ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 我が愛しのアスリート図鑑 > トピック一覧 > W・クロマティ(野球)

我が愛しのアスリート図鑑コミュのW・クロマティ(野球)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

ウォーレン・リビングストン・クロマティ(Warren Livingston Cromartie, 1953年9月29日 - )はアメリカフロリダ州出身の元プロ野球選手。左投げ左打ちの外野手。1984年から1990年まで読売ジャイアンツに在籍した。日本での主なポジションはセンター。愛称は「クロウ」「マティ」「クロマッちゃん」。漢字で「黒魔庭」

1974年、マイアミ・デイド短大からアメリカ・メジャーリーグのモントリオール・エクスポズに入団。4年目あたりからレギュラーに定着し、チームの中心選手として活躍を見せる。1983年のシーズンオフ時にFA権を行使して巨人へ移籍。入団1年目からいきなり35本塁打をマークするなど、日本でもレギュラーの一人としてチームを牽引した。1989年には打率3割7分8厘で首位打者、4割4分9厘で最高出塁率を獲得。投手として20勝を挙げたチームメートの斎藤雅樹を抑えてMVPも受賞した。1990年限りで退団。

巨人ファンの間では、クロマティを『史上最強の助っ人』と評価する者も少なくない。2002年には、プロ野球マスターズリーグ札幌アンビシャスに加入。2005年には、アメリカ合衆国・アリゾナ州とカリフォルニア州を舞台にスタートするセミプロ野球のゴールデンベースボールリーグに参加する日本人限定チーム「ジャパン・サムライ・ベアーズ」初代監督に就任したが、同年素行不良にて解雇された。

スポーツ選手としての数字上の功績だけではない、最も大きな社会的功績としては、黒人に対するイメージを刷新したことが挙げられる。彼が登場する以前は、日本における黒人の数が少なく、情報・理解不足からくる恐怖感から黒人に対する人種差別感情が強く残っていた。しかし、彼がテレビに登場して陽気な雰囲気を振る舞ううちに、黒人に対する文化的・社会的な人種差別感情は急激に薄らいでいった。その根底には、日本社会に溶け込もうとする努力があった。

2007年6月1日、プロレスラーとしてデビューすることがプロレスイベント「ハッスル」を主催するハッスルエンターテインメントの発表で明らかになった。6月17日に「ハッスル・エイド2007」(さいたまスーパーアリーナ)でタイガー・ジェット・シンと対戦し勝利を飾った。この試合ではかつて試合中に殴打した宮下昌己が来場してクロマティの応援をした。

