ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > キリスト教(聖書)への素朴な疑問 > トピック一覧 > 異言と空中携挙と偽クリスチャン...

キリスト教(聖書)への素朴な疑問コミュの異言と空中携挙と偽クリスチャンを考察する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

コメント(62)

洗礼後、手のひらから発するようになった熱は、熱伝導します(パワーアップ)

今日はナシャさんの誕生日、誕生日おめでとう。



ガラケー(通話のみ)なので、パソコンから。
保険契約書(ただし、目的はおいらの個人情報)と、祈りの課題の2つとも、
まだ秘密は守られているようである。(秘密を守ってくれている方々の、口の堅さを尊敬)
おいらをはめやすい秘密なので、誘惑は大きいと思いますが、
6月半ばのセルまで秘密が守られていれば、尊敬プラス感動です。

異言と、洗礼後に、手のひらから発するようになった熱は、どんどん増大してますが、
さらなる賜物が与えられました(ハレルヤ)
他人の霊性の状態が分かるようになりました。
攻撃的な霊性、喜びの霊性、やわらかい霊性、恐れの霊性、不安な霊性、まるい霊性など、
日や時間により様々ですが、表情と霊性は、一致してないことが多いです。
ただ、時間が経過したり、会話すると、霊性がかわる事が多いです。
ただ、他人の霊性が、誰に対してなのかや、どうしてその状態なのかなどは分かりません。
異言や、洗礼後、手のひらから発するようになった熱と同じく、
今後、増大して、パワーアップしていくと思われます。
神に、ますます期待します。
全てをすてて(完了)、全てを勝ち取れ、わが全てにます、王なる主イェスよ(賛美)

後、手のひらから発するようになった熱は、熱伝導します(パワーアップ)

今日はナシャさんの誕生日、誕生日おめでとう。
>>[23]

ありがとう。誕生日、駄々漏れだけれども…。
私も異言が唱えられるようになりました。
ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるふ るるいえ うが=なぐる ふたぐん

 Ph’nglui mglw’nafh Cthulhu R’lyeh wgah’nagl fhtagn
「ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん」

ルルイエの館にて死せるクトゥルフ夢見るままに待ちいたり。

(笑)



「ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん」
[R'lyehian/Cthuvian] ルルイエ語で喋ってみた [クトゥルフ Cthulhu]
https://www.youtube.com/watch?v=bstemQFKOlo

「THE・鹿児島:異言?威厳?退会」
うれしい顔

https://www.youtube.com/watch?v=iooyp_OgwSQ
空中浮遊で、主に会うというのはやはり、終末「思想」だと思います。神の国・支配の遅延の結果、説明が必要になったわけですね。
以上。
>>[29]
失礼します。

>空中浮遊で、主に会うというのはやはり、終末「思想」だと思います。
神の国・支配の遅延の結果、説明が必要になったわけですね。
***
(第一テサロニケ4:16-17)
16 すなわち、合図の号令がかかり、大天使の声が聞こえて、
神のラッパが鳴り響くと、主御自身が天から降って来られます。
すると、キリストに結ばれて死んだ人たちが、まず最初に復活し、
17 それから、わたしたち生き残っている者が、
空中で主と出会うために、彼らと一緒に雲に包まれて引き上げられます。
このようにして、わたしたちはいつまでも主と共にいることになります。

***
 キリストの空中再臨の時に
信者が空中に「引き上げられる」ことを「携挙」(Rapture)というのは
キリスト教徒の方であれば何方もご存知でしょうが。
さて、
きよめ派(ホーリネス派)では、この「空中再臨」の教えに
ーーこの「携挙」のためには
「きよくならなければ、だれも主を見ることはできない」 からだーー
と、あるように
いわゆる「きよめ」の教えが結合をされていて、
「聖霊のバプテスマ」を受け、
(ある方が言う、異言やらキリストの顕現やら、
何か自分だけが得られる様な体感的なものではなくて。)
全く、きよめられていることが必要であるという事を
教えられたものですが。w

キリストが空中再臨(携挙)の時、
されたら 、ひとりは引き上げられ、ひとりは取り残される
今晩、キリストが空中再臨されたら、
コレを仰っているあなたは・・

>神の国・支配の遅延の結果、説明が必要になったわけですね。
***
まず、どちらになりますか?
そして神の「携挙」にあなたは
慰めや喜び、平安、希望は
ありますか?
残されるかもしれませんよ?(笑)
>空中浮遊で、主に会うというのはやはり、終末「思想」だと思います。

***
少し長くなりますが・・
キリストの空中再臨、信者が空中に「引き上げられる」このことは
先にも申しましたが「携挙」です。
神学者、神学者だと、自らで豪語なさって居られていましたから
当然のこと、ご存知かとは思いますが・・
さて、仰っられています
>終末「思想」だと思います。
**
たいがい、<聖書論>の知識が無い方らにとっては
この世紀末に蔓延した終末気分に対し
基本的には、破滅的、悲観的、厭世的な性格がある
思想だとして終末論を捉え、懸念し、いたずらに危惧します。

>終末「思想」だと思います。
***
確かに
これにはキリスト教の一部が保持する
「千年王国的終末論」(millennialism)が大きく関係をしているためなのですが、
「千年王国的終末論」と、この世の終末においてキリストが再臨して、
千年にわたって地上を統治する、という「終末論」、
その根拠とされるのはヨハネの黙示録第20章1〜6節のテキストからなのですが、
はたして「千年王国的終末論」は、
本来、聖書が伝えようとしている使信に合致したものでしょうか?
また、
それらを
>終末「思想」だと思います。
**
と、切り捨てて、間違った情報のみだけを鵜吞みとし、
とりわけ、
キリスト教的世界観・歴史観の根幹でもある、信者の信仰と生活を規定し、
さらには教会や国家、はたまた
国際社会を動かす力をも持っているこの「終末論」までも
無視してキリスト教史などは扱えませんでしょうし、
当然
この世界に生起する現在の問題と、また将来、未来に対しての問題に
どのように向き合っていくかといった倫理に深く関わっている問題からも
目をそらして、キリスト教理・教義理解なども有り得ませんね。

