ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > アート > 競馬・ダメ予想家のダメダメ理論 > トピック一覧 > 阪神JF【1】/結論

競馬・ダメ予想家のダメダメ理論コミュの阪神JF【1】/結論

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

阪神芝1600(G1)
12月9日 15:40発走


■結論

[全体ラップ]
13年 12.2−10.6−11.4−12.1−12.1−11.7−11.6−12.2
14年 12.5−11.0−11.5−12.2−12.0−11.4−11.5−12.3
15年 12.5−10.9−11.4−12.1−11.8−11.7−11.5−12.6
16年 12.4−11.0−11.3−12.0−12.1−11.5−11.5−12.2
17年 12.4−11.3−11.6−12.4−12.2−11.9−11.0−11.5

[前半3−5F、上がり3F]
13年 34.2−58.4 → 35.5 1.33.9 良
14年 35.0−59.2 → 35.2 1.34.4 良
15年 34.8−58.7 → 35.8 1.34.5 良
16年 34.7−58.8 → 35.2 1.34.0 良
17年 35.3−59.9 → 34.4 1.34.3 良

阪神芝1600メートルは、向こう正面からのスタート。
最初のコーナーまでは444メートル、外回りコースの3〜4コーナーが682メートル、そして最後の直線が474メートルという構造だ。
コーナー部分が長いせいか、中盤2ハロンは例年12秒台まで緩むが、ゴール前で坂が待っているため、ラスト1ハロンは12秒台まで落ち込む傾向。
5ハロン通過59.9秒のスローペースとなった昨年こそ、ラスト1ハロン11.5秒でフィニッシュしたが、ここまで流れが落ち着くのは極めて稀である。

ステイゴールドやクロフネの血を持つ馬がたびたび好走しているように、良馬場でもパワーを要する質感になりやすい冬の阪神芝。
秋の東京や京都よりも、タフな馬場でパフォーマンスを上げそうな伏兵に重い印を打ちたいところだ。

本命は、メイショウショウブ。

芝ダート兼用のオールラウンダーゆえに、いかなる舞台でも善戦すれど、突き抜けるだけの決め手に欠けるタイプ。
これまで、芝マイルを3回使うも自身上がりは34.0秒止まり。
5ハロン通過61.5秒という超ドスローとなった前走ですら、上がり33秒台をマークできなかったということは、おそらく34.0秒あたりが限界なのだろう。

[デイリー杯/全体ラップ]
12.6−11.8−12.4−12.7−12.0−11.6−10.8−11.5

ラスト2ハロンで10.8秒が刻まれた、今年のデイリー杯2歳S。
直線入口でいったんは勝ち馬をかわしたが、この10.8秒の競り合いでスピード負けしてしまった。
もう少し上がりのかかるレースなら、さらにパフォーマンスを上げるのではないか。

[前半3F、ラスト5F推移]
36.8 → 12.7−12.0−11.6−10.8−11.5 デイリー杯
35.6 → 12.5−12.4−12.1−11.1−11.3 宝ヶ池特別

同日に行われた、古馬1000万クラスの宝ヶ池特別は、前半3ハロン通過35.6秒、5ハロン通過60.5秒。
デイリー杯より約1秒速いラップを刻んでいたにも関わらず、勝ちタイムはデイリー杯よりわずか0.4秒速い1分35秒ジャスト。
古馬1000万クラスの上位常連トゥザクラウンが、長休明けだったとはいえ走破タイム1分35秒4の4着だったことを考えれば、2歳戦にしてはそれなりに高水準の時計だったと言えよう。

どんな舞台でも必ず馬券に絡む安定性、スタートの巧さと自在性、さらにスローでも折り合える気性。
無敗の牡馬と接戦を演じた前走が、『スローの前残りで展開に恵まれただけ』と軽視されるのであれば、あえて狙ってみたい。

◎メイショウショウブ

コメント(5)

メイショウショウブですか。今日は香港ヴァーズのイーグルウェイを狙っています。
>>[1]

そういえば、今日は香港もあるんでしたか。
珍しく体調が芳しくないせいか、あまり競馬やりたい気分ではないのですが(笑)、公開した予想の馬券はちゃんと買わないといけませんねあせあせ
9週連続外国人らしいですね。いよいよ藤田伸二が言ってた通りになってきましたね。
>>[4]

ちょうど今、池の水を抜くという番組を居酒屋で見ています。
池も競馬も、在来種は外来種に淘汰される運命なんですかねー。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

競馬・ダメ予想家のダメダメ理論 更新情報

競馬・ダメ予想家のダメダメ理論のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。