ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 反原発!原子力発電反対!! > トピック一覧 > 玄海原発:再稼働の3号機が発送...

反原発!原子力発電反対!!コミュの玄海原発:再稼働の3号機が発送電停止へ、配管の蒸気漏れ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

続報あったら宜しくお願いします。

玄海原発:再稼働の3号機が発送電停止へ、配管の蒸気漏れ (毎日新聞 - 03/31 00:03)
http://mixi.at/a5lxuL3


蒸気漏れの配管に1センチの穴 発送電停止の玄海3号機 (朝日新聞デジタル - 04月01日 20:41) http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=5052501&media_id=168&from=twitter&share_from=view_news



マイミクさんのつぶやき。イイね押せる人は上位にあげて下さい。くだらない推進派のコメントが上がりすぎ。

配管の直径1cmの穴は「ピンホール」とは言わない。「タッピング(取り出し穴)」といふ。廃炉確定レベル。

http://mixi.jp/view_voice.pl?pt=1522619362&post_time=20180401214548&content_id=5052501&route_trace=010002700000&destination=voice%2F433173-20180401214548&sig=bbd7bf8006017b0e6117d5bba8062349d29b1dcc&from=news&owner_id=433173

コメント(17)

『玄海原発の蒸気漏れ 原因特定へ点検作業』

((c)日テレNEWS24 04/01 17:23)


佐賀県の玄海原発3号機で微量の蒸気が漏れたトラブルで、九州電力は1日午後から、原因を特定するための点検作業を始めた。
佐賀県の玄海原発3号機では、先月30日夜、発電タービンを回すための配管から微量の蒸気が漏れているのが確認された。配管は格納容器の外にあり、蒸気に放射性物質は含まれていないという。
九州電力は31日午前6時すぎに3号機の発電を停止し、1日午後2時20分から蒸気漏れの原因を特定するための点検作業を行っている。ただ、点検にどれだけの時間がかかるかなどは分からないという。
九州電力は玄海原発4号機についても5月の再稼働を目指していたが、今回のトラブルで遅れる見通し。

玄海原発の主な動き

Weblio(565の専門辞書や国語辞典百科事典から一度に検索)から一部を引用し掲載しておきます。

・過去の主なトラブル
1998年(平成10年)
1月20日 - 3号機定期検査中、燃料集合体シッピング検査の結果、1体に漏洩を発見
7月18日 - 1号機で定格出力運転中、復水器細管漏洩により出力低下
1999年(平成11年)3月31日 - 2号機定期検査中、蒸気発生器伝熱管の渦流探傷検査の結果、管板拡管部に有意な信号指示を発見

2008年(平成20年)6月20日 - 4号機の冷却水圧に異常を検知したため自動停止
2010年(平成22年)12月9日 - 3号機の1次冷却水のヨウ素濃度がこれまでの平均値の4倍に上昇。燃料棒に穴が生じ放射性物質の漏洩が確認される。同年12月11日より第13回定期検査を前倒して実施し、現在まで3号機検査停止中。
2011年(平成23年)10月4日 - 4号機で、タービンを回転させた蒸気を水に戻す復水器の異常を示す信号を検知し、自動停止。
・1号機の老朽化問題
・2011年以降の運転再開問題
・訴訟


蒸気漏れの配管に1センチの穴 発送電停止の玄海3号機


朝日新聞デジタル

 九州電力の玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の配管から蒸気漏れがあったトラブルで、同社は1日、問題の部分の点検を始めた。その結果、直径約1センチの穴が配管に開いているのを見つけた。点検は2日以降も続け、原因などを調べるという。発電再開のめどは立っていない。5月に予定していた玄海4号機の再稼働も遅れる可能性がある。

 穴が見つかったのは、「脱気器」と呼ばれる部分。放射性物質を含まない水や蒸気が循環する配管の一部で、水から余計なガスを取り除く設備だ。九電によると、この設備の配管に穴が開いたことは過去にもあったという。

 この日は約15人で点検にあたり、配管を覆っていたカバーをはがして穴を見つけた。周囲への放射性物質の漏れはない、という。

 玄海3号機は3月23日、7年3カ月ぶりに稼働した。徐々に発電出力をあげていたが、75%に達していた30日夜に蒸気漏れが見つかったため、31日から発送電を止めていた。4月24日にも通常の営業運転に入る予定だったが、ずれこむ見込みだ。(高橋尚之)

