ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 国際評論家 小野寺光一 > トピック一覧 > <たったの1票差で決まる><天...

国際評論家 小野寺光一コミュの<たったの1票差で決まる><天下分け目の関ヶ原><60%超の高い投票率が東北を救う>

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

<たったの1票差で決まる><天下分け目の関ヶ原><60%超の高い投票率が東北を救う>

<天下分け目の関ヶ原><60%超の高い投票率が東北を救う>

さて今日の選挙は特定の候補者を推薦はしないが、選挙自体には行っていただきたい。

多くの人が、「自分の一票がものすごく重要だ」と考えることが

高い投票率になるのだ。実際に最近の選挙では、たったの数票差で決まることが出てきている。

そうなるとまさに投票の一票がこれほど重要になってきている時代はない。

大雨が降っていても、どしゃぶりでも関係なく投票に行かないといけない。

投票に行かないということは欠席裁判と同じことである。

欠席裁判というのは、何か主張したいことがあっても、まったく認められず、ただ、相手の主張を丸のみします

認めますということになるのだ。要するに投票に行かないということは欠席裁判と同じことで、

「どうなってもいいです。全部あなたのいう通りでいいです。何も文句ありません」ということなのである。

しかし投票に行けば、自分の主張は聞き入れられる。そして多くの人が投票に行くには、自分から行かないとだめなのである。

今回、仙台では、バーコード票とバーコードリーダーは一切使われない。集計は手作業である。

しかも投票用紙は投票が終わったら、開票所まで、現金輸送車を使って厳重な警戒態勢のもと運ぶ。

期日前の投票所も24時間の警備をつけていた。以前白票によって不正が行われたため、残りの票も

毎日手作業で数えてきちんと枚数があっているかどうかをチェックしている。

これは選管としては格段の進歩である。

<秋田岩手仙台の危機><東北を襲う使徒HAARP来襲>
(注意事項)
以下の文章は選挙において特定の候補者を推薦したり 投票を依頼したりするものではなく、現在東北3県を襲っている天候についての書かれた記事です。
また、投票そのものに行くことは推奨していますが、特定の候補者については
書かれていません。したがって公職選挙法には違反しないものとなっています。

ついに伝家の宝刀のHAARP稼働!突如の雷雨&大雨!
HAARPは、仙台から秋田・岩手へと主軸を移している。7月23日(日曜日)
は、HAARPによってこの仙台、秋田、岩手が集中豪雨に見舞われる可能性が非常に高い。
Travel To Less Touristy Places In Japan: Akita Prefecture Travel Guide | Japan Travel Guide
https://www.youtube.com/watch?v=-SGNvKzGztg
岩手県盛岡の音楽教室のCM
https://www.youtube.com/watch?v=jDvxQew2sT4
そもそもなぜ、こういった日本有数の農作物地帯がHAARPによって攻撃されるのか?というと以下の動画で科学者が指摘している。
<なぜ彼らは有害化学物質を飛散させているのか?>
"Why in the World are They Spraying?" Documentary HD (multiple language subtitles)
https://www.youtube.com/watch?v=mEfJO0-cTis&feature=youtu.be
57分31秒のところから
モンサ○ト社が、気候改変をその国の農業地帯に行い、農業に壊滅的な打撃をあたえる。降雨と有害化学物質の散布によってその国の農業地帯で従来の農作物が
育たないようにするのである。そしてそのあとに、そういった有害化学物質散布の上でも育つような遺伝子組み換えをほどこした農作物を「売り込む」のである。

今の日本もなぜか農作地帯ばかりが最近の集中豪雨で襲われている。
大分の日田といえば天領水で有名だし 日田の梨などはブランドになっている。
そして今日は宮城県、秋田県が集中豪雨で襲われている。これらは有数の米作地帯であり農家が主体である。熊本も農業地帯が主である。
秋田が(HAARPのために)はじめて国道が陥没したらしい。

