ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > †イエス・キリスト† > トピック一覧 > 赦しについて考察しましょう。

†イエス・キリスト†コミュの赦しについて考察しましょう。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

さて、皆様がイメージなさいます
また捉えておられます

<赦し>とはどういった事をいうのでしょう?


*(是非、こちらの参加者でもある
穂希様にもお答えいただければ、幸いで、ございます)








コメント(297)

洗礼を受けら間もない方らに
よくある事ですが、

聖句の断片だけを
つぎはぎした解釈をし、
それを盲信なさる事は
よくある事でが

それをそのまんま
キリスト教理だとまで思われるなら
長いあいだ、キリスト教理の根幹である
罪の救い。である「キリストの福音」は
永遠にありません。






えみっさんが、本当に大好きです。
天国でも、永遠によろしくお願いします。
ますますえみっさんが幸せになりますように(^ ^)


9 「光の中にいる」と言いながら、兄弟を憎む者は、今もなお闇の中にいます。10 兄弟を愛する人は、いつも光の中におり、その人にはつまづきがありません。 11 しかし、兄弟を憎む者は闇の中におり、闇の中を歩み、自分がどこへ行くかを知りません。闇がこの人の目を見えなくしたからです。(ヨハネの手紙一 2章9-11節)

わたし自身が今、まさに「この人のこの考え方は、ちょっと……。そろそろ縁切った方がいいかな……?」と悩むことに直面していたので、グサッときました^^;

一年前にも同じようなタイプの人の同じような言動に悩んでイライラして、お祈りをしていたことがあったので、進歩のない自分に愕然としています。

でも、このタイミングでこの御言葉(みことば)が与えられたということは、やはりその苦手なタイプの人を愛しなさい、と神様から言われているような気がしてきました^^;

一年経っても受け入れられないことは、わたしの中では相当コアな問題であり、根深いです。

妥協点を見つけるのは難しいし、問題に目を向けていては、もはやその人のことを嫌いになる以外に道はないです。

嫌いになって憎むくらいなら、そうなる前にそれとなく距離を取って関わるのを止める、という選択肢も、あるかと思います。

でも、問題に直面した時には「問題に目を向けるのではなく、主に目を向ける」と、以前の説教で教わったので、ここは与えられた御言葉に目を向けて、どうしたらその人のことを愛せるのか、祈ろうと思います。

否、「わたしにはこの人を愛することは出来ないので、愛せるようにイエス様の愛を下さい」と祈ろうと思います。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。
人は「罪人」は
互いに愛しあえないのです。

それが
たとえ、血をわけた親子であっても、
また、兄弟姉妹同士であってもです。

ましてや
自分との関わりの無い
赤の他人ならば
自己愛の為にならば、他人を侮辱し強いり
強請、脅し、脅迫し・・(こんな廃れた場のmixiでさえも他人をアラなんちゃらと
嘲り侮辱を楽しむ有様、その実、
その他人には愛が無いと、散々、吐くおぞましい始末ですよ)

そんな輩に
神の律法など
通じたりもしませんよ。(^^)


キリストの罪の赦しの解決がないならば
いくら
神の律法(聖なるもの)でも
ただの自己愛にしか過ぎませんし、

豚に真珠の他、

何ものでもありません。











>>[259]

すみません。

わたしは
無責任な「大好きです。」は
信じていませんよ(^人^)

わたしの
どこがいったい好きなの?

と、あまりに
大好きです。を言う
夫、子供たち、友人知人らに
聞いた事があるのですが・・

「エミだから。」と、
仰ってくださいました。

嬉しいやら・・
哀れみを受けましたね・・。(^^:

わたしが
大好きです!
と、無理せず言えるのは
そうですねぇ・・
自分の命ですら、なんてことも無いなぁ
と、思う方には
「大好きです。」と吐くかもしれませんね。
福音と同様、
安売りはしませんねw





アーメン(^^)

キリストは、自由を得させるために、私たちを解放してくださいました。ですから、あなたがたは、しっかり立って、またと奴隷のくびきを負わせられないようにしなさい。

私たちは、信仰により、御霊によって、義をいただく望みを熱心に抱いているのです。 キリスト・イエスにあっては、割礼を受ける受けないは大事なことではなく、愛によって働く信仰だけが大事なのです。 あなたがたはよく走っていたのに、だれがあなたがたを妨げて、真理に従わなくさせたのですか。

兄弟たち。あなたがたは、自由を与えられるために召されたのです。ただ、その自由を肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい。 律法の全体は、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」という一語をもって全うされるのです。 もし互いにかみ合ったり、食い合ったりしているなら、お互いの間で滅ぼされてしまいます。気をつけなさい。
私は言います。御霊によって歩みなさい。

御霊によって導かれるなら、あなたがたは律法の下にはいません

御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、 柔和、自制です。このようなものを禁ずる律法はありません。 キリスト・イエスにつく者は、自分の肉を、さまざまの情欲や欲望とともに、十字架につけてしまったのです。
もし私たちが御霊によって生きるのなら、御霊に導かれて、進もうではありませんか。 互いにいどみ合ったり、そねみ合ったりして、虚栄に走ることのないようにしましょう。

全員祝福がありますように(^ ^)

人間の努力で、
神の戒めを守れるならば
主イエス・キリストの
罪の救いは要りません。
アーメン、アーメン、アーメン(^^)

キリストにあって、御霊により、
神を愛し、互いに愛し合います(^^)

大感謝です。
えみっさん、天国でも、永遠によろしくお願いします(^^)
仲良くしよう。
という戒めは
仲良く出来ないからです。

呑んだら、運転するな!
運転したら地獄行だ!!