蒸気漏れの配管に1センチの穴 発送電停止の玄海3号機 (朝日新聞デジタル - 04月01日 20:41) http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=5052501&media_id=168&from=twitter&share_from=view_news


マイミクさんのつぶやき。イイね押せる人は上位にあげて下さい。くだらない推進派のコメントが上がりすぎ。

配管の直径1cmの穴は「ピンホール」とは言わない。「タッピング(取り出し穴)」といふ。廃炉確定レベル。

http://mixi.jp/view_voice.pl?pt=1522619362&post_time=20180401214548&content_id=5052501&route_trace=010002700000&destination=voice%2F433173-20180401214548&sig=bbd7bf8006017b0e6117d5bba8062349d29b1dcc&from=news&owner_id=433173

渡辺輝人
‏ @nabeteru1Q78
4 時間4 時間前

これ、何があるか分からない、と社長の口から事前に言ってたのか。「再稼動については6〜7年止めているので、何があるか分からないと言っていたのが現実になってしまって、非常に残念です」 / “玄海原発蒸気漏れトラブル、九電社長「復旧の…” http://htn.to/hcV4om
『雨水浸透で配管腐食か=玄海3号機の蒸気漏れ―九電』

(時事通信社 04/02 22:09)

 九州電力は2日、配管で蒸気漏れが見つかった玄海原発3号機(佐賀県玄海町)を点検した結果、2次系の装置「脱気器」の空気抜き管16本のうち1本に穴が開き、外装板などにさびが付着していたと発表した。屋外にある装置の管に雨水が浸入して腐食したとみられ、九電は全ての空気抜き管や外装板などを交換する。作業は原子炉を止めずに実施する。
 九電によると、2次系は原子炉で発生させた蒸気で発電用タービンを回す設備で、循環する水は放射性物質を含まない。脱気器は微量の酸素などを除去する装置で屋外に設置されており、上部にある空気抜き管の1本で穴が貫通していた。
 穴は長さ13ミリ、幅6ミリ。空気抜き管を包む保温材と外装板には変色やさびがあった。九電は外装板の隙間から浸入した雨水を保温材が吸収し、湿潤状態になって腐食したとみている。 


Twitterで紹介されてた似たような事例。島根原発:ダクト腐食穴13個 点検で新たに発見 中国電 /鳥取 - 毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20161217/ddl/k31/040/529000c

雨水が本当に原因なんですかね?もしそうだとしたら設計がかなりおかしいし、今までどうなってたんだ。とも思います。
マイミクさんの日記
玄海原発 #mixi_diary http://open.mixi.jp/user/48598264/diary/1965939617 規制委は本当にチェックして許可を出しているのか?。 http://www.kyuden.co.jp/var/rev0/0125/4312/uyt574a5.pdf

雨水腐食と穴あき関してはPDFを見る限り本当みたいですが・・(ほかにも画像があります。穴空いてるところ以外もひどすぎです)そこは放射能が通らないから多少エラー出てもいいんだ見たいな感じで・・高濃度に汚染される原子炉回りは大丈夫って本当に言えるのかな。
ツイッターから。

まさのあつこ
‏ @masanoatsuko

https://twitter.com/masanoatsuko/status/981310523798011904

今回、玄海原発で起きたような腐敗しまくり配管のチェックは、この検査の流れで、全く発見されないのは、恐ろしい(自分へのメモ)

新規制基準適合性に係る審査・検査の流れ | 原子力規制委員会
http://www.nsr.go.jp/activity/regulation/tekigousei/unten.html …

・・まだ見てないですけど、この審査のやり方で問題があるのか、やってないのかどっちでしょうね。
「寿命47年」の配管、11年後に穴 玄海原発 (朝日新聞デジタル - 04月03日 21:07) http://mixi.at/a6vvppo