<注意事項>
(注)これは
特定の候補者に投票依頼をするためのものではなく、
「不正な選挙の可能性を排し、公明正大な選挙の実現を期し、投票そのものに行くことを促す」ものであるため、公職選挙法には違反しないものです。
※公職選挙法上、特定の候補者への投票依頼などは
禁止されているが、「不正な選挙の防止」「公明正大な選挙の実現」
「(特定の候補者推薦ではなく)投票そのものに行こう」という呼びかけは
よいことになっている。
<投票に行ったか?と友人知人にラインで聞いて、(特定候補者への投票は推薦せずに)投票そのものを促すことは
OK>
7月23日(日)は特定の候補者の推薦や投票依頼はダメだが、
「投票に行った?」とラインなどで友人、知人に聞いたり
投票自体を促すことはOKとされている。
選挙においてもっとも、問題だと思うことは、「低投票率」である。
友人みんなにラインで「(候補者推薦はせずに)投票に行った?」
と聞いてみてほしい。そういうのが来ると「やっぱり行かなきゃいけないかな」
と思っていくようになるものだ。
<秋田岩手および仙台市民は、雨とHAARPの関係を騒がないといけない>
仙台は、多少、騒いだ結果からか、雨の勢いが変化してきている。
経験上の話だが、今までの異常気象は、軍事技術を応用したものであるため
一部のネット上の識者は、よく知っている。異常気象を引き起こす側は、
ネットで騒がれ始めると、「ばれている」と感じるため、回避される傾向にある。
<23日(日)も雨か>
しかし仙台では、まだだろう。23日も雨が降る予定らしい。
HAARPとは何か1
https://www.youtube.com/watch?v=j-lJwN_G3X8
視聴回数 4,218 回
HAARPとは何か2
https://www.youtube.com/watch?v=wZTCsjgqyrs
HAARPとは何か3
https://www.youtube.com/watch?v=jycYEkuofr0
<以下の動画は福島原発事故とスタックスネットの関係性をするどく追及している動画である>
https://www.youtube.com/watch?v=7U5uOzjLI0c&list=PLYWlHukZOg1mWvM5-yO7GJMFqXMdO7MvL
FUKUSHIMA とスタックスネット(英語)
<最近の異常気象はHAARPによるもの>
そもそも、最近の異常気象はすべて軍事技術によるものである。

このHAARPというものは、チェルノブイリ原発事故のときも使用された。
記録によると公式に稼働しはじめたのが、1999年の6月である。
<ノストラダムスの大予言の「空からやってくる恐怖の大王」はHAARPのことではないのか>
ノストラダムスの大予言に「1999年7の月に恐怖の大王が来るだろう」
と書いてあったことがその昔、世界の終末がやってくるとして
一大ブームだった。これは「外れた」とされていたが、
振り返ってみると、ノストラダムスの大予言は
このHAARPのことを「恐怖の大王」と表現して予言していたのではないかと思うことがある。
「1999年7の月、
空から恐怖の大王が来るだろう、
アンゴルモアの大王を蘇らせ、
マルスの前後に首尾よく支配するために。」
しかし1999年の7の月というのは、旧暦(太陰暦)だったら、
もしかしたら1,999年の6の月(新暦 太陽暦)に該当している可能性もある。

<アンゴルモアとはモンゴリアンのこと>
この中でアンゴルモアというのは、モンゴルの大王のアナグラムであると
コリンウイルソンは分析している。(確か「オカルト」という本の中に書いてある)
いわゆるアンゴルモアANGOLMOISというのを言葉の順序を変えればMONGORIANS(モンゴル人)になるからだ。

モンゴルの大王といえばチンギスハンだろう。暴虐の限りをつくしていた。
それでは当時のモンゴル大王の特徴といえば、武力によって征服したあとは
その地域の略奪をくりかえし、ほぼ地域住民を皆殺しにしていた。

<マルスは火星をあらわす>

「マルスの前後に」というのはマルスというのは火星をあらわす。MARSをマルスと呼
んでいる。火星というのは戦争の神を表す。「首尾よく支配する」というのは

以前は「幸福の名のもとに支配する」という訳だった。

いわば、表立った「戦争」ではないのだが

「首尾よく」(戦争とは知られずに)支配するという意味である。
「マルス」(火星)の前後に」と聞いて 感じることは

もともと地球の文明の中で 特殊な文明というものがある。それは

エジプト文明などの古代文明である。(メソポタミア文明も含むが)

このエジプトにあった古代文明は、

火星が由来ではないかという説がある。

なぜかというと火星に
NASAが到達したときに多数のピラミッドを発見していたからだ。
シドニア地区に人面岩があるとして話題になった。
何が言いたいのかというと、火星から飛来してきた子孫によって
形成されたと思われるエジプト文明は、洗脳を武器にして支配をしていたと思われる。
その巨石文明の流れをくむのがいわゆる世界的な秘密結社の
フリーメーソンなのだ。

今の地球上の支配者として、銀行や戦争産業を支配しているのは
このフリーメーソンの流れをくむ人たちが多い。

HAARP(恐怖の大王)が天空から出現して
マルス(火星)の前後(戦争・洗脳の時代の前後)に首尾よく(幸福の名のもとに)支配するというのは、まさにあてはまっているといえるだろう。
であるから、ノストラダムスの大予言は実はHAARPの1999年の6の月の
出現を予言していたのではないか?
ついにHAARPが稼働してきたらしい。
大雨である。雷雨&大雨