呑んで運転をするからです。(笑)

12月です

忘年会やら、また
クリスマスといった
会社や、仲間たちが
ワイワイ、吞み会が多いものです。

どうか
呑んで運転はいけません!(罪人ですから、しかと、気をつけてくださいね。w)



>>[264]

伝道も
御霊が降らないと
出来ません。

自分の思いだけで
主の福音などは、
けして、けして
伝えれないのです。

まぁ、SNSですんで
好き勝手を書き込めば、
いいでしょうが♪(^^)



アーメン、アーメン、アーメン(^^)


酒とテレビに、2年間、全く興味が無くなったのは、
主が、キリストにあって、御霊により、変えてくださったからです(^^)

えみっさんのコメントに大感謝です。
えみっさんが、ますます幸せになりますように(^ ^)

>[264] 罪人のカシラのび太君 さん
2018年12月04日 23:32


キリストにあって、御霊により、
神を愛し、互いに愛し合います(^^)

***

主から賜ります
御霊は
仕える霊です。
自制です(^^)

互いに愛しあえる事などすら
望みませんね。(^^)

主はご自身の愛を
罪人らに
分けてはくださいましたが

互いに愛し合えないものが
地獄だ!という
戒めをなさっては
いませんよ。(^^)

主の救いを得た者らが(クリスチャンらが)
悪魔の支配から解放され、(主の十字架によって)
結果、互いに尊敬しあい、
お相手を尊い方だと感じているだけに
すぎない話なだけですよ。












アーメン、ミコトバなるイエス様にとどまります。
えみっさんがますます幸せになりますように(^ ^)


15:1わたしはまことのぶどうの木であり、わたしの父は農夫です。 15:2わたしの枝で実を結ばないものはみな、父がそれを取り除き、実を結ぶものはみな、もっと多く実を結ぶために、刈り込みをなさいます。 15:3あなたがたは、わたしがあなたがたに話したことばによって、もう刈り込みが済むんだのです。 15:4わたしにとどまりなさい。わたしも、あなたがたの中にとどまります。枝がぶどうの木についていなければ、枝だけでは実を結ぶことができません。同様にあなたがたも、わたしにとどまっていなければ、実を結ぶことはできません。 15:5わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。 15:6だれでも、もしわたしにとどまっていなければ、枝のように投げ捨てられて、枯れます。人々はそれを寄せ集めて火に投げ込むので、それは燃えてしまいます。 15:7あなたがたがわたしにとどまり、わたしのことばがあなたがたにとどまるなら、何でもあなたがたのほしいものを求めなさい。そうすれば、あなたがたのためにそれがかなえられます。 15:8あなたがたが多くの実を結び、わたしの弟子となることによって、わたしの父は栄光をお受けになるのです。 15:9父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛しました。わたしの愛の中にとどまりなさい。 15:10もし、あなたがたがわたしの戒めを守るなら、あなたがたはわたしの愛にとどまるのです。それは、わたしがわたしの父の戒めを守って、わたしの父の愛の中にとどまっているのと同じです。 15:11わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、わたしの喜びがあなたがたのうちにあり、あなたがたの喜びが満たされるためです。 15:12わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、これがわたしの戒めです。

ヨハネ 13:35

「もしあなたがたの互いの間に愛があるなら、それによって、あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです。」
罪ある者は地獄ですが、

互いに愛し合えない事が
地獄ではありません!

悪魔と手を組んでいる罪人と、
何故、罪の救いを得た者ものが
互いに愛し合えるのでしょうか?(笑)








>>[269]

主のお言葉に
留まる事は
世と世の愛を期待しない事ですよ。

自ら、
主が十字架につかれた
ご自分の罪の為に、情欲を(互いに愛し合しあう)
十字架につく事です。(^^)

結果
互いに愛し合うだろう。だからなのです(^^)

自己愛(自分の命)
すらもおしまない
主の愛、御霊の愛、喜んで、平安の
うちにある
御霊の愛は他人に地獄行だ!とはけして、
いいません(^^)








>もしあなたがたの互いの間に愛があるなら

>***

互いに愛し合えないならば
地獄行だ!とは
いいません!!(笑)

おやすみなさい♪(^^)

えみっさんが心底可愛いです。
えみっさんがますます幸せになりますように(^ ^)


人は悪魔ではありません(^^)

我々の戦いは血肉に対するものではなく、
ミコトバを中心として、
イエス様を中心として、
自由の律法で裁かれるものとして、
愛する戦いです(^^)

