ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 智弁和歌山の応援が好き > トピック一覧 > 2018年春の智弁和歌山。

智弁和歌山の応援が好きコミュの2018年春の智弁和歌山。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

今回から、智弁和歌山が先行を取れなくされているように思います。皆さんが最近の大会から気付かれた事があればご自由に書いてください。意見をぜひ交換したいです。よろしくお願いいたします。

コメント(111)

8回裏:東海大相模の攻撃。
この守備に着く前に、代打で使った目代を本多(3年)に変えて、ファーストを守らせて、
西川に代打を送ったので、高瀬(3年)がショート、代走で出た田中がライトに着いた。
もうだいぶベンチ選手を使った。ここで守備のタイムを取り、伝令が文元だった。
先頭打者は3番からの好打順だが、応援曲が体育祭のリレーによく使われる曲を大音量で流してきた。守りにくい。この回から平田は130球を超えている。しんどいはずだ。四球を出してしまった。でもこのランナーの盗塁を刺した。三振とキャッチャーフライで打ち取った。

9回表:智弁和歌山の攻撃の応援曲は、ミラクルショットだった。
8番東妻は上手くセンター返しを打ったが、相手のセカンドの守備位置が素晴らしくて、打ち取られた。本来であれば抜けているだろう。9番平田はキャッチャーフライ。2球で2つのアウトを取られた。1番神先の打数が20になっていた。セカンドゴロに倒れた。三者凡退を喰らった。

※タイブレーク:13回ノーアウト1,2塁からスタートするという恐ろしい制度。

10回表:智弁和歌山の攻撃の応援曲は、前回と同じくミラクルショットだった。別に他の曲でも良かったが、この曲にこだわっているようだ。
2番本多はライト前ヒットで出塁。3番の林の前にランナーが出た。本多は身体がゴツい。ジョックロックに変えた。ナイン全員に低めの球に手を出すなという組織的な指示が出ている。3ボールになって、次に直球がやや高めに来たのをスイングしに行った。普通であれば1球はボールを見ても良いかと思えるが、手を出した。四球狙いでは無さそうだ。林は四球を選び、ノーアウト1,2塁。4番の文元はもう使えないので、代走に送った田中がそのまま打席に向かった。バントをしたが、ピッチャー前へ転がり、その勢いのままであれば3塁に送球してアウトを取れたが、打球処理ミスをした。ただ1塁はアウトにした。バント成功になった。4番の文元から田中に変わっているのである意味バントという選択肢を選び易かった。5番冨田はセンターへ犠牲フライを打っている間に3塁走者が本塁へ帰ってきた(11-10)
2アウト2塁。6番黒川が強烈なレフト前ヒットを放ち、その打球処理でレフトがミスをしている間に2塁ランナーの林が本塁まで帰ってきた(12-10)
前の試合の創生館戦もレフトが黒川の逆方向への打球処理をミスするという共通点が発生した。7番高瀬(3年)はファールで粘っていた。粘っていた結果センター返しに成功。2アウト1,2塁。8番東妻のところで攻撃のタイムを使った。この攻撃のタイムで使った選手は神先だった。確かに東妻はファーストゴロに倒れたが、低めの球には手を出さなかった。

