ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > クリスタルゾーン > トピック一覧 > 情報提供〜ガン細胞の可視化技術...

クリスタルゾーンコミュの情報提供〜ガン細胞の可視化技術開発

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

がん細胞 手術せずにその場で可視化する技術 東工大が開発


東京工業大学の研究チームは、血液注射すると、悪性化したがん細胞にある特殊な物質にのみ反応して近赤外線を発光し、患者の体を傷つけることなく、がん組織を特定する技術を開発し、マウスを使った実験で実証した。



 東工大の近藤科江教授と口丸高弘助教のチームは、悪性がんの腫瘍組織で活性化する「低酸素誘導因子」に着目。これまでの研究で、抗がん剤が効きにくくなったり、がん細胞の転移に関わることが判明しており、がんの早期発見につなげる診断マーカーとしての活用が期待されているが、あらかじめがん細胞に遺伝子を導入しなければならず、その場での診断は難しかった。



 そこで、がん細胞が血管形成を妨げ、慢性的な酸素不足の環境だと「低酸素誘導因子」が分解されない性質を利用して、近赤外線を発光する特殊なたんぱく質分子を組み合わせた試料を開発。



 皮膚がんのマウスの尻尾の静脈に注射し、全身に行き渡らせた実験では、投与後1時間で悪性がんに侵された部位を特定した。



 また、これまで大腸がんの診断では、投与した試料が膀胱や肝臓、腎臓などの排泄器官を通る全過程で発光してしまうことから、腫瘍の位置を特定するのが難しかったが、高精度な診断が可能になるという。



 研究チームは、「低酸素誘導因子」が、がんの発生や転移の過程でどのように機能しているのかを具体的に明らかにすると話している。



 なおこの研究結果は、英科学誌ネイチャーの姉妹誌「サイエンティフィック・リポーツ」電子版に掲載された。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

クリスタルゾーン 更新情報

クリスタルゾーンのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済