ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > †イエス・キリスト† > トピック一覧 > グノーシス派の信者をどうすれば...

†イエス・キリスト†コミュのグノーシス派の信者をどうすれば、正統派キリスト教会に導けるか?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

このグループでグノーシス派信者がおりますが、正統派キリスト教会へ導こうと説得しているものの、強情を張って聞こうとしません。
どうすれば良いでしょうか?

正統派キリスト教会:
・ハリストス
・カトリック
・聖公会
・プロテスタント
(ルター派(ルーテル))
(カルヴァン派(改革長老派/会衆派組合教会))
(メソジスト)
(バプテスト)
(カベナント)
(ホーリネス)
(聖霊派(アッセンブリー))

ご意見お待ちしています。

コメント(26)

聖書の啓示には
毒麦と麦はそのままにしておく事が
示されています。
どうも
しなくてもいいでしょう。
自分がどうにかしようという思いは
ただの傲慢ですね。

わたしたちキリストにある者らは
例えその毒麦と思われる者らからさえも
主の語りかけを学び、聞く者なのですから。
信じて足るを知り、あなたを鍛えるための主の訓練を軽んじるなかれ。
主は私たちのうちに
良い働きを始められるお方なのです。
「私たちは神の作品であって、良い行いをするために
キリスト・イエスにあって造られたのです。
神は、私たちが良い行いに歩むように、
その良い行いをもあらかじめ備えてくださったのです」
(エペソ人への手紙2章10節)とあるとおりです。


あなたがたのうちに良い働きを始められた方は、
キリスト・イエスの日が来るまでにそれを完成させてくださることを
私は堅く信じているのです。 (ピリピ人への手紙1章6節)

そしてまた
(ピリピ人への手紙1章29節)
あなたがたは、キリストのために、
キリストを信じる信仰だけでなく、
キリストのための苦しみをも賜わったのです。










あり得ない驚くばかりの恵みが
神の御子、主キリストによって
人間の罪のために
十字架の死によって
完了されているのです。

キリストを信じれるという体験は本当に素晴らしいものです。
神の無条件の愛と出会い、
罪の赦しを体験します。

そして、
神の子として生き、永遠の命にあずかります。

それも信じるだけで与えられるのです。

しかし、
パウロはそれに加えて、
「キリストのための苦しみ」を語ります。
キリストのための苦しみとは何でしょう。
それは、一生懸命に生きているのに、
神を信頼して歩んできたのに、
物事がうまく行かないという経験です。

それどころか、
迫害やいじめを経験するというものです。

これこそ、まさに「キリストのための苦しみ」であり、
パウロはそれをも「賜わった」と言います。

つまり神が与えているということです。
「そんな理不尽な!」とも思いたく言いたくなります。

ですがパウロはその苦しみをも肯定的にとらえていました。

それは耐え忍ぶべきものであり、乗
り越えるべきものであり、
神が与えた訓練だと受け止めたのです。

それは、決して、悪や不正に屈したというわけではありません。
また泣き寝入りを推奨したのでもけしてありません。

パウロの生き方や、また他の弟子たちの生き方を見れば、
それは一目瞭然ですし、
先の主にある兄弟姉妹の生き方を通してもソレらの事が分かります。

艱難にさえも喜び平安が賜る
主の御苦難の十字架にあられた
主の平安が与えられているからです。

彼らは、ユダヤ人の指導者たちの不正と理不尽な対応に屈するどころか、
どれだけ弾圧され、
迫害されても、福音をのべ伝え続けました。

屈服どころか抵抗しつづけたのが初代教会の姿です。

また、少し意味は違いますけれども
伝道者の書にも、
労苦を肯定的にとらえているところがあります。

「見よ。私がよいと見たこと、
好ましいことは、神がその人に許されるいのちの日数の間、
日の下で骨折るすべての労苦のうちに、
しあわせを見つけて、食べたり飲んだりすることだ。
これが人の受ける分なのだ。
実に神はすべての人間に富と財宝を与え、
これを楽しむことを許し、
自分の受ける分を受け、自分の労苦を喜ぶようにされた。
これこそが神の賜物である。
こういう人は、自分の生涯のことをくよくよ思わない。
神が彼の心を喜びで満たされるからだ」
(伝道者の書5章18〜20節)。

