ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > ゲーム > ボードゲーム チェッカー > トピック一覧 > チェッカー・ドラフツの本を出そ...

ボードゲーム チェッカーコミュのチェッカー・ドラフツの本を出そう

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

 日本では明治以来の150年間に、チェッカーやドラフツの本はただの一冊だに出されていません。戦略書は無論のこと、入門書ですらです。せいぜいいくつかのゲームの本に、申し訳程度にチェッカーの紹介があるのにとどまります。この現状を打破するため、我々の力でチェッカー・ドラフツの本を出そうではありませんか。
 このトピックはそのための相談や意見の交換、企画の推進のために立てました。多くの方の賛同とご協力を仰ぎたいと思います。宜しくお願いします。

コメント(18)

本を出すのは、よいことだと思います。

しかし現状は、ドラフツというゲーム名も知る人がほとんどいないですし、チェッカーというゲームも知っている人が少なくなってきています。チェッカーズといえば音楽グループだと思われてしまします。

ドラフツというゲームのキャッチコピーになるような文言(名言)が必要だと思います。

2020年頭脳五輪(マインドスポーツオリンピアード)に出よう!!
チェスは広いがドラフツは深いって本当?
囲碁の戦略と将棋の戦術を併せ持つドラフツという世界のゲーム
ドラフツで日本の先駆者になれば、歴史に名が残せるかも?!

とかとか。
目次について

0.ドラフツというゲームについて
-1.ドラフツの歴史
-2.世界ドラフツ連盟(FMJD)について
-3.日本チェッカードラフツ協会(JCDA)について

1.ドラフツのルール
-1.世界の統一ルール(インターナショナルドラフツ)
-2.チェス盤でできるドラフツ64(ブラジリアン・ロシアン)
-3.チェス盤でできるチェッカー
-4.これもドラフツ(トルコチェッカー)
-5.まだまだある世界のドラフツ(各種ドラフツ)

2.インターナショナルドラフツの初歩
-1.序盤の考え方(戦法)
-2.相手の駒を利用する(プロブレム)
-3.終盤の重要な手筋

3.ドラフツ64の初歩
-1.未定
-2.未定
-3.未定

4.チェッカーの初歩
-1.未定
-2.未定
-3.未定

5.トルコチェッカーの初歩
-1.ドラフツとの相違点
-2.プロブレム(例題と解答)

6.あとがき

>>[2]  2.をもっと充実させたいですね。
 ドラフツ入門 目次案

0.ドラフツというゲームについて
-1.ドラフツの歴史
-2.世界のドラフツとFMJD
-3.日本のドラフツとJCDA

1.世界統一ルール「インターナショナルドラフツ」
-1.インターナショナルドラフツ(ドラフツ100)のルール
-2.序盤の戦法
-3.中盤の手筋
-4.終盤の定跡
-5.詰めインターナショナルドラフツ(プロレムと解答)
-6.中級技術と実戦譜

2.チェス盤でできる「ドラフツ64」
-1.ドラフツ64(ジャーマンチェッカー)のルール
-2.序盤の戦法
-3.中盤の手筋
-4.終盤の定跡
-5.詰めドラフツ64(プロレムと解答)
-6.中級技術と実戦譜

3.ドラフツのルーツ「ストレートチェッカー」
-1.チェッカー(イングリッシュチェッカー)のルール
-2.序盤の戦法
-3.中盤の手筋
-4.終盤の定跡
-5.詰めチェッカー(プロレムと解答)
-6.中級技術と実戦譜

4.トルコの独特のドラフツ「トルコチェッカー」
-1.トルコチェッカー(ターキッシュチェッカー)のルール
-2.序盤の戦法
-3.中盤の手筋
-4.終盤の定跡
-5.詰めトルコチェッカー(プロレムと解答)
-6.中級技術と実戦譜

5.世界の様々なドラフツ
-1.ロシアンチェッカー
-2.ポーリッシュチェッカー(ドラフツ144)
-3.スパニッシュチェッカー
-4.イタリアンチェッカー
-5.タイチェッカー
-6.アルケルケ

6.フェアリーチェッカー
-1.ドラフツ36
-2.ミゼール
-3.立体ドラフツ
-4.フェアリー盤
-5.フェアリー駒
-6.フェアリールール
-7.その他

7.対戦
-0.盤・駒の入手方法
-1.例会
-2.ソフト
-3.ネット対戦
-4.郵便戦

8.後書き
インターナショナル・ドラフツの部分ですが、全体の構成とははずれますが、今までいろいろな場で説明して来た経験では、「ドラフツの魅力がどこにあるのか?」を前半でいかに説明できるかで、読者の関心がつかめるかどうかになると思っています。