ソレは単なる浅はかなご利益教にのみ成り下がるものです。
ーーー
かしこより来たりて、
生けるものと、死ねるものとを
裁きたまわん。
ーーー
古代教会の再臨待望:終末思想には
紀元30年頃
エルサレムに最初の教会が誕生し、およそ300年間、
キリスト者はユダヤ人やローマ帝国などから迫害を受けた
その苦難の中で、古代のキリスト者が
間もなくキリストが再臨され、究極的な勝利を収めてくださる、という希望に生きていた
ヨハネの黙示録は終始その事を一貫して、
患難に耐えて信仰を守り通すようにと、信者を励まし
ーー以上すべてを証しする方が、言われる。
「然り、わたしはすぐに来る。」アーメン、主イエスよ、来てください。
(ヨハネ黙示録22:20)
なのです。
時は157年頃では
フルギヤのモンタノス(モンタノス派)が
新しい聖霊の時代が到来したと言って預言活動を始め、
モンタノスの熱狂的な聖霊運動は「千年期説」とも結び付いて
迫りつつある終末に備えて禁欲的な生活を実践する運動となって、急速に拡大し
そこからまたさらには
リヨンの主教:エイレナイオス(130年頃〜200年頃)
『異端反駁』の最終巻に次のように書いている。

「すなわち、回復された被造世界においては、
主の現れに際して、義人がまず復活して、
神によって父祖たちに約束された約束の相続を受け取り、
彼らがそこにおいて統治するのである。その後に裁きが来る」。
そして更にそこから
17世紀頃、イギリスの神学者トマス・ブライトマンとジョゼフ・ミードの、
ピューリタン革命。
ドルチーノ派 ータボル派ー(フス戦争 - 反フス派十字軍)

アウグスティヌス会の修道士でもありまたルターの信奉者であったトーマス・ミュンツァー
(1490頃〜1525年?)はタボル派の人々の影響を受けたトーマス・ミュンツァーの「終末論。」

ーー神の救いの計画を七つの聖約期(dispensation)に分割して、
最後の7番目のディスペンセーションに千年王国を位置付ける教説である。ーー
この「ディスペンセーション主義」が20世紀にアメリカでファンダメンタリズムと結びつき、
盛んになり
(古典的ディスペンセーション主義の聖書解釈を付した Scofield Study Bible がよく知られています。)
そしてさらに進んで、太平洋戦争において19世紀、「ディスペンセーション主義」といった
新しい千年期前再臨説を主張し
いつの世の時代においても真面目に聖書を学び、
またその教えに従って生きようとしている人であるならば、
キリストの再臨と、この世の終末については、自分自身の生き方と関係して考え、
一度ならず避けて通れない課題ではあるだろうし、
いつの世でも繰り返し繰り返されて来たのです。
アリアさん、
あなたは「一人は取り去られ、一人は残される。」の、どちらでしょう?

キリスト教史においての「終末論」思想、
省略した部分も多く、簡単でザッとでしたが、
長々とお読みくださいましたならば幸いです。

失礼しました。m(__)m
追加。m(__)m

どーも、この
>終末「思想」だと思います
>**
と言う方々の大半は間違った「終末論」の思想だけを
捉えて、そう仰っている方も見受けられる様ですが。
たとえば、

地下鉄サリン事件(1995年)で、
世界をも震撼させたオウム真理教 が、「ハルマゲドン」と呼ばれる
世界最終戦争が間もなく起こると喧伝していたことは、
よく知られた事。そして
仏教系の新興宗教らが、
新約聖書「ヨハネの黙示録」第16章16節に書かれている
「ハルマゲドン」という地名を殊更に重視するのは、奇妙。
これは明らかにアメリカのキリスト教の影響ではある 。
日本も、1983年に公開されたアニメ映画『幻魔大戦』の宣伝で
「ハルマゲドン接近」というキャッチコピーが使用されていたので、
聖書を読まない日本の若者たちにも何となく意味が通じたのでしょうが、
それらを
>終末「思想」だと思います
**
と、キリスト教徒がいう事は「預言」を「予言」と言うくらいに
茶番です♪


>>[29]

最後に♪
2018年06月01日 11:15

空中浮遊で、主に会うというのはやはり、終末「思想」だと思います。
神の国・支配の遅延の結果、説明が必要になったわけですね。
以上。

***
あなたは単語を良くご存知ですが、
なに事にも、規則正しい順序があるのですから
その内容、重要な意味を理解なさらずに、
重要なそこはすっ飛ばして
ご自分の思い込みによる「思想」、それらが多く
散乱し目立ちますので、
否、まずはキリスト教の「救済論」から学ばれますと
そのような発想、思想には及びませんよ。♪







終末:思想・「携挙」については
聖書の至るところでも、記述がされていますから
あえて、そこをすっ飛ばしてキリスト教義理解などは
ありません。

ルカによる福音書第21章27節
「そのとき、大いなる力と栄光とをもって、人の子が雲に乗って来るのを、人々は見るであろう」。
ヨハネの黙示録第1章7節
「見よ、彼は、雲に乗ってこられる。
すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たちは、彼を仰ぎ見るであろう。
また地上の諸族はみな、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう」。
テサロニケ人への第一の手紙第4章16−17節
「すなわち、主ご自身が天使のかしらの声と神のラッパの鳴り響くうちに、
合図の声で、天から下ってこられる。
その時、キリストにあって死んだ人々が、まず最初によみがえり、
それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、
空中で主に会い、こうして、いつも主と共にいるであろう」。
マタイによる福音書第24章27節
「ちょうど、いなずまが東から西にひらめき渡るように、人の子も現れるであろう」。
マタイによる福音書第24章23−26節
「そのとき、だれかがあなたがたに「見よ、ここにキリストがいる」、
また、「あそこにいる」と言っても、それを信じるな。
にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、大いなるしるしと奇跡とを行い、
できれば、選民をも惑わそうとするであろう。
見よ、あなたがたに前もって言っておく。
だから、人々が「見よ、彼は荒野にいる」と言っても、出て行くな。
また「見よ、へやの中にいる」と言っても、信じるな」。
マタイによる福音書第24章36節
「その日、その時、だれも知らない。
天の御使たちも、また子も知らない、ただ父だけが知っておられる」。
マタイによる福音書第24章42節
「だから、目をさましていなさい。いつの日にあなたがたの主がこられるのか、
あなたがたには、わからないからである」。
ルカによる福音書第21章34−36節
「あなたがたが放縦や、泥酔や、世の煩いのために心が鈍っているうちに、
思いがけないとき、その日がわなのようにあなたがたを捕えることがないように、
よく注意していなさい。
その日は、地の全面に住むすべての人に臨むのであるから。
これらの起ろうとしているすべての事からのがれて、
人の子の前に立つことができるように、絶えず目をさまして祈っていなさい」。

