ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 映画 > moving (movies and musicals) > トピック一覧 > レッド・スパロー

moving (movies and musicals)コミュのレッド・スパロー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

映画Red Sparrow
いすフランシス・ローレンス

ジェニファー・ローレンス/ドミニカ・エゴロワ
ジョエル・エドガートン/ネイト・ナッシュ
マティアス・スーナールツ/ワーニャ・エゴロフ
シャーロット・ランプリング/監督官
メアリー=ルイーズ・パーカー/ステファニー・ブーシェ
ジェレミー・アイアンズ/コルチノイ
キアラン・ハインズ
ジョエリー・リチャードソン
ビル・キャンプ
テクラ・ルーテン
ダグラス・ホッジ
サキナ・ジャフリー
セルゲイ・ポルーニン
セバスティアン・ハルク

メモアカデミー賞女優のジェニファー・ローレンスが、「ハンガー・ゲーム」シリーズのフランシス・ローレンス監督と再タッグを組んだスパイサスペンス。元CIA局員という経歴を持つジェイソン・マシューズによる同名小説が原作で、捜査対象を美貌で誘惑する「スパロー」と呼ばれる女スパイの活躍を描く。
(by eiga.com)

ペン<レッド・スパロー>
圧巻だなぁ、ジェニファー。
マティアス、プーチンかと^^; 
ランブリングの指導者役には既視感。
J.エドガートンがハンサムな米国人って(ロシア人好み?)。
セルゲイ・ポルーニンの想定外サービス。
先見の明が繋げる未来。ブティック

*******

ジェニファー・ローレンスが圧巻でした・・・。

マティアス・スーナールツは、登場シーンでプーチン大統領かと思いました。
いかにもロシア人っぽい雰囲気。

(ちなみに、ご本人は、ベルギー人)

(今回は、ジェニファーもロシア人役)

シャーロット・ランプリングは、「わたしを離さないで」の先生役と
イメージが重なりました。
特殊学校の先生という意味でも、めっちゃ既視感。

この3人は、役柄とキャストが合っていました。

でも、ジョエル・エドガートンに関してはちょっと違和感。
ハンサムな米国人の男という設定で彼がキャスティングされるのか・・・。
この台詞が、何回も出てきたから特に。

ま、私とハンサムの基準が違うのかもしれない。
ロシア人の間では、彼のような人間がハンサムに見えるに違いない。
あるいは、米国人側のハンサム設定かもしれない。

ドミニカ(ジェニファー・ローレンス)は、
ワーニャ・エゴロフ(マティアス・スーナールツ)との写真撮影の場面で、
ワーニャに背中をぐいっと押されている。
ここで変なツボを押されて、それが原因で舞台で転倒したのかと思ったけど、
それは勘ぐり過ぎかな。

ワーニャは、彼女をスパイ学校に送り込んだ後、
一応、彼の立場なりに精一杯助けてくれてたし、
彼の姪でまければ、もう、とっとと、殺されていたかもしれないし。

さてさて。

この作品で、セルゲイ・ポルーニンが出演してることは知ってました。
だから楽しみにしていたんだけど、予想以上の大サービスでした(笑)。

まず、最初の記念写真の場面で登場。
後は、舞台でドミニカと共演する場面でするっと終わりかなと思ってたら、
ジャンプしてたところで、彼女に、ぶつかった?

あと、代役プリマのコとサウナでいるところを
ドミニカに襲撃されるという場面まで。
サウナだから、何も身に着けていないのに・・・うわわ。

それから、ラストにもちらっと出てきましたね。
怪我が治って何よりでした。

スパイもので、裏切りや騙し合いで一歩間違えれば殺される!
という展開だったのですが、

ドミニカが何を考えているのかがよく読めていなかった自分は、
あっさり殺されるなー、と自覚しました。

まぁ、私に「スパイになれ」と命令する無謀な人は、
この世の中にはいないから大丈夫・・・と、思いたいものです。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

moving (movies and musicals) 更新情報

moving (movies and musicals)のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。