ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 栃ノ心 > トピック一覧 > 平成30年(2018)年 九月...

栃ノ心コミュの平成30年(2018)年 九月場所

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

新大関ニ場所目は、いきなり試練の場所になってしまいました。前場所途中休場によるカド番を、足親指の負傷が癒えないままに迎えます。
しかし、これまでいくつものケガや試練を乗り越えてきた、鋼の肉体です。共に信じ共に辛抱して、今こそ精一杯の声援を贈りましょう。

日本相撲協会によるポスターでは五月に続き、今度はピンで主役を務めます。
両国国技館では待望の「栃ノ心弁当」も発売になります。
角界の中心に君臨する、我らが大関 栃ノ心。がんばれ!

コメント(20)

大相撲九月場所初日。大関栃ノ心は千代大龍との対戦です。
「さぁ時間になって、ここから大関の登場。栃ノ心が先場所新大関の場所を右足の親指を痛めて休場。いきなりカド番の試練です。」
「場所前、関取衆との申し合いを再開しましたがなかなか下半身の感覚が戻って来ない。痛みはかなり抑えられていると言いましたが、そう口にしていた栃ノ心。」
※待ったなし!
「相手は千代大龍、今場所は西の二枚目。立合い馬力のある千代大龍に対して、軍配返りました。」
「胸で行った栃ノ心。まわしを探る!栃ノ心が中に入りました!吊りだし!放り投げるような勝ち方!」
「カド番の栃ノ心、初日白星。立合いの体当たりに負けませんでした。決まり手は吊りだしです。思わず北の富士さんも声が漏れましたが?」

北の富士「つり上がった、持ち上がったね。(笑)力強いんだねぇ。」

北の富士さんも思わず笑っちゃう磐石の強さ。

そして取組後のコメントは・・・
「勝ちました栃ノ心ですが、もう一つ浮かない表情だったですね。ちょっとまだ高いと、こういう言い方をしましたね。それは腰がですか?と聞いたら、うんとうなずいたあと、で、親指の具合は?と聞いたら、そちらはもう大丈夫。こういう答えでしたね。」

ちょっと心配ですが、明日は先場所準優勝の豊山と。
さて、初日は両国国技館で見てきました。
なんと言っても大関昇進後、国技館初登場ですからお楽しみがたくさんあります。

まずは注目の栃ノ心関プロデュース弁当が発売されたこと。注目の中身は、牛肉甘辛煮withパブリカ、アスパラ&チーズの豚ロース肉巻カツ、鶏肉と野菜のトマトラタトゥイユ、秋刀魚の竜田揚げなど。
味付けが濃くて酒の肴にもご飯にも良く合う美味しいお弁当でした。機会があったら是非食べてみてください。

また、2階席正面通路には記念撮影用パネルが設置されていますよ。
さらに、協会発行のポストカードも新発売。
ファンにはたまらないものばかりです。
九月場所二日目は、伸び盛りの若手、三代目豊山が相手です。
NHK向正面は春日野部屋で指導する元栃乃花の二十山親方が解説です。

※時間です
「さぁ、栃ノ心の二日目。組んで栃ノ心、離れて豊山という展開。木村陽動が合わせます。」
「栃ノ心が左のまわしは、引けない。右が少しのぞいた、そして左の上手は栃ノ心!栃ノ心の形!引き付ける!寄り切りました!栃ノ心の勝ち!」
「最後は豊山がうっちゃりに行きましたが、その前にもう豊山の足が出ていました。前回は攻め込まれての逆転勝ち、今日は攻め返しての右四つ左上手。決まり手は寄り切りです。一つ息を吐きました、栃ノ心。」

二十山「足も手も、よく出ていましたね。前に攻めて行った。これが一番ですね!」
「今日は正面側で、左の前まわし狙いで、最初は取れなかったのですが、大関に上がるときのような突き放しが出ましたね。」
二十山「手も出ましたので、それで相手との距離も近くなって行ったのだなぁと思います。」

明日も若手、芦屋の小冠者 貴景勝。うるさく動き回られる前に捕まえたいですね。
二日目国技館観戦でした。入り待ちしていたらなんと!栃ノ心がやってきたんですよ!!!!すんごくびっくりしました。大関になっちゃったからもう入り待ちしてても見られないとおもっていたので、すっごく嬉しかったです♪ジョージアの国旗柄のゆかたかっこよかったですよー。
九月場所三日目は貴景勝が相手です。解説は部屋の春日野親方。さて師匠を唸らせることができますか?

