ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学校 > 目黒区立第九中学校 > トピック一覧 > 【訃報】信田稔先生

目黒区立第九中学校コミュの【訃報】信田稔先生

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

1980年代中盤から90年代中盤まで、九中の国語科教諭であった「ノブちゃん」こと信田稔先生が、11月5日に60歳の若さで亡くなられました。今春まで大田区の中学校の副校長を務めるも、ガンで闘病中であったと聞きました。

亡くなったばかりの恩師にこんなことを言うのもアレですが、ノブちゃんは、我々の中では正直言って変人で、授業中に奇声を発したり歌ったり生徒の耳を噛んだりetc…。いわゆる普通の「怖い先生」とは違う、「何を考えているのかわからない」という意味での怖い先生でした。しかし、独特の愛嬌のようなものがあり、意外な真面目さや優しさも同居する、何とも不思議で憎めない先生でした。また、緊張感あふれる国語の授業で鍛えられたおかげで、ワタシは国語が得意科目になり、大学も国文学科に行くまでになりました。中学の3年間、担任は別の先生で、個人的なエピソードもほとんどありませんが、ノブちゃんにはとても感謝しているのです。
現役教員時代の写真が飾られていましたが、ほとんどが九中時代のものでした。また、幼少期や結婚式の写真も飾られていて、参列者の皆さんも見入っておられました。
英語担当だった佐藤敦子先生にも久々にお目にかかりました。佐藤先生は還暦を過ぎたそうですが、大田区の中学校でまだ現役教員を務めているとのこと。「10日にお見舞いに行く予定だったけど、間に合わなかった…。でも、みんな来てくれて、きっと喜んでるよ」とおっしゃってました。また、養護担当の藤丸二三代先生や、妹の担任だった伊藤(神田)優子先生にも、中学卒業以来の再会。こうした再会はノブちゃん最後の置き土産でありましょう。
最後に、同級生連中で、棺の中のノブちゃんに会わせていただきました。中学卒業以来の再会となったノブちゃんは、長く闘病していたなんて嘘みたいな、安らかな寝顔でした。それこそ、呼んだら起きそうな…。

ノブちゃん。信田稔先生。これまで本当にありがとうございました。心より、御冥福をお祈り申し上げます。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

目黒区立第九中学校 更新情報

目黒区立第九中学校のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。