ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 緑の森博物館 > トピック一覧 > 8月のぶらりサロン

緑の森博物館コミュの8月のぶらりサロン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

雨の多い8月ですが、10人でいつものコースを回りました。

前回も見たオオトリノフンダマシは同じ場所で頑張っていました。卵のうも無事のようです。

ウスバキトンボが止まっていました。このトンボは南から北へ移動していきますが、ちょうどお盆の頃多く見られる地域では「盆トンボ、精霊トンボ」などとも呼ばれます。

コメント(19)

ナンバンギセル、ナンバンハコベが咲いていました。

その近くに、ダイミョウセセリがいました。
ヒメジャノメがいました。

ヤブタバコの花が咲いていました。

ウマノミツバとスズメウリが絡んでいました。
カナムグラにサナギが見つかりました。ルリタテハではないかということでした。銀色に光っている部分があってきれいでした。

ツリガネニンジンが咲いていました。

オナガグモがいました。
ウワミズザクラの葉を食べたこの幼虫はスズメガの仲間のようです。

雨の後でキノコがたくさん出ていました。
ホコリタケもありました。

白い卵のようなキノコもありました。

センチコガネに出会いました。
休憩所の屋根に居たのはキシタバでした。

アオハダが赤い実をたくさん付けていました。

ツノアオカメムシもいました。
地面には白いソウメンタケが出ていました。

ヤブランが咲いていました。

カノコガのカップルもいました。
葉の裏に何かのサナギのようなものが見つかりました。

クズの葉に居た2mmほどの小さなカメムシは交尾しているものもいたので、成虫でした。目が飛び出しているメダカナガカメムシのようです。

クズにはコフキゾウムシもいました。
キマダラセセリにも出会いました。

アシナガアミホコリ、ヘビヌカホコリなどの粘菌も見つかりました。
ツノホコリもありました。

イチモンジセセリがいました。

茶畑で少なくなったオオミノガのミノムシがいました。
ツマグロヒョウモンのメスがいました。

キノウエモジホコリがクスノキで見つかりました。

イヌホウヅキが咲いていました。
頭の部分が茶色のベッコウヒラタシデムシにも出会いました。

ジャコウアゲハとカラスアゲハがいました。
白い菊のようなキノコはサクラタケのようです。

アオツヅラフジも実を付けていました。

ショウガの花が咲いていました。
竹とんぼさん,番外で映像で見せて頂いた・・・ブル−のイトトンボは幻想的で魅了させられました。
今回の観察会は市民避難訓練の為に本番での参加が出来なかったのは残念でした。昼食時間のみ参加させていただいたのですが・・・これも・・ブラリの魅力の一つ。葉の裏の謎のサナギの正体を是非教えてください。
セミヤドリガのように見えたハエがいましたが、よく調べると、ヤドリバエ科のコムソプテシスの仲間でした。ハエの後翅は 普通、平均棍 という棒状のものに変形していますが、このハエは白色の平均棍が目立つハエでした。
竹とんぼさん>13の菌類は、キツネノハナガサではないでしょうか。また、13はミョウガの花です。
>>[15] ギリシャでこのトンボに出会った関口さんが作った詩の一部を紹介します。

美しい水の住人リベルラについて行けば
長い間探し求めていた美しい水のありかを教えてくれる

観察会の前に出かけた北狭山谷では、マユタテアカネの赤いオスがいました。
コブシの実にはアカスジキンカメムシの幼体が輝いていました。また、西久保のススキの葉には、不思議なサナギもありました。お盆の送り迎えのナスで作った牛のようです。これらの写真をアップします。
>>[16] いろいろとご指摘ありがとうございます。平均棍はガガンボでよく見ていましたが、ハエにあるのは初めて知りました。
竹とんぼさん
関口さんの詩の一説・・良いですね、情景が浮かんできます。

ログインすると、残り1件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

緑の森博物館 更新情報

緑の森博物館のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済