ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 反原発!原子力発電反対!! > トピック一覧 > 超危険な老朽化(してなくても)...

反原発!原子力発電反対!!コミュの超危険な老朽化(してなくても)原発を廃炉に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

※2013年6月1日 元タイトル『超危険な老朽化原発を廃炉解体へ!』→『超危険な老朽化(してなくても)原発を廃炉に!』に変更しました。・・副管理人。


もう、原発みたいな時代遅れな技術で命削って発電するのはナンセンスとわかってるのに、殺人まがいのことをして、しかも、原子炉設置許可が下りてないのに原発作ろうとしてる、原発推進派、お前ら一体頭どうなってんのか?としか思えない上関原発開発ですが(詳しくはこちら)→http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=47933746&comm_id=260093

老朽化原発問題も酷すぎです。
現在茨城の東海1号が解体されており、耐震の問題もあって、浜岡の1号機2号機は停止、そのうち解体される予定ですが、その他の稼動40年越えの老朽化原発については、敦賀、美浜とも、安全だ、まだ稼動させると政府は言いました。

ところが、政府は原発の稼働率を上げたいと言っています。
老朽化原発の稼働率を上げるってどうするんでしょうか。
ヤバイので監視、抗議して、廃止、解体に向かうよう運動していきましょう!

まずは、こちらのコミュで情報を共有しましょう。
よろしくお願いします。

画像は美浜3号配管破断事故のアレ。

コメント(103)

>>[063]

そんな「倍返し」しなくていいから、賠償と除染と廃炉と復興を倍速でやれや、と思いますね。

核廃棄物最終処分場問題に答えが出てないのだから、新規建設以前に再稼働自体がストップするだろうに。

そして新規建設や再稼働に使う金があるのなら、まず避難者への充分な賠償と、廃炉先進国並みの設備・体制を整えるのに使うべき、ですね。


■原発4基、正式に廃止 島根1号機も30日に予定
(朝日新聞デジタル - 04月27日 19:34)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3392488


■“廃炉ラッシュ”到来でさらなる電気料金値上げも?
(dot. - 05月13日 16:11)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=173&from=diary&id=3414371

■1〜3号機だけで54基分 福島原発廃炉ゴミはどうなる?
(dot. - 05月13日 16:11)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=173&from=diary&id=3414370

■原発廃炉費用、電気料金に上乗せという暴挙 国民負担を強いて電力会社を甘やかす国
(Business Journal - 05月14日 06:21)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=175&from=diary&id=3415281


【共同通信】
原発維持に1兆4千億円 
発電ゼロ時の電力9社
2015/08/17
http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015081701001586.html

>>[51]


【共同通信】
全原発の廃炉費用1兆7千億円
ゼロの会、国の試算大幅下回る
2013/05/30
http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013053001001910.html

>>[53]


【Amazon】
原発は不良債権である
(岩波ブックレット)
金子 勝 (著)
\540
2012/5/10
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4002708365/ref=mw_dp_mpd?er=1

商品の説明
なぜ原発は停止していると赤字を生み続けるのか。

>>[67]
>>[68]

>>[66]


■1〜3号機だけで54基分 福島原発廃炉ゴミはどうなる?
MIXIニュースリンクなくなってたので、ちょっと探してみたんですけど、これでいいんでしょうか?

1〜3号機だけで54基分 福島原発廃炉ゴミはどうなる? 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版 http://dot.asahi.com/wa/2015051300008.html?page=2


抜粋しますけど、 ただ、廃炉の工事自体は技術的な蓄積はできているという。1996年には、日本原子力研究所(当時、茨城県東海村)が国内初の動力試験炉(1.25万キロワット)の解体・撤去を終えている。その作業を指揮した原子力デコミッショニング研究会の石川迪夫(みちお)会長は言う。

って書いてるんですけど、これ、試験炉なんで、全然規模が違います。


ここ、見学に行ったことがあるんですけど、そこで案内してくれたおっちゃんに、原子炉はどうしたんですか?解体したんですか?って聞いたら、原子炉なんか解体できない。むつみたらわかるでしょ。って言われたんですけど、ホントはどうしたんですかね。


『01年から廃炉作業を始め、17年度に終了予定だった東海原発(茨城県東海村)も、ゴミの行き先が決まらないことなどから、工期は25年度まで延長された。費用も当初見積もりの545億円から885億円に増えた。

「処分場が決まらないと工事が中断して工期が延び、費用も増加してしまう。それは作業のリスクが高まることになります」(石川氏)』


↑これ、脅しですよね。ホント先を何も考えてない原子力村の住人らしいエゲツナイモノイイです。
>>[070]

【週刊朝日】
1〜3号機だけで54基分 福島原発廃炉ゴミはどうなる?
2015/5/13
http://dot.asahi.com/wa/2015051300008.html?page=1

【抜粋】

立命館大学の大島堅一教授(環境経済学)は言う。

「福島第一原発の1〜3号機は、水素爆発などで施設全体が放射能で汚染されています。仮にそのすべてを放射性廃棄物として処理すると、1〜3号機だけで原発54基分に相当するとも言われています。今回の試算では、こういった将来の費用が計算に入っていません。廃炉作業や莫大(ばくだい)な量の廃棄物を処理する予算は計上されていないのです」

 原発が「トイレなきマンション」と呼ばれるのも、こういった放射性廃棄物を捨てる場所が確保できていないところにある。

●●●●●●●●●●●●●●●

で、日本学術会議が
「核のゴミ捨て場が決まるまで、再稼働するな」
と提言したのも無視して再稼働、ですね。
(-_-;)

>>[71] 結局日本学術会議って言うのはストッパーにならなかったわけですよね。川内再稼動できちゃったもんだから、安倍自民政権は、僕らのせいじゃないみたいな言い訳してるみたいですけど、あれは、安倍総理の仕業。ってことですね?
>>[072]

日本学術会議とは
http://www.scj.go.jp/ja/scj/

日本学術会議とは
日本学術会議は、科学が文化国家の基礎であるという確信の下、行政、産業及び国民生活に科学を反映、浸透させることを目的として、昭和24年(1949年)1月、内閣総理大臣の所轄の下、政府から独立して職務を行う「特別の機関」として設立されました。職務は、以下の2つです。

●科学に関する重要事項を審議し、その実現を図ること。

●科学に関する研究の連絡を図り、その能率を向上させること。

日本学術会議は、我が国の人文・社会科学、生命科学、理学・工学の全分野の約84万人の科学者を内外に代表する機関であり、210人の会員と約2000人の連携会員によって職務が担われています。

