ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 映画 > moving (movies and musicals) > トピック一覧 > ポルト(3)

moving (movies and musicals)コミュのポルト(3)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

映画Porto(3)
いすゲイブ・クリンガー

ペン<ポルト(3)>
客観的に見ると、酷い女と駄目な男が偶然過ごした一夜の幻みたいな話。
ポルトの夜の街が二人に魔法をかけたって趣だなぁ。
側にいない想い人を思い出す感覚で過去映像がフラッシュバックしていくのもいいなぁ。
あと、アントンの声。ワイングラス

*****
多分、劇場鑑賞3回目(←その通り)。
意外と縁のある作品のようで。

そして、ロードショー館(武蔵野館)で観るより
名画座(新文芸坐)の方が鑑賞環境が優れているというパラドックス。

冷静かつ客観的に観ると、
酷い女とダメな男の1夜の幻みたいな話だな、と。

ジェイクもマティも、ダメダメなんだけど、
ポルトの夜が2人に魔法をかけたって趣だな。

だから、この夜に起きたことは奇跡のようでも、
その後の別れは必然だったのかなと。

時間軸が錯綜している作品なので、
今は側にいない想い人を思い出す感覚で
過去映像がフラッシュバックしていくのが良いな。

そして、アントンのくぐもり声が好きだな…。

この作品のアントンは、くたびれモードだけど、
ちょっとだけ美少年モードも残っているのが嬉しい。

ポロポロとしたジャズっぽいピアノの音もいいな。

で、時間軸を整理し直すと、赤い傘の場面がラストになる。
偶然の出会いの1夜を、とっとと思い出に昇華するマティのバイタリティよあせあせ

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

moving (movies and musicals) 更新情報

moving (movies and musicals)のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。