あなたがたも聞いているとおり、『隣人を愛し、敵を憎め』と命じられている。
しかし、わたしは言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。
あなたがたの天の父の子となるためである。父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからである。
自分を愛してくれる人を愛したところで、あなたがたにどんな報いがあろうか。徴税人でも、同じことをしているではないか。

9――光の結ぶ実は、あらゆる善意と正義と真実なのです。―― 5:10そのためには、主に喜ばれることが何であるかを見分けなさい。 5:11実を結ばない暗やみのわざに仲間入りしないで、むしろ、それを明るみに出しなさい。 5:12なぜなら、彼らがひそかに行なっていることは、口にするのも恥ずかしいことだからです。 5:13けれども、明るみに引き出されるものは、みな、光によって明らかにされます。


自由の律法によってさばかれる者らしく語り、またそのように行ないなさい。 あわれみを示したことのない者に対するさばきは、あわれみのないさばきです。あわれみは、さばきに向かって勝ち誇るのです。


全員祝福がありますように(^ ^)
>>[273]

>人は悪魔ではありません(^^)
**
人は悪魔ではありませんし
また
人は悪魔ほど、優れてもいません。

人は罪人です。
罪人ですから、悪魔と、簡単に手を結ぶのです。



石澤さんと、えみっさんに、日毎の糧が与えられますように(^ ^)
新宿では、非常食のかんぱんとストーカー被害の相談が、第2区役所でできます。
良かったら、私の教会で、全て説明して、一緒に第2区役所に行くことができます。

清めと愛は、毎日必要です。
逆に言えば、愛が無ければ、全て的はずれです。
私の教会の話ですが、きどりたいために、自己正当化したいために秘密にし、演劇しているなら、
全て的はずれということです。

私の教会の話ですが、
キリストにあって、御霊により、
神を愛し、互いに愛し合うが前進しました。
詩と霊の賛歌と清め、ミコトバの朗読、ジュース10本のプレゼントにより、霊、肉、魂も成長しました。

残り255人の方々とも、地獄行きを回避し、
キリストにあって、御霊により、
神を愛し、互いに愛し合って、地獄行きを回避します。

私の所持金、もとい全財産は、6023円になりました。
レプタ2枚で互いに愛し合うので、一応愛です。

はっきり言っておく。私の弟子だという理由で、この小さな者の一人に、冷たい水一杯でも飲ませてくれる人は、必ずその報いを受ける。

まことに、あなたがたに告げます。あなたがたが、これらの私の兄弟達、しかも最も小さい者達のひとりにしたのは、私にしたのです。

なぜなら、私達が神の命令を守り、神に喜ばれることを行なっているからです。 神の命令とは、私達が御子イエス・キリストの御名を信じ、キリストが命じられた通りに、私達が互いに愛し合うことです。

義を行なわない者はだれも、神から出た者ではありません。兄弟を愛さない者もそうです。 互いに愛し合うべきであるということは、あなたがたが初めから聞いている教えです。

私達は、自分が死から命に移ったことを知っています。それは、兄弟を愛しているからです。愛さない者は、死のうちにとどまっているのです。 兄弟を憎む者はみな、人殺しです。いうまでもなく、誰でも人を殺す者のうちに、永遠の命がとどまっていることはないのです。

世の富を持ちながら、兄弟が困っているのを見ても、あわれみの心を閉ざすような者に、どうして神の愛がとどまっているでしょう。 子供達よ。私達は、言葉や口先だけで愛することをせず、行ないと真実をもって愛そうではありませんか。 それによって、私達は、自分が真理に属するものであることを知り、そして、神の御前に心を安らかにされるのです。 たとい自分の心が責めてもです。なぜなら、神は私達の心よりも大きく、そして何もかもご存じだからです。

あわれみを示したことのない者に対するさばきは、あわれみのないさばきです。あわれみは、さばきに向かって勝ち誇るのです。

おじいちゃんにも、おばあちゃんにも、子供達にも、
レプタ2枚でジュースをプレゼントした時、
互いに愛し合うは完了します。

イエス様が言っている愛は、イエス様から受け取った愛であること。

それは、自分の優越感ではなく、自分を正当化する気持ちの強さではないこと。

あなたのためには命も捨てますとまで言い切ったペテロは、この数時間後に、イエス・キリストを知らないと3回言い放ちます。

これは、あの人は自己中心、あの人は変わらない、あの人は変わってないという方々に多い傾向です。
いざ嫌いな人を愛する局面が来ると、
自分に死ぬどころか、距離を置いて、愛することから逃げるのです。

その後、復活したイエス様から、再び愛されたペテロは、今度こそ、愛は、自分の心にある優越感や、奉仕を達成したい気持ちとは違うものであることを学びました。

自分の中には愛は無いこと、それゆえ、まずは神から愛される必要がある事を学んだのです。

何よりもまず、互いに熱心に愛し合いなさい。愛は多くの罪をおおうからです。

ここでペテロが言う「愛し合いなさい」これも、無条件の愛です。
神の愛をたくさん受けとることによって、そこで初めて、神を愛し、周りの人を愛する事ができます。
ペテロは、いざ嫌いな人を愛する局面が来ても、
自己正当化せず、自分に死んで、愛せるようになりました。

