ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 映画 > moving (movies and musicals) > トピック一覧 > アンダーカバー

moving (movies and musicals)コミュのアンダーカバー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

映画IMPERIUM
いす ダニエル・ラグシス

ダニエル・ラドクリフ /ネイト・フォスター
トニ・コレット /ザンパーロ
トレイシー・レッツ/ダラス・ウルフ
デヴィン・ドルイド/ ジョニー
パヴェウ・シャイダ /ヴィンス
ネスター・カーボネル /トム・ヘルナンデス
サム・トラメル/ ジェリー・コンウェイ

メモ「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフが主演を務め、テロ計画を阻止するためネオナチ組織に潜入した実在のFBI捜査官マイケル・ジャーマンの体験を映画化。
ヒューマントラストシネマ渋谷で開催の「未体験ゾーンの映画たち2017」上映作品。
(by eiga.com)

危険・警告ネタバレ

ダニエル・ラドクリフ主演の、FBI潜入捜査物。
米国の白人至上主義者がワシントンにセシウムをばらまこうとしたテロを未然に防いだ事件。
しかも、実話ベースらしい。

「米国」「テロ」「実話」という題材は「パトリオット・デイ」と同じなのに、
しかも、テロを未然に防いだというサクセス・ストーリーなのに、
限定上映でしか公開されなかったのは、テロリストが米国人だから?

この作品に登場する白人至上主義者の「テロリスト」は、
トランプ大統領を誕生させた支持者層に属するのかもしれない。
彼らの根本にあるのは。被害者意識だって言ってたな。

ダニエルが、黒縁眼鏡にマッシュルームカットで登場した時は、
ハリーのコスプレでもしてるのかと思ってしまった。

それから、潜入捜査ってことでスキンヘッドにしてからは、
ちんまりした感じはそのままでもイラン派兵の帰還兵の雰囲気はあったな。

彼を駒で使うのがトニ・コレットで、いいとことどり。
(てか、トイレの工事はいつになれば終わるんだ?)

余談だけど、ナチズムの若者溜まり場のライブハウスがあったので、
もしかしてアントン・イェルチンがいるかなって無駄な期待をしました。
(彼の作品、「グリーン・ルーム」参照^^)

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

moving (movies and musicals) 更新情報

moving (movies and musicals)のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。