 日本学術会議の役割は、主に

祇府に対する政策提言、
狭餾歸な活動、
群奮惻坿屮優奪肇錙璽の構築、
顕奮悗量魍笋砲弔い討寮は牲屡です。

●●●●●●●●●●●●●●●

内閣府の「特別の機関」が、政府に対する政策提言をしたのに、聞かないんだから、内閣総理大臣の責任です。


【提言7】

【日 本 学 術 会 議】
高レベル放射性廃棄物の処分に関する政策提言
−国民的合意形成に向けた暫定保管
平成27年(2015年)4月24日
http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-t212-1.pdf

提 言

2 提言の内容
(1) 暫定保管の方法と期間

提言1 暫定保管の方法については、ガラス固化体の場合も使用済燃料の場合も、安全性・経済性の両面から考えて、乾式(空冷)で、密封・遮蔽機能を持つキャスク(容器)あるいはボールト(ピット)貯蔵技術による地上保管が望ましい。

提言2 暫定保管の期間は原則50年とし、最初の30年までを目途に最終処分のための合意形成と適地選定、さらに立地候補地選定を行い、その後20年以内を目途に処分場の建設を行う。なお、天変地異など不測の事態が生じた場合は延長もあり得る。

(2) 事業者の発生責任と地域間負担の公平性

提言3 高レベル放射性廃棄物の保管と処分については、発電に伴いそれを発生させた事業者の発生責任が問われるべきである。また、国民は、本意か不本意かにかかわらず原子力発電の受益者となっていたことを自覚し、暫定保管施設や最終処分場の選定と建設に関する公論形成への積極的な参加が求められる。

提言4 暫定保管施設は原子力発電所を保有する電力会社の配電圏域内の少なくとも1か所に、電力会社の自己責任において立地選定及び建設を行うことが望ましい。また、負担の公平性の観点から、この施設は原子力発電所立地点以外での建設が望ましい。

提言5 暫定保管や最終処分の立地候補地の選定及び施設の建設と管理に当たっては、立地候補地域及びそれが含まれる圏域(集落、市区町村や都道府県など多様な近隣自治体)の意向を十分に反映すべきである。

(3) 将来世代への責任ある行動

提言6 原子力発電による高レベル放射性廃棄物の産出という不可逆的な行為を選択した現世代の将来世代に対する世代責任を真摯に反省し、暫定保管についての安全性の確保は言うまでもなく、その期間について不必要に引き延ばすことは避けるべきである。

提言7 原子力発電所の再稼働問題に対する判断は、安全性の確保と地元の了解だけでなく、新たに発生する高レベル放射性廃棄物の保管容量の確保及び暫定保管に関する計画の作成を条件とすべきである。暫定保管に関する計画をあいまいにしたままの再稼働は、将来世代に対する無責任を意味する。

(4) 最終処分へ向けた立地候補地とリスク評価

提言8 最終処分のための適地について、現状の地質学的知見を詳細に吟味して全国くまなくリスト化すべきである。その上で、立地候補地を選定するには、国からの申し入れを前提とした方法だけではなく、該当する地域が位置している自治体の自発的な受入れを尊重すべきである。この適地のリスト化は、「科学技術的問題検討専門調査委員会(仮称)」が担う。

提言9 暫定保管期間中になすべき重要課題は、地層処分のリスク評価とリスク低減策を検討することである。地層処分の安全性に関して、原子力発電に対して異なる見解を持つ多様な専門家によって、十分な議論がなされることが必要である。これらの課題の取りまとめも「科学技術的問題検討専門調査委員会」が担う。

(5) 合意形成に向けた組織体制

提言 10 高レベル放射性廃棄物問題を社会的合意の下に解決するために、国民の意見を反映した政策形成を担う「高レベル放射性廃棄物問題総合政策委員会(仮称)」を設置すべきである。この委員会は、「核のごみ問題国民会議(仮称)」及び「科学技術的問題検討専門調査委員会」を統括する。本委員会は様々な立場の利害関係者に開かれた形で委員を選出する必要があるが、その中核メンバーは原子力事業の推進に利害関係を持たない者とする。

提言 11 福島第一原子力発電所の激甚な事故とその後の処理過程において、国民は科学者集団、電力会社及び政府に対する不信感を募らせ、原子力発電関係者に対する国民の信頼は大きく損なわれた。高レベル放射性廃棄物処分問題ではこの信頼の回復が特に重要である。損なわれた信頼関係を回復するために、市民参加に重きを置いた「核のごみ問題国民会議」を設置すべきである。

提言12 暫定保管及び地層処分の施設と管理の安全性に関する科学技術的問題の調査研究を徹底して行う諮問機関として「科学技術的問題検討専門調査委員会」を設置すべきである。この委員会の設置に当たっては、自律性・第三者性・公正中立性を確保し社会的信頼を得られるよう、専門家の利害関係状況の確認、公募推薦制、公的支援の原則を採用する。

高レベル放射性廃棄物の処分については、多くの国で処分地の選定と国民の合意形成が進められている。日本でも早急な対応が望まれる。

>>[71]
>>[73]


■原発廃炉の自治体支援=交付金打ち切りの影響緩和―経産省
(時事通信社 - 08月26日 17:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=3584913


【福島第1原発の廃炉費用の試算は現時点で9883億円以上】
福島第1廃炉 広島に拠点 中外テクノス 作業ロボなど開発
2015年9月29日
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=51705

東電の試算では現時点での廃炉費用は9883億円で、さらに膨らむ可能性に備えもう1兆円の捻出も検討している。

>>[71]


「原発ゼロ社会への道」 -原子力市民委員会のブログ-
高浜1号機の寿命延長は危険だ――当てにならない老朽化予測 〔井野博満〕
2015年9月29日
http://blog.ccnejapan.com/?p=168