「神の賜物である」という受け止め方がとても大切になってきます。
ですから、屈することなく、信じて立ち向かっていきましょう。

その立ち向かう闘いとは
けして血肉の闘いではありません。
一応聞くけど、
「グノーシスのどこが悪いんですか?」

誰かが勝手に異端に決めたからですか?
自分とは違うからですか?
21 わたしにむかって『主よ、主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである。

22 その日には、多くの者が、わたしにむかって『主よ、主よ、わたしたちはあなたの名によって預言したではありませんか。また、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって多くの力あるわざを行ったではありませんか』と言うであろう。

23 そのとき、わたしは彼らにはっきり、こう言おう、『あなたがたを全く知らない。不法を働く者どもよ、行ってしまえ』。
 この聖句を読むと、「父なる神の御旨を行う者」と、「主の名によって預言する者」「主の名によって悪霊を追い出す者」「主の名によって多くの力あるわざを行う者」が、同じではないことがわかる。むしろ後者のグループは、主イエス・キリスト自身に「不法を働く者ども」と呼ばれてしまっている。

 「主の名による預言」「主の名による悪霊の追い出し」「主の名による力あるわざ」が「不法」なのだろうか。聖書の中には信仰者によるこれらの働きの証しがある以上、これらの行い自体が「不法」であるとは言えない。

 むしろ「主の名によって」「主のために」という大義を使って、隠れた自分自身の目的のために行うことに「不法」の本質があるのだろう。22節には、「主よ、主よ」と言う人々の「私はあなたの名によってこれらのことを行ったではありませんか。それなのになぜですか」という、主イエスの裁きに対する「驚きや戸惑い、不平」のニュアンスも読み取れる。しかし聖霊は様々な方法によって何度も信仰者の軌道修正を試みるという前提を考慮するならば、「その日」に言われる言葉が全く驚きの内容であることはありえず、むしろ「何度も繰り返し語られていたが、聞く耳を持たなかった内容」なのだろう。

 この点は、私たち信仰者が十分に注意しなければいけないものだと思う。「主のため」「伝道のため」「教会のため」と言いながら、実は自己承認や自己満足という動機に動かされていることは誰にでもあり得ることではないか。使徒の時代でさえも、パウロの証言はそれが単なる潜在的問題ではなかったことを証明している。

ピリピ1:15−17

15 一方では、ねたみや闘争心からキリストを宣べ伝える者がおり、他方では善意からそうする者がいる。

16 後者は、わたしが福音を弁明するために立てられていることを知り、愛の心でキリストを伝え、

17 前者は、わたしの入獄の苦しみに更に患難を加えようと思って、純真な心からではなく、党派心からそうしている。
ピリピ2:20−22

20 テモテのような心で、親身になってあなたがたのことを心配している者は、ほかにひとりもない。

21 人はみな、自分のことを求めるだけで、キリスト・イエスのことは求めていない。

22 しかし、テモテの錬達ぶりは、あなたがたの知っているとおりである。すなわち、子が父に対するようにして、わたしと一緒に福音に仕えてきたのである。
 教会指導者を追い出したり、教会に分裂をもたらしたり、教会の信者を自分のところに誘導する働きにさえも、「主のため」「神のみ旨」という言葉が平然と使われてしまう歪んだ時代には、預言者エレミヤの言葉「心はよろずの物よりも偽るもので、はなはだしく悪に染まっている。だれがこれを、よく知ることができようか。 」(17:9)は、決して誇大表現ではないと思える。

 エゴという狡猾で巧妙な働きを見張り、その欺瞞から解放してくれる唯一の道は、やはり主イエス・キリストの十字架に日々寄り頼む以外にないだろう。
>>[4]

