ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 緑の森博物館 > トピック一覧 > 9月の観察会

緑の森博物館コミュの9月の観察会

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

このところ涼しくなって急に秋らしくなってきました。朝晩気温が低く体調を崩しがちな日曜日でしたが、快晴の中10数人でいつものコースを回りました。西久保では案山子づくりもされていました。セミもツクツクボウシの鳴き声が目立って来ました。

ヤブランが紫の花を付けていました。

キンミズヒキが大谷戸湿地の入口に咲いていました。ピンボケでした。

ナナホシテントウもいました。

コメント(20)

ゲンノショウコが咲いていました。

ナンバンギセルが群落で見つかりました。観察路から少し離れた見にくいところでしたが、かなりの数がありました。

ナカグロクチバという模様のはっきりした蛾が止まっていました。この蛾は羽の端で丸まっているように見える3D的な模様を持っています。

オオトリノフンダマシの卵のうがたくさん見つかりました。これを守っている親グモもいました。また、出来立ての白い卵のうも初めて観察されました。

ナンバンハコベの黒い実も見つかりました。花も咲いていました。
アカスジキンカメムシの幼体がサルトリイバラに居たようですが、地面に落ちてしまったので、観察会前に北狭山谷のコブシの葉に居たものをアップします。

ベッコウハゴロモが二匹並んでいました。

トンボの湿地にアブラガヤ(別名アイバソウ)がありました。
トンボの湿地の近くにノハラアザミが咲いていて、セセリチョウやハチがたくさん集まっていました。

シンミズヒキも咲いていました。

小さな蛾で触覚の長いものがいました。未同定。
ドングリが葉と一緒にたくさん落ちていました。チョッキリの仕業のようです。

丸いクモの卵のうがありました。

白いキノコがありました。
ツチグリが見つかりました。

ホコリタケも見つかりました。中を見てみると、まだ湿度の高い状態で胞子を飛ばせる状態ではないようでした。菌類独特の匂いがしていました。
ベニテングタケの仲間と思われる赤いキノコがありました。

スジクワガタのメス、コカマキリがいました。
ちょっと変わったキノコがありました。未同定。

カブトムシのメスがいました。

クズノチビタマムシがいました。
アカボシゴマダラが止まっていました。飛んでも元気がないようでした。

黒い二本筋のクモがいました。未同定。

立木を這い上ったような粘菌がありました。未同定。

イチヤクソウの種、キセイバチのマユがありました。ピンボケでした。

休憩した近くでは栗がたわわに実を付けていました。

西久保の田んぼにチョウジタデの黄色い花が咲いていました。

足の長いクモもいました。未同定。

クモが捉えた昆虫を糸で巻いて白くなったものがありました。
西久保の案山子の一つ。

西久保の田んぼにはウスバキトンボがたくさん飛んでいました。稲の茎に止まったものをアップします。

稲の穂に止まったイナゴがいました。
稲の葉にヤマトシジミが羽を開いていました。

不定形のクモの巣がありました。オニグモの仲間でしょうか?

スケバハゴロモもいました。
かぼちゃの花にいろんなハムシがたくさんいました。

コアオハナムグリがいました。

ヨツモンクヌバコガという小さなきれいな蛾がいました。
ニラの花が咲いていました。

アオツズラフジの実が色づいていました。ヒメエグリバの幼虫もいました。
クルミの木に花が咲いて多くの虫が集まっていました。

クルマバッタがいました。羽も広げてみました。
ツルボの花が咲いていました。

クズの花も咲いていました。

大谷戸湿地の観察路に入ったところで、クモの巣が輝いていました。
>>[8]
子嚢菌類のマユハキタケのように見えます。タブノキの樹皮を破って発生するようです。緑森にタブノキがありましたっけ。
>>[19] 形は似ていますが、タブノキというのがどうでしょう?海岸沿いに多く生息するとネットでは書いてありました。

ログインすると、残り1件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

緑の森博物館 更新情報

緑の森博物館のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済