ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 映画 > moving (movies and musicals) > トピック一覧 > ホームレス ニューヨークと寝た...

moving (movies and musicals)コミュのホームレス ニューヨークと寝た男

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

映画HOMME LESS
いすトーマス・ヴィルテンゾーン

マーク・レイ

メモ ニューヨークでファンッション・フォトグラファーとして活躍するマーク・レイ。長身でデザイナーズ・スーツを華麗に着こなす彼は、実は家を持たないホームレス。ファッションショーや華やかなパーティ会場にも顔を出す一方、寝床は雑居ビルの屋上。吹きさらしで寝袋にくるまり一夜を明かす日々。彼はこの奇妙な二重生活を6年近くも続けていた。本作は、そんな厳しい競争社会を自分なりのこだわりで生き抜くホームレス・ニューヨーカー、マーク・レイの日常に密着した異色ドキュメンタリー。
(by allcinema)

ペンニューヨークのあるアパートの屋上でホームレス暮らしをする男のドキュメンタリー。
 彼の前向きな愚痴も興味深いけど、この作品の陰の主役、カイル・イーストウッドによる
 ジャズ音楽と街の風景がスタイリッシュ。

ニューヨークのあるアパートの屋上でホームレス暮らしをしていた男のドキュメンタリー。

撮影当時52歳で、元モデルで3流のファッションカメラマンで、時々、エキストラ俳優で、
見た目はかっこいい人。

ドキュメンタリーを観る前は、『ホームレス生活は自由でいいぜ♪』という主張かと思ったら、
色々大変だし、見つかったらヤバいからこそこそしてるという状況で、なんだか安心。

そうだよね、大変だと思うよー。

で、数年前に自殺しようかと思ったことがあるって言ってたけど、
今でも、めげずに生きていて、なんだか偉いかも?

どんな環境、生活であっても、一番必要なのは、生きていこうとする意志なのかな。
その意思さえしっかりしていれば、どんな境遇でも、もう、何とかなるって気がする。

どうなんだろう、彼。
器用なのか、不器用なのか、微妙なところ。

コミュニケーション力が高そうな感じだけど、
それが却って、他人に警戒感を抱かせるって感じなのかな。

『いいひとそうだけど、みんなにいい顏してるのね、私は騙されないから』って
思わせてしまうタイプなのかもしれない。

たくさんの若い女性に、写真を撮っては「モデルエージェントに紹介してあげる」とか
言っていたっけど、なんか怪しい人の雰囲気で・・・。
どうして、そう思ってしまったのかな。

音楽が良かったなぁ。
カイル・イーストウッド(クリント・イーストウッドの長男)よるジャズっぽい音楽が、
BGMではなく、メインの音になってました。
音楽がニューヨークの風景に合っていて、かっこよかった。

あと、主役マーク・レイさんの被写体になるモデルさん達の美しいこと。
屋上から眺めるニューヨークの風景の美しいこと。

そーいうの。良かったな。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

moving (movies and musicals) 更新情報

moving (movies and musicals)のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。