 1970年代に運転を開始した古い原発は2011年には18基あったが(右表)、福島第一原発事故の後、福島第一を含む11基はすでに廃炉が決まった。
 残る7基のうち5基は、関西電力が所有している。原発の運転期間は原則40年と定められているが、関電は高浜1号機・2号機、美浜3号機の運転をさらに20年延長して60年使うという申請を今年4月、原子力規制委員会に提出した。中でも高浜1号機は、すでに廃炉が決まった九州電力玄海1号機や中国電力島根1号機より古く、すでに運転開始から41年も経っている。もし延長が認められれば国内で最も古い原発となる。 
 古い原発では、機器や配管、配線、建屋などで、さまざまな形で老朽化の影響があらわれる。特に最重要機器である原子炉圧力容器は、長年の運転で放射線を浴び続けるため材質が劣化して脆性破壊(ぜいせいはかい)を起こすことが心配されている。
 脆性破壊のメカニズムは以下のようなものだ。原発のトラブルで緊急炉心冷却装置(ECCS)が働くと、圧力容器に冷却水が急速に送り込まれ、約300度になっていた圧力容器の内側は一気に冷やされる。鋼鉄製の圧力容器は厚さ約20センチ(高浜1号の場合)もあるので、容器の内側だけが先に冷えて縮むことで、容器の外側には強い引っ張り力が加わる。もともとひび割れがあれば引っ張られて拡大し、最悪の場合は原子炉容器が破損する。それは大事故に直結する。
 圧力容器の鋼鉄がどれだけの強さを持つか示す「破壊靭性曲線」と、ひび割れを大きくさせる力を示す「応力拡大係数」は冷却時の温度によって変わってくるが、その大小を比較することで(図1)、圧力容器の安全性を確かめられる。この曲線が交わる(デッドクロス)ことになれば、圧力容器の粘り強さより、ひび割れを大きくさせる力の方が大きいことになり、破壊が起こりうる状況だとわかる。
 圧力容器は放射線で年々脆くなるため、破壊靭性曲線は運転開始後だんだん右下に移動し、デッドクロスに近づく。関電が2015年に提出した「高経年化技術評価書(40年目)」は、運転開始後60年時点でもデッドクロスは起きないとしている(図2)。ところが奇妙なことに、2003年に関電が提出した同様の評価書と比べてみると、予測値は大幅に異なっている。たとえば100度における値は2.5倍も違う。2003年時点での予測は大甘だったことになる。
 こんなに予測が違うのは、破壊靭性曲線の信頼性が著しく低いことを示している。40年目の予測も、30年目予測と同じぐらい不確実さがあるならば、デッドクロスが生じてもおかしくない。高浜1号機の圧力容器の老朽化は危険域に達している可能性があり、そのような原発の寿命延長は行うべきではない。


活断層と原発、そして廃炉 アメリカ、ドイツ、日本の選択
45:14
高評価 38 人、
低評価 2 人
視聴回数 8,296 回
2013/01/28
http://www.youtube.com/watch?v=ZonQ3oq57fU

チェルノブイリから福島へ 〜未来への答案〜
45:18
高評価 1 人、
低評価 0 人
視聴回数 493 回
2014/08/03
http://www.youtube.com/watch?v=1yz-DhnF7YU


■玄海原発1号機、「来年度から廃炉計画」 九電が方針
(朝日新聞デジタル - 12月03日 10:47)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3741738


【みんな楽しくHappy?がいい♪】
<理解できない>中部電力「浜岡原発5号機の原子炉は海水で腐食してるけど大丈夫!使えます!!」
2015/12/17
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-4486.html

【核廃絶チャンネル】
浜岡原発の危険を語る。1/5
10:33
高評価 282 人、
低評価 14 人
視聴回数 151,911 回
2009/09/20
http://www.youtube.com/watch?v=DHblqE6vGeI

浜岡原発の危険を語る。2/5
7:31
高評価 107 人、
低評価 4 人
視聴回数 51,247 回
2009/09/20
http://www.youtube.com/watch?v=k55sJ8WljCk

浜岡原発の危険を語る。3/5
9:03
高評価 113 人、
低評価 2 人
視聴回数 43,507 回
2009/09/20
http://www.youtube.com/watch?v=Ic3749gazUI

浜岡原発の危険を語る。4/5
9:24
高評価 113 人、
低評価 4 人
視聴回数 37,474 回
2009/09/20
http://www.youtube.com/watch?v=IhoaHafTfWg

浜岡原発の危険を語る。5/5
3:01
高評価 130 人、
低評価 4 人
視聴回数 42,948 回
2009/09/21
http://www.youtube.com/watch?v=p18qIyiNh3g

世界で一番危ない原発!浜岡原発の真実(ダイジェスト)
10:18
高評価 0 人、
低評価 0 人
視聴回数 19,019 回
2011/03/18
http://www.youtube.com/watch?v=MxIEkHILGKo

浜岡原発の今とこれから
15:01
高評価 166 人、
低評価 7 人
視聴回数 16,289 回
2013/10/22
http://www.youtube.com/watch?v=AO6RYzeRI6Y

すでにご存知かと思いますが、
まだの方是非、署名おねがいします!

拡散希望★〆12月21日(月)24時署名お願い【高浜3.4号再稼働反対!】全国ネット署名 関西広域連合宛てhttps://fs224.formasp.jp/f389/form1/ 福島原発事故の実態と被害を無視することは許されません再稼働に反対を

■40年超初「新基準満たす」=高浜1、2号機で審査書案―規制委
(時事通信社 - 02月24日 12:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=3866911

<高浜1・2号機>「40年超」初の新基準適合 規制委
(毎日新聞 - 02/24 11:05)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3866816

■高浜1・2号機の新基準適合を了承 40年超原発で初
(朝日新聞デジタル - 02月24日 10:56)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3866769

■関電の老朽原発審査、被災地に理不尽かつ甚大な影響 電気料金の高止まり、瓦解する原則
(Business Journal - 04月08日 06:21)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=175&from=diary&id=3360445


<伊方原発>1号機を10日付で廃炉 40年ルールで6基目 (毎日新聞 - 05/09 20:51)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3983768

■島根原発の廃炉計画、事前申し入れ 中国電力、県市に
(朝日新聞デジタル - 04月28日 12:05)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3969193

■40年超の運転、先行き不透明=老朽原発、地震で厳しい目
(時事通信社 - 04月20日 23:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=3957267

『<署名>40年超え老朽原発を廃炉に!』
⇒ http://amba.to/1VGuTIT #アメブロ @ameba_officialさんから

みなさまへ(拡散希望)

*****************
<署名>40年超え老朽原発を廃炉に!
https://fs224.formasp.jp/f389/form1/
*****************

40年超え老朽炉三兄弟(高浜1・2号/美浜3号)の廃炉を要求する
署名がスタートしました。7月7日には、高浜1・2号の寿命延長認可
の期限を迎えます。

三兄弟は、新品同様を前提とした審査でさえ、耐震安全性で従来基準を
クリアできていません。これに中性子照射による脆化やひび割れ、電気
ケーブルの絶縁の可能性など、老朽化による影響が加わります。

このような状況で寿命延長など許せません。直ちに廃炉にすべきです。
ぜひ老朽炉廃炉署名にご協力ください。いますぐご署名ください。まわ
りに拡散してください。

ネット署名フォームはこちらです
https://fs224.formasp.jp/f389/form1/

7月7日に向けて、6月20日を一次集約としています。
よろしくお願いします!