HAARPというのは、軍事技術を応用した 気象操作のできる特許技術を
もとにした装置および技術のこと。地震を引き起こすことも、雷雨を引き起こすことも
可能。1999年に実用化されている
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search;_ylt=A2Rivch43nJZVB4Afilol_p7?p=%E5%A4%A7%E9%9B%A8%E3%80%80%E3%80%80%E4%BB%99%E5%8F%B0&ei=UTF-8
アメリカのTV番組が報道した気象改変施設の存在
https://www.youtube.com/watch?v=d_WoJJbGWvs
13236回再生 ※非常にわかりやすい。必見。
専門用語解説
イー‐エル‐エフ【ELF】[extremely low frequency]
《extremely low frequency》超低周波。周波数1キロヘルツ前後の電磁波。

気象兵器HAARPについて【気象兵器】海上移動式 HAARP
https://www.youtube.com/watch?v=VPK-qHQ8jkY&feature=youtu.be
最近では、アラスカのガコナにあるHAARPは知られてしまっているが、
これとは別に海上移動式のHAARPが開発されている。これは別名
Xバンドレーダーともいう。
小型のHAARPであり、形状が同じアンテナ群であるためそれを隠すために
丸く白いドームをかぶせてある。
スペースシャトルの技術を応用した、「HAARPスペースシャトル」まで
開発されている。(無人航空機X-37Bという)

その名前に本当の目的が隠されている。XとBは「Xバンド(X-Band)を意味する。37
という数字はXバンドのシンチレーション指数(m = 0:37)を表している。Xバンドとは電
磁スペクトルのマイクロ波電波領域の一部のことだ。

※シンチレーションとは電磁波の度数を表す
このホームページの記述がわかりやすい

日本でも気象操作が行われる?京都にXバンドレーダーが設置
https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11617248830.html

しかし最近、HAARPの軍事技術を適用したと思われる大地震や大災害が
日本各地で頻発している。大分の日田も、熊本もそうである。

以前の記事
<南海トラフ地震とHAARPに警戒せよ>
海上モバイル式HAARP(SBX−1)とHAARP砲付無人スペースシャトル(X−37B)に警戒せよ


おそらく体調の悪化を感じている人が多いのではないか?
季節はずれの真夏日であると報道されている。
そして外に出るとなにやら、まるで電子レンジが太陽になっているかのような異常な暑さを感じる。
そして報道では、熱中症で倒れた人が出たと報道されている。

こういう場合は Haarp(軍事技術で天候操作ができるもの)が稼動しているのではないか?と仮説をたてるほうがよい。

そしてこの軍事技術で地震を引き起こせるhaarpが稼動している場合、
人体にも悪影響を与えるため、いつもと違い、「調子が悪い」「吐き気がする」
などの症状が現れる。→多くの人は現在、そんな感じだろう。

過去にhaarpが動いて体調の悪化を感じていた状態と同じか否か?
→同じ(ような体感)である

そしてhaarpを検索してみると、モバイルhaarp(移動式HAARP)というものが開発されていることに気づく。
海上移動式HAARPをSBX−1という。
http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=SBX-1&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa

また宇宙空間からHAARPを照射する、ドローンHAARPまで開発されている。これをX−37Bという。
しかしこのHAARP砲というのは
いわゆる「波動砲」のことではないか?宇宙戦艦ヤマトの波動砲というのは将来現実化してしまうだろう。

ドローンスペースシャトル(HAARP搭載)である。
http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%EF%BC%B8%EF%BC%8D%EF%BC%93%EF%BC%97%EF%BC%A2&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa

謎に包まれた米空軍の宇宙往還機X-37B - その虚構と真実
http://news.mynavi.jp/series/x_37b/001/
ツイッターでこの問題に詳しい人がつぶやいている。

https://twitter.com/astroecology
Prompt Global Strikeとは、世界中どこでも一時間で攻撃できるようにしようという米軍の方針。アラスカのHAARPは役目を終え、海からはSBX-1、宇宙からはX-37Bで2〜3Hzの地震誘導ELF(低周波電磁波)照射のようだ。

https://twitter.com/astroecology/status/734701742021976064
見つけました
アメリカ空軍用に作られた1996年の研究レポート。Weather as a Force Multiplier: Owning the Weather in 2025
http://csat.au.af.mil/2025/volume3/vol3ch15.pdf
気象改変の米空軍の意図はこれで間違いなし!

アラスカにあるHAARPの実戦版とも言えるだろう海上配備XバンドレーダーSBX-1は時速15キロという自転車並みの速さ。通常ハワイのパールハーバーにいるようだけど、日本まで来るのに18日ほどかかる。しかし、だからこそ、SBX-1の目的はミサイル防衛ではなくて、地震攻撃では?

http://www.geoengineeringwatch.org/haarp-sbx1-mobile-sea-based-radar-weather-weapon-in-place-to-shake-the-ground-off-north-korea-expect-a-false-flag-in-north-korