ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > ニーベルングの指環 > トピック一覧 > Wiesbaden の「神々」...

ニーベルングの指環コミュのWiesbaden の「神々」が大幅アップグレードで戻って来た

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

昨年シャーガーとヘルリティウスで素晴らしいリング・サイクルを見せてくれたヴィ―スバーデン(ヘッセン州立劇場)だが、今年はランス・ライアンとキャスリン・フォスターで昨年の「神々の黄昏」にかなりの手直しをした上演が始まった。今年はすでに「今まで観たリング・サイクルで最高」と思ったドレスデンのクリスティアン・ティーレマンのサイクルとスランプ?状態のキリル・ペトレンコの振るミュンヒェンと、2回のサイクルを観てきた。そして今回グスタフ・クーンのエルル(ティロラー・フェストシュピール)の「パルジファル」とバッハの「マタイ」を聞くためにドイツにやって来たついでに、ヴィ―スバーデンの「神々」を観ることにした。キャスリン・フォスターのブリュンヒルデには期待していたが、ランス・ライアンのジークフリートは大したことが無いだろう高をくくっていたのだが、これがとんだ大番狂わせ。ランス・ライアンが実に素晴らしかったのだ。音程が細いというのだろうか、実にピントが合っているというのが良いのだろうか、非常にしっかりした音程で声量もすごかった。ミュンヒェンのシュテファン・ヴィンケなどとは全く比べられない。そしてキャサリン・フォスターはよそ尾通りだし、ハーゲンを歌ったアルベルト・ペーゼンドルファーがこれまたすごい。そして3人のラインの乙女たちがこれまたかわいい。そして演出がワーグナーの意図したものにかなり近いのだ。そういう意味でもバイロイト、ドレスデン、ミュンヒェン等々よりずっと良い。びわ湖だけが例外だ。そして今回基本的な舞台装置はそれほど変わりが無いのだが、細かいところでかなり大幅に演出を改善し、よりよくなった。前から2列目で約1万円と言うのも助かる。あと1回、5月21日に上演される(これは最高2万円程度)ので、この近辺でドイツに行かれる方には絶対のお薦めである。ヴィ―スバーデンはフランクフルトから30-45分なのでフランクフルトに泊まっても十分戻ってこられる。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ニーベルングの指環 更新情報

ニーベルングの指環のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。