で働くのとか辛く感じちゃいます。

平和主義かどうかはわからないけど、争い事とかは苦手です。
出来るなら平和に楽しく常にいたいですもの。勿論抵抗しなければならない時は仕方なくですが抵抗もするけどもって感じですね。
<ギフテッドとして生まれた悩み>
常に迷うというという事はないですが、ふとした時に「ギフテッドでなければ今見えている問題に気付かずに済んで、悩まずに苦しまずに済んだのかな。平均域として生まれれば楽に生きられたのかな」などと夢想する感じです。
万事塞翁が馬。
今、悩みや苦しみに気付けて苦しんでいるから未来の絶望を回避出来ているのかもしれないし、刹那的に判断しようとは思わないのですが、生き辛い生き方をしているのだろうなと感じてしまったり、揺らいだりする感じといいますか。。

守るべき人のことを考えれば、自営業など辞めて、従いたくないような上司に迎合して太鼓持ちのようにご機嫌伺いしながら勤めるのが良いのかもですが、どうにも我慢出来ないんですよね。
自分の至らない点です。

<優秀な親と出来損なった自分>
自身が気になるというところもあるのですが、能力差により周りに否定される事もあれば、親に否定されたりもありましたね。
否定されたから気になるのか、気になっている所を否定が重なったのかはもうわからなくなってしまいましたが。

学生時代、テストで98点を取ると
「何故あと2点が取れない?」
「学校で習ったことのある内容だろ?習ってないことが解けないならわかるけど、習ったことのある内容が何故わからない?」
と嫌味でも何でもなく、親にとっては私が100点を取れなかった理由が本当に理解ができないという感じでした。
運動に関しても1番でなければ
「自分の体を自分の思い通りに動かせないとかないだろ?どうして上手く動けない?」
と不思議そうにしていましたね。

家族というか親戚一同の中では、私が群を抜いて劣っているようで祖父の葬式にも呼ばれなかったり(他の理由もあるのかもしれませんが、特に他には思い当たる理由もないので、おそらくは出来損ないであったことが理由かとは思います。

確かにアンダーアチーバーではあったので、出来損ないではあるんですけどね(笑)
>>[21]
自分自身は頑張った
テストの結果なのに、
子供として親から
褒められなかったという
悔しさや虚しさが大人になった
現在でも残っているからこそ
記されているのだと思います。

ですが、親として、
いい歳をした大人として、
我が子の子供心を察する事が
出来なかったあなたの両親は
あなたに完璧を求められるほど
完璧な人間だったのでしょうか?

人間の特性は人それぞれです。
自分が人よりも
優位でなければならないと、
強迫観念に駆られたエリートは
常に自分の優位な尺度で
異なる適性を持つ他人を判断し、
それを数字で比較したがるものです。

自分にはこれがあると、
本当に自信を持つ事のできるものが
何か1つでもあれば、
他人の言うことなど

屁のつっぱりです。
>>[22]
うーん、頑張るとか頑張らないとか子供心を察するとかいう以前に、私が完全ではなかったという事がただただ父母には不思議そうでした。
上手く表現出来ているかわからないのですが、「完璧である事を求める」ではなくて「完璧でない事を不思議がる」という感じといいますか。
父母にとっては歩くとか座るとか日本語を話すとかと同じレベルで、学問も習った事は完璧にこなすというのがあったようでした。

私の出来ていないところが何故出来ないかと冷静に質問されても、悔しさというか確かにその通りなのかとも思ってしまいましたしね。
「習っていない事がわからないなら仕方ないけど、習った事がわからないというのが理解出来ない」
と言われては、ぐうの音も出ません(笑)
確かに習っているのに出来ないなんて不思議でしょう。

父母の性格的な所は賛否あるとは思うけれども、能力的な部分では私は親にただの1つも勝てる能力はないと理解しちゃいます(私自身もギフテッド故の観察力や分析力があるからこそ、勝てないと認識してしまうのでしょうが)。
思考力も運動能力も容姿も全て、です。
なので完璧な人間かと聞かれれば、私の知る限りでは一番能力の優れた人であると言わざるを得なくて。