ペテロの第二の手紙第3章8−9節
「愛する者たちよ。この一事を忘れてはならない。
主にあっては、一日は千年のようであり、千年は一日のようである。
ある人々がおそいと思っているように、
主は約束の実行をおそくしておられるのではない。
ただ、ひとりも滅びることがなく、すべての者が悔改めに至ることを望み、
あなたがたに対してながく忍耐しておられるのである」。
マタイによる福音書第24章37−39節
「人の子の現れるのも、ちょうどノアの時のようであろう。
すなわち、洪水の出る前、ノアの箱舟にはいる日まで、人々は食い、飲み、めとり、とつぎなどしていた。そして洪水が襲ってきて、いっさいのものをさらって行くまで、彼らは気がつかなかった。
人の子の現れるのも、そのようであろう」。

へブル人への手紙第9章28節
「キリストもまた、多くの人の罪を負うために、一度だけご自身をささげられた後、
彼を待ち望んでいる人々に、罪を負うためではなしに二度目に現れて、
救いを与えられるのである」。
テトスの手紙第2章11−14節
「すべての人を救う神の恵みが現れた。
そして、わたしたちを導き、不信心とこの世の情欲とを捨てて、
慎み深く、正しく、信心深くこの世で生活し、祝福に満ちた望み、
すなわち、大いなる神、わたしたちの救主キリスト・イエスの栄光の出現を待ち望むようにと、
教えている。
このキリストが、わたしたちのためにご自身をささげられたのは、わたしたちをすべての不法からあがない出して、良いわざに熱心な選びの民を、
ご自身のものとして聖別するためにほかならない」。
コリント人への第一の手紙第1章7−8節
「こうして、あなたがたは恵みの賜物にいささかも欠けることがなく、
わたしたちの主イエス・キリストの現れるのを待ち望んでいる。
主もまた、あなたがたを最後まで堅くささえて、
わたしたちの主イエス・キリストの日に、責められるところのない者にして下さるであろう」。
ーーーヨハネによる福音書第14章1−3節ーーー
「あなたがたは、心を騒がせないがよい。神を信じ、またわたしを信じなさい。
わたしの父の家には、すまいがたくさある。
もしなかったならば、わたしはそう言っておいたであろう。
あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。
そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。

わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである」。

ーー来たりませ、我が師、我が主キリスト、主なる神よ。アーメン。ーー
マラナタ、マラナタ(賛美)

ケイキョについてまわるのが、ととのえられた花嫁、きよめ、悔い改めなどですが、
自分の口を制すれば、ととのえられた花嫁、
全てをすてれば、ととのえられた花嫁、
タバコ、ギャンブル、酒、風俗、エロDVDをやめれば、ととのえられた花嫁、
というわけではありません。

つまり、きよめ、悔い改め、血潮は、毎日必要です。
人間は、毎日罪を犯すからです。

しかし、人間には、パラクレイトスと、イエス様が、
弁護者としても、与えられています。

主よ、主よと言うものがみな天国に入るわけではありませんが、
確実に言えるのは、
ミココロをおこなう者は、天国に入ると書かれてます。

つまり、
自分は口を制し、けがれを制したと言えなくても、
ミココロをおこなっているなら大丈夫です。

ミココロが何かは、自分の良心と、自分に与えられた聖霊が教えてくれます。



洗礼後、手のひらから発するようになった熱は、熱伝導します(パワーアップ)

昨日は、ナシャさんの誕生日でした、誕生日おめでとう。



ガラケー(通話のみ)なので、パソコンから。
保険契約書(ただし、目的はおいらの個人情報)と、祈りの課題の2つとも、
まだ秘密は守られているようである。(秘密を守ってくれている方々の、口の堅さを尊敬)
おいらをはめやすい秘密なので、誘惑は大きいと思いますが、
6月半ばのセルまで秘密が守られていれば、尊敬プラス感動です。

異言と、洗礼後に、手のひらから発するようになった熱は、どんどん増大してますが、
さらなる賜物が与えられました(ハレルヤ)
他人の霊性の状態が分かるようになりました。
攻撃的な霊性、喜びの霊性、やわらかい霊性、恐れの霊性、不安な霊性、まるい霊性など、
日や時間により様々ですが、表情と霊性は、一致してないことが多いです。
ただ、時間が経過したり、会話すると、霊性がかわる事が多いです。
ただ、他人の霊性が、誰に対してなのかや、どうしてその状態なのかなどは分かりません。
異言や、洗礼後、手のひらから発するようになった熱と同じく、
今後、増大して、パワーアップしていくと思われます。
神に、ますます期待します。
全てをすてて(完了)、全てを勝ち取れ、わが全てにます、王なる主イェスよ(賛美)



キリストの再臨は
キリスト教信仰においてはきわめて重要です。
それゆえ、サタンは必死になってこの教えを混乱させ、
脱線させようとしてきました。
なぜならば
再臨信仰・「携挙」は救いの完成の信仰だからです。

救済論から曖昧ですと、
この一番大切で重要なもしこの信仰が崩されれば、
創造の信仰も、
十字架と復活の信仰も、
すべてが宙に浮いてしまうのです。
したがって、再臨に対する正しい理解は是非とも必要なのです。

内村鑑三も終末論思想、再臨信仰をこう述べています。
「十字架が聖書の心臓部であるなら、
再臨はその脳髄であろう。
再臨なしに十字架は意味をなさない。
したがって、我々クリスチャンは再臨の信仰の立場に立って
聖書を通観する必要がある」と。

聖書に見られる初代教会らは、
そうした意味で、
まさに再臨の希望(携挙待望)に満ち溢れる教会でした。

彼らが世に勝ったのは、
目に見えるものに心を奪われなかったからです。
キリストの再臨の希望に養われた信仰が彼らを支配していたからです。
終末思想「終末論的希望」
この希望を使徒ペテロは「生ける望み」、
そして、
使徒パウロは「栄光の望み」「永遠のいのちの望み」「祝福された望み」
と言っています。

テサロニケの手紙第一 4章13〜18節
13 眠った人々のことについては、兄弟たち、あなたがたに知らないでいてもらいたくありません。あなたがたが他の望みのない人々のように悲しみに沈むことのないためです。

14 私たちはイエスが死んで復活されたことを信じています。
それならば、神はまたそのように、イエスにあって眠った人々をイエスといっしょに連れて来られるはずです。

15 私たちは主のみことばのとおりに言いますが、
主が再び来られるときまで生き残っている私たちが、
死んでいる人々に優先するようなことは決してありません。

16 主は、号令と、御使いのかしらの声と、
神のラッパの響きのうちに、ご自身天から下って来られます。
それからキリストにある死者が、まず初めによみがえり、
17 次に、生き残っている私たちが、たちまち彼らといっしょに雲の中に一挙に引き上げられ、
空中で主と会うのです。
このようにして、私たちは、いつまでも主とともにいることになります。

18 こういうわけですから、このことばをもって互いに慰め合いなさい。

When The Trumpet Of The Lord Shall Sound
https://www.youtube.com/watch?v=Q-jMSs6FqaI
使徒パウロは、
テサロニケの手紙第一4章13〜18節で、
主の「空中再臨」、「携挙」について書いた後で、
5章において
「主の日が夜中の盗人のように来る。」と述べています。

ここで
「主の日」とは患難の時を意味していますが
けれどもまた
「あなたがたは暗闇の中にはいないのならば、
その日とは
(主の日=患難時代)は盗人のようにあなたがたを襲うことはありません。」とも記しています。

1 兄弟たち。それらがいつなのか、
またどういう時かについては、あなたがたは私たちに書いてもらう必要がありません。

2 主の日(患難の時)が
夜中の盗人のように来るということは、あなたがた自身がよく承知しているからです。

3 人々が「平和だ。安全だ」と言っているそのようなときに、
突如として滅び(反キリストによる大患難)が彼らに襲いかかります。
ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むようなもので、
それをのがれることは決してできません。

4 しかし、兄弟たち。
あなたがたは暗やみ(大患難)の中にはいないのですから、
その日が、盗人のようにあなたがたを襲うことはありません。
5 あなたがたはみな、光の子ども、昼の子どもだからです。
私たちは、夜や暗やみの者ではありません。
6 ですから、ほかの人々のように眠っていないで、目をさまして、慎み深くしていましょう。
・・
9 神は、私たちが御怒り(大患難の出来事)に会うようにお定めになったのではなく、
主イエス・キリストにあって救い(携挙)を得るようにお定めになったからです。
10 主が私たちのために死んでくださったのは、
私たちが、目ざめていても、眠っていても、主とともに生きるためです。
11 ですから、
あなたがたは、今しているとおり、互いに励まし合い、互いに徳を高め合いなさい。

https://www.youtube.com/watch?v=9T4aAH_CSHA
正解(喜び)

11 ですから、
あなたがたは、今しているとおり、互いに励まし合い、互いに徳を高め合いなさい。

ただし、艱難前か、艱難後かは、
どちらでも大丈夫なようにしましょうが正解。

つまり、ミココロをおこない、神を愛し、互いに愛しあう、
ここが最終地点でなければ、滅びに至る広い門です。

ととのえられた花嫁とは、
ミココロをおこない、神を愛し、互いに愛しあうことを最終地点とする者達です。

このイエス様の新しい掟は、多くの罪をおおいます。
愛は多くの罪をおおうからです。
したがって、ととのえられた花嫁にもっとも必要なのは、愛を最終地点とすることです。
そして、何よりも優れているのは愛です。
逆に言えば、愛を最終地点としないなら、異言も、山を動かす信仰も無意味です。
神は愛だからです。


マラナタ、マラナタ(賛美)

ケイキョについてまわるのが、ととのえられた花嫁、きよめ、悔い改めなどですが、
自分の口を制すれば、ととのえられた花嫁、
全てをすてれば、ととのえられた花嫁、
タバコ、ギャンブル、酒、風俗、エロDVDをやめれば、ととのえられた花嫁、
というわけではありません。

つまり、きよめ、悔い改め、血潮は、毎日必要です。
人間は、毎日罪を犯すからです。

しかし、人間には、パラクレイトスと、イエス様が、
弁護者としても、与えられています。

主よ、主よと言うものがみな天国に入るわけではありませんが、
確実に言えるのは、
ミココロをおこなう者は、天国に入ると書かれてます。

つまり、
自分は口を制し、けがれを制したと言えなくても、
ミココロをおこなっているなら大丈夫です。

ミココロが何かは、自分の良心と、自分に与えられた聖霊が教えてくれます。



洗礼後、手のひらから発するようになった熱は、熱伝導します(パワーアップ)

昨日は、ナシャさんの誕生日でした、誕生日おめでとう。



ガラケー(通話のみ)なので、パソコンから。
保険契約書(ただし、目的はおいらの個人情報)と、祈りの課題の2つとも、
まだ秘密は守られているようである。(秘密を守ってくれている方々の、口の堅さを尊敬)
おいらをはめやすい秘密なので、誘惑は大きいと思いますが、
6月半ばのセルまで秘密が守られていれば、尊敬プラス感動です。

異言と、洗礼後に、手のひらから発するようになった熱は、どんどん増大してますが、
さらなる賜物が与えられました(ハレルヤ)
他人の霊性の状態が分かるようになりました。
攻撃的な霊性、喜びの霊性、やわらかい霊性、恐れの霊性、不安な霊性、まるい霊性など、
日や時間により様々ですが、表情と霊性は、一致してないことが多いです。
ただ、時間が経過したり、会話すると、霊性がかわる事が多いです。
ただ、他人の霊性が、誰に対してなのかや、どうしてその状態なのかなどは分かりません。
異言や、洗礼後、手のひらから発するようになった熱と同じく、
今後、増大して、パワーアップしていくと思われます。
神に、ますます期待します。
全てをすてて(完了)、全てを勝ち取れ、わが全てにます、王なる主イェスよ(賛美)


>>[41]

さりげなく私の誕生日を駄々漏れしているし…。
>>[38]
>自分は口を制し、けがれを制したと言えなくても、
ミココロをおこなっているなら大丈夫です。

ミココロが何かは、自分の良心と、
自分に与えられた聖霊が教えてくれます。

***

A CREED FOR THOSE WHO HAVE SUFFERED
「悩める人々への銘」


I asked God for strength, that I might achieve
I was made weak, that I might learn humbly to obey...

