ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 地域 > 半島・岬 > トピック一覧 > 琴ノ浦

半島・岬コミュの琴ノ浦

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

 和歌山県海南市。
 琴ノ浦は、江戸時代には紀州藩の入浜式塩田だった所で、明治時代には養魚場として利用されていましたが、大正時代初期にニッタ創業者である伊予国出身の新田長次郎(1857〜1936)の別荘が設けられました。
 そして、大正初期から昭和初期にかけて武者小路千家家元名代の木津宗泉(1862〜1939)により潮入式池泉回遊庭園が作庭されました。海から水を引く事で潮の干満に応じて水位が上下するという汐入りの池が主屋を中心に、三つ配され、その周囲に茶室や座敷が点在します。面積は59400屬覇本全国で17位、個人庭園としては日本最大です。
 紀州の名園として名高くなったため、皇族や政府高官がしばしば来訪し、内閣総理大臣桂太郎公爵元帥(1848〜1913)・内閣総理大臣清浦奎吾伯爵(1850〜1942)・海軍軍令部長東郷平八郎侯爵元帥(1848〜1934)・陸軍教育総監秋山好古陸軍大将(1859〜1930)等の扁額が主屋「温山荘」に掲げられています。温山荘の名は新田の雅号である温山より東郷元帥が命名しました。
 陸繋島である矢の島も温山荘園内に取り込まれ、島の岩壁を人力で掘削したトンネルを抜けると黒江湾を望むプライヴェートビーチが設けられていました。
 昭和時代後期から海の埋め立てが進み、温山荘から海を臨む事は困難になりましたが、主屋・茶室・浜座敷が重要文化財に指定されており、伴待部屋・正門・北冠木門・西冠木門・中門・南冠木門も重文の附(ツケタリ)となっています。
 温山荘園に隣接して和歌山県立自然博物館・ヨットハーバー・市営プール等も設けられています。

*琴ノ浦温山荘園 〔名勝〕
 http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=892302
+和歌山県立自然博物館
 http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=159736&id=80947801

コメント(10)

 11月1日火曜日に行って来ました。
 温山荘です。

左;伴待部屋〔重要文化財〕
中;南冠木門〔重要文化財〕
右;西冠木門〔重要文化財〕
 温山荘です。

左;北冠木門〔重要文化財〕
中;十三重石塔
右;茶室鏡花庵〔重要文化財〕
 温山荘浜御殿〔重要文化財〕と、そこからの眺望です。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

半島・岬 更新情報

半島・岬のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。