私が思考力と記憶力と知識量で一番重要と考えている思考力で大きく私が劣っているので、どうにも劣等感持ってしまいますね。
知識量としてはそりゃ興味分野については私の方が多いところもありますが、肝心の思考力に差があるのでどうにもそこでは誇れなくて。

愚痴にしかなってませんね(笑)
優しい言葉をかけてくださり、ありがとうございますね。
こんばんは。
質問というか相談というか......なので、こちらのスレッドをお借りします。

わたしが少なくとも発言を知る中で、自分がギフテッドであることに陶酔している人がいるのです(´・_・`)
「自分よりIQが高い人には合わせる、低い人には合わせない!」
などの発言や、空気を無視した「痛い人」みたいな感じになっています。
知る限りではその人がギフテッドである確証はないのですが......IQを下げることで合わせることはできても上げることで合わせることってめっちゃくちゃ難しいというかまずなかなかできないというのか......。

個人の意見として、選民意識が鼻につくのも事実です。
周りも鬱陶しいけどスルーという感じですね。
とにかく自分がいかに優秀かをゴリ押しでアピールするのでもはやネタとして内輪で苦笑していたりして......。

選民意識も、いい面で出ることもありますが悪い面が強く出ている場合の対応についてどうしたらいいでしょう。
IQが定型以下でないと思いつかないことも多々あるから、そういうのが勿体なく感じてしまいます。
>>[25]
同感です。
自分自身で内省しなければ
自分が人と馴染めない理由を
知ることは出来ず、かといって
何かのせいにせずにはいられない、
というのが各々のマイノリティを
自称する人々の理由でしょう。

人の才能は多岐にわたり、
脳や心の活動をIQだけで
示せる訳もないのに、
数学に偏ったIQを尺度とし、
無理やり他人を推し測って
高飛車な態度で接すれば、
孤立するのは当たり前なことです。

結局のところ
道理の通った主義主張が無いため
IQ以外では示せるものがなく、
自分の優位な世界を
「ギフテッド」
というステキな言葉の中に
期待してしまうのでしょう。
>>[26]
ご返信ありがとうございます。
もしかしてですが、その方は人と馴染めないのではなくて、自分で選んで馴染まないのだ......と思われているのかも知れません。
その割に不特定多数の集まるSNS内でやんわりと(でも誰でもわかる)人を見下した発言をし続けています......。
自分スゲェぜ語りなのでみんな構わないでスルーしてて(苦笑)

ちょっとプロフィールを覗きに行ったら、わたしはこんなにたくさんの場所に行っている、こんなにたくさんのことができるを羅列しており、自己紹介としてお腹いっぱいと言うべきか、成り立っていないと言うべきか。

皆さま定型発達であろうコミュニティでも白い目で見られてしまっていますから、それでギフテッドなのよとアピールされるとやっぱりギフテッドそのものへの誤解が生まれやすくなりそうな気もするんですよね(´・_・`)

わたしたちもいわゆる非定型発達であり、能力は上手く発揮していくべきだし、生まれ持った特徴に驕るよりもどんな相手からでも学ぶことを忘れずいたいと思うのです。
例えばIQが20違うと会話を成り立たせるのが難しくなると言いますが、大人が小さい子供にどのように言葉をかけているかを考えたら、IQを20落として話すことはそこまで難しくないのでは、と思います。
人には自分でしていない経験が絶対にありますから、それを聞かせてもらうだけでも物事の多角的な見方や発想力が新鮮で面白く感じるのになーと。

ギフテッドという特別な存在なのは恐らく間違いではないと思うんです。
けれど、ヒエラルキーで上の方にいるだとか定型発達の人とは話すこともないという誤った考えは、その人の世界も知識も人間性も狭めてしまいます。

特別であることで、自分なら更にどこが得意分野かなど可能性は多様ですので、ネット弁慶などにならず自己肯定感の向上を目指したいですね。
>>[27]

特別な才能を持っていると
自覚している人間の
集まりのはずなのですが、
どうにも自分と他人を比較する
そんなコメントばかりで・・・
>>[24]

人間は
プログラム入力されたまま動く
忠実なコンピューターでは
ありません。
そんなことが当たり前ならば、
子供達は皆憧れの
スポーツ選手になれますし、
世の中の競技は成り立ちません。
学問も同じ事です。