大きなことを成し遂げるために 強さを与えてほしいと神に求めたのに 
謙遜を学ぶように 弱さを授かった

I asked for health, that I might do greater things
I was given infirmity, that I might do better things...

偉大なことができるようにと 健康を求めたのに
よりよきことをするようにと 病気を賜った

I asked for riches, that I might be happy
I was given poverty, that I might be wise...

幸せになろうとして 富を求めたのに
賢明であるようにと 貧困を授かった

I asked for power, that I might have the praise of men
I was given weakness, that I might feel the need of God...

世の人々の称賛を得ようとして 力と成功を求めたのに
得意にならないようにと 失敗を授かった

I asked for all things, that I might enjoy life
I was given life, that I might enjoy all things...

人生を楽しむために あらゆるものを求めたのに
あらゆるものをいつくしむために 人生を授かった

I got nothing that I asked for―but everything I had hoped for
Almost despite myself, my unspoken prayers were answered.
I am among all men, most richly blessed!

求めたものは一つとして与えられなかったが
願いはすべて 聞き届けられた 
私はもっとも豊かに祝福されたのだ

                  AUTHOR UNKNOWN(作者不詳)


この詩は、ニューヨーク大学の壁に掲げられていて、
140年前 アメリカの南北戦争に従軍した南軍の兵士が記したものと言われています。

コリント人への第二の手紙:12章:7節
「そこで、高慢にならないように、
わたしの肉体に一つのとげが与えられた。
それは、
高慢にならないように、わたしを打つサタンの使なのである。」


https://www.youtube.com/watch?v=u4IBiXZ1QUk

個人情報や会話の、歪められた駄々漏れは、
事あるごとに、全員の心をむしばむサタンの技なので、
二人共正解(笑)

他人の霊性が分かるようになると、
他人の霊性は、表情と一致しない事が多いので、
知りたくない事まで、中途半端に知ってしまう。

昨日、
一人は、やましい事をした恐れの霊性を感じた。
一人は、攻撃的な霊性を感じた。
一人は、とまどいの霊性を感じた。
一人は、信頼のまるい霊性を感じた。
どうせなら全員の霊性を感じろと思いましたが、
なぜか4人だけ。
しかも、誰に対してなのかなども、判別能力なし(今のところ中途半端)
これ、後々、知りたくない事まで、中途半端に知ってしまう、両刃の剣になりそうです。



正解(喜び)

11 ですから、
あなたがたは、今しているとおり、互いに励まし合い、互いに徳を高め合いなさい。

ただし、艱難前か、艱難後かは、
どちらでも大丈夫なようにしましょうが正解。

つまり、ミココロをおこない、神を愛し、互いに愛しあう、
ここが最終地点でなければ、滅びに至る広い門です。

ととのえられた花嫁とは、
ミココロをおこない、神を愛し、互いに愛しあうことを最終地点とする者達です。

このイエス様の新しい掟は、多くの罪をおおいます。
愛は多くの罪をおおうからです。
したがって、ととのえられた花嫁にもっとも必要なのは、愛を最終地点とすることです。
そして、何よりも優れているのは愛です。
逆に言えば、愛を最終地点としないなら、異言も、山を動かす信仰も無意味です。
神は愛だからです。


マラナタ、マラナタ(賛美)

ケイキョについてまわるのが、ととのえられた花嫁、きよめ、悔い改めなどですが、
自分の口を制すれば、ととのえられた花嫁、
全てをすてれば、ととのえられた花嫁、
タバコ、ギャンブル、酒、風俗、エロDVDをやめれば、ととのえられた花嫁、
というわけではありません。

つまり、きよめ、悔い改め、血潮は、毎日必要です。
人間は、毎日罪を犯すからです。

しかし、人間には、パラクレイトスと、イエス様が、
弁護者としても、与えられています。

主よ、主よと言うものがみな天国に入るわけではありませんが、
確実に言えるのは、
ミココロをおこなう者は、天国に入ると書かれてます。

つまり、
自分は口を制し、けがれを制したと言えなくても、
ミココロをおこなっているなら大丈夫です。

ミココロが何かは、自分の良心と、自分に与えられた聖霊が教えてくれます。



洗礼後、手のひらから発するようになった熱は、熱伝導します(パワーアップ)

おとついは、ナシャさんの誕生日でした、誕生日おめでとう。



ガラケー(通話のみ)なので、パソコンから。
保険契約書(ただし、目的はおいらの個人情報)と、祈りの課題の2つとも、
まだ秘密は守られているようである。(秘密を守ってくれている方々の、口の堅さを尊敬)
おいらをはめやすい秘密なので、誘惑は大きいと思いますが、
6月半ばのセルまで秘密が守られていれば、尊敬プラス感動です。

異言と、洗礼後に、手のひらから発するようになった熱は、どんどん増大してますが、
さらなる賜物が与えられました(ハレルヤ)
他人の霊性の状態が分かるようになりました。
攻撃的な霊性、喜びの霊性、やわらかい霊性、恐れの霊性、不安な霊性、まるい霊性など、
日や時間により様々ですが、表情と霊性は、一致してないことが多いです。
ただ、時間が経過したり、会話すると、霊性がかわる事が多いです。
ただ、他人の霊性が、誰に対してなのかや、どうしてその状態なのかなどは分かりません。
異言や、洗礼後、手のひらから発するようになった熱と同じく、
今後、増大して、パワーアップしていくと思われます。
神に、ますます期待します。
全てをすてて(完了)、全てを勝ち取れ、わが全てにます、王なる主イェスよ(賛美)
別コミュの話しですが、人間は全て愚か、正解です(その通り)

人間は毎日罪を犯します。
口から出るものが人をけがすので、人間はけがれてます。
しかし、人間には、良心もあり、愛もあります。
つまり、人間の罪がはてしなく深いのと同じく、
人間の愛もはてしなく深いのです。
開きなおりは、滅びに至る広い門ですが、
悔いだけは、滅びに至る広い門ですが、
悔い改めて、実はねと、事の全貌を話すことは、
神をなめた悔いだけではなく、
あらゆる事をご存知の神をおそれた、まことの悔い改めです。
事あるごとに、全員の心をむしばむ駄々漏れや、歪めた情報をうち砕くのは、
事あるごとに、全員の心をむしばむ、サタンの技であるライアーゲームをうち砕くのは、
事の全貌を、実はねと、おいらに直接話すことです。
直接話すか、バレるかは、大きな違いとなるからです。