*****************************

地震の活動期 老朽原発はとりわけ危険!
40年超えの老朽原発 高浜1・2号、美浜3号は廃炉に

原子力規制委員会委員長 田中俊一様
福井県知事 西川一誠様
関西広域連合委員会委員長 兵庫県知事 井戸敏三様
京都府、滋賀県、大阪府、奈良県、和歌山県、岐阜県、愛知県 各知事


関西電力は、運転開始から40年を過ぎた老朽原発を再稼働させようとし
ています(高浜1号は今年42才、高浜2号は41才、美浜3号は40才)。た
だでさえ危険な原発ですが、老朽原発は機器等の劣化も進み一層危険で
す。老朽原発にムチ打つ危険な寿命延長などもってのほかです。

高浜1・2号は7月7日までに、美浜3号は11月30日までに、国の全て
の審査が終了し許可・認可が得られていなければ廃炉となります。基準
地震動が引き上げられたため、耐震性の試験や評価が必要です。原子力
規制委員会は、高浜1・2号の場合には、この期限に間に合わせるため
に、試験・評価は先送りにして、工事に入ることを認めています。安全
性より再稼働優先の姿勢は許せません。

昨年4月の福井地裁仮処分決定、今年3月の大津地裁仮処分決定は、国
の審査が緩すぎること、福島事故の原因究明も道半ばの状況で再稼働に
突き進む関電と国の姿勢を厳しく批判しています。

廃炉を求める理由

1.老朽原発は原子炉容器や機器等が劣化。劣化の状況は十分に把握さ
れておらず、地震にも弱い
2.原発の運転期間は40年が原則
3.福島原発事故の原因究明はいまだ道半ば。いまも大量の汚染水が放
出されている
4.事故の被害は、福井県・京都府北部のみならず関西一円、東海地方
にも。琵琶湖も汚染される
5.避難計画は被ばく計画。「避難弱者」の避難など避難計画に実効性
なし

要 請 事 項
(1)40年超えの老朽原発高浜1・2号、美浜3号の再稼働を認めず、廃
炉にすること
(2)福井・関西・岐阜・愛知の各知事は、住民の安全を第一に、廃炉
にすべきと表明すること

締切り <第一次>2016年6月20日 <第二次>10月31日

<署名呼びかけ23団体(福井・関西・東海・首都圏)>
ふるさとを守る高浜・おおいの会/原発設置反対小浜市民の会/福井から
原発を止める裁判の会/グリーン・アクション/原発なしで暮らしたい丹
波の会/3.11ゆいネット京田辺/ネットワークあすのわ/日本熊森協会滋
賀県支部/よつ葉ホームデリバリー京滋/美浜の会/おおい原発止めよう
裁判の会/脱原発はりまアクション/奈良脱原発ネットワーク/さよなら
原発なら県ネット/脱原発わかやま/避難計画を案ずる関西連絡会/さよ
なら原発・ぎふ/高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会/
福島老朽原発を考える会/グリーンピース・ジャパン/FoE Japan/原子力
規制を監視する市民の会/コープ自然派脱原発ネットワーク

<署名送付先>原子力規制を監視する市民の会
162-0822東京都新宿区下宮比町3-12-302
/TEL:03-5225-7213/FAX:03-5225-7214

<署名開始日>2016.4.20



・・・・・・・転載ここまで・・・・・・・・・
参照記事:
なぜ、古い原発が危ないか? 照射損傷 老朽化 高経年化

http://blog.goo.ne.jp/shiroikumo_2004/e/01cdf14971f2709c98fe4bc5d8335ef0



高木仁三郎さんの意見など貴重な情報がまとめられています。

<抜粋>

高木仁三郎氏の予言

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9C%A8%E4%BB%81%E4%B8%89%E9%83%8E

『老朽化原発が大きな地震に襲われると、いわゆる共通要因故障(一つの要因で多くの機器が共倒れする事故)に発展し、冷却材喪失事故などに発展していく可能性は十分ある。』

【原子力神話からの解放ー日本を滅ぼす九つの呪縛】
高木仁三郎
2000年8月

発電所の停電が長期化するとか、原子炉で火災が起こってしまうとか、大地震に襲われるといったような一つの要素が働くと、すべてのシステムが一挙に共倒れしてしまうことがわかってきて、なかなか当初考えたように、多重防護ということがあてはまらないかもしれないと言われています(共通要因故障)。
P149L11

これから2010年にかけて、運転開始から30年を越える原発が2基、5基、10基というふうに増えてきます。それまでに原発を止めないと、40年くらいの寿命を持った原発がますます増えてしまいます。そういう時代に大きな原発事故が起こる可能性を、私は本当に心配しています。こうした原発の老朽化が、次節で見ていく原子力産業内部のさまざまな問題と絡んだときに、日本の原発が大事故を起こす可能性は、今までにも増して私は高いと思います。
P263L4

原発はくり返しの揺れに耐えられない〜政府回答からも明らかに http://www.jca.apc.org/mihama/saikado/nsr_a_p160606.pdf

■美浜3号機、審査「合格」=老朽原発で3基目―地震想定「過小」の恐れ・規制委
(時事通信社 - 08月03日 12:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=4125395


■原発建て替え「必要」=美浜で永続的に事業―関電社長
(時事通信社 - 08月09日 21:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=4135987

【2004年8月9日】
11人死傷 美浜原発事故 当日のニュース(平成16年)
4:31
高評価 9 人、
低評価 1 人
視聴回数 3,003 回
2015/04/14
http://www.youtube.com/watch?v=PtvBSovjisM

【失敗百選】
〜美浜原発2号機の蒸気発生器一次冷却水漏れ〜
1991年2月9日
http://www.sydrose.com/case100/102/

>>[88]


■高浜1、2号機の工事計画発表=40年超、再稼働は19年10月以降―関電
(時事通信社 - 09月08日 19:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=4183757

<高浜原発>1、2号機19~20年の再稼働目指す
(毎日新聞 - 09/08 21:06)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=4183992


【東京新聞】
原子力政策の限界鮮明に 廃炉費をすべての電力利用者負担へ
2016年9月21日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201609/CK2016092102000120.html