先ずは気になるケガの具合と場所入り後の調子について。
春日野「まぁ、思惑通りには行かないような具合でしたね。立合いがしっかり当たれているのでまわしも取れますけど、今日の相手みたいに押し倒しながら攻めて来るタイプには、ちょっと苦戦するかもしれませんね。出る限りは優勝を狙ってもらいたいですけどね。あとはもう痛いのを忘れることですよ。一生懸命やることです。」

「貴景勝も帰り三役、二日間内容も悪くない。出足もあるし気持ちも迷いはない、と話していました。」
※待ったなし!
「木村玉次郎が合わせます。立合い。上手狙う栃ノ心だが、上手切った貴景勝!はたいた!叩き込み!貴景勝の勝ち!カド番の栃ノ心、三日目に土!」

ありゃ〜、止まっちゃいました。悔しい悔しい。攻め急ぎだね。貴景勝も上手いよ。悔しいです。

明日は前場所連勝を止められている玉鷲と。リベンジですよ!
※今回、師匠春日野のコメントを中心に再録しました。
2勝1敗で迎えた四日目は昨場所敗れた、玉鷲とです。大関候補を相手に大関の力を示せるか?
解説は舞の海さんと寺尾の錣山親方。

「制限時間いっぱいです。カド番の大関、栃ノ心。連敗はしたくない今日四日目。玉鷲は昨日の御嶽海戦、取り直しの末に敗れましたが激しい攻めがありました。」
※待ったなし!
「行司は木村容堂に変わりました。立合い、少し引いた栃ノ心、まわしは取れない、突き放す!が、中に入った玉鷲が前に出る!両者もつれて土俵下に落ちたが・・、軍配は西!栃ノ心!しかし物言いがつきました・・。」

「あぁっと流血!栃ノ心のまぶたの上から鮮血が流れています。一旦土俵に上がった栃ノ心、状況はどうでしょう?少しクラっと来ているか?フラフラしています栃ノ心。」

※協議中

「只今の協議について説明いたします。行司軍配は栃ノ心を有利と見て揚げましたが、栃ノ心の踵が出るのと玉鷲の体がなくなるのが同時と見て、取り直しといたします。」

「取り直し!大歓声の国技館!しかし相撲は玉鷲でした。栃ノ心の流血ですが、眉の上辺り。今は血は止まっているように見えます。」
舞の海「突っ張りをもらったときか?もしかすると玉鷲の頭が当たってバッティングしたのかと?」
錣山「頭だと思います。でも血が止まるのは不思議ですよね。やはりアドレナリンが出ているのでしょうか?」

「取り直しの一番、栃ノ心にはまだ下がりがあります。もう下がりがない玉鷲。カド番の大関栃ノ心です。」
※待ったなし!
「カチ上げ!しかし玉鷲の出足だ!しかし突き落とし栃ノ心!栃ノ心の勝ち!うまく回り込みました、そしてまた鮮血が顔面を染めます。栃ノ心、連敗はしませんでした3勝1敗。玉鷲敗れて4連敗、しかし良い相撲でした。」

舞の海「栃ノ心もカド番ですから必死ですよね。うまく相手が出てくるところを、相手の勢いを利用して突き落としを決めていますね。」
錣山「栃ノ心は右にこだわらずに、やはり左の上手を取ったら強いので、それを徹底してもらったら、もう一歩上を目指せると思います。」

苦しい流血戦、取り直しの末の一番、いや二番を気迫で制しました。大きな白星です。
そして明日は全世界注目の取組、大関昇進が懸かる一門の若武者、御嶽海との大一番です。
>>[4] 入待ちしたんですね。部屋が近いから大関になっても歩いて通うと広言していましたが。ということは出待ちもできる。これは楽しみです。
お弁当は食べましたか?
>>[7] なんと!歩いて通う宣言してたんですか!これはうれしいです。今回出待ちは、取組が終わったら土砂降りの雨だったのであきらめましたが、次回は絶対に! 楽しみですね。 お弁当は食べ損ねました。。。。これも宿題です^^。
五日目、大関獲りを目指す御嶽海に敗れ2敗。もう負けられない状況となって、六日目の相手は勢関です。