根本的に、
あらゆる事をご存知の神をなめてる議論と、
あらゆる事をご存知の神をおそれている議論があります。
主よ、主よと言うもの(救われたクリスチャン)が、みな天国に入るわけではありません。

個人情報や会話の、歪められた駄々漏れは、
事あるごとに、全員の心をむしばむサタンの技です。

他人の霊性が分かるようになると、
他人の霊性は、表情と一致しない事が多いので、
知りたくない事まで、中途半端に知ってしまう。

6月1日、
一人は、やましい事をした恐れの霊性を感じた。
一人は、攻撃的な霊性を感じた。
一人は、とまどいの霊性を感じた。
一人は、信頼のまるい霊性を感じた。
どうせなら全員の霊性を感じろと思いましたが、
なぜか4人だけ。
しかも、誰に対してなのかなども、判別能力なし(今のところ中途半端)
これ、後々、知りたくない事まで、中途半端に知ってしまう、両刃の剣になりそうです。


ケイキョが、艱難前か、艱難後かは、
どちらでも大丈夫なようにしましょうが正解。

つまり、ミココロをおこない、神を愛し、互いに愛しあう、
ここが最終地点でなければ、滅びに至る広い門です。

整えられた花嫁とは、
ミココロをおこない、神を愛し、互いに愛しあうことを最終地点とする者達です。

このイエス様の新しい掟は、多くの罪をおおいます。
愛は多くの罪をおおうからです。
従って、整えられた花嫁に最も必要なのは、愛を最終地点とすることです。
そして、何よりも優れているのは愛です。
逆に言えば、愛を最終地点としないなら、異言も、山を動かす信仰も無意味です。
神は愛だからです。


ケイキョについてまわるのが、整えられた花嫁、きよめ、悔い改めなどですが、
自分の口を制すれば、整えられた花嫁、
全てをすてれば、整えられた花嫁、
タバコ、ギャンブル、酒、風俗、エロDVDをやめれば、整えられた花嫁、
というわけではありません。

つまり、きよめ、悔い改め、血潮は、毎日必要です。
人間は、毎日罪を犯すからです。

しかし、人間には、パラクレイトスと、イエス様が、
弁護者としても、与えられています。

主よ、主よと言うものがみな天国に入るわけではありませんが、
確実に言えるのは、
ミココロをおこなう者は、天国に入ると書かれてます。

つまり、
自分は口を制し、けがれを制したと言えなくても、
ミココロをおこなっているなら大丈夫です。

ミココロが何かは、自分の良心と、自分に与えられた聖霊が教えてくれます。


5月31日は、ナシャさんの誕生日でした、誕生日おめでとう。


保険契約書(ただし、目的はおいらの個人情報)と、祈りの課題の2つとも、
まだ秘密は守られているようである。(秘密を守ってくれている方々の、口の堅さを尊敬)
おいらをはめやすい秘密なので、誘惑は大きいと思いますが、
6月半ばのセルまで秘密が守られていれば、尊敬プラス感動です。

異言と、洗礼後に、手の平から発するようになった熱は、どんどん増大してますが、
さらなる賜物が与えられました(ハレルヤ)
他人の霊性の状態が分かるようになりました。
攻撃的な霊性、喜びの霊性、やわらかい霊性、恐れの霊性、不安な霊性、まるい霊性など、
日や時間により様々ですが、表情と霊性は、一致してないことが多いです。
ただ、時間が経過したり、会話すると、霊性がかわる事が多いです。
ただ、他人の霊性が、誰に対してなのかや、どうしてその状態なのかなどは分かりません。
異言や、洗礼後、手の平から発するようになった熱と同じく、
今後、増大して、パワーアップしていくと思われます。
神に、ますます期待します。
全てをすてて(完了)、全てを勝ち取れ、わが全てにます、王なる主イェスよ(賛美)


The cause of awkwardness of the human relations is inside itself, not the one in the in most cases partner. Check your heart first.
No matter how much we have wisdom, no matter how valuable it is unless you have the courage to use it, no matter how much you have faith, there is no value without hope.
It’s because I have a request with a person forever, and vice and unhappiness are conquered.
A request is the strong courage and is new will.
Death isn’t the end of the life. Completion of a life.
Because I hope, everything starts.


You can't find peace by avoiding life.

ーーー
Know thyself, O Lord we are restless until we find thee and the rest of you.
ーAugustine ー
ーーー



シャローム(喜び)。

人間は全て愚か、正解です(その通り)

人間は毎日罪を犯します。
口から出るものが人をけがすので、人間はけがれてます。
しかし、人間には、良心もあり、愛もあります。
つまり、人間の罪がはてしなく深いのと同じく、
人間の愛もはてしなく深いのです。
開きなおりは、滅びに至る広い門ですが、
悔いだけは、滅びに至る広い門ですが、
悔い改めて、実はねと、事の全貌を話すことは、
神をなめた悔いだけではなく、
あらゆる事をご存知の神をおそれた、まことの悔い改めです。
事あるごとに、全員の心をむしばむ駄々漏れや、歪めた情報をうち砕くのは、
事あるごとに、全員の心をむしばむ、サタンの技であるライアーゲームをうち砕くのは、
事の全貌を、実はねと、おいらに直接話すことです。
直接話すか、バレるかは、大きな違いとなるからです。

根本的に、
あらゆる事をご存知の神をなめてる議論と、
あらゆる事をご存知の神をおそれている議論があります。
主よ、主よと言うもの(救われたクリスチャン)が、みな天国に入るわけではありません。

個人情報や会話の、歪められた駄々漏れは、
事あるごとに、全員の心をむしばむサタンの技です。

他人の霊性が分かるようになると、
他人の霊性は、表情と一致しない事が多いので、
知りたくない事まで、中途半端に知ってしまう。

6月1日、
一人は、やましい事をした恐れの霊性を感じた。
一人は、攻撃的な霊性を感じた。
一人は、とまどいの霊性を感じた。
一人は、信頼のまるい霊性を感じた。
どうせなら全員の霊性を感じろと思いましたが、
なぜか4人だけ。
しかも、誰に対してなのかなども、判別能力なし(今のところ中途半端)
これ、知りたくない事まで、中途半端に知ってしまう、両刃の剣になりそうです。