 経済産業省が東京電力福島第一原発をはじめとする大手電力会社の原発の支援に乗り出すことで、国民には

「底なし沼」

のような負担が迫る。

「原発は安い」

という説明を続けながら、綻(ほころ)びが生じるたびに国民負担を増やすことで覆い隠そうとする政府の原子力政策。有識者からは

「限界にきている」

と厳しい批判が相次いでいる。
(吉田通夫)

 実質的に国有化されている東電と政府は二〇一三年に福島第一原発の廃炉費用を二兆円と見積もり、東電が工面する計画を立てた。しかし、今後の作業は溶け出た核燃料の取り出しなど世界でも前例のない段階に入り、

「十兆円はくだらない」

(経産省関係者)などとみられている。除染や賠償費も、すでに一三年の見積もりを超えた。東電関係者によると、今年七月に、東電が政府に支援を求める声明を書いたのは、経産省から出向中の西山圭太執行役で、同省の

「自作自演」

だった。

 今後、費用の上乗せを議論する

「東京電力改革・1F問題委員会」

は、国民に負担を求める議論にもかかわらず、経産省は

「東電の経営に直結するので」

(電力・ガス事業部の畠山陽二郎政策課長)と一部を非公開にする構えだ。

 一方、ほかの原発の廃炉費用は電力会社が四十年かけて積み立てる規則だった。同省の資料によると一三年三月末時点で全国の原発五十基の廃炉費用一・二兆円分が不足している。

「原発が安い」

というならば、原発を持つ大手電力会社は廃炉費用に悩む必要はないはずだが、それも結局は国民に頼るという。

 電力問題に詳しい立命館大の大島堅一教授は

「矛盾は明らかで、福島第一原発のように最終的にいくらになるのか分からない費用があったり、超長期にわたって費用を積み立てなければならない不安定な電源を『安い』とは言えない」

と話す。

 原子力資料情報室の伴英幸共同代表は

「原発を保有する東電や大手電力会社を生かすために付け焼き刃の対応と国民負担を増やし続けている状態で、原子力政策の行き詰まりは明らかだ」

と批判している。

◇各委員会のメンバー 
 (五十音順、敬称略)

【東電改革・1F問題委員会】
▽伊藤邦雄(一橋大大学院特任教授)
▽遠藤典子(慶応大大学院特任教授)
▽小野寺正(KDDI会長)
▽川村隆(日立製作所名誉会長)
▽小林喜光(経済同友会代表幹事)
▽白石興二郎(読売新聞グループ本社会長)
▽冨山和彦(経営共創基盤CEO)
▽原田明夫(原子力損害賠償・廃炉等支援機構運営委員長)
▽船橋洋一(日本再建イニシアティブ理事長)
▽三村明夫(日本商工会議所会頭)
▽オブザーバー・広瀬直己(なおみ=東京電力ホールディングス社長)

【電力システム改革貫徹のための政策小委員会(◎は小委員長、○は小委員長代理)】
▽秋池玲子(ボストンコンサルティンググループシニア・パートナー)
▽秋元圭吾(地球環境産業技術研究機構システム研究グループリーダー)
▽安念潤司(中央大法科大学院教授)
▽石村和彦(旭硝子会長)
▽伊藤麻美(日本電鍍工業代表取締役)
▽大石美奈子(日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会代表理事)
▽大橋弘(東京大大学院教授)
▽大山力(横浜国立大大学院教授)
▽崎田裕子(ジャーナリスト)
▽松村敏弘(東京大教授)
▽圓尾(まるお)雅則(SMBC日興証券マネージングディレクター)
◎山内弘隆(一橋大大学院教授)
▽山口彰(東京大大学院教授)
○横山明彦(東京大大学院教授)


■台湾立法院、脱原発法を可決 再生エネ切り替えがかぎ
(朝日新聞デジタル - 01月11日 19:40)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4380021

■NY近郊の原発、21年までに運転終了 州知事が発表
(朝日新聞デジタル - 01月10日 09:41)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4377184

公開研究会「アーニー・ガンダーセンさんに聞く アメリカの原発老朽化問題」(主催:原子力市民委員会原子力規制部会) https://www.youtube.com/watch?v=R-mpRhQVYoU … 当日の様子がご覧いただけます。

今日の講演のキーコンセプトを一分間でまとめると、「原発設計当時のデザインは1万年に1度のメルトダウンしかおきないということを前提にしていた。しかも、建設から閉鎖までの期間を対象にしていた。しかし、どんな工学(エンジニアリング)にも「バスタブ曲線」というものがある。新しい商品は、最初はよく問題がおきるが、やがてそれが減っていき、信頼性が高まっていく。原発も同じで、時の経過に伴って必ず問題が頻発するようになる。そして、どれだけ金をつぎこんでも、信頼性はだんだんおちてゆく。原発は40年の稼動期間中、一万年に一度しか事故が起きないという前提で建設されてきたが、彼らは今、そのバスタブ曲線の底の部分だけを引き延ばそうとしているのだ。再稼動を認め、その稼動期間をさらに20年間延長するというのは、科学的ではなく、論理的な弱点がある。

1 圧力容器の脆化の問題

 最初の問題は、圧力容器の脆化だ。炉心では多くの中性子が発生し、それが炉心壁に照射されている。中性子のために鉄は次第に劣化するが、鉄よりもっとも深刻なのが、経年劣化によって溶接部分に亀裂がはいることだ。これがもっとも深刻なのが加圧水型原子炉PWRだ。なぜならPWRの炉心は壁により近いからだ。日本の原発で再稼動が計画されている川内とか高浜も、すべてPWRであることに注意しなけばならない。

 すべての原発は脆弱化するが、特に問題なのは1972年以前に建設された原発だ。その理由は、当時、溶接部分に銅を使っていたからだ。中性子は銅にレンズのように作用するため、脆化がより進んでしまう。このことがわかったのが1972年で、そのため、1973年以降の原発は銅を使わない溶接がほどこされている。

 原発がもっとも危ないのは、地震がおきて緊急停止した後、安全装置が作動して自動的に冷水が注入される時だ。熱いガラスのコップに冷たい水をかけると割れてしまうのと同じように、沸騰している炉心に冷水をかけるのは大きなリスクがある。アメリカで脆化が問題になっている原発は4つある。ヤンキーロウ、パリセード、ディアブロ、キウオーニーだ。ヤンキーロー原発が脆化の問題で永久に閉鎖されたことの意味は、とても重要だ。脆化により、原発事故の可能性が、一万分の一の確率より高くなったからだ。

 脆化は目視ではわからないため、(圧力容器と同じ材料?)サンプルピースを中に入れ、十年に一回くらいの間隔で引き出して、脆化を判断するわけだ。パリせード原発には6つの試験片が入れてあり、5つはすでに引き上げられ、一つしか残っていない。パリセードは最も脆化が進んでいる原発だ。そこで、NRCに対して、「なぜ最後の試験片をチェックしないのか」と聞いたところ、返ってきたのは「最後のサンプルをテストすると、それ以後はもう試験できないから」という理解不能な答えだった。この答を見て、私も笑ってしまった。

 その後、私たちは「脆化は防止できる」と記された文書を発見した。その方法とは、格納容器から炉心を取り出し、通常の温度(600℃)より200℃以上高い温度で熱すると、溶接部の金属が暖められて、脆化の進展をとどめることができるというものだ(これをre-anealing,「やきなまし」という)。1998年、「パリセード原発はやきなましを行うべきだった」という資料も見つけた。しかし、原発オーナーは乗り気ではなかった。こんな大掛かりな修理には時間がかかりすぎ、免許を取りなおさなければならないし、市民参加も必要だ。そこで、オーナーはやきなましもせず、いろんな数字をあやつって、さらに20年間(2017まで)そのまま稼動できると、期間を延ばしてしまった。

 脆化を研究すればするほど、さらに多くの「前提」が必要となり、推定値が増えてゆく。すべての数値が「再稼動」を前提にねじまげられている。やきなましを行うと1年はかかるし、その間、稼動できない可能性も出てくるからだ。オーナーは経済的インセンティブで動くため、できるだけ修理を先延ばしにしようとする。それによって、リスクを一般市民に押し付けているのだ。なお、西側の原発で「やきなまし」を経たものは一つもない。

 
歴史上、熱い圧力容器のコアに冷水を注入した例がひとつだけある。それはカリフォルニアのランチョ・セコ原発だ。しかし、同原発は新しい上、商業稼動していなかったため脆化は進んでいなかった。もし、同じ検査をパリセー度原発でやったら、ガラスのように割れていただろう。原発安全システムのデザインは、普通、圧力容器に亀裂が入った、割れる、などの事態を想定していない。それが発生したのが福島だった。原発再稼動に関心を持つ科学者は、必ず脆化に伴う仮定や推定値について議論すべきだ。オーナーはずっと稼動を続けるために、都合のいい推定値だけを出している。これに関しては市民が問題を指摘すべきなのだ。
2 コンクリートの脆弱化
 コンクリートは海のそばにあると劣化が早い。シーブルーク原発の写真を見ると、地下水に含まれた塩分がコンクリート内部に浸透し劣化を招いているのがわかる。この写真は原発内部の劣化を示しているが、本当にダメージを受けているのは、原発内部ではなく、外側の、海に直接接触する部分だ。これは日本の原発にとっては特に大きな問題だ。北米の原発のほとんどは河とか湖など淡水に面しているが、日本の原発はすべて臨海部にあり、環境中の塩が施設の劣化を招いているからだ。シーブルーク原発の脆化は稼働後20年目に発見されたが、コンクリート劣化によって40年を超える運転はできないかもしれない。ホープクリーク原発も、ミルストーン原発も、同じコンクリート劣化の問題を抱えている。

 米の原発の脆化はどこにでもあると思われるが、NRCは脆化を見つけるのを怖がっている。「脆化」を見つけるには、原発の土台の横を掘ってコンクリートをチェックしなければならないので、普通はやらない。シーブルーク原発で脆化が発見された後、ほかの原発は、基本的に脆化を探すのを中止してしまった。そこで、NRCは、延長許可を出す場合、楽天的検査(日和見検査、optimistic checkとかoptimism testともいう)と呼ばれる検査を行う。毎年、計画的に、土台の一部を掘ってコンクリートを検査するのではなく、他の理由で掘ってチェックさせるのだ。明らかに(コンクリート劣化を調査する)機会は多いが、彼らは劣化問題には目をむけさせようとしない。

 しかし、私たちはみな、海水と淡水では、劣化の程度は違うことがわかっている。だから、海岸沿いにある原発がひごく劣化したと聞いても、私は驚かない。コンクリート劣化問題は特に日本では重要だ。なぜなら、先述通り、日本の原発はみな海水に取り囲まれているからだ。

3 ケーブルと防火対策

 私のUSC(Union of Concerned Scientists)の友人は、原発が直面している最大のリスクは原発火災だという。原発には非常に多くのワイヤー、電線がはりめぐらされている.。ワイヤーは、新しければ弾力性があるが、老朽化に伴って弾力性を失う。発電所には何百マイルものワイヤがあるが、曲げられたり、古くなると、硬化し、ヒビが入る。

 電線ケーブルはみな耐火材で被覆されているため、問題はさらに悪くなる。耐火材によって火災の高熱から守ろうとしているのだが、逆に、そのために耐火材そのものがとても熱くなり、ワイヤも熱くなってしまう。ワイヤが熱くなるほど、耐火材が火災を起こしやすくなるのだ。ワイヤは原発における中枢神経組織であり、安全システムへの情報を伝える役目をになっている。それが、もし火災で壊れるとメッセージは伝わらない。人体で言うと、首ねっこの神経系がカットされ、脳に情報が伝わらないのと同じだ。

 アラバマ州のブラウンズフェリー原発の火災では、ワイヤが破壊され、絶縁体がむき出しになり、そこから火災が発生した(写真説明)。この火災以後、世界の原発では電線ケーブルがA系統とB系統で分離されていることを確認することとなった。ところが、1980年代になっても、ワイヤがちゃんと(系統ごとに)接続されていないケースがたくさん発見されたし、それ以降もA系統とB系統の接続ミスがたくさん発見されている。

 アメリカでは、A系統とB系統が分離されていないことがわかると、ファイア・ウオッチFire Watchを行う。問題箇所を修理するのではなく、次の定期検査までの間、その接続のままで電気を通して火災が起こるかどうかを、第三者が見守るという検査だ。原発に行くと、何もせず、ただそこに座ってじっと見守っている人がいる。とても非生産的に見えるが、彼らは「監視」しているのだ。この方式を取るのはコストが安いからだ。

 想像して欲しい。巨大なワイヤの束があり、それが分厚い耐火材で覆われているのを。その耐火材を外して、中のワイヤを一本一本チェックするのがいかに難しいかを。さらに、そうすることによって、耐火材そのものも傷つけることもある。従って、何百キロの長さのワイヤが、ちゃんと監督されたというケースは非常に少ない。ほんの一部のチェックのみで(再稼動が)OKとされているのだ。