九州電力の玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の配管の蒸気漏れで、同社が約11年前に配管の厚さを調べ、支障なく使える「寿命」が約47年間と判断していたことがわかった。同種の点検は当面、実施しなくても問題ないとみて、その後配管の外装は外さず、そうした厚さの点検もせず、穴が開く兆候を見落とした。九電は今後、玄海4号機の配管も問題がないか調べる。

 九電によると、穴が開いた配管は炭素鋼製で、1994年の運転開始当初から使われていた。屋外にあって周囲を保温材で覆われ、その外側から薄い金属の外装板で覆われている。九電は穴が開いた原因について、外装板の隙間からしみ込んだ雨水を保温材が吸って湿り、配管の腐食が進んだためとみている。

 穴が開いた配管は、水から余計なガスを取り除く「脱気器」につながる。放射性物質を含んだ水や蒸気は通らない。九電は2006年度に実施した検査で配管の外装を外し、配管の厚さを確認した。その際の厚みや、その後の使用でどの程度すり減る見込みがあるかなどをもとに、問題なく使用できる「余寿命」を約47年と計算。同種の点検は今年3月の再稼働前には実施しなかった。

 ただ、寿命を判断した点検からまだ10年あまりで今回、蒸気漏れが発生。外装板には目につくさびもあった。稼働後も外装で覆ったまま目視で点検をしたが、蒸気漏れの発見まで、異常の兆候があるとはみていなかったという。

 九電は3日、玄海3号機で穴の開いた配管以外の配管にも異常がないかを点検した。九電はこの配管を含む同種の配管16本を、保温材や外装板も含めてすべて取り換える方針。すでに再稼働した川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の配管の点検も検討するという。(山下裕志)

マイミクさんの日記でも紹介されてましたけど、mIXIニュースきてましたんであげます。
こんなtweetが。

杉葉山 Sugihayama
‏ @Sugihayama

キッチンテープも、あんだけ錆びてると浮いてしまいますね。
思ったんですが、あの角穴、断熱材を剥ぐ時にマイナスドライバーかなんかを、ブスッと刺した穴なのではないですかね。自然に開くような形じゃないです
#玄海原発

・・・・・

確かに不自然かも・・・
誠にお疲れ様です。ありがとうございます。(敬礼)

現地や現場を知らず。
『院長の独り言』
『広瀬隆』氏の講演会。

私はこの二つで状況を少し分かるくらいでした。
どうかご無事で事なきを得ますように。


福島第1原発事故関連ニュース
‏ @iodine4u
31 秒31 秒前

https://ift.tt/2GN7ViA #genpatsu 九電、玄海原発3号機の配管交換 蒸気漏れ、発送電再開未定

お散歩日和
‏ @osanpogo5
4月4日

玄海
配管は炭素鋼
1994から使用

https://twitter.com/osanpogo5/status/982162041531129856

※リンク先に元新聞記事画像あります。
事なきを得ますように。
災いが除けますように。
いつか誰かが幸せになれますように。

※周知の自然科学のいわゆる常識とされていたことを整理しておきます。

金属が酸化しやすく、腐食が早く進む…イオン化傾向。

金属は周りの環境などによって、錆びたり、溶けたりします。これを腐食といい、以下のような場合に腐食が生じやすくなります。

一、酸性の強い環境に置く。
二、温度や湿度を変化させる。
三、塩分(塩化物イオン)を付着させる。
四、水酸化ナトリウム中に置く。
五、直輪駆動車の軌道に近い場所に置く。
六、違った土質の場所(たとえば、乾燥した土と湿った土、砂と粘土、コンクリートと土壌など)に置く。

1次冷却ポンプで不具合=玄海4号機、再稼働影響も−九州電力 (時事通信社 - 05月03日 18:00) http://mixi.at/a87ONgU これもう再稼働あかんでしょ。
穴の空いた玄海3号機、来週16日に営業運転再会だと、、 「3号機を営業運転できないことによる損失は1日当たり 1.8億に上る」 大体穴が空いたんだから一旦停止すべきなのに発送電を止めただけで停止しないまま急いで修理した理由はこれか。 1.8億/day。。。 https://www.sankei.com/life/news/180508/lif1805080001-n1.html …

ログインすると、残り1件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

反原発!原子力発電反対!! 更新情報

反原発!原子力発電反対!!のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。