ケイキョが、艱難前か、艱難後かは、
どちらでも大丈夫なようにしましょうが正解。

つまり、ミココロをおこない、神を愛し、互いに愛しあう、
ここが最終地点でなければ、滅びに至る広い門です。

整えられた花嫁とは、
御心をおこない、神を愛し、互いに愛しあうことを最終地点とする者達です。

このイエス様の新しい掟は、多くの罪をおおいます。
愛は多くの罪をおおうからです。
したがって、整えられた花嫁に最も必要なのは、愛を最終地点とすることです。
そして、何よりも優れているのは愛です。
逆に言えば、愛を最終地点としないなら、異言も、山を動かす信仰も無意味です。
神は愛だからです。

ケイキョについてまわるのが、整えられた花嫁、清め、悔い改めなどですが、
自分の口を制すれば、整えられた花嫁、
全てをすてれば、整えられた花嫁、
タバコ、ギャンブル、酒、風俗、エロDVDをやめれば、整えられた花嫁、
というわけではありません。

つまり、清め、悔い改め、血潮は、毎日必要です。
人間は、毎日罪を犯すからです。

しかし、人間には、パラクレイトスと、イエス様が、
弁護者としても、与えられています。

主よ、主よと言うものがみな天国に入るわけではありませんが、
確実に言えるのは、
御心をおこなう者は、天国に入ると書かれてます。

つまり、
自分は口を制し、けがれを制したと言えなくても、
御心をおこなっているなら大丈夫です。

御心が何かは、自分の良心と、自分に与えられた聖霊が教えてくれます。

5月31日は、ナシャさんの誕生日でした、誕生日おめでとう。

保険契約書(ただし、目的はおいらの個人情報)と、祈りの課題の2つとも、
まだ秘密は守られているようである。(秘密を守ってくれている方々の、口の堅さを尊敬)
おいらをはめやすい秘密なので、誘惑は大きいと思いますが、
6月半ばのセルまで秘密が守られていれば、尊敬プラス感動です。

異言と、洗礼後に、手の平から発するようになった熱は、どんどん増大してますが、
さらなる賜物が与えられました(ハレルヤ)
他人の霊性の状態が分かるようになりました。
攻撃的な霊性、喜びの霊性、柔らかい霊性、恐れの霊性、不安な霊性、まるい霊性など、
日や時間により様々ですが、表情と霊性は、一致してないことが多いです。
ただ、時間が経過したり、会話すると、霊性がかわる事が多いです。
他人の霊性が、誰に対してなのかや、どうしてその状態なのかなどは分かりません。
異言や、洗礼後、手の平から発するようになった熱と同じく、
今後、増大して、パワーアップしていくと思われます。
神に、ますます期待します。
全てをすてて(完了)、全てを勝ち取れ、わが全てにます、王なる主イェスよ(賛美)

>>[46]

お久しぶりです
>>A request is the strong courage and is new will.
Death isn’t the end of the life. Completion of a life.

わたしの心に 響きます。
復讐屋が、さわやかなビジネス化しててうけました(笑)


懲らしめ工作 25000円〜

「別れた夫、妻に復讐をしたい!」「会社の上司を懲らしめたい!」「騙した相手に制裁を!」
「散々いじめてきた相手に懲らしめたい!」「憎き相手がいる」など怨みを晴らしたい相手にあなたに代わって願いを叶えます。

時代はどんどん移り変わっています。
しかし、残念ながら人間関系というものは非常に複雑で、今も昔もあまり変わりません。
むしろどんどん複雑になっております。
男女のトラブル、友人とのトラブル、会社でのトラブル等、いろんな問題で人は悩んでいます。

私どもは約束いたします。もし、今あなたが、「悔しい」、「許せない」と思うなら、その悩み私どもの頭脳、力、すべてを使って解決させていただきます。

絶対に泣き寝入りはしないでください。ふざけた男、ふざけた女は、
許してはいけないのです。





別コミュのごんべさんのコメントは、事の全貌を知る上で、極めて有効です。

[300] ごんべ
2018年06月06日 08:20

パンダさんをみたけど、よくわかりませんでした。

あっちの人とは別人だったり。
m(_ _)m


雑談のように書きますけど、
トランプ大統領の手紙はすごかったらしいですね。

フレンドリーなおどし?



新宿の家賃は、相場が10万。
みんな、新宿はやめといた方がいいと言いますが、
全てを勝ちとれを曲げると、おいらが神と敵対する事になるのである(一番おそろしい)
鉄のつえで粉々にする(詩篇2)の鉄のつえは、
愛の警備の特殊警棒になるだろうと予測してたら、
国からの、折りたたみ式杖でした(笑)
なぜ、3回も、ステンレスか鉄をすすめられたか意味不明でしたが、
今日はじめて意味がわかり、笑い転げました。
確かに、海どころか、人混みですら真ん中を割りますが、
まさか、国からの折りたたみ式杖とは思いませんでした。
駐禁免除のステッカーは、今のところ、何を勝ち取るのに使うのか分かりません。
ただ、そういう事かと、また大爆笑する予感があります(ハレルヤ)

警察署にいってきました。
告発状を2通出してるので、2通目がちゃんと届いてるか確認したところ、
告発状が届いているかは、連絡できないとの事。
多分、1通目が、2つの警察署から連絡がきたことをしらないので、
おいらが出した告発状が、ちゃんと届いているか教えられないを力説してました。
刑事さんに恥をかかせないように、あ、そうなんですかと話をあわせてましたが、
実は、すでに1通目の告発状は、2つの警察署から、ちゃんと届きましたと、連絡がきているのである。
しかし、刑事さんに恥をかかせてはいけないと思い、
あ、そうなんですかと話をあわせて、次は、平日の17時までに警察にいこうと思いながら、
おいらが出した告発状が、ちゃんと届いているか教えられないを力説する刑事さんにつきあわされる事10分(はやく帰りたい空気を出しても10分)
みなさん、警察には、平日の17時までにいきましょう(笑)




フェイクとネタふりは似てます。



ちなみに、今月の月の光さんのコメントは、裏も含めて、事の全貌に、極めて有効です(喜び)