10回裏:東海大相模の攻撃だが、7年前にセンバツで優勝しているとの事だ。智弁和歌山はこの東海大相模に18年前の決勝戦で負けている。俺が働き出したのと同時期だ。監督を真ん中にして座って円陣を組んでいる。その監督からの指示を真剣に聞いている。あれはまだ負けたとは思っていないだろう。1番打者は向こうの主将だ。この打者が塁に出たら流れが向こうに行くが、ファーストゴロに抑えた。流れが東海大相模に行かない。次の2番打者はピッチャーゴロだった。今まで試合の主導権を完全に握っていたが、一番肝心な10回裏で2人の打者が内野ゴロを打ってしまった。もうこれで2アウトになった。あと一人だ。3番打者にはあの例のリレーで使う曲が流れてきた。1球目の真ん中直球を見逃した。2球目アウトコーススライダーは空振り。次も早いテンポで先ほどと同じアウトコーススライダーを投げた。空振り三振なんだが、1塁線審がボールと判定した。審判の判定は絶対だ。間違っていても従うしかない。アウトコースストレート、スライダーを投げ分けたが四球を選ばれた。もう運の世界だ。4番が甘く入った初球ストレートを狙ったが、サードフライを打ってしまって試合終了になった。
18年前もこの両監督はセンバツ決勝で戦っている。俺の採用1年目だ。よく覚えている。今でもあの試合の記録が残っている。負けた試合なので見る機会がほとんど無かったが。確かテーマ曲が宇多田ヒカルの「First Love」だった気がする。あの準優勝メンバーが夏に優勝した。でも今年の打線が史上最強に思える。俺が長年見てきて思うんだ。ほぼ間違い無いだろう。打率の比較はこの際関係無いだろう。東海大相模、創生館、国学院栃木、富山商。全て強い。国学院栃木だけはましだった。後は8回まで全て試合がもつれ込んでいる。例のラッキー8の存在だ。ここまで8回が異様に得点能力が高いイニングになると、今後は確実にこの8回というのがもっとマークされるだろう。国学院栃木と創生館はわざと先攻を選んだが、東海大相模は後攻だった。確か決勝戦の大阪桐蔭も先攻を取れたはずだ。この先攻もこの大会で2チームにマークされて、ワザと先攻を取られた感がある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/選抜高等学校野球大会入場行進曲
https://baseball.sports.smt.docomo.ne.jp/senbatsu2018/result/games/inning_2018040461.html
最近は有名になったが、「ジョックロック」は2000年センバツ、今からちょうど18年前に2回戦の国士舘戦に使われた。8回の攻撃に入る前に智弁和歌山は4-1でどう考えても負けだった。確か誰かのバントが決まった後で、曲を「ジョックロック」に切り替え、4番の池辺が打席に入る前に既に2アウト。直ぐに追い込まれた。池辺の打球がファーストベースに当たって、2点入ったのを覚えている。完全に打ち取られた打球だった。この意味不明な偶発的出来事で同点になり、後は打線が爆発だ。以降は省略する。あの池辺の打球に尽きる。結果論ではあるが、ファーストの守備員を変えていた。さらに守っている位置が深めだった。あれが深めで無ければ完全に取れただろう。取ってファーストベースを踏めば終わりだった。
上記意味不明の出来事らが8回にやたら多いので、「ラッキー8」と名が付いた。さらに8回ではほとんどの確率で「ジョックロック」が流されていた。「ジョックロック」が流されるイニングは得点能力が高くなる。これも意味不明の事象。特に相手チームのエラーも発生しやすくなる。これも意味不明。
ちなみにだが、「サンバデジャネイロ」はこの2000年夏から3回の攻撃に非常に使われるようになった。「エルクンバンチェロ」は既に使われていた。「エルクンバンチェロ」は非常に多用される楽曲だ。1,7回で演奏される伝統の「アフリカン」はずっと固定。何があっても、どんなに得点差が付けられようと変えない。「アフリカン」を真似する高校は当時全く無かった。今では当たり前のようにどのチームも使うが。1997年夏の優勝の時は「コパカバーナ」が非常に多用された。現在は「コパカバーナ」をその試合で使うかどうかは応援団の判断に委ねられている。必ずしも使われるとは限らない。選曲について何かの哲学があるんだろう。調べる必要があるが。
http://g-times.jp/saikyou_dasen_koukou_5/
引用。やはり今から18年前のこの打線が最強らしい。
でも、俺はこの打線の甲子園での活躍を全て見ている。
今でも全部記録が残っている。
それでもこのセンバツが最強だと思う。

比較
1番:小関 < 神先
2番:堤野 > 西川
3番:武内   林
4番:池辺   文元
5番:後藤   冨田 ※後藤は2000年夏の大会、3本塁打。
6番:山野   黒川 ※山野は本当のエースであり、一番怖い打者
7番:井口   根来
8番:青山 < 東妻(捕手)
9番:投手 < 投手(平田を想定)

打率は関係が無い。理由:18年前の夏は1回戦の丸亀が入っているため。
18年前と同じくセンバツ準優勝。
ただ、この大会はほぼ絶対的な大阪桐蔭の存在あり。
現に大阪桐蔭とは決勝で勝負している。
ちなみに18年前センバツで優勝した東海大相模には今年は準決勝で対決している。
終盤の逆転劇が異常性を極めている。ここまでの智弁和歌山の逆転劇は知らない。
ただ決勝の大阪桐蔭の根尾には通じなかった。


上記まとめを見て思うが、先頭打者が塁に出ているかは非常に重要。
2番打者は打力より犠打力を要求される気がする。
下位打線も怖いかどうか。→どこからでも打てるかどうか。
このセンバツで、打線に穴がほとんど無い。どこからでも攻撃が可能。下位打線に回ったからといって、相手は安心は全く出来ない。
https://www.youtube.com/watch?v=LzPbLW_JB_Q