ペテロは、優越感に縛られず、奉仕をゆずることも、
できるようになりました。
愛が無ければ、秘密も演劇も奉仕も偽善という事を知り、自分に死ぬキリストの愛を知ったからです。

天の門、もとい、愛の門を開くには、
霊、肉、魂、全てが必要であり、
詩と霊の賛歌により、霊を高め、
雪より白く、肉と魂をきよめ、
御霊の叫びにより、魂を高めることが必要です。
なので、必要な詩と霊の賛歌が変わりました。

全き愛は、恐れをしめだします。

https://youtu.be/bTd7I4oJnDk
>>[275]


>これは、あの人は自己中心、あの人は変わらない、あの人は変わってないという方々に多い傾向です。

**
人は心境の変化で
いくらだって、変わるものです。
(人の本質事態、変えられませんでしょうが)

幼い頃は幼い考え方しかできませんが(大人の考えが理解できない)
また、更に大人になればなったで、幼い頃の考えは出来ないものです。
(この幼いとは、いろんな環境という風に置き換えられますが。)

>いざ嫌いな人を愛する局面が来ると、
自分に死ぬどころか、距離を置いて、愛することから逃げるのです。

**
人の話などは全く聞こうともせず、
刃物だけを振り回す者から
距離を置くこともまた愛です
そしてソレは自然な行為です。
えみっさんがますます幸せになりますように(^ ^)


山下正雄(ラジオ牧師)
メッセージ: 成熟した人間
 おはようございます。山下正雄です。
 日本の暦では明日は成人の日です。きっと明日の今頃は町のあちこちで振袖姿の女性やスーツや袴姿の男性を見かけることでしょう。また明日の夕方のニュースでは各地の成人式の模様が華やかに伝えられていることと思います。
 ところでこの成人の日というのは「大人になったことを自覚し、自ら生きぬこうとする青年を祝い励ます」ために定められた日です。法律の上では二十歳になれば皆大人です。しかし、二十歳になれば皆が自動的に「大人になったことを自覚し、自ら生きぬこうとする」訳ではありません。いつまでたっても大人の考えをもてない人もいれば、なかなか自立した生き方ができない人もいます。
 こんなことを言うのは今の若者を批判するためではありません。いい年をした大人の中にも子供っぽい考え方の人はいくらでもいるからです。だからといっていい年をした子供っぽい大人を批判するために何かを語ろうとしているのでもありません。むしろ大人となるということがどれほど難しいかということを言いたいのです。

 ところで聖書の中では「大人」であることがどのように扱われているのでしょうか。エフェソの信徒への手紙の中にこんな言葉があります。

 「ついには、わたしたちは皆、神の子に対する信仰と知識において一つのものとなり、成熟した人間になり、キリストの満ちあふれる豊かさになるまで成長するのです。こうして、わたしたちは、もはや未熟な者ではなくなり、人々を誤りに導こうとする悪賢い人間の、風のように変わりやすい教えに、もてあそばれたり、引き回されたりすることなく、むしろ、愛に根ざして真理を語り、あらゆる面で、頭であるキリストに向かって成長していきます。」(4:13-15)

 もちろん、ここで扱われているのはこの世的な意味での大人のことではありません。しかし、聖書が描くクリスチャン像と言うものは、あればよいという、特殊な人にだけ求められていることではありません。聖書が描いている人間像は、一人の人間としてのあり方にかかわっているのです。
 そこで、先ほどのエフェソの信徒への手紙の中に出てきた言葉では、「大人と子供」という区別ではなく「成熟した人間」と「未熟な者」との区別です。未熟な者の特徴は「風のように変わりやすい教えに、もてあそばれたり、引き回されたりする」ことです。人間の価値観や思想は時代によってころころと変わるものです。もちろんそのすべてを意味のない価値観や思想であると否定することはできません、しかし、その教えに弄ばれて結局自分の生き方を見失ってしまってはいけないのです。未熟な者はそこから悪いことだけを吸収し、自分の身につけてしまうのです。
 では、成熟した人間とはどういう者であるのか、エフェソの信徒への手紙は語ります。
 「むしろ、愛に根ざして真理を語り、あらゆる面で、頭であるキリストに向かって成長していきます。」
 成熟した人間とは第一に愛に根ざすことのできる人間です。愛がなければどんなことも空しいのです。
 第二に成熟した人間は真理を語れる人です。人を弄ぶためでもなく、引きずりまわすためでもなく、人が成長するために真理を語れる人です。
 第三に、成熟した人とはキリストに向かって成長する人、キリストの満ちあふれる豊かさになるまで成長する人です。
 どうかあなたが聖書に書かれた「成熟した人間」となることができますようにお祈りいたします。

全員祝福がありますように(^ ^)
Rolling Stones WINTER
https://www.youtube.com/watch?v=cpUuU07_iMc
「愛」には
己の愛の執着や、拘りなどありません!!

愛に執着する事が「愛」ではありません!!!

愛させネバならない!
と、思ったら、それは既にもう愛とは呼べぬ
他人を強いる脅迫、強要、強請、の類です。

キリスト教が説く、また主が仰る「兄弟姉妹を互いに愛せ。」
コレは相互愛(give-and-take)ではありません。



愛は
自分の努力などで「愛させねば。」という考えで
得られるものでも
けして、けして
ありません!!