別にいいんじゃないの?
私はクリスチャンじゃないから、そういう気持ちはわからんけどね。
そんなことで信仰って揺らぐのなら、
別にグノーシスになればいいじゃん!としか思わん。

むしろ、グノーシスのほうが知的。

ナグ・ハマディ文書読んでいると、とっても面白い。
三位一体なんて整合性のない「やっつけ」でウソを作るよりも、
こじつけでもなんでも、
ヤーヴェをヤルダバオートとして理解したほうが、
旧約聖書のあほさかげんの筋が通るよ。
クリスチャンになっても、
ノークリスチャンの軛を背負わされる必要はありません(^ ^)

毎日罪を犯すのはクリスチャンも、ノークリスチャンも同じだからです(^ ^)

ただ、ノークリスチャンが優れているのは、
自分と自分達のプライドと体面と体裁を動機とする偽善が醜いということを、知っていることです(^ ^)

あらゆることを全て御存知の神は、
自分と自分達のプライドと体面と体裁を動機とする偽善を、ものすごく忌み嫌い、
最後の最後に、どんでん返しで、わたしから離れされと言われます。

はっきり言って、全ての教会の致命傷になるのは、
この、自分と自分達のプライドと体面と体裁を動機とすることなのです。

つまり、神を愛し、兄弟姉妹と互いに愛し合うことができない自分達があるから、毎日十字架があるのです(^ ^)

開きなおりは、永遠の命を失います。
クリスチャンになって、極悪非道になっても、大丈夫なわけがありません。
開きなおりは、永遠の命を失います。
これは、全教会、すんなり、そうだよね、開きなおりは最低だよねと理解できます。

しかし、本当に耳の痛いことは、
なかなか理解できないのです。
つまり、自分と自分達のプライドと体面と体裁を動機とするなら、山を動かす信仰も、奉仕もボランティアも、
礼拝すら、神に忌み嫌われるのです。

なぜなら、神は、自分と自分達のプライドと体面と体裁を動機とする偽善を、本当に、本当に、忌み嫌われ、
最後の最後、どんでん返しで、不法を働く者達よ、わたしから離れされ。
と、偽善者達を忌み嫌われるからです。

それは、少数とか、一部ではありません。
多くの者がと書かれています。
それほど、全ての教会において、
自分と自分達のプライドと体面と体裁を動機とすることは、全てを偽善に変える、致命傷となるのです(^ ^)

十字架はいたってシンプルです。
できないから、毎日十字架があるのです。
自分と自分達のプライと体面と体裁を動機とするから、
毎日十字架があるのです。
だから、毎日十字架は必要なのです。
一ミリずつでも、できるようになるのは、十字架のおかげです。
和解、兄弟姉妹と互いに愛し合う、必要なことはたくさんありますが、
全ての教会の致命傷となる、
自分と自分達のプライドと体面と体裁を動機とする偽善、これが一番神に忌み嫌われ、最後の最後、
どんでん返しとなる致命傷となります。
だから、最優先、最低限、まず、
自分と自分達のプライドと体面と体裁を動機とすることをやめましょう。
愛を動機とするなら、神に忌み嫌われることはありません。
できないから、毎日十字架があり、一ミリずつでも、できるようになるのです(^ ^)


わたしにむかって主よ、主よと言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである。
その日には、多くの者が、わたしにむかって主よ、主よ、わたしたちはあなたの名によって預言したではありませんか。また、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって多くの力あるわざを行ったではありませんかと言うであろう。
そのとき、わたしは彼らにはっきり、こう言おう、あなたがたを全く知らない。不法を働く者どもよ、行ってしまえ。
 この聖句を読むと、「父なる神の御旨を行う者」と、「主の名によって預言する者」「主の名によって多くの力あるわざを行う者」が、同じではないことがわかる。むしろ後者のグループは、主イエス・キリスト自身に「不法を働く者ども」と呼ばれてしまっている。

