ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 馬<鹿寝『Kabane』 > トピック一覧 > 非破壊検査PRESENTS「お...

馬<鹿寝『Kabane』コミュの非破壊検査PRESENTS「お江戸ミステリー 家康が最も怖れた仕掛人」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

非破壊検査PRESENTS「お江戸ミステリー 家康が最も怖れた仕掛人」
(2011/01/23(日):15:00〜16:25)

江戸時代に活躍した天才クリエーターの物語を再現ドラマと秘蔵資料などで紹介。
(1)中井正清…徳川家康の「富士山のような巨大な城を…」という願いをうけ、奈良の大工であった正清が設計建築、瓦に軽くて丈夫な合金を使用して完成させた。
(2)松尾芭蕉…神田上水道の改修工事で請負業ともいえるビジネスに成功。
(3)栗山膳四郎…15万円のお茶漬けなど粋な食文化を築いた料理人。
他にも園芸や算数クイズブームの仕掛人も登場。
 
中井正清
中井 正清(なかい まさきよ、永禄8年(1565年) - 元和5年1月21日(1619年3月7日))は、江戸時代初期の大工頭。
初代の京都大工頭であり、大和守、従四位下。関ヶ原の戦いの後、徳川家康に作事方として仕え、二条城建設に活躍した。江戸城、知恩院、駿府城の天守、江戸の町割り、増上寺、名古屋城、内裏、日光東照宮、久能山東照宮など、徳川家関係の重要な建築を担当した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E4%BA%95%E6%AD%A3%E6%B8%85

松尾芭蕉
松尾 芭蕉(まつお ばしょう、寛永21年(1644年) - 元禄7年10月12日(1694年11月28日))は現在の三重県伊賀市出身の江戸時代前期の俳諧師である。幼名は金作。通称は藤七郎、忠右衛門、甚七郎。名は宗房。俳号としては初め実名宗房を、次いで桃青、芭蕉(はせを)と改めた。
蕉風と呼ばれる芸術性の極めて高い句風[1]を確立し、俳聖として世界的にも大変高名であり、日本史上最高の俳諧師の一人である。
芭蕉が弟子の河合曾良を伴い、元禄2年3月27日(1689年5月16日)に江戸を立ち東北、北陸を巡り岐阜の大垣まで旅した紀行文『おくのほそ道』がある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B0%BE%E8%8A%AD%E8%95%89

栗山膳四郎
八百善
八百善(やおぜん)は、江戸時代に会席料理を確立し、江戸で最も成功した料亭のひとつである。享保年間に浅草山谷で創業して以来、栄枯盛衰を繰り返す。
文政期の四代目の当主 栗山善四郎は、多才多趣味で当世一流の文人墨客との交流が深く、狂歌、絵師、戯作家の大田南畝(蜀山人)に「詩は五山 役者は杜若 傾はかの 芸者はおかつ 料理八百善」と言わしめた。また、八百善が文政五年に刊行した『江戸流行料理通』は当時の料理テキストとも言うべきものだが、蜀山人・鵬斎(亀田鵬斎)が序文を寄せ、谷文晁、葛飾北斎らが挿画を描いて評判になり、江戸土産としても人気を博した。
徳川将軍家代々の御成りも仰ぎ、ペリー来航の際の饗応料理も担うなど、その名を江戸中にとどろかせた。また様々な文献にも登場し、「一両二分の茶漬け」や「はりはり漬」、「松皮鯛」、「きんとん」、「寒鮒の子和え」、「中華玉子」など料理にまつわる数々の逸話も存在する。高級料亭の先駆け的存在として、江戸の食文化の形成に重要な役割を果たした。
2004年3月まで江戸東京博物館のレストランとして江戸料理を現代に伝えていたが、現在は料理屋・レストランとしての店舗は存在せず、十代目の栗山善四郎の指導の元、十一代目と目される栗山雄太郎氏が代表を務める『 割烹家八百善株式会社 』が、三越、小田急などの大手百貨店、また各通販業界において、八百善ブランドの江戸料理の高級惣菜、おせち料理等を提供している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E7%99%BE%E5%96%84

興味ある方はどうぞ。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

馬<鹿寝『Kabane』 更新情報

馬<鹿寝『Kabane』のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。