神を愛さねばならない!
などといった己の「努力」や
己の神に対する自己満なんかで、
神もまた人も愛したりなどは出来ません!!!



>>[278]

こんばんは。

師走で慌ただしい今日でした・・。

今、仕事から解放され
こちらに、立ち寄らせて頂き、
自分の勝手な思い込みにしか過ぎませんが・・
ご紹介くださいました素敵な一曲に・・「お疲れ様です。」と、
ホット一息timeを頂戴した感が
しました。

ありがとうございます。
>>[275]

こんばんは(^^)

既読のように「イイネ!」を
付けられるのは
ご遠慮頂ければ、感謝です。

わたしは
別に「イイネ!」を望んでは
いませんので。(笑)

「イイネ!」を
望まれる方に、あなたの「イイネ!」を付けて差し上げてくださいな♪
(^人^)




「イイネ!!」機能など
無くなれば「イイネ!!」ですよ!とも
思う独りですから♪

ぷっくっくな顔
はーい、悔い改めます(^ ^)

えみっさんが、ますます幸せになりますように(^^)
わたしの個人的な事情をいいますと
自分が「イイネ!」を付けたら、その責任を持っていますよ。
必ず、イイネ!を
付けたら、ご返事をしますから♪
まぁ、これは
わたしの自分のモラルですので
他人には強要しません。

妙な「イイネ!」を、平気でつける輩もいますので。申し置きました・・あしからず。
(笑)

はーい、ではでは(^ ^)

誰かに恨みを抱いている間、わたしは許してもらえますか? 聖書の、マタイによる福音書第6章14−15節に記されてあります。「もしも、あなたがたが、人々のあやまちをゆるすならば、あなたがたの天の父も、あなたがたをゆるして下さるであろう。もし人をゆるさないならば、あなたがたの父も、あなたがたのあやまちをゆるして下さらないであろう」。   

許された者は許します。 聖書の、エペソ人への手紙第4章32節に記されてあります。「互に情け深く、あわれみ深い者となり、神がキリストにあってあなたがたをゆるして下さったように、あなたがたも互にゆるし合いなさい」。   

本当の許しは間違いを数えません。 聖書の、マタイによる福音書第18章21−22節に記されてあります。「そのとき、ペテロがイエスのもとにきて言った、「主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯した場合、幾たびゆるさねばなりませんか。七たびまでですか」。イエスは彼に言われた、「わたしは七たびまでとは言わない。七たびを七十倍するまでにしなさい」。   

エペソ4章32節はこう言っています。「お互いに親切にし、心の優しい人となり、神がキリストにおいてあなた方を赦してくださったように、互いに赦しあいなさい。」 同じように、コロサイ3章13節でも、「互いに忍び合い、だれかがほかの人に不満を抱くことがあっても、互いに赦し合いなさい。主があなた方を赦して下さったように、あなたがたもそうしなさい。」と宣言しています。この二つの聖句の鍵となるのは、神が私たちを赦してくださったので、人をも赦さなければならないということです。なぜ、赦すか?なぜなら、私たちも赦されたからです。しかし、クリスチャンでない人は、まだ神から赦されていないので、人を赦す力も赦したいという気もないのです。

1.完璧な人は誰もいないと認める
「私たちが誰かを憎むとき、その人に対して公平な視点を失いがちです。立腹、苦さ、傷が心を満たすとき、攻撃した人を人として考えるのをやめてしまいがちです。そういう人を動物のように扱うのです。しかし、私たちはみな同じ船に乗っているのです」とウォレン牧師。
聖書は、誰一人として罪から自由な人はいないことを思い起こさせてくれる。コヘレトの言葉7章20節には、「善のみ行って罪を犯さないような人間は、この地上にはいない」とある。
2.仕返しをする権利を放棄する
ウォレン牧師は、本当に他の人を赦したいと願う人は、復讐を決意しないと語った。いくら正義があったとしても、復讐の計画を実行することに加担してはならない。霊的、感情的な面で健康になるためです。


毎年、『最も感動的な人物』賞を出している『ビリーフネット』という団体があります。2005年には、ニューヨーク州在住のヴィクトリア・ルヴォロという婦人がこの賞を受賞しました。以下、受賞理由です。

ある日ヴィクトリアが車を運転していると、フロントガラスを突き破って9キログラムもある冷凍の七面鳥が飛び込んできました。犯人は、ライアンという19歳の青年でした。彼は、盗んだクレジットカードを使って大量の買い物をし、仲間とともに帰ってくるところでした。面白半分に、冷凍の七面鳥を対向車に向かって投げつけたのです。ヴィクトリアは病院に運びこまれ、10時間に及ぶ顔の整形手術を受けました。それから何ヶ月間も、苦痛を伴うリハビリ訓練が続きました。

