ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 映画 > moving (movies and musicals) > トピック一覧 > ザ・ビートルズ EIGHT D...

moving (movies and musicals)コミュのザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK ‐The Touring Years

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

映画THE BEATLES: EIGHT DAYS A WEEK ‐ THE TOURING YEARS
いす ロン・ハワード

ザ・ビートルズ(アーカイヴ映像)
ポール・マッカートニー
リンゴ・スター
ジョン・レノン
ジョージ・ハリスン
ウーピー・ゴールドバーグ
エルヴィス・コステロ
エディ・イザード
シガーニー・ウィーヴァー
ニール・アスピノール
リチャード・レスター

メモ「ビューティフル・マインド」「ダ・ヴィンチ・コード」の巨匠ロン・ハワード監督がビートルズの知られざる姿を、彼らのライブ活動期に焦点を当て、“ビートルマニア”と呼ばれた社会現象を通して描き出した音楽ドキュメンタリー。1963年から4人が最後に観客の前で演奏した66年にかけて行われた多数のコンサートから厳選した熱狂のライブ・シーンを中心に、世界中から集めた貴重な未公開映像や、ポール・マッカートニー、リンゴ・スターをはじめとした関係者や著名人のインタビューを織り交ぜ、当時の狂騒の模様とともに、その社会的、文化的な意味に迫っていく。
(by allcinema)

【EIGHT DAYS A WEEK】という曲もあったのね・・・という程度の知識で
ビートルズのドキュメンタリーを鑑賞。

ビートルズのことは特に興味がある訳ではないけれど、
自然と耳に入ってくる曲が多くて、今でも現在形で活躍しているような存在感。
でも、彼らがライブバンドとして活動していたのは、ずっと昔のほんの数年だったのですね。

ライブ時代の彼らについては、ボール・マッカートニー以外のメンバーが誰だか
区別できなかったので、そこをクリアするべく観察しつつ鑑賞。

ジョン・レノンは、ソロ時代のまるメガネと髭面のひょろっとした姿しかイメージにないのだけど、
若い頃は丸顔だったのね。メンバーの中で一番顔が大きいのがジョンでした。

一方、4人で並んだ時に一番小さいのがドラマーのリンゴでキュートなイメージ。
ジョージはステージでは定位置がなくてフラフラしていて、一番イケメンでお茶目。

彼らのライブでの観客の熱狂ぶりは狂気の沙汰だということは知っていたけど、
一方、タバコを吸ってるおじさんとか、アイスクリームを食べてる子供も目撃。

自由だ(笑)。

彼らの曲をまとめて聞いて、どの曲にもある明るさポップさキャッチーさが、
モーツァルトっぽいという説につながるのかなと思ったな。

どの曲も美しくて、メロディーが印象的で、でもって、
どれも似た曲に聞こえた・・・のは聞き慣れていないからだな、きっと(汗)。

この作品、上映時間がかなり長かったです。
ドキュメンタリーだけでもしっかりとしたボリュームなのに、
その後にたっぷりとライブ映像が流れて、豪華でした。

ラストのライブに関して、メンバーはお互いの音がきちんと聞こえていなかったけど、
驚異的にリズムが合ってたというコメントがあったけど、ほんとにその通りでした。

熱狂するのも排斥するのも大衆。
そのパワーの凄さにも圧倒されました。

ライブをやめてから4人共が一斉に髭面になって、
一気におじさん化したのがおかしかった・・・。

ライブ時代の狂乱と、アルバム時代の混迷を経て、
確かなことは、たくさんの素晴らしい曲が残った、ということだな。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

moving (movies and musicals) 更新情報

moving (movies and musicals)のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。