周囲の人間よりも
自分が優れていると自覚しながら、
どうにも拭えない劣等感を
子であるあなたに植え付けた
ご立派なご両親は
本当に優れた人間なのでしょうか?
あなたにはあなたの特性があるのに、
何故親と同じ尺度で
自分の価値をを考えるのでしょう。

人間一個人として
能力が長けていても、
一人分の身体と心で出来ることは
所詮、人間一人分です。

馴れ合いではなく、
他人と協調的な関係を築けずに
優れた人間であると
はたして言えるものでしょうか?

自分は出来損ないだと、
そう蔑んだところで
何のプラスにもなりません。

ろくでなしの
弁護士や医者の類は数多います。
思考力は屁理屈。
記憶力は何も考えない丸暗記。
情報の真偽を問わない知識は
知ったかぶりでしかありません。

親より勝るそれらの力を
あなたが欲するとして、
その目的は何でしょう?
>>[29]
父母も人間は個体差があり、そりゃ突き詰めれば特性による埋められない差がある事は理解してましたよ。
実際に父はある分野では日本一にまでは上り詰めましたが、世界クラスで見ると非公式戦で世界ランキング10位までの人にしか勝てなかったですしね(個人が特定される可能性があるので分野は書きませんが、私は父が世界10位に勝つ所までは目にしています)

ただ父にとって学校のテスト程度は特性により到達出来る出来ないのレベルの話ではなくて、「歩行する」とか「椅子に座る」とかと同じレベルの出来て普通と思っていた節もあるようでして。
テストの平均点とかそういうのは
「学校には言い方は悪いけど知的障害者のような子もいるだろ?その子達も含めての平均なんだから、平均点を基準に考えるべきじゃない」
だったかな。そんな感じのことを言っていたと思います。

父母が優れていたか否かで言えば能力は群を抜いて優れていると見ます。性格的には好む好まざるはあるとは思いますけどね。コミュニケーション能力そのものは私よりも高いです。表面上の付き合いに限るかもではありますけどもね。
「何故出来ない?」
と問われたのも、父にしてみればもしかしたら叱咤激励のつもりだったのかもしれませんし。逆効果にはなってましたが。

劣等感は私が負けず嫌いを発動させてしまい挑み続けたから負け続けてしまったから勝手に持ってしまっただけなのかもと。
赤の他人なら能力の高さに賛美を送り憧れただけか、はたまた人の気持ちを考えられない人だと見なして距離をとったかでしょう。なのでこういう感情は持ち得なかったとは思います。

私の持つ特性ですか。。
恐らく他人より少しだけ思考力があり、少しだけ行動力があるという事かなと思うのですが、その特性として自分の強みと考える部分で父母は上にいるのでこの感覚なのでしょうね。

あ、誤解しないでくださいね。
出来損ないだと卑下して卑屈になってるのではなくて、冷静に能力分析して親戚一同の中で自分は著しく劣っているなというだけで、一般に混ざればギフテッドとして突出してしまうとは自己評価してますよ。
ただ親戚一同の中では出来損ないと言っていいほど劣ってしまっているだけで。

親に勝りたいと思うのは、よく言えば向上心。俗に言えば負けず嫌い。
親以下である事を認めて受け入れ諦めた今は、よく言えば人は人と割り切って考えた。俗に言えば負け犬ですね。

ただ勝ちたかったと願った時は、もしかしたら出来損ないでないと信じたかったから、それを目的(目標?)にしていたのだと思います。
>>[25]



順番的にまだいただいたコメントへのお返事ができていない方がいらっしゃるので そちらすみません。


おそらく私のことを仰っているのではないか?と察し、コメントさせていただきます。
(つまり自分自身で、ご指摘の内容について 自覚・思い当たる節があるということ)

まず、ご不快にさせてしまっていたのであろうことに関し 素直に、申し訳ありませんでした。

そもそもこちらからのレスポンスは、求められていないのかもしれませんが…さらにご不快になられるだけ、またはくだらないと思われるようでしたら もちろんスルーしていただいて。


ちょっと自分、語彙も足りんわこだわりも強いわ〜…ほんとアウトプット中身に追いついてない人間なので(;_;)また後日、自己満のただの勝手ですが…さらにコメントさせてくださいm(__)m
>>[30]

あなたは自分自身の感情を
ちゃんと把握していることは
文面でよく分かります。

自分の頑張りとそれなりの結果を
褒めてくれなかっ人間が
垢の他人であったならば、
嫌な人間だと思って
距離をとっていたかもしれないと、
そのようにありますが、

親から自分自身がなされた扱いと
全く同じ振る舞いを
平凡な垢の他人に
してはいないでしょうか?