2005年、ライアンを裁く法廷に出廷したヴィクトリアは、判事に情状酌量を要請した後、犯人にこう語りかけました。
「確かに痛みと恐怖をともなう体験でした。でも、この事故を通して私は多くのことを学びました。毎朝目覚めると、自分が生かされていることを神に感謝しました。ライアン君、あなたもこの事故から多くの教訓を学んだと思います。私は復讐を願ってはいません。あなたに長期刑を科すことは、私にとっても、あなたにとっても、また社会にとっても、益になるとは思いません」
ライアンは涙を流し、自らの愚かな行為をわびました。判決は、6か月の懲役刑にとどまりました。もしヴィクトリアの要請がなければ、25年の刑が出されていてもおかしくない状況でした。
「私はあなたに対して憐れみの心を示しました。あなたに、立派な人生を歩む人になって欲しいからです。そうなれば、私が通過した痛みの経験には意味があったことになるのです。ライアン君、どうか私の判断が正しかったことを立証する生き方をしてください」

赦しを実行する人とは、世に感動を与える人なのです。

この章のポイント
1. 赦しは、憎しみの悪循環を断つ力である。
2. 赦しは他人だけではなく、自分自身をも解放する。
3. 赦しは、人に感動を与える力である。
ほんの小さなギリシャ語が、クリスチャンの相互愛の根拠を教えています。
1ヨハネ4:11
愛する者たち。神がこれほどまでに私たちを愛してくださったのなら、私たちもまた互いに愛し合うべきです。

 11節の「愛する者たち」ですが、
 この訳語だと、ヨハネが手紙の読者を愛している、という意味にしか受け取れません。
 しかし「愛する者たち」というのはアガペートスの訳語で、
 意味は「愛されている者」です(7節のほうも同じ)。
 ですから言葉の意味としては、ヨハネが愛しているというのではなく、
 神から愛されている者たち、という意味です。

 下記の聖句の場合、「神+アガペートス」なのでわかり易いと思います。
ローマ1:7
ローマにいるすべての、神に愛されている人々(アガペートス)、召された聖徒たちへ。
 そういうわけでヨハネは、
「神に愛されているみなさん、・・・」と呼び掛けているのです。
●神が愛を示した方法
「神がこれほどまでに私たちを愛してくださったのなら」という部分では、
「これほどまでに」という言葉を加えることによって、
 クリスチャンに対する神の愛の強さ、深さが強調されています。
 同時に、「これほどまでに」と訳されているホウトスという言葉は、
「このような方法で、このようにして」という意味ですから、
 神が私たちを愛した方法が説明されていることになります。
 ヨハネは、すぐ前の10節後半の内容を指して
「このような方法で、神は私たちに愛を示してくださった」と言っているわけです。
10節後半
私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。
 言うまでもなく、
「このような方法」というのは、キリストを犠牲にしたことを指しています。
 それほど神は、クリスチャンを愛しているのです。

●相互愛の根拠
 原文では、11節の前から2番目に、「もし〜なら」という意味の言葉が来ています。
「エイ」という短い言葉で、英語の「if」に相当します。
 先の「ホウトス」と合わせると、
「もしこのような方法で神が愛したのなら」と言っていることになり、
 クリスチャン同士が愛し合うべき理由/根拠が説明されています。
 ヨハネは、クリスチャンそのものに愛されるべき理由があるとは言っていません。
 クリスチャンが特別素晴らしい人格の持ち主だからでもなく、
 外見的に魅力のある人だからでもありません。
 現実的には、とても愛したいとは思えない人柄のクリスチャンもいます。
 中にはクリスチャンとは思えないほど、性格の悪い人もいますよね。
 しかしもし神が、そういう人をも特別深く愛してるのなら(エイ)、
 私たちも同じようにすべきだ、というのがヨハネの主張です。
 クリスチャンの相互愛は、神が起点になっているのです。
 その意味で、この世の相互愛とは全然違います。
 愛したくない相手であっても、私たちは神に目を向け
 神がその人を愛しているから、愛するのです。
 十字架ですよね。
 相手の性格が悪い場合。
 でもそれが、聖書の言う相互愛の根拠です。
 世の人のように、嫌な相手は愛さなくてもいいというのではありません。
 もし私たちが互いに愛し合うなら、
 神は私たちのうちにおられ、神の愛が私たちのうちに全うされるのです。
1ヨハネ4:12
>>[284]

ありがとうございます。

あなたに「心底可愛い」たら、イイネ!!
荒らしを受け
あなたの嘲り侮辱を楽しまれています事などを、
わたしが、わからないとでも?(笑)

わたしが言う前に、あなたがお気づきくださったらば
幸いでしたね。

わたしは
福音もなのですが、そんなに
安っぽいものではありませんよ!

