ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 地域 > 彦根のお城 > トピック一覧 > 荒神山城(日夏町・石寺町)

彦根のお城コミュの荒神山城(日夏町・石寺町)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

荒神山は標高263m、山としてはそれ程高い場所ではありませんが、近江平野の中では低い方ではなく山頂に登ると市内を越えて湖北まで眺める事ができます。この様な条件があるからでしょうか? HNKをはじめ複数のメディアが中継アンテナを設置しています。

そんな荒神山の歴史は古く、平成14年に彦根市史編さん室と滋賀県立大学考古学研究室によって測量調査によって全長114m以上の大規模な前方後円墳である事が解かった荒神山古墳の存在が、それまで湖東地域には大きな古墳が存在しないと言われていた為に、この辺りに巨大な力を持つ権力者が居なかったとされていた湖東古代史を変える貴重な資料となっています。
こう考えると、少なくとも古墳時代後期・4世紀後半にはこの辺りを大きな権力者が治めていたことになるのです。
この前方後円墳は琵琶湖を向いていて、ここに眠る豪族が琵琶湖の水運を管理した人物だった事が伺えて琵琶湖を中心とした物資や文化の交流があった可能性を高く示しているのです。

さて山頂の荒神山神社は山の名前の由来にもなっている場所ですが、そもそも「荒神」とは、神様の名前で、荒神様は「かまど」の神様として知られ同時に「火」の神様でもあります。
今でこそ「かまど」は無くなり、電磁調理器の登場で家庭によっては台所で火を使わない所もあると耳にした事がありますが、だからと言って荒神様とご縁が無い訳ではありません。
「かまど」は一家の中心となる物ですから、「かまど」が賑わっていれば家庭も豊ですし、会社が破産したりする事を“「かまど」を破る”と言った表現をしたりもしました。
荒神山神社もその起原は2200年前まで遡ると社史は伝えています、実際に、天智天皇の御世には、はっきりとした記録も残っていますし、奈良時代になると行基が奥山寺を開山し、三宝大荒神像を祭っています。

そんな神社なのですが、戦国時代はこの地域を見渡せる山として六角氏の拠点となり、六角氏の身内で重臣でもある日夏安芸守によって荒神山城が築かれました、この城跡は神社の境内とほぼ一致しているので境内が城郭の中に含まれていたのではないかとも考えられるのです。
その為でしょうか? 織田信長の比叡山焼き討ちと同時期に焼き払われますが、豊臣秀吉には保護を受け、秀吉が寄進した石燈篭が残っています。


荒神山神社は立派な石垣の上に建てられていて、この石垣がお城の遺構ではないかという説もありますが詳しい事は解りません。
また神社の周囲の感じからこの辺りが曲輪であった可能性もありますが、それも想像の域を出ないのが現状です。

しかし、戦国期に六角氏の拠点だった事は確実で、同じ様に六角氏の拠点として築城された肥田城と結びそのまま山側にまで並ぶ城跡群まで繋げると、荒神山麓の宇曽川を天然の濠とした大きな境目が出来上がる構図が見えてきます。
歴史の陰に埋もれたところには、記録に残らなくても信長登場までは戦上手と呼ばれた六角一族の大きな戦略があったのではないでしょうか?

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

彦根のお城 更新情報

彦根のお城のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済