 
 むしろ「主の名によって」「主のために」という大義を使って、隠れた自分自身の目的のために行うことに「不法」の本質があるのだろう。「主よ、主よ」と言う人々の「私はあなたの名によってこれらのことを行ったではありませんか。それなのになぜですか」という、主イエスの裁きに対する「驚きや戸惑い、不平」のニュアンスも読み取れる。「その日」に言われる言葉が全く驚きの内容であることはありえず、むしろ何度も繰り返し語られていたが、聞く耳を持たなかった内容なのだろう。

 
 教会指導者を追い出したり、教会に分裂をもたらしたり、教会の信者を自分のところに誘導する働きにさえも、「主のため」という言葉が平然と使われてしまう歪んだ時代には、預言者エレミヤの言葉、心はよろずの物よりも偽るもので、はなはだしく悪に染まっている。だれがこれを、よく知ることができようか。 は、決して誇大表現ではないと思える。

 エゴという狡猾で巧妙な働きを見張り、その欺瞞から解放してくれる唯一の道は、やはり主イエス・キリストの十字架に日々寄り頼む以外にないだろう。
毎日リアル007
2018年09月19日 04:13
ちなみに、リアルの話ですが、
永遠の命を失わずに、おいらをコケにする方法は、
なんぼでもあるのです(^ ^)

と言うのは、
サンドバッグを吊り下げる手を使うのがおいらなので、
ただ単に、愛を動機としていれば、
吊り下げられたサンドバッグの内容を、
おいらに直接言うだけでいいのです(^ ^)

陰口や敵意を植えつけることにもなりませんし、
愛を動機としているので、神に忌み嫌われる偽善にもなりません^_^
ただ単に、吊り下げられたサンドバッグの内容を、
おいらに直接言うだけです(^ ^)

リアルの話ですが^_^

要は、
わざわざ永遠の命を失う方法をとらないでも、
愛を動機として、
おいらをコケにする方法は、なんぼでもあるということです(^ ^)

だからみなさん、
まずは、自分と自分達の永遠の命を守りましょう。
守るのは、自分と自分達のプライドと体面と体裁ではなく、
自分と自分達の永遠の命であり、
愛を動機とすることです(^ ^)
>>[3]

こんにちは。

グノーシス主義、
これは一口で言えば、
偶像崇拝だからです。

悪いとか
異端だからといった
そんな基準や秤なんかではなくて、(^^;

結果的には真の神、創造主の救いが
無い。という
ただ、それだけです(笑)
ですから
同じ知るならば、神の福音を正しく知りましょう。
ということでしょうね(^^;






>>[9]

それはさあ、そっちの勝手な希釈だよね。
グノーシスの側から言えば、
「キリスト教の真実はグノーシスにある」となるんだから。

グノーシスが偶像崇拝なら、
カトリックだってプロテスタントだって、中身は偶像崇拝だよ。
まあそこは、意地でも否定するんだろうけど。
お前は知らないみたいなことを言うんでしょ?滑稽だよね。
>[3] おおっ さん
あと。(^^;

2018年09月26日 14:35


誰かが勝手に異端に決めたからですか?
自分とは違うからですか?
***

そうですねぇ・・。
仰る通りですね。(^^;

創造主であられます父なる神。
とでもして置いてくださいませまし。m(__)m

まぁ、聖句で示させていただきますならば・・

(ヨハネの福音書第16章1、7〜8、13〜14節)
1私がこれらの事を語ったのは、
あなた方が躓く事のない為である。

しかし、私は本当の事をあなた方に言うが、
私が去って行く事は、あなた方の益になるのだ。
私が去って行かなければ、あなた方の所に助け主は来ないであろう。
もし行けば、それをあなた方に遣わそう。

それが来たら、罪と義と裁きとについて、世の人の目を開くであろう。

けれども真理の御霊が来る時には、
あなた方をあらゆる真理に導いてくれるであろう。
それは自分から語るのではなく、
その聞く所を語り、来るべき事をあなた方に知らせるであろう。