 また、ワイヤに関するもうひとつの問題として、耐火被覆材の問題がある。それらは3メートルとか6メートルごとに、テープでまとめられ、次の耐火材とにつなげられているが、その接合部分から火が入らないかをチェックしなければならない。しかし、稼動を40年から60年にするにあたり、チェックされたのはわずか2%以下に過ぎない。その、ほんの少しのサンプル検査だけで、オリジナル設計時の耐用年数以上に運用しようとしているのだ。
4 地下配管

 次の問題は地下配管だ。これはすべての原発の安全機能に関連してくる。ある配管は冷却水を原発に運び、ある配管は汚染水を運んでいる。アメリカでは、75パーセントの原発が、劣化によってトリチウム漏れをおこしている。さらに、少なくとも三基の原発では、トリチウムだけでなく、ストロンチウム90、セシウム137、コバルト60も地下に放出された。放射性物質を含む地下配管は、原発に対する相当大きなリスクとなっている。

 最大の問題は、その地下配管がどこにあるか、誰も知らないことだ。ここにあるかもしれないし、あそこにあるかもしれない。しかし1970年当時、配管図の保存など義務付けられてもおらず、誰も正確には言えない。二つ目の問題は、配管は屈曲部が多いため、(問題がおきても)ロボットを送り込むのも難しいということだ。NRCは、配管に問題があると考えても、土台の検査と同じように、直接、配管の検査を求めるのではなく、別な理由で配管をチェックさせる。その結果、またもや日和見的なサンプリングを認めてしまっている。

 汚染水が配管から恒常的に出ているとしたら、配管全体の損傷があると判断できるが、多くの配管は、海から海水を運ぶための、緊急冷却装置システムなどのためのものだ。これらが漏れ始めても、(汚染水ではないため)警告ブザーなどはならない。

 パイプは屈曲部で漏れがおきやすい。日本のフクイチの最大の教訓でありながら、どの国も受け入れていないこと、それは、震災後、フクイチの敷地全体が1メートルも地盤沈下したということだ。もし地盤が同じように沈下していたのならOKだったが、そうではなかった。ある部分では別の部分に対し10センチ低くなっていたなど、不等沈下がおきていたことが発見されたのだ。

 地下の配管は柔軟性をもって設計されているわけではない。特に劣化部分や屈曲部など肝心の部分ほど損傷しやすい。地下配管について、エンジニアは二つの推定の上で設計する。一つは、配管がすべて同じ平面上で動くということ、もう一つは、地震がおきるまで、配管にはヒビなど入っていないという前提だ。しかし、実際はこの二つの前提ともまちがっていたことが、歴史的に証明されている。

 アメリカの免許延長の手続きは、GALLリポート(Generic Aging Lessons Learned, 経年変化共通教訓書)に基づいて行われる。これは、原発の部品やコンポーネントが当初計画の通りであるかどうかを見るだけだ。例えば、(稼働後に)強い地震がおきても、手続き延長では考慮されない。あるいは、原発周辺の人口が非常に増え、事故が起きた場合の緊急避難が難しくなったとしても、それも考慮されない。唯一チェックされるのは、部品やコンポーネントが建設当時の統一性をもっているかどうかだけで、新たな観点から見直すことはない。GALLリポートは、パイプリストやワイヤリストなど、チェックリストに過ぎないのだ。問題は、それは、1970~80年代のオリジナルデザインが正しかったということを前提としていることだ。私は時々住民から、再延長の手続きを止めたいという相談を受けるが、残念ながらGALLリポートを用いて阻止する可能性は低い。原発には環境やコンクリート劣化の問題の他にも何千もの問題があるが、市民がそれをNRCに持ち込んでも、NRCは動かないだろう。たとえばディアブロキャニオンでは、原発からわずか300メートルしか離れていないところに新たな活断層が発見されたが、市民がそれを指摘しても、NRCはそれを考慮せず再延長した。再延長は、ただ、老朽化の問題だけを検査することになっている。私も毎朝鏡を見るとよくわかるが、私も老化してゆくから。 

5  温排水

 しかし、アメリカでは期待できる分野もある。温排水問題がそうだ。川内や高浜では日量80億リットルの温水を海に放出している。その放出時の温度は、取水時より20度も高く、いわば有機物をすべて高温殺菌した上で排出していることになる。最近、アメリカで温排水が重要視されるようになったのは、これは中央政府の問題ではなく、州レベルの問題だとみなされているからだ。これまで、アメリカでは70〜80の原発が延長申請し、(中央政府の)NRCは一つも拒否したことはない。しかし州レベルでは、稼働40年後の再延長の際、温排水の被害を訴えて再評価を求め、阻止することができるようになっている。

 たとえば南カリフォルニアのサンオノフレ原発では、稼働20年目に再延長を申請したところ、州政府に冷却塔を建設するように命じられた。そのコストは50億ドルにのぼり、このためオーナーはそんなカネを出す気はなく、廃炉を決定したのだ。カリフォルニアのディアブロキャニオン原発にも同じ冷却塔の問題が出ている。両方とも日本の原発と同じく塩水を使用している。しかし、(内陸にある)インディアンポイント原発も、再延長に際して冷却塔建設が義務付けられている。今、アメリカでは、中央政府の原発規制当局にではなく、州政府に働きかけることが多くなっている。

6 耐震問題

 アメリカでは、地震は日本ほど深刻ではない。地震に対しもっとも危険性が高いのはカリフォルニアのディアブロ原発では、延長が認可された後になって、原発からわずか500メートルの沖合に活断層があることがわかった。認可が得られた後に判ったということになっているが、メーカーはそのことを知りながら、認可を得るため隠していたのではないかと考えられている。その後、さらに500メートルより近いところでも新たな断層が見つかった。これらの断層はサンアンドレアス断層のカスカードの沈み込み帯につながるもので、米西海岸の断層としてはもっとも大きな地震(+9)を起こすリスクがあると言われている。

 原発が建設された当時、重力加速度は0.4Gと設定されていたが、この活断層が見つかった後で、この数値は0.75Gに訂正された。このようなことが起きたら、市民参加を求めて論議すべきだったが、NRCは数値を操作し、市民参加をできなくした。ニューヨークのインディアンポイント原発は、建設時に起こり得る最大の地震はリヒタースケールM6とされていたが、一年後に地震がおき、その後、M7に変更されている。