あしからず。











はーい、悔い改めます。
感謝です。
しかし、心底愛してます。
もちろん、恋愛ネタのワイドショーではなく、
天国でも、永遠の兄弟姉妹としてです。
ますますえみっさんが幸せになりますように(^^)

キリストが御言葉によって整えて下さるわたしたちの成熟とは、キリストが乳飲み子を指して、「子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない。」と仰ったことと、まるで同じことであることが分かります。幼い子ども、乳飲み子が、自力ではなく親に生かされているように、神様に頼り切って生かされるということ、神の幼子となること、それが私たちの成熟です。

私たち人間の成長と成熟に関して、これ以外の人間の知恵を私たちは、必要としません。人間の評価は真に風のように移ろいやすいものです。今日私を高く評価してくれた者が、明日は、批判の言葉を語りだすかもしれません。人だけではなく、私たち自身の自己評価も同じです。他人と比べて安心してみたり、劣等感を覚えたり、自分は成熟していると思ったり、未熟だと思ったり、そういうあやふやな所で一喜一憂して生きなければならないのではありません。ただ、神の赦しと愛において、御霊により、成熟の土台を得ます。
ミコトバに従うならば、キリストにある神さまの愛の広さ、長さ、高さ、深さを知るならば、必ず信頼が生まれます。握りしめていたどうしようもない自分の力を手放すことができるようにさせられていくでしょう。そして、私達に代わって、キリストが私の人生を引き受けて、私たちを先導して生き始めてくださいます。そのように神に頼り切る私達が、どんなに無力でちっぽけな者であったとしても、キリストの豊かさまで成長していくことは、当然のことです。キリストが私たちに代わって、私の命を生き始めてくださるからです。
だから、愛に根ざした真理を語るようになります。人の悪いところ、欠点を数え上げる前に、互いに愛し合うようになるのです。
私達を赦し愛すキリストの愛が、私たちを超えて、必ず溢れ出していくのです。それこそが、愛に根差した真理を語る私たちの新しい生き方です。神に愛される私達が、今度は、人を愛するのです。
最後になお、驚きをもって気付かされることは、この成熟の約束は、教会への約束、つまり共同体への約束でもあるということです。


パウロは「人知をはるかに越えたキリストの愛を知ることができますように」と祈る。この愛も聖霊によって知ることができるのであろう。「私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちに注がれているからです」とある。

さて、私たちがキリストの愛の広さ、長さ、高さ、深さを知っていったらどうなるだろうか。ますますキリストを恋い慕い、愛するようになるだろう。すなわち、キリストを自分の心の住人として、ますます歓迎するようになるだろう。キリストを同居人として、キリストとともなる生活を喜ぶようになるだろう。「やれやれ、毎日が大変だ。家に入れるんじゃなかった。給仕に、部屋の掃除に、とめんどうだ。面と向かって話しするのも早く切り上げたい。すべてが義務にしか感じられない。いつまでいるんだろう、このイエスという人は」といったこととは無縁となる。キリストは我が喜び、我が主、最高の友、最高の花婿となり、ともに過ごし生きることが無類の喜びとなる。心の家からキリストが望まないものは捨て去ることを望み、どの心の部屋にもキリストの平和が宿り、それはいつまでも続くだろう。また、このキリストへの愛は、隣人への愛、互いへの愛となって表わされるだろう。
第三は、成熟を求める祈りである。神ご自身の満ち満ちたさまにまで、あなたがたが満たされますようにというのは、成熟を願う祈りである。パウロのこのことばから、主イエスの命令を思い起こす。
「自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい」、そうしたみことばに続いて、成熟とも訳せることばで、愛の成熟を願っていることがわかる。

私たちは、イエス様の愛に感動するだけでなく、この神の愛にならうように召されている。それが自由の律法、召された自由です。
感動するのは簡単だが、ならうことがなければ意味をなさない。私たちは愛において成長し、成熟するように召されている。
パウロの祈りは、ここで終わってはいない。
パウロは神をほめたたえ、神に栄光を帰して終わる。パウロに神をほめたたえさせたのは、キリストにおいてなされた神の驚くべき愛のみわざである。パウロは牢獄の中にあっても、神の驚くべき愛のみわざを覚えて、賛美し、礼拝をささげていた。パウロの祈りの中心は賛美の祈り、礼拝の祈りであった。

牢屋でも湧き上がる喜びが、第1次の祝福です。
2次的な祝福は、2次的なものです。
全員祝福がありますように。
>>[289]

他人の幸せを願う前に
まずは
あなたが幸せになってみてからに
してください。

他人の幸せを願う事もですが・・
神の幸せを願えば

ご自分が幸せになれるものではありませんよ。(^^)
実は、毎日幸せです。
あなたの恵みは、わたしにじゅうぶんです(^ ^)

でも、大感謝です。
天国でもよろしくお願いします(^ ^)

>>[291]

実は、毎日幸せです。
あなたの恵みは、わたしにじゅうぶんです(^ ^)


ソレは
幸いですね。(^^)

わたしも、
主は
わたしの恵みは
あなたに対して
十分です。

と、仰ってくださる方ですから
えっさんが益々幸せになるように。
と、仰っるのは
主に対するの冒涜ですね。(^^)


>>[291]

>天国でもよろしくお願いします(^ ^)

**
こちらこそよろしくお願いします。

ですが、
あなたが毎回しつこく
>天国でも
と、そう仰るのですが・・

聖書のお言葉をご存知でしょうか?
救われたクリスチャンは
地上で解かれた事は天でも繋がっています。
と、いう事を・・
地上で、よろしくお願いいたします。が
無いならば
天国に望んでも
ソレは
無いのですよ。(^^)



>あなたの恵みは、わたしにじゅうぶんです(^ ^)