極端なクラウチングスタイルのバッティングフォームが大きな特徴であった。日本でのキャリアを重ねたキャリア後期には通常のフォームに変化している。そのバッティングフォームが当時のファミコンゲーム「燃えろ!!プロ野球」では更に強調されており、そのお尻を突き出しているフォームが子供たちの間で笑いのタネになった。「燃えろ!!プロ野球」での選手名は「シロマティ」と表記されている。
1989年、シーズン規定打席の403打席(当時は130試合制、規定打席数は試合数×3.1)に到達した時点で打率4割を超えており、このまま残り試合を休めば史上初の4割打者が誕生していた。最終的な打率は.378まで下がり、4割打者誕生は叶わなかった。
1986年のペナント争いでは広島とのデッドヒートを演じていたが、10月2日の神宮球場でのヤクルト戦で、高野光投手から頭部に死球を受けて倒れた。慶應病院へ運ばれたが、翌日、病院で生卵かけご飯を2杯食べたあと、同球場ヤクルト戦に代打で出場し、尾花高夫から満塁本塁打を放った。ホームに到達したクロマティは泣きながら王監督と抱き合い、中畑清は感激のあまりキスした。。巨人はこの試合勝利し、翌日の阪神戦にもクロマティの逆転打で勝利し8連勝した。10月7日の試合でも、クロマティの逆転ホームランで一時は2-1とリードしたが、先発の槙原寛己がマーク・ブロハードに逆転ホームランを打たれ、ヤクルトに2-3で敗れた。
常に風船ガムを噛み、ぷうっとふくらませて破裂させ、ひょうきんな印象を与えた。
しばしば観客席の巨人ファンに向かって、『バンザイ』をするようにと促すパフォーマンスを見せた。ファンとの交流をとても重視していたことの一例である。選手がファンと交流を重視するのは、現在では珍しくないが、当時はクロマティが突出していた。
本塁打を打ちベース1周する際、もしくはクリーンヒットを打って出塁した際の塁上で、打たれたバッテリーに対して『ココが違う』とばかりに自分の頭部を指さす挑発的なパフォーマンスを見せた。これに対し、中日の鹿島忠もクロマティに同じポーズで挑発し、大洋の遠藤一彦がクロマティを三振に取った際同じパフォーマンスを仕返し、しかも先にベンチに戻っていた若菜嘉晴も同じパフォーマンスを仕返した。それ以来このパフォーマンスをする姿がほとんどなくなった。
1984年から1988年まで巨人の監督であった王貞治を尊敬し、息子のミドルネームを「オー」と名付けている。
普通のセンターフライを超ファインプレイに変えてしまう狭い守備範囲と、普通のセンター前ヒットで1塁ランナーを生還させてしまう怠慢な守備でも有名。1987年の日本シリーズ第6戦では、2回ウラにフライを捕球した後の送球がまずく、けして俊足とはいえない清原和博を二塁からホームインさせている。8回ウラには秋山幸二のセンター前ヒットでは、ヒットエンドランすらかかっていなかった状況で、返球の中継に入った川相昌弘のクセも重なり、一塁走者の辻発彦をホームインさせている。
1990年6月2日の対広島戦で、金石昭人の敬遠球をはじき返しサヨナラヒットにしたことがある。
陽気な性格であったことから、そのキャラクターを買われてタレントとしてバラエティ番組にも出演。骨折で長期休養していた1988年秋に「とんねるずのみなさんのおかげです』」では『クロマティ侍』として登場した。漢字で「黒魔庭」(もしくは「黒魔茶」)と当て字して名乗り、視聴者を楽しませたこともある。
1987年6月11日、熊本藤崎台県営野球場での中日ドラゴンズ戦で、対戦投手の宮下昌己からデッドボールを受ける。「帽子を取れ!」と英語で叫んだが宮下が無視したのに激怒。宮下の顎に右ストレートを食らわせ大乱闘となった。
1988年、「Climb」(クライム)というバンドでドラムを担当していたことがあった。クロマティは死球による手の指の骨折で戦線離脱した年であり、野球は出来なくても、ドラムを叩くには全く支障がなかったらしい。クライムにはバックコーラスにカナダのベテランバンド「ラッシュ」のゲディー・リーが参加しており、昔から親交が深いそうである。
2005年、不良の集まる「東京都立クロマティ高等学校」を舞台とする映画『魁!!クロマティ高校』公開を知り、「パブリシティ権の侵害だ」と主張し、公開中止を求め提訴するが字幕でクロマティとは無関係であると表示するという条件で仮処分申請を取り下げた。しかし名前の使用を許諾していないという理由で今後正式な民事訴訟を起こして争うとしている。後に公開差し止め申請を取りやめたが、民事訴訟は取りやめない方針。これには引退後事業を起こしたが失敗し破産したため、金に困っているというクロマティの個人の状況が関係していると言う主張がある。名前を使われているバースやデストラーデはクロマティから訴えようと持ちかけられたが断っている。
クロマティは黒人なので目は青くないはずだが、講談社漫画文庫『侍ジャイアンツ』3巻の巻末コラム「実録・ジャイアンツの侍たち3」でスポーツライターの本間正夫がクロマティを「青い目のサムライ」と紹介している。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

我が愛しのアスリート図鑑 更新情報

我が愛しのアスリート図鑑のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。