ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 映画 > moving (movies and musicals) > トピック一覧 > 心と体と

moving (movies and musicals)コミュの心と体と

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

映画Testrol es lelekrol
いすイルディコー・エニェディ

アレクサンドラ・ボルベーイ/マーリア
ゲーザ・モルチャーニ/エンドレ
レーカ・テンキ/クラーラ
エルビン・ナジ/シャーンドル
ゾルターン・シュナイダー
タマーシュ・ヨルダーン
イタラ・ベーケーシュ

メモ長編デビュー作「私の20世紀」でカンヌ国際映画祭カメラドール(最優秀新人監督賞)を受賞したハンガリーの鬼才イルディコー・エニェディが18年ぶりに長編映画のメガホンをとり、「鹿の夢」によって結びつけられた孤独な男女の恋を描いたラブストーリー。ブダペスト郊外の食肉処理場で代理職員として働く若い女性マーリアは、コミュニケーションが苦手で職場になじめずにいた。片手が不自由な上司の中年男性エンドレはマーリアのことを何かと気にかけていたが、うまく噛み合わない。そんな不器用な2人が、偶然にも同じ夢を見たことから急接近していく。
(by eiga.com)

えんぴつ<心と体と>
マーリアのビー玉のような瞳は、草食動物や『シンプル・シモン』の主人公に重なる。
コミュニケーションの方法が同じ夢を見ることという変わった設定で、
夢の持つ意味がラストでふわっと溶ける感じが素敵。ひんやり透明な空気感も好き。ウマ

*********
危険・警告ねたばれ

ラストの台詞が与えてくれた感情が、格別でした。

マーリアもエンドレも、自分では気づいていなかったけど、
2人は『あの空間』に閉じこめられていて、
そこから抜け出すことが出来たんだ・・・! という感動。

マーリアは、サヴァン症候群なのかな。
記憶力が並外れていて、几帳面で融通がきかなくて。

彼女のビー玉のような瞳は、「シンプルシモン」の
シモン(ビル・スカルスガルド)と雰囲気が似てる。

基本、無表情な彼女だけど、エンドレと同じ夢を見ていたことが、
お互いに書き起こした文章で確認できて、にっこりと笑う。
ここが、感情が現れた最初の表情。
でも、それ以降の無表情は、慣れてくれば感情が見えてくる。

気温も湿度も低そうなハンガリーの空気は、食肉加工工場でさえも、
床が血液で真っ赤であっても、生臭さは低めな感じ。
(そう思い込もうとしていただけかもだけど)

そして、こういう職場環境の人もいるのだなぁ、としみじみ。

自分が勤めるとなるとジワジワと神経をやられそうだけど、
牛達に、畏敬の念を持って接すれば大丈夫なのかな?

マーリアの、きれいに整えられた清潔で綺麗な卵型の爪とか、
風にさらっとゆれる金髪の美しさとか、
そういう何気ない描写が美しかったなぁ、と翌日思い出す。

もう一度、観たいかも。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

moving (movies and musicals) 更新情報

moving (movies and musicals)のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。