>***

と、そう思われておられる方ならば
けして「互いに愛せ。」を強調したり、
また
互いに愛せないならば地獄行だ!などとは
けして、言いませんよ♪(^^)

えみっさんに感謝です、おはようございます。

もし、全部がただ一つの器官であったら、からだはいったいどこにあるのでしょう。 しかしこういうわけで、器官は多くありますが、からだは一つなのです。

そこで、目が手に向かって、「私はあなたを必要としない。」と言うことはできないし、頭が足に向かって、「私はあなたを必要としない。」と言うこともできません。 それどころか、からだの中で比較的に弱いと見られる器官が、かえってなくてはならないものなのです。 また、私たちは、からだの中で比較的に尊くないとみなす器官を、ことさらに尊びます。
しかし神は、劣ったところをことさらに尊んで、からだをこのように調和させてくださったのです。 それは、からだの中に分裂がなく、各部分が互いにいたわり合うためです。 もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、もし一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです。 あなたがたはキリストのからだであって、ひとりひとりは各器官なのです。

私たちは、自分が死からいのちに移ったことを知っています。それは、兄弟を愛しているからです。愛さない者は、死のうちにとどまっているのです。 兄弟を憎む者はみな、人殺しです。いうまでもなく、だれでも人を殺す者のうちに、永遠のいのちがとどまっていることはないのです。

救い主を信じ受け入れることによって義と認められます。そしてそのように認められた者は、義を行う者へと変えられていくのです。神の種がその人のうちにとどまっているからです。もしそうでないとしたら、神の子どもではありません。
それは兄弟を愛しているかどうかということです。ここには、兄弟を愛さない者もそうです。とあります。「そうです」とは、神の子どもではなく悪魔の子どもであるということです。つまり、クリスチャンではないということです。なぜヨハネはそこまで言い切るのでしょうか。

イエス様は、兄弟に対して怒る者は、だれでもさばきを受けなければなりません。兄弟にばか者と言う者は最高法院でさばかれます。愚か者と言う者は火の燃えるゲヘナに投げ込まれます。と言われました。兄弟に対して怒ったり、ばか者と言ったり、愚か者というようなことがあるとしたら、それは人を殺していることと同じです。もしあなたがだれか他の兄弟姉妹のことを悪く言うなら、それは人を殺していることと同じことなのです。実際にそれを聞いた人はそのような目でその人を見るようになるでしょう。あなたが悪く言ったとおりに、その人は悪く見るようになります。
そのようなフィルターでその人を見てしまうようになります。それは人を殺すことと等しい行為です。恐ろしいですね。注意したいです。

お互いに親切にし、心の優しい人となり、神がキリストにおいてあなた方を赦してくださったように、互いに赦しあいなさい。互いに忍び合い、だれかがほかの人に不満を抱くことがあっても、互いに赦し合いなさい。主があなた方を赦して下さったように、あなたがたもそうしなさい。神が私たちを赦してくださったので、人をも赦さなければならないということです。なぜ、赦すか?なぜなら、私たちも赦されたからです。

1.完璧な人は誰もいないと認める
「私たちが誰かを憎むとき、その人に対して公平な視点を失いがちです。立腹、苦さ、傷が心を満たすとき、攻撃した人を人として考えるのをやめてしまいがちです。そういう人を動物のように扱うのです。しかし、私たちはみな同じ船に乗っているのです」とウォレン牧師。
聖書は、誰一人として罪から自由な人はいないことを思い起こさせてくれる。「善のみ行って罪を犯さないような人間は、この地上にはいない」とある。
2.仕返しをする権利を放棄する
ウォレン牧師は、本当に他の人を赦したいと願う人は、復讐を決意しないと語った。いくら正義があったとしても、復讐の計画を実行することに加担してはならない。霊的、感情的な面で健康になるためです。

しかし、愛されたのに、互いに愛し合おうとしないことは、イエス様自らが、徹底的に裁いているのです。
互いに愛し合おうとしないことを裁くミコトバは、100以上です。
そして、甘いミコトバも、苦いミコトバも、必ず成就するのです。ミコトバは、一片も地に落ちることはないからです。
だから、第1の戒めを全うし、全ての律法を全うする新約は、
イエスキリストを信じ、
キリストにあって、御霊により、
神を愛し、互いに愛し合うことであり、
愛は全てを全うするのです。

せめて、互いに愛し合わなくても大丈夫という大嘘や、敵意を植えつけることで、互いに愛し合うことを邪魔し、地獄行きを続出させるのはやめましょう。

全員祝福がありますように。
できたら
赦しについて
考察して頂きましたら
幸いです。
どうしても
一人の方の考え方だけが「互いに愛せ。」ばかりが
長々と、主張され
それに翻弄され、
赦しについて。
がなおざりになりますので、

なにとぞ、
赦しとは。についてのご意見があれば
長々とでも構いませんので
書き込みにご協力ください。

でなければ
「互いに愛せ」のトピを立てて
そちらで、ご発言をなさってみてください。よろしくお願いいたします。m(__)m


ログインすると、残り257件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

†イエス・キリスト† 更新情報

†イエス・キリスト†のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。