 私が最も不条理だと思うのは、ノースアナ原発だ。ノースアナには2基の原発があり、その重力加速度は0.12Gだ。しかし、その後、この二つの炉のすぐそばに建設された新しい炉は0.54Gとされている。同じ敷地で、一つは0.54Gで許可されているのに、その隣に0.1Gにしか耐えられない原子炉がなぜ稼働できるのだろう。(Misery Loves Company,「同病愛憐れむ」についての冗談は略)。アメリカのNRCの再延長のプロセスは日本のそれと同じように腐敗している。
セクション2 アメリカではどのように原発の廃炉を決定するか

 アメリカではNRCが正式に原発廃炉を決定したことは一度もない。廃炉決定を出すべき事例はたくさんあったにもかかわらず。1980年、監督官がある原発を抜き打ち調査で訪れた時、制御室の5人の係員が全員寝ていたということがあった。それでも、この原発は3年間の停止処分の後、安全審査を経て再び稼働が許されている。

 また、NRCによる廃炉は強行されたこともない。なぜなら、廃炉は完全に経済的理由によるからだ。その例のひとつがカリフォルニアのサンオノフレ原発だ。同原発は稼動30年を迎え、蒸気発生装置を交換しようとし、その発注先に、蒸気発生器を作ったこともない三菱重工を委託先に選んだ。しかし、真新しい三菱の新蒸気発生器の一つは、一年も立たないうちに漏れが発生し、その他も何千もの内部配管がすでに損傷していることがわかった。

 これに対し、市民団体はFOEを先頭に、NRCに対し、失敗の理由を分析するよう要求した。この時の環境団体の運動によって審査期間は約18ヶ月も延びた。オーナーはこれを見て、再稼動は経済的に割が合わない(安全性の審査にコストと期間がかかりすぎる)と判断し、廃炉を決めたのだ。

 フロリダのクリスタルリバー原発にも、蒸気発生器交換に伴って格納容器に亀裂が入る事故がおきた。オーナーはそれでも、4年間かけて再稼動をめざしていたが、格納容器がさらに2度にわたって損傷したため、経済的に再稼動は不可能と判断したのだ。

 しかし、いずれのケースでもNRCは自ら廃炉の決定を下してはいない。

 日本はそれと反対だ。30から40もの原発が、少なくとも5年は停止しているにもかかわらず、いまだにそこにカネが注ぎ込まれ続けている。日本の電力市場はより固定的で、国会(Diet? 政治家)の巨大なコントロールを受けており、どれだけカネをつぎ込んでも、いずれ回収できると思っているのではないか。
*************


こちらのHPから転載しました。

アメリカの老朽原発ーーそこで何が起きているのか
http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1544&guid=ON&view=mobile&tid=6

【東京新聞】
東海村・核燃再処理工場 
廃止に70年8000億円
2017年4月23日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201704/CK2017042302000128.html

 原発の使用済み核燃料からプルトニウムを取り出す国内初の再処理工場「東海再処理施設」(茨城県東海村)の設備や建物を解体撤去する総費用について、作業終了までの七十年間で約八千億円に上るとみられることが、運営主体の日本原子力研究開発機構への取材で判明した。機構は国の交付金で運営されており、廃止費用は国民負担となる。

 再処理は国の核燃料サイクル政策の中核で、東海施設は一九七七年に再処理を開始したが、老朽化などのため二〇一四年に廃止が決まった。

 使用済み燃料を細断し、むき出しになった放射性物質を扱うことから、「廃止措置」では核燃料が原子炉内に集中している原発に比べて汚染が広範囲に及ぶ。このため廃止の総費用は数百億円とされる原発廃炉の十倍以上。八千億円は廃止措置の最初の十年間にかかる費用として公表されている約二千百七十億円の四倍で、残り六十年間で約五千八百三十億円が必要とした。

 核燃サイクルを巡っては、東海施設の技術を引き継いだ日本原燃の再処理工場(青森県)が完成延期を繰り返している。もう一つの中核だった高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)は一兆円の国費を投じたが廃炉が決まり、政策の実現が見通せないまま巨費がつぎ込まれる実態が浮かんだ。

 機構によると、廃止の総費用は〇三年にまとめた試算がベース。機構は総費用の精査を進めており、廃止措置計画に盛り込んで六月にも原子力規制委員会に認可申請する。

 東海施設の解体で出る廃棄物の処分方法は放射線レベルに応じて三段階。

高い方から地下三百メートル以下に埋める
「地層処分」、

地下数十メートルに埋める
「中深度処分」、

地表近くに埋める
「コンクリートピット処分」で、

対象の廃棄物量はそれぞれ
ドラム缶
約三万本分、
約二万四千本分、
約八万一千本分と想定している。

 廃止の手順は

(1)放射性物質で汚染された機器や設備の「除染・解体」

(2)解体した機器や放射性廃液をドラム缶などに入れてセメントやモルタルで満たす「処理」

(3)ドラム缶などの処分場への「輸送」

(4)「埋設」−がある。

 総費用の大部分は
埋設の約三千三百億円が占め、
除染・解体は約千六百六十億円、
輸送は約八百七十億円。
処理の費用は精査中とし、試算には含んでいない。

<東海再処理施設>
 1977年に再処理を開始し、2007年までに国内原発の使用済み核燃料約1140トンを再処理した。廃止は14年に決定。その後も、再処理で出た高レベル放射性廃液をガラスと混ぜて固化体にする作業を進めており、12年半かかる予定だが、トラブルが多く想定通りに進んでいない。

>>[91]


【中国新聞・社説】
福島第2原発廃炉
東電の決断は遅すぎる
2018.6.16
http://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=440548&comment_sub_id=0&category_id=142

その廃炉は「福島県民の総意」である。
県議会や、県内の全市町村議会も決議や意見書で廃炉を求めていた。


しろくま
‏ @hontounokotoga_
22 時間22 時間前

ABC放送
 福島に売却した原子炉、Mark 1には重大な欠陥があって、壊滅的な事故が起こるとし、製造したGE社の科学者3人が35年前にそれを指摘し辞職していたことを報じる。2011年3月15日

Mark 1 Nuclear Reactor Design Caused GE Scientist To Quit In Protest
https://abcnews.go.com/Blotter/fukushima-mark-nuclear-reactor-design-caused-ge-scientist/story?id=13141287&page=1 …
平成30年の新潟県知事選挙には3人立候補して、脱原発2人、再稼働反対1人でした。7年たって原発運転は仕方ないと訴える候補者すらいない状況になりました。

ログインすると、残り63件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

反原発!原子力発電反対!! 更新情報

反原発!原子力発電反対!!のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。