ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 変形性膝関節症 > トピック一覧 > はじめまして、よろしくお願いし...

変形性膝関節症コミュのはじめまして、よろしくお願いします。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

こんばんは、最近、このコミュニティに参加しました。
50代のメタボのおっさんです、こんなんでもずっとエアロビクスをやっていて、重い身体にムリがかかり、両膝ともOAの重症状態です涙ぽろり(ネコ)

よかったら、いろいろ情報交換させてください、マイミク、歓迎します。

よろしくお願いします。

コメント(10)

私もメタボのおっさんなのに、テニスのやりすぎで50代半ばごろ、両膝に痛みを感じ、膝の知識全くなく、まずはゴッドハンドと言われている整骨院に行きました。
筋のずれを直すと、膝の痛みも治まるとのことで、筋を直すゴッドハンド治療うけたところ、驚くほど痛みなくなり、普通にテニスしていましたが、1年ほどするとまた痛くなり、その整骨院に行きましたが、今度は改善せず、そのままほったらかしで、テニスは続けていました。
だんだん痛みも増し、近くの整形外科を受診しましたが、夜遅かったこともあり、ストレッチ治療の指導だけでした。
だましだましテニス続けていましたが、別の近所の整形外科に行き、今度は正面からのレントゲン撮影を受け、変形性膝関節症と診断されました。

そこの先生はこの病気は「膝周りの筋肉をつけるしか改善の方法はなく、治ることはない」と言われ、膝にたまった水抜きとヒアルロンサン注射(痛み止め含むと思われる)を受け、すぐに効果あり、毎週ヒアルロンサン注射受けていいましたが、効くのは最初だけで、ロキソニンもらえるので半年以上通っていました。
ただ、根本的な改善なく、何気なく見ていた夕方のテレビ番組で紹介された自分の脂肪幹細胞を使った注射で痛みが改善されるとのことで、そう遠くない整形外科だったので、そこに行き、どう言う治療なのかの説明(有料)MRI撮影、リハビリ治療受けながら、細胞採取や施術日の調整していましたが、保険適用外で効果もまだ立証されていない」との嫁の意見により、少し幹細胞の手術見合わせ、その病院も通いながら、近くの大学病院の整形外科を受けたところ、高位脛骨切術がベスト」との意見もらいました。
脂肪幹細胞手術の共同研究している大学病院でも受診しましたが、そこの先生も脂肪幹細胞治療はまだ確立されておらず、脂肪幹細胞は良い薬を塗る程度で、なくなってしまう」とのこと。今度5年先くらいはわからないが」とのことでした。その病院でのも最善はHTOとのことでした。
いろいろ迷いながら、近所のかなり有名な大学病院のHTO手術を受けることとし、まずは中敷きなどで改善しないか2か月ほど試しましたが、改善せず、昨年の8月にHTOを左足のみ行ました。入院中は日に日に改善しましたが、退院後はなかなか痛み取れず、装具と杖はなかなか手放せない状況でしたが、「半年後」と言われていた右ひざのHTO手術を無理を言って去年の12月に受けました。
右ひざは入院時はあまり痛み取れなかったのですが、安定感は左足よりありました。正月明けに退院しまし両足とも約2週間の入院でしたが、退院後の改善はなかなか実感としてはなく、2週間前に比べると良いのかな」と思えるくらいで、かなり波ががありました。
今は左足9カ月弱、右足4カ月半ですが、小走り位はできる程度に改善し、ゴルフの打ちっぱなしや、半径2m位の範囲であれば、テニスも可能な状況です
7月に受診予定なので、スポーツ復帰の是非について先生に相談してみよかと思っている状況です
自分の感じるところ、両足でも回復の違いあり、後の方が改善早く、先生の言葉も最初の時のような慎重さなく、3月の検診時には、治るのが当たり前のような言い方に感じました。(医学の進歩?)
今後は各種半月板などの再生治療も進んでいるようで、骨切り後も可能だと思われるので、自分の体験だけですが、HTOを選択して正解だったと感じています(最近痛みほとんどなくやっとそう思えるようにやっとなりましたが)
膝のしびれはありますが、プレート外せば治るであろう」と3月の検診時に言われています。
>>[8] masaさん、おはようございます。詳細な情報、ありがとうございました。やはりいろいろ試みられておられるようですね、中々難しいですね。実は、私は、脂肪の注入はトライしてみました、結論からすると、明らかな効果は得られませんでした、もちろん、保険はきかないので、かなりの出費でしたけどねあせあせ(飛び散る汗)
今、治験段階ですが、新しい薬剤が開発中です、いわゆる抗体医薬の一種で、月1回くらいの筋注で、相当、痛みが軽減するようです。あまりに痛くなくなり、思わず行動範囲が広がり、かえって変形が進行する懸念があるくらいらしいです。僕も治験に参加しようとしましたが、いろいろあって参加できませんでした。臨床使用まではあと3-4年はかかると思いますが、今はそれに期待している状況です、でも、おそらく薬価は高いでしょうね。
しょうたBOOさん
新しい情報ありがとうございます。
今の私の今の考えは、まずは正しい膝の位置に正す、HTO手術を行い、その後の薬剤や再生医療などを適宜行うのが好ましいと考えており、膝の変形度合いにより違うのでしょうが、すべての治療方法を示し、その中の選択を患者と話し合える先生(病院)に出会うことを見つけることが大事かと思っています。
前回、記載間違っており、HTOでは有名ではない大学病院での手術である私の病院でも、「さほど重篤に考える必要のない手術」的なことを言っていたことを伝えたかったのですたのです。
また新しい治療法など教えていただければ幸いです。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

変形性膝関節症 更新情報

変形性膝関節症のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済