ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 名もなき詩人の詩 > トピック一覧 > 素通り

名もなき詩人の詩コミュの素通り

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

この心を大気圏の向こうへ投げ捨てて
流れ星にできたら少しは楽になれるかな
むかしの流行り歌を聞いては溺れたりして

冷えた肌にすりよって
ぬくもりを与えられたらいいのになんて
思い知るのは自分のエゴイズム

「信じてる」なんて言うのは疑っているからでしょう
いつも怖いのは君の笑顔の奥のほう
そびえ立つ三千円の壁が今日も越えられない

ムクドリが嵐のように群れて空を飛ぶ頃
あの中の一羽ほどの声も出せない僕は
君がくれる優しさの前を素通りする

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

名もなき詩人の詩 更新情報

名もなき詩人の詩のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済