自分の有利な価値観で
相手を勝手に見下して接すれば
誰だって腹が立ちますし、
愛想を尽かされてしまう事でしょう。
それはあなた自身が
よく理解しているはずです。

子の心身が健全な発育をするように
努めるのが親としての役割です。
あなたのご両親は代わりの効かない
その大事な役目を
まっとうなされたのでしょうか?
成績や能力を重視した事で
あなたの心が犠牲になっている事は
疑いようがありません。

家族関係に深刻な問題を
抱えている人ほど、
自分の身内に限って
そんなことはないと
願いたくなるものです。

関係を断ち切れないからこそ
親から受ける理不尽は
人の心を歪めてしまいます。
自分を責めることよりも
親の価値観を疑ってみてください。
>>[33]
ん???

>親から自分自身がなされた扱いと
全く同じ振る舞いを
平凡な垢の他人に
してはいないでしょうか?
自分の有利な価値観で
相手を勝手に見下して接すれば
誰だって腹が立ちますし、
愛想を尽かされてしまう事でしょう。
それはあなた自身が
よく理解しているはずです。

急に何故このような話題を??
意図が計りかねており、困惑しました。
うーん、私が平均域の方に対する姿勢は見下すとは違って、棲み分けをしようと試みる感じですね。
「私の方が知力も運動能力も容姿も優れているのだから、お前達の全てより優れているのだ!」などと立ち振る舞えば、それはただのコミュニケーション障害ですし、我々のようなギフテッドはどうしても少数派でしかないのですから排他されるのはこちらです。それは排他する方もされる方も、双方良い気持ちをしないのは明らかですもの。
処世術として見下したポーズを取ることはありますが、内心は別の世界観の存在だからと棲み分けをして互いに良好にいられるように考えていますよ。
見下すポーズを取る時に多いケースは相容れない価値観や思考力や世界観なので、踏み込まないでねという事を伝えるのに言葉で普通には伝わらない時などですね。


>子の心身が健全な発育をするように
努めるのが親としての役割です。
あなたのご両親は代わりの効かない
その大事な役目を
まっとうなされたのでしょうか?
成績や能力を重視した事で
あなたの心が犠牲になっている事は
疑いようがありません。

受け手としての私が未熟だから自己肯定感の欠如や自身喪失が発生はしたのですが、もしかしたら父母にそうやって潰されていなければ、私は不遜で唯我独尊な人物と成り果てていたかもしれません。そう考えれば「人間、万事塞翁が馬」です。潰されてしまった私だからこそ、傲慢であったり、自己の価値観の絶対性を持たずにいられる可能性もありますしね。
父母はそこまで見抜いた上で私を潰したのかもしれません。
正直、あの人達がどこまで遠くまで見えていたのか、私には想像もつかないのです。


親の価値観を疑うのはどうなのだろう。
今までの数十年の生の中でら父母の判断や行動を疑い、否定してきたことは幾度とあるのですが、最終的には私が浅慮であったとか未熟で先が読めてなかったというケースばかりだったという経験則があるだけに、親の価値観を疑うのは難しい選択です。

あ、DIYさんが親身になりアドバイスや前に進む助力をしてくださっているのは感じ取ってはいるので応援を力に前を向きたい気持ちもあるのですが、なかなか考え方を変えるのは難しいです(笑)
どのような分野でも
一級のものとして通用する技術を
上達させるのに最も重要な
人間の素質は善悪問わず

「素直なこと」です。

ログインすると、残り5件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ギフテッド(gifted)教育 更新情報

ギフテッド(gifted)教育のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。