ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 映画 > 劇場に映画を観に行こう♪ > ミュージアム

ログインして参加する

このコミュニティに参加するにはログインが必要です。

ミュージアム

ミュージアム 2016年11月12日 19:34
mixiユーザーmixiユーザー
★★★★★++

妻子と別居中の刑事と連続殺人鬼「カエル男」との戦いを描いたスリラーです。
大友啓史監督最新作です。

R指定の作品ではないのですが、かなりグロい内容です。主人公の同僚の新米刑事が、惨殺死体を見た後で吐くシーンが、何度もあります。子供連れでは観ない方がいいと思います。下手をすると、のちのちまでトラウマになりそうなシーンもあります。

この作品は、主題歌が ONE OK ROCK の新曲 “Taking Off” であるため、ONE OK ROCK ファンの間で非常に話題になっていますが、上映中はずっとスクリーンから目が離せない緊迫感があります。精神的に追い込まれるような展開が苦手な方は、ONE OK ROCK の主題歌を大スクリーンの劇場で聴きたいというためだけの理由では観ない方がいいと思います。少なくとも、WOWOWで先日放送された「序章」を見て、ちょっとエグすぎる内容だなと思われた方は、この作品を観ても、ほとんど同じような感想を持つことになるのではないかと思います。(「序章」は、大友啓史監督が作ったものではありませんので、作品でのカメラアングル等の違いは、かなりありますが、見る側に終始緊迫感を与えるという点では、ほぼ変わりありません)

ただ、小栗旬、カエル男役の俳優さん(予告編やパンフレットなどで名前が出ていますが、正体を知らないで観ないと、その後の展開が分かってしまうシーンが一箇所あるのが残念でした)とも、非常に素晴らしい演技ですので、見ごたえは間違いなくある作品でした。

なお、ONE OK ROCK の主題歌は、映画の雰囲気にぴったり合っていたと思います。ラストシーンが、なんとも言えないイヤ〜な感じなのですが、その後すぐに主題歌が流れるので、気持ちが救われましたw
劇中の音楽も、緊迫感を盛り上げてくれるもので、非常に良かったです。

内容的に、どうしても観る人を選んでしまうとは思いますが、個人的には、満足度のとても高い作品でした。

http://wwws.warnerbros.co.jp/museum/

コメント(0件)

コメントを書く (*の項目は入力必須)

劇場に映画を観に行こう♪のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

劇場に映画を観に行こう♪

人気コミュニティランキング