引用。どうもこれが今年のセンバツで初めて演奏された

「ミラクルショット」らしい。

確かに、これを流されたら、キツイな。

これを聞いたら今回のセンバツを連想するようになるだろう。

4,5点差あっても怖いだ。

中軸をイメージするだろう。

3番林、4番文元、5番冨田、6番黒川。

向こうの投手は、この4人と対決しないとならない。

投手vs打者。気力で負けた方が、本当に負けになる。

ただこの4人をクリアしても、下位打線が待ち受けている。
他の高校であれば、大勢の野球部の補欠がアルプスで踊って応援するというのをよく見かけるが、単に馬鹿だろう。目的意識なくただメガホン振り回して踊っている。馬鹿には馬鹿らしい応援をさせておけば良い。
今一度見たら、創生館はベートーベンみたいなクラシックの応援曲を使っていた。これも結構圧力かかるだろう。どうせ長崎だったら、また創生館がやって来るだろう。準々決勝辺りでもう一度試合せんとあかんかもしれん。
上記の林のスイングは、殺陣スイングだろう。
このセンバツの準々決勝と準決勝は中毒になるね。こんな試合無いわ。
創生館との10回裏の智弁和歌山の攻撃で2番西川のファーストフライは代打で出た選手がそのまま守備をしていた。本来のファーストであれば、あそこでコケるは無いかもしれない。
4番文元の打球は完全に死んでいて、サードとピッチャーの間に転がった。智弁和歌山のラストイニングの攻撃では、焦ってファーストに暴投を放るというのは十分あり得たが、アウトにした。この辺りが創生館の総合能力の高さだろう。
これはそこら辺の野球漫画より緻密だ。俺が知ってるタッチと同じような奴(=H2)もしょうもなかった。あのスコアで3年間の集大成は無いだろう。
創成館戦の10回裏の攻撃で、林のスイングは恐怖としか言いようが無いだろう。
ふと思ったが智弁和歌山からアフリカンやサンバデジャネイロ、エルクンバンチェロ等の曲を盗むのは良いが、どの高校もそのイニングを通し演奏するは無いね。選手が選んだ曲だろう。俺が相手チームだったら曲だけを盗むのではなくて、イニングを通して流す曲というシステムを導入するだろう。
また見てて気付いたが、他のチームの監督のサイン複雑過ぎて読めない。だが高島さんは読まれるだろう。
相手チームが投手交代やタイムを取った時の間に応援音量を下げるというのは駒大苫小牧のスキルだろう。これを導入したんだ。
18年前の東海大相模の監督は1年目だったらしい。もう記憶に残って無い。1年目であの最強打線を封じ込めたんだから、凄いと結論付けるしか無い。確かに東海大相模には勝てなかった。柳川・国士舘には勝てたが。
他の高校は過去に流された曲をチョイスしてるだけか。自ら楽曲を作るというのをしていない。未だに鉄腕アトム等は無いわ。工夫が感じられないのか。その辺りはさすが頭の良い高校だ。工夫をしてくる。考えてくるんだろう。考えてそのイニングに相応しい曲をイニングを通して流すんだろう。
5回裏の東海大相模には確かに2アウトで7番打者にライトライナーの2点本塁打を打たれて1点リードされた。あれはチェンジアップが浮いたのを狙われただけだと思うが、高島監督はなぜかキャッチャーの東妻に「いねー!もー!」と指導じゃ無くあれはもう暴言だった。2006年夏竹中は帝京に9回表の1イングだけで8点取られたが竹中に怒らなかった。試合がまだ終わった訳では無いが竹中は泣いていた。これだけ甲子園でキレたのは見た事が無い。
東妻がその試合全く当たっていないのならまだ分かるが、2-2でしばかれるだろう。キツイね。
このキレた後、その東妻からの攻撃が3人で終わり。逆にその次で東海大相模が爆発して5-10になった。もうほぼ負けだろう。
どういう教育をしたら4,5点差を逆転しようという気力があるんだ?普通は諦めるが。さらに相手は強豪校だ。意味不明・理解不能。
あほみたいな例えをするが、ミラクルショットはタッチの「情熱物語」と同じだろう。3年間の集大成に相応しい。
終盤、8,9回イニングで相手チームのあまり記録に残りにくいエラーが出ている。全て安打扱いになって後から見ても分かりにくい。
今の智弁和歌山には春季大会の地方大会は要らんだろう。
そう言えば、これはアニメの話で架空だが、「タッチ」の3年の夏の地方大会の決勝の時に、柏葉は「打線という言葉を知ってるか?」って言ってたような。「9人の馬鹿が何も考えずに打ってたら線にはなんねーんだよ」。クレバーさが大事だな。
頭筋肉のバカであれば準決勝までは来れん気がするが。準々決勝なら相手に恵まれるはあるが、準決勝はまぐれは無い。
センバツの準優勝に引き続き
春季の県大会も無事に優勝しましたね^ - ^
今週から明石トーカロ球場で開催される近畿大会にも出場致します。

応援に行かれる方はいらっしゃいますかー?
>>[108] 去年の夏、紀三井寺に行きましたが、打力が全然感じられず、このままであれば初戦敗退だと思いましたが、春夏連続優勝の興南から6点をひっくり返したので、予選は全然参考にならないと思い、見に行くのを止める事に決めました。
>>[109]
レスありがとうございます^ ^
自分も去年の夏の紀三井寺、秋の舞洲と4試合観戦しましたよー

自分は全力分析よりシンプルに智弁和歌山の応援と、ブラバンが楽しみで観戦してます^ ^
今週日曜日の近畿大会も行く予定にしてます。
ミラクルショットが報道ステーションのスポーツ番組コーナーで使われた。

ログインすると、残り74件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

智弁和歌山の応援が好き 更新情報

智弁和歌山の応援が好きのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。