「さぁ制限時間いっぱい。まだ白星のない勢戦、しかし勢は今日で横綱大関戦が終わります。立合い、上手は取れない、突き落とし!栃ノ心の勝ち!」
「栃ノ心、4勝2敗です。勢は横綱大関戦が終わりましたが6連敗となりました。」

向正面解説は春日野部屋の富士ヶ根親方(元大善)
「ちょっと踏み込みが、上体が高くて、しっかり右から突き落としたのですが、上手を肩越しなかなかどうしても足の踏ん張りが、ケガする前みたいにはいかないんですね。でもまぁ必死の土俵が続いていますけど、気力でしっかりと白星をぜひ積み重ねてカド番を脱出して欲しいですね。」

明日は逸ノ城との名物対決、battle of super heavy 。角界名物の力比べです。
九月場所は中盤に入り七日目。上位陣同士の闘いがスタートします。
栃ノ心の相手は関脇 逸ノ城。お馴染みがっぷり四つの力相撲になりますか?
解説は尾車親方と、そして春日野部屋の親友、元木村山の巌友親方です。藤井アナウンサーの幻想的な?名調子と共に再録しましたよ。

「巌友さんは東洋大から平成16年春に入門して、二年後に栃ノ心が春日野部屋に入って来ました。それから十両に上がったり幕内に上がったりほぼ同時くらいに出世をしてきまして。栃ノ心をずーっと見てきて、今の足の親指の状態が気がかりなんですが、どうですか?」
巌友「場所前、十分に稽古ができなかったんですけど、休まず稽古を続けて来ましたので、やって行くごとに、どんどん戻って行けると思います。まだまだ本場所で相撲を取りながら感覚を戻して、上にもしっかり勝ってもらいたいですね。」
「栃ノ心も本当に苦労しながら、復活して来ました。そして大関昇進、さらにはもう一つ上をというところで、今また、足の親指のケガがあります。今日は、逸ノ城戦。もう相撲ファンの皆さんならよくご存知ですが、過去16回の対戦、栃ノ心11勝、逸ノ城5勝。毎回のように右四つがっぷりの力競べになります。」
「もしも大相撲に立合いというものがなくて、四つに組んだ状態から相撲が始まるとすれば、1、2を争う強い二人だと思います。」

「この場所中に、右のまぶたを6針縫いました、栃ノ心。目の辺りがちょっと青く変わっている栃ノ心ですが、さぁ!右の相四つ。」
「行司は木村容堂です。」

※立合い合わず
「オーっと、これは珍しく逸ノ城が食い込んで行きました。」

※待ったなし!
「栃ノ心が前まわし、いつものように右四つ!そして逸ノ城はまだ上手が取れません。栃ノ心が頭をつけました、大関が頭をつけました!寄りました!栃ノ心がうまく攻めました!短い時間で白星を手にしました!寄り切り、栃ノ心の勝ち。」

巌友「まぁ右四つになるとは思ったのですが、頭をつけたのが良かったですね。長い相撲になると相手は大きいので不利になりますから、頭をつけたのが良かったですね。」

尾車「右四つがっぷりを嫌って頭をつけに行ったことと、それから左の前みつ、上手が非常に良い位置でしたね。右も下手を取っている、うまい相撲ですね。こう状態を起こされると逸ノ城も、次の手がないですね。」

明日はいよいよ大関同士の対決、豪栄道との一番です。
中日。大関豪栄道に立合い負け、一気に持っていかれて3敗目。一月場所のような相撲が期待できない今、苦しい星になりました。
九日目の相手は横綱 稀勢の里。お互い剣ヶ峯の対戦です。
九日目は両国国技館で観戦しました。横綱稀勢の里との白熱の攻防、大熱狂の観衆、これぞ大相撲の熱戦を展開。
結果は横綱の地力に寄りきられ、痛い痛い4敗目です。
新聞報道によれば、控え室でも相当な悔しがりようだったそうで、我々ファンもこの悔しさを共有して、応援を続けたいと思います。

