ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 車、バイク > ホンダライフ360 保存会 > トピック一覧 > フルトラ装着

ホンダライフ360 保存会コミュのフルトラ装着

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

以前紹介したフルトラキットを購入したので装着しました。
現在はヤフオクで20000円前後で購入できます。

コメント(8)

装着リポートです

内容物ですとM3の鍋ネジおよびワッシャが足りないので別に準備する必要があります。
また、配線のギボシ端子や外皮チューブも準備したほうがいいでです。ノーマルコイルの場合は、黒/黄の線の車体側をWギボシへ変更し、イグナイターフルトラは赤、黒、オスギボシを装着しましょう。なお、ホンダ用ギボシは通常のギボシより細いので通常のギボシだと少しきついけど装着は可能です。
装着レポート2

内容物に付属されているネジが真鍮ネジなので、ドライバーからぽろぽろ落ちます。グリスでも塗って滑り止めたほうがいいです。また、付属されているグロメットゴムも円形なのでD型へはさみでカットしてヤスリで仕上げたほうがいいです。
近接検地のセンサーなので一番高い位置に固定して、1mm以下にクリアランスを合わせます。0.5 0.7 1.0で試しましたが変化無しなので、1mm以下でぶつからなけれ特に神経質になる必要は無いです。
装着レポート3

アナライザーでドエルアングルを計測
おおむね77〜80度くらいです
大学で機械工学や自動車工学を専攻した人なら???な状態ですね。2気筒のセオリーで108度前後、ホンダのEAエンジン用サービスマニュアルで88〜90以下が適正とあり、ホンダのマニュアルでさえなぜそんな値になるのか不明なのに、80度以下ですから。計測器の故障かと疑って手持ちのアナライザーを3台使いましたが全部同じ値でした。
ポイント点火で言えば、ポイントギャップ0の状態、つまり点火時期が遅れます。イグナイターを装着したら点火時期を進めて下さい。
リポート4

装着を終えての感想

始動性はかなり良くなります。セミトラからイグナイターフルトラへの変更でしたが、セミトラより2割増しくらいで始動時の反応が良くなりました。また、電気式タコの場合、セミトラよりも針飛びが少ないです。同様に、点火時期のタイミングライトが途切れずにはっきり見えるようになるので、ポイントで発生する物理的な接点による残留電流などが無くなっているんだと分かります。

セミトラからフルトラへ変更した所で、劇的に性能が変わる訳では無いです。馬力も燃費も大差ないと思います。ただ、始動性が良くなったり、出先でポイント周りのトラブルなど心配が無くなる事で、不安が払拭される心のゆとりは大きいですよ。

また、クランクプーリーやカムプーリーのラフキー溝の劣化で点火時期が思うように合わせられず、進角調整を一番遅くして、さらにポイントギャップを0.2mmなどにしてやっとFマークが合っている状態の人もいると思いますので、そういう人にはかなりマストアイテムです。
こんにちは。丁寧なリポートありがとうございます。参考になります。

現在私のライフは、最初セミトラ化しての始動性の良さに感激し、
その後に自作フルトラ頂いてその安定性に感動してるところです。
が、今後の事を考えて市販品にも興味があるので教えて下さい。

ホームページ http://meu1.com/index1.html 見ましたが、
水冷EAエンジン用は同時点火用ツインコイルが勧められてます。
http://meu1.com/coil.html#4cyc2cyl

またプラグコードについての注意点もあるようです。
http://meu1.com/faq.html#sparkplugwire

点火コイルとプラグコードは純正品を使用されてますか?
または社外品ご使用の場合、何をお使いか教えて頂けますか?
>>[6]

コイルもプラグコードも純正のを使っています。全く問題無いです。

お勧めコイルですが、名前変わっていますが、コンピュファイヤ社の商品名でデュアルタワーコイル(元はハーレー用)のOEMだと思います。特段悪いものでも無ければ、特段高性能でも無い、普通の閉磁路3Ωのコイルです。スバルサンバーの純正品なんかと大差ないですよ。なお、画像で想像するサイズよりデカイですよこれ。グリル裏だと装着厳しいので、ストラットの横かバルクヘッドへ固定でしょう。

ライフ純正コイルだと劣化しているかもしれないと不安がある人は、バイク用の3〜5Ωくらいのコイルを装着すれば良いですよ。一昔前のホンダやカワサキの4気筒バイクはグループ同時点火(ようするにただの捨て火)だったので、ライフ純正と全く同じようなコイルが新品で入手可能です。カワサキの純正イグニッションはホンダと同じTEC製ですし、ヤフオクで中古なら1000円以下でゴロゴロしています。ライフの純正コイルをホルダーにも片側は必ず決まるので装着も容易、ライフと違いプラグコードも交換可能です。
注意点として、時折1.5Ωのコイルもあるのでそこだけは注意です。

フルトライグナイターは3Ωくらいのコイルなら何でも良いと思います。
追加リポート
先日、雪が降ったので寒冷始動性について
気温がマイナ3度くらいの日中です

画像1が始動20秒後にチョークを戻した時 700回転強
画像2が画像1の5分後くらいの時 800回転強

画像2からさらに10分くらいアイドリングさせて水温が上がりアイドリング回転数の950RPMくらいになります。外気が寒冷で始動直後はエンジンにとって高負荷なので滅多に無いデータ採取のテストになりました。
一昨年の大雪の時は、ポイントが湿気てエンジンが掛かりませんでしたので、無接点化(フルトラ化)の恩恵を得たと思います。エンジン始動直後700回転でアイドリング維持出来るのにはちょっとビックリです。
なお、私はテストの為と理解してやっているだけで、エンジンには負荷がかかりますから、チョーク引いて暖気を行いましょう。

ついでですが、チョークワイヤーの引き代調整は冬が来る前に行いましょう。エンジンが完全に温まっている状態で、チョークをいっぱいに引いた状態で3500回転くらいになればだいたいOKです。
引き代が少ない場合、キャブレター内のフラップが閉じず、アイドルのみ若干上がるだけです。秋くらいまでならこれで問題なく始動するのが曲者です。
引き代が多すぎる場合、キャブレター内のフラップ閉度とスロットル開度が合わず、濃くはなるが空気も足りなくなりストールしてしまいます。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ホンダライフ360 保存会 更新情報

ホンダライフ360 保存会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。