ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 洋楽ライブ同好会 > トピック一覧 > ROD STEWART in ...

洋楽ライブ同好会コミュのROD STEWART in OSAKA

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

ロックレジェンド
そうまさに今の輝けるロックの歴史を作り上げてきたアーティスト達。
僕はそんなロックレジェンド達のライブにはなるべく一度は足を運ぶようにしている。
ロックは1950年代に黒人音楽と白人音楽の融合により、アメリカでエルヴィス・プレスリーなどアーティストの手により作られた。厳密に言うと、1950年代のそれはロックンロールと呼び、現在のロックの原点と定義づけられている。
そして1960年代からのエレクトリックギターを中心とした音楽をロックとし、それはビートルズが決定づけたと言われている。
ロックが生まれて40数年。そう、非常に幸せなことに、今まだそのロック創世記のアーティストが健在なのだ。後10年後、20年後のロックキッズにはそれが活字や写真上の伝説でしかないだろう。
しかし、当然であるがそのロックレジェンド達もかなり良い年になってきた。
非常に悲しいことであるが、これから続々とロックレジェンド達は他界していくだろう。
今はそんなロックレジェンド達を見ることができる最後のチャンスだと思っている。そんな訳でレックレジェンドのライブには足を運ぶのだ。
実際に、サマソニで見たジェームス・ブラウンはもうこの世にいない(彼はロックと言うよりもファンクだけど)。ジョージハリソン・エリッククラプトンのジョイントライブに行かなかったことを大変悔やまれる。だって、もう絶対に見ることができないのだから・・・



そう、そんなロックレジェンドの一人ロッドスチュワートが13年ぶりに来日するという情報が入った。そしてSS席の価格は16000円。た、高い。
実は13年前の公演も福岡で見た。もちろんその頃は上記のような目的でなく、単にロックアーティストとして好きだったので見に行った。たしかその頃MTVアンプラグドで再ブレイクしていたと思う。
ところが残念なことにそんなブレイク状態でも2階席はガラガラで、そのせいか本人もやる気が見られずだらっとしたライブだった。今でもヨーロッパでライブをすると満員、大合唱らしいので、アンプラグドブレイク中のその当時の日本の状況に唖然としたもの致し方なしか・・
でもその時のトラウマでライブに参戦するか大分迷っていた。チケットも高いし・・・
ところが公演直前になって格安でチケットが手に入ることになりあっさり参戦決定となった。



さて、最近の彼は60年代から90年代といった往年のロック・クラシックスを得意の自身の色に染め直したカヴァー・アルバムを発売し、それが欧米で大ヒット!
アンプラグド以来の再々ブレイク中なのだ。
だからもしかしたらカバーライブ?との不安もありながらいよいよ13年ぶりの彼との再会。
会場に入ると全体真っ白なステージ。前回は機材も超シンプルでがっかりした記憶があるが今回は気合いが入っているように思える。
そしてライブが始まると様々な不安は一気に吹っ飛んだ。もちろん見た目は大分おじいちゃんになってしまったが、その色気、かっこよさは健在。俗に言うスーパースターのモデルは彼なんじゃないかとも思う。
喉の手術をしたと聞いていたが、そのハスキーボイスも錆付いていない。
そしてライブの内容はまさにグレイトテストヒット!前回聴けなかった曲もほとんどやってくれた。ピープル・ゲット・レディを聞けなかったのは残念だったが・・・



1960年代前半から音楽活動を開始し、後半からはジェフベック、ロンウッドとバンドを組み、ソロで大成功。何度か落ちぶれるものの、その度に復活して見せるのは、ヴォーカリストになる為に生まれたかのようなその声と、生まれ持った強運だろうか。
今回のライブを見て再認識した。やっぱり彼は世紀スーパースターだった。

<Rod Stewart / ロッド・スチュワート>
1945年1月10日生まれ、英国ロンドン出身。いくつかのグループを経て、66年にジェフ・ベック・グループにヴォーカリストとして加入。69年にはスモール・フェイセズ(その後フェイセズに改名)に加入しワーナーと契約を結ぶ。また同時にソロ活動もスタートさせ、ソロでは、ヴァーティゴ/マーキュリーと契約を結び70年代前半は、ソロ、そしてフェイセズの2つの活動を行う。ソロでは、71年にシングル「マギー・メイ」がアメリカとイギリスで同時にNo.1を記録する偉業を達成。その後75年には、ワーナーに移籍し「セイリング」を収録した『アトランティック・クロッシング』を発表。70年代には、「今夜きめよう」(8週連続の全米NO.1を記録)、「アイム・セクシー」(英米でNO.1を記録)をはじめ「胸につのる想い」「もう話したくない」といった後世に残るヒットをリリース、80年代には、「トゥナイト・アイム・ユアーズ」「燃えろ青春」「サム・ガイズ」といった時代に刻み込まれたヒット・ナンバーをリリース。80年代後半には「ダウンタウン・トレイン」、90年代には「リズム・オブ・マイ・ハート」「ハブ・アイ・トールド・ユー・レイトリー」など、コンスタントにシングル・ヒットを連発した。2002年にはBMGに移籍し、スタンダード集『ザ・グレイト・アメリカン・ソングブック』を発表し、グラミー賞も受賞するなど、高い評価を得ている。

今までの売上げはアルバム・シングル合計で2億5千万枚以上。1994年には、ロックの殿堂入りを果たしている。過去 日本へのコンサート来日は、79年、81年、84年、94年、96年と過去5回。


さて、ここの住人は彼の音はあんまりニーズないかなあ。
ニーズあったらリクエストくださいね。どこかにアップします。







コメント(4)

彼の声質はしびれる程かっこいいですね。
名曲も多いですしね!
それにしても最近になってチケット代がかなり高く感じますねw
前回来日した時のローリング・ストーンズやポール・マッカートニーのライブあたりから高くなったような気がします。。。
高くても行きましたがw
ブレさん

洋楽のライブはどんどん上がってますよねえ。
一説ではストーンズがプライスリーダーとのことですが。
初めてチケット1万円越えしたのも彼らだし、
プレミア席を導入したもの彼らだったような・・5万円・・・
まあファンだと行ってしまうんですけどねえ。
いつも楽しみに拝見させていただいております。

武道館LIVEに観てきました。
大人のロック?ってな感じでしたね。

音源ありましたら是非聴きたいのでUPお願い致します。
相変わらずの名古屋飛ばしに泣きました泣き顔
チケも高すぎ〜あせあせ

まさに♪アイム・セクシーの頃のツアーに参戦したのが、アタシの洋楽LIVEデビューです!!
何年前でしょうか。。。
TVで来日LIVEの様子を少しやってましたね。
いつまでも素敵な人です!

音源、激希望す!!です!!

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

洋楽ライブ同好会 更新情報

洋楽ライブ同好会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済