ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 映画 > moving (movies and musicals) > トピック一覧 > パターソン(4-5)

moving (movies and musicals)コミュのパターソン(4-5)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

映画Paterson
いすジム・ジャームッシュ

ペン<パターソン(4)>
月曜日に出掛ける時、静かにそっと玄関を閉めるパターソン。
マーヴィンと散歩に出かける時は、『パタン』と普通に閉めているので、
やっぱりローラが目を覚まさないように気を遣っているんだなぁ♪ 
4人の詩人、誰もが素敵だね。本

ペン<パターソン(5)>
日常の些細な出来事を淡々と綴った作品で、
当たり前だけど、観る度に同じことが起きることに安心する。
曲がりくねったあまり広くない道路を、大きなバスが丁寧な運転で進んでいく様子が、
パターソン本人に似ていて、愛しくなる。本

***************
4回目。

色々と記憶を修正。

まず、パターソンからマーヴィンへの不平、
『お前なんかキライだ』は、
”I don't like you, Marvin.” みたいだな。

月曜日に出掛ける時、静かに玄関を閉めるパターソン。
やっぱり、ローラが目を覚まさないように気を遣っているんだね。

パターソンがローラを”Laura”って呼ぶ場面は、1度だけ確認。

でも、ローラがパターソンを名前で呼ぶ場面は見つけられなかった。
呼び方は、Darling/Silly/Baby/などなど。

Silly(おばかさんね)という口調がとても優しくて、
”I love you”って言ってるみたいに聞こえるなぁ。

**************
4回目くらいかな (と思ったら5回目)。

嵐で心が折れつつ、ヤケクソモードで池袋へ。
着いたら、予告編が既に始まっていて、ギリギリのタイミング。
(↑去年の5月のこと)

でも、なんとか無事に観れて良かった。
後は、 無事に家に戻れるかどうかですが。
(↑その後の記憶がないので、多分大丈夫でした)

日常の些細な出来事を淡々と綴った作品で、
当たり前だけど。観る度に同じことが起きることに安心する。

大きなバスが、曲がりくねったあまり広くない道路を丁寧な運転で進んでいく様子が、
パターソンの性格を反映しているようで、愛しくなる。

パターソンの髪型は、前髪ありの方が好きだな。

男と女と犬の三角関係。
2人で出かけてしまって、散歩に連れていってもらえないマーヴィン。
目の前に文句を言いたい人(=パターソン)の分身(=ノート)が置いてあったら、
それにストレスをぶつけてしまうの、分かるなぁ。

あ、この作品が捧げられているNellieって、
もしかすると、マーヴィンを演じたブルドックのことかな?
(と思ってみたらその通りでした・・・。)

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

moving (movies and musicals) 更新情報

moving (movies and musicals)のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。