10日目はブラジルの人間機関車 魁聖が相手。リングスグルジア対リングスブラジルの系譜を引く格闘技王国対決です。
>>[12]

お休みだったのでテレビ桟敷観戦。

わぁ、わぁー言いながら観ていました。。私もはい、悔しいexclamationしかし応援を続けますよ!当たり前!
九日目、横綱稀勢の里に敗れて苦しい星勘定となってしまった栃ノ心。十日目は巨漢魁聖との一番です。

「さあ土俵に大関登場です。西から5勝4敗、大関二場所目ですがカド番、まだ2横綱1大関との対戦を残すなかで今日十日目、栃ノ心。西筆頭魁聖との対戦。魁聖は4勝5敗。栃ノ心からすれば下位力士に取りこぼすわけにはいきません。」

「右の四つ、すぐにがっぷり、引き付け合い両者まだまわしを切るという動きはありません。力相撲で行く!む、まわしを取りに行くか?魁聖!左が切れて右の下手を嫌おうという動きか?魁聖の上手が切れてどうか?栃ノ心は左上手十分。寄りきりました、栃ノ心の勝ち!栃ノ心6勝4敗で、カド番脱出に向けて残り5日間。」

手負いの状態で魁聖の巨漢を寄りきる上半身のパワーは、やっぱり大関の力です。
十一目の相手は、今場所抜群の安定感で優勝戦線をひた走る横綱鶴竜。がんばれ!
>>[14] 俺はしばらく二階席で呆けてたよ。
九月場所も終盤に入り、カド番脱出もいよいよ剣ヶ峯。苦しい対横綱連戦、まずは今場所最も安定感ある鶴竜との一番です。解説は元横綱大乃国の芝田山親方。

「大関二場所目で早くもカド番の栃ノ心、こちらはやはりまだ本来ではないですね。6勝4敗。」
芝田山「まあ、そうですね。痛めたところが回復がもう一つなのかもしれませんが、そうも言っていられませんよね、栃ノ心は。」
「今日鶴竜、明日白鵬戦が組まれた栃ノ心、栃ノ心はともかく勝ち越しをしなければ残れません。手負いの栃ノ心がこの相撲をどう取るか?右の相四つ。勝ったときは上手を取って先に攻めた栃ノ心。鶴竜にとっても今場所初めて迎える大関戦。」

「右四つ!上手は、アーッともろ差しだ!鶴竜がもろ差し!これは鶴竜・・・、いや栃ノ心が吊り上げる!出た出たジョージアンサルベージ!吊り上げる吊り上げる!吊りだし〜!栃ノ心の勝ち!鶴竜一敗!」
「なんと鶴竜、ここまでほぼ安定した相撲を見せてきましたが、栃ノ心に敗れました。」

「中に入ったのですが肩越し外四つで吊られてしまいました。」
芝田山「鶴竜は良いところに当たっていますよね。栃ノ心が思わず入れてしまってどうしようもないと思ったのでしょうね。思いきって吊り上げましたよね。栃ノ心の執念と気迫が勝りましたね。」

ここで敗れた鶴竜の談話
「立合いは左の前まわし狙いでもろ差しになったのだけれども、まさかあんなところから吊られるとは思わなかった。」

横綱も驚く超人的パワー、今場所初のジョージアンサルベージが大一番で炸裂、まったく贔屓ですら計り知れない魅力です。
今場所ポスター抜擢の重責も十分に果たしてくれました。
さぁ!カド番脱出へあと一番。次は白鵬戦。ミラクルパワーで一気に行こう!

>>[17] 白鵬との本日。私は、仕事なのでテレビ桟敷にも行かれずですが、勝って欲しい!全勝白鵬に、勝って欲しいexclamation ×2
>>[18] 勝ってほしいねー!私も連日仕事なので、帰宅後の録画桟敷席です。
十二日目は横綱 白鵬。十三日目は苦手 正代に敗れ、痛い連敗。
残り二日の取組は十四日目に越谷の毒グモ 阿炎。千秋楽は予想ですが大関 高安。

優勝の行方は白鵬でほぼ決まり、残る話題を独占しながら勝負二日間に挑みます。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

栃ノ心 更新情報

栃ノ心のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済