ただし、同士討ちと、歪めねらいは、紙一重です。

打ち砕くには、教会のプライド、体面、体裁も、各自、打ち砕く必要があります。

おそれることはありません。
各自と教会の、プライド、体面、体裁は、必ず回復します。

主の怒りは、全てすら捨てる教会にくだる事はなく、
主の怒りは、あらゆる事を全てご存知の神を、なめた教会にくだります。

したがって、主の祝福は、全てすら捨てる教会に、何倍にもそそがれます(神はまずためす)



新宿と足立区には、大勢の拠点があります。
バイトの方々なども含めて、当然、拠点は住所となります。

住民票をとるには、
実名、生年月日、住所が必要ですが、
当然、拠点が分かれば十分です。

実名、生年月日、住所を、
闇サイトや、復讐屋のサイトや、2チャンネルや、ミクシーなどに貼り付ける必要はありません。
愉快犯は知りませんが。


ちなみに、
慰謝料請求などの民事訴訟は、
会社やサークル、学校や施設などの拠点と実名が分かれば成立します。
住民票をとることにより、
過去の住所や、現在の住所、未来の住所を知る必要はありません。
慰謝料請求などの民事訴訟は、拠点と実名が分かれば、成立します。
金になっても、わざわざ民事訴訟する人は、なかなかいませんが(笑)


足立区206号室


足立区には、河原に、サッカー場も、野球場もあります。
東京都足立区小台1−13

おいらの霊性が、おちました。
お腹がすいてるだけと思い、松屋で牛丼を食べましたが、
よくよく考えると、礼拝で回復したのに、礼拝中にまた、おいらの霊性がおちたので、
お腹がすいてるだけではないような(笑)

明日から、霊性のリハビリが必要かもしれません(笑)

話は変わりますが、おいらは全く悔い改めていないので、
全教会を敵にまわす宣言をしますが、
おいらが悔い改めたからゆるすべきだとか、
おいらが悔い改めたから憐れむべきだとか、
そもそもまとはずれです。

たしかに、悔い改めは毎日必要です。開きなおりは最低です。
しかし、おいらは全く悔い改めていません。
みこころだからです。
つまり、おいらが悔い改めたからゆるすべきだとか、
おいらが悔い改めたから憐れむべきだとか、
そもそもまとはずれです。
おいらは全く悔い改めていません。
みこころだからです。
霊性では、この矛盾を理解してますが、論理的な説明はかなり難しく、
かなり分の悪い議論です。
なぜなら、
悔い改めに関するミコトバは100をこえますが、
おいらは、みこころだからの1つのみ(しかも、論理的説明が難しい)

論理的説明としては、
悔い改め、清め、聖化、血潮よりも、
神を上とするのが本質。
ただし、悔い改め、清め、聖化、血潮は、
全教会の根幹ですので、
正直、かなり分の悪い議論です(誤解が誤解を生まないために、宣言しておきます)









今日、愛の警備員12人のカバンが、窃盗もどきに遭いました(おいらのまきぞえではないと思う)
おいらのまきぞえではないと思いますが、
おいらのカバンだけ、別の場所に置いてたので、窃盗もどきは助かりました。
大好きな職場なので、おいらのカバンは無事でしたが、
最初、職場が攻撃されたと勘違いし、かなりむかつきました。


現在、ギャンブルと酒と風俗とエロDVDをやめてますが、
フリーマージャンなら、おすすめはZoo、
風俗エステなら、おすすめはマイフラワーです(笑)
安くて、質が高い、エステ店だからです。

店舗名
麻雀ZOO新宿西口大ガード店
住所
東京都新宿区西新宿1-3-3
品川ステーションビル新宿3階


大阪日本橋エステ
マイフラワー

✿関西で正真正銘のソフトエステ店のブランドマイフラワー花
お客様はもうご存知ですよね・・・
この花園には綺麗で可愛いお花達が、たくさん咲いていますムード


〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋1丁目3−17
日本橋エンビビル2階


愛の警備員12人のカバンの窃盗もどき、
ガキグループは、これを平気で笑うので、むかつきます(おいらのカバンは無事でしたが)




愛の溢れた教会。
新宿シャローム教会について

 新宿シャローム教会は、日本では、早い時期から賛美礼拝を取り入れた教会として知られてきました。そのような私達が目指してきたのが、喜び、解放、 勝利に満ちた賛美、そして霊とまことをもってささげる礼拝です。そのために、新しいワーシップソング、様々な楽器、また踊りを用いて、力いっぱい神様をほ めたたえます。その中で、人々は主の御声を聞き、また主が共にいて下さる事を感じます。また感動して涙したり、心と体のいやしを体験したりしています。 『賛美の中に住まわれる主』(聖書、詩篇22編3節)にお会いするのです。 まことの神をほめたたえることは、あなたの人生に祝福といのちをもたらします。あなたもぜひ体験して下さい。

■ ミッションステートメント

愛において成長し、福音を伝え、 弟子を作る教会になる。
ミッション達成の戦略: このミッションは、以下の4段階のプログラム(成功へのはしご)を導入して成し遂げる。

‐,措茲 人々に伝道し、キリストに導く。
確立 救われた人をエンカウンターの集会に導く(プレ、エンカウンター、ポスト)。
D鏤匣遒 スクール・オブ・リーダーの学びを通してリーダーを育て上げる。
ちり出し リーダーが新しいセルを始めるよう指導する。 目的宣言: 教会の5つの主な目的は、礼拝、交わり、弟子作り、ミニストリー、伝道です。

■ 鍵になるみことば
そこで、イエスは彼に言われた。「『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』<マタイの福音書22章39節>

■ 教会所在地
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-9-7ニッカビルB1


愛の溢れた教会である。

>>[58]

とは言え、トピ主だったりもします。
どーでも良いが、
この手の連中を見ると、
ペストが流行しようが法王が腐敗しようが、
釘の頭に天使は何人乗れるかみたいなツマラナイ論争をしていた、
中世のスコラ哲学者を想起させますな。
既にタイワニーズやチャイニーズに、
残業をする日本人の労働スタイルが嘲笑され、
G7で安倍が相手にされず、
去年の中高生の自殺者数が平成最多で、
世界第四位の移民大国になろうがフォロー体制も、治安悪化に対する処置もまともに出来ない、
このポンコツ国家ニッポンで、
カルトじみた弟子作りとか、何を呑気な。
移動してます(笑)

http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=185639&id=85606305

ログインすると、残り28件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

キリスト教(聖書)への素朴な疑問 更新情報

キリスト教(聖書)への素朴な疑問のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済