御霊は私に栄光を得させるであろう。
私のものを受けて、それをあなた方に知らせるからである。

***

ということですんで、

要するにはグノーシス主義者らは
自分の栄光を求めても、
(ようするに・・自己啓発セミナーの雛形?みたいなw
オレ様中心?w)

イエス・キリストの十字架の罪の赦しの
神の栄光をまず語られないからかもしれませんね。(笑)

そこの解決がなされていなければ
いくら、正当派、自称クリスチャンとて山羊ですね♪
(笑)





>>[10]

まぁ、確かにね。
そりゃそうだ。(笑)
>>[10]
自己弁解を
はかるつもりは毛頭に無いんですが・・(^^;
>お前は知らないみたいなことを言うんでしょ?滑稽だよね。

***

少なくとも、
わたしも、またうちの教団ならば
言いませんね(笑)

寧ろ、「知っている!」と言う方が
恐ろしいですからね。(笑)

信仰とは
「自分は知っている」ではないからこそ、
「信仰」ですんでね。(^^;

無知の知を知る。
ことが大切な事でしょうね。
知識と知恵は
また別ものでしょうから。
と、ウダウダとりとめもない話にまで、度々
付き合わせてしまい・・
申し訳ございません。m(__)mあせあせ

お付き合いに感謝します。

また。(^^)






グノーシス派のキリスト教なのか、
キリスト教のグノーシス派、グノーシス主義派、、なのか、

キリスト教の、だとしたら、
いいんでないの?

と思いましたけど。

トピ主さんの教会は、正統派教会なんですか??
・・・?

説得って、なにをどうしてるんですか?

??

トピ主さんを正統派教会に導くための説明、、は、
しても大丈夫ですか?
>>[14]

こんにちは。

キリスト教の
というところが
彼らの惑わされる手口かもしれませんが

まず、彼らは
イエス・キリストを
神だとは
していませんね。(^^)

やはり
神が人間になられて
救いの御業を成された。コレが
理解できないかもしれません。

ユダヤ教もイスラム教も、
他、
キリスト・エスの名を語るでしょうが、
イエスの名によってではありませんからね。

(ざっとで、恐縮ですが(^^;

m(__)m





また
この「イエスの名によって」
と、いうのも
非常に厄介なとこですね(笑)

わたしが、また長く講釈、毒舌を垂れても
いけませんが・・(^^;
毒麦とか、麦とか、、
母教会、、とは??

ここがヘンだよキリスト教、どこ?
エホバ、モルモン、統一、ではないです。(わたしたちが正統派!!、)
(?)
(ふつうの正統派?)

(ほんとうに正統派?)
(どこがなぜ。。正統派?)
>>[21]

あなたの母君様が
主に召されてからも、
あなた様を愛し、
あなた様の為に
主に祈られていらっしゃる
そんな思いがいたしました。

あなた様の心と思い(魂を通して)
母上様の愛が
今も生きていらっしゃるのでしょうね。(^^)感謝。












[21] y.ishizawa@Evans さん
そして、

両親を敬え。
という
主の律法を
あなた様が、主にあって
頂いていらっしゃる御方ですね。

主にある証しを
あなた様を通しくださり、
本当に心から感謝します。(^人^)m(__)m

アーメン。
[21] y.ishizawa@Evans さん
そして。

>万年未陪餐求道者だとしても、

***

わたしも
同じですよ。(^^)

そして
その事はパウロ自身も
聖書でも証言をしていますからね。(^^)

主の御国に入れて頂けますよう
後ろの物に囚われず、ひたすら前にむかって、
主にあって完成者となる様
後ろを振り返らず、前に向かって主の永遠の命に預かり主の御国を目指し、
主の愛のうちに
歩んでまいりましょう(^^)ハレルヤ!

では
主の平安のうちに
おやすみなさいませ。m(__)m

栄光在主。






ログインすると、残り7件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

†イエス・キリスト† 更新情報

†イエス・キリスト†のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。