なので、ドラフツ100のことだけを考えて書くと
・ルール→ドラフツの魅力→勝つための基本→一局の流れ→詰めドラフツ
がいいかなと思っています。

例えば、
1.世界統一ルール「インターナショナルドラフツ」
-1.インターナショナルドラフツ(ドラフツ100)のルール
-2.ゲームの魅力
-3.勝つための5か条
-4.一局の流れ
-5.詰めインターナショナルドラフツ(プロレムと解答)
*また、棋譜を使わないで、図だけでコマの動きを説明したいなと。個人的経験では、いきなりノーテーションで表記されても、盤もコマもないし、番号もわからなし、ハードルがけっこう高かったです。そうするとページ数が増えますが、知らない人に説明するためにはそのほうがいいかなと
>>[5]  これは全くその通りで、大賛成です。というかゲームの本はそうあるべきです。で、それをドラフツ64やチェッカーやトルコチェッカーでもやりたいのですが(そうした方が本に統一感が出る)、それが可能なのかが問題です。
>>[6]

私ができるのは、ドラフツ100だけです。64は100の変種として扱えるかも。トルコは、山家さんか川口さん、チェッカーは森本さんでできないでしょうか?
>>[8]  その布陣で行きましょう。その他の部分は私が書きます。
 ドラフツ入門 目次案

0.ドラフツというゲームについて  [草場]
-1.チェッカー・ドラフツとは
-2.ドラフツの歴史
-3.世界のドラフツとFMJD
-4.日本のドラフツとJCDA

1.世界統一ルール「インターナショナルドラフツ」 [河内]
-1.インターナショナルドラフツ(ドラフツ100)のルール
-2.ゲームの魅力
-3.勝つための5か条
-4.一局の流れ
-5.詰めインターナショナルドラフツ(プロレムと解答)

2.チェス盤でできる「ドラフツ64」 [池田?]
-1.ドラフツ64のルール
-2.ゲームの魅力
-3.勝つための5か条
-4.一局の流れ
-5.詰めドラフツ64(プロレムと解答)

3.ドラフツのルーツ「ストレートチェッカー」 [森本]
-1.チェッカーのルール
-2.ゲームの魅力
-3.勝つための5か条
-4.一局の流れ
-5.詰めチェッカー(プロレムと解答)

4.トルコの独特のドラフツ「トルコチェッカー」 [山家・川口]
-1.トルコチェッカー(ターキッシュドラフツ)のルール
-2.ゲームの魅力
-3.勝つための5か条
-4.一局の流れ
-5.詰めトルコチェッカー(プロレムと解答)

5.世界の様々なドラフツ [草場]
-1.ロシアンチェッカー
-2.ポーリッシュチェッカー(ドラフツ144)
-3.スパニッシュチェッカー
-4.イタリアンチェッカー
-5.タイチェッカー
-6.アルケルケ

6.フェアリーチェッカー [草場]
-1.フェアリー盤 (ドラフツ36、立体チェッカーなど)
-2.フェアリー駒
-3.フェアリールール (ミゼール、二手指しなど)
-4.その他

7.対戦 [河内?]
-0.盤・駒の入手方法
-1.例会
-2.ソフト
-3.ネット対戦
-4.郵便戦

8.後書き [草場]
>>[1]
キャッチフレーズ、いいですね
2020...がいいですね

ゲームのキャッチフレーズとしては
ワールドワイドで、シンプル&トリッキー
なんかどうですかね

 私の好きなのは 「肉を切らせて骨を絶つ」 ですね。ドラフツの切れ味そのものと思います。

 私はオリンピックは大嫌いですが、利用できるものなら大いに利用しましょう!
おおー、いいですね!キャッチフレーズを一つにしぼらずに、自分のドラフツ・チェッカーのイメージを、全員でキャッチフレーズつくって、それをざーっと並べてしまうのも、楽しいかもしれません
目次のルールの記載位置について

私が最初にルールだけを章立てにしたのは、世界のドラフツを紹介するときには、たぶnルールの羅列になるだろうと考えたからです。インターナショナルドラフツ、ドラフツ64、ストレートチェッカー、トルコチェッカーと各章の最初でルールを説明するのは各章が独立しているので、章ごとに読める、流用するときの利便性が高いなどのメリットはありますが、かなり重複する部分があると思ったので、ルールを羅列しておいたほうが、図などを含め、省略する部分が多くできると考えたからです。

これは章ごとにルールを記載することに反対しているわけではありません。(^^)


章立ての項目ですが

 -1.ルール
 -2.ゲームの魅力
 -3.勝つための5か条
 -4.一局の流れ
 -5.詰問題(プロレムと解答)

と、各章で統一されているのは美しいのですが、私にはトルコチェッカーで、
 -3.勝つための5か条
 -4.一局の流れ
を書くのは難しいかと思います。この辺りは山家さんの見解もお聞きしたいところです。
>>[15]  私はルールが重複してもいいと思います。しつこく同じことを何度も読ませるのです。ただし、他と違うルールのところの色や字体を変えて、違いがわかるようにしておきます。これは書く方もコピー&ペーストで書けるので楽です。
>>[16]
 -3.勝つための5か条 は、 -3.勝つための3か条(でも他の数でも)いいでしょう。
 -4.一局の流れ  はトルコの人に聞いてください。全部が全部、我々のオリジナルである必要はありません。

ログインすると、残り1件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ボードゲーム チェッカー 更新情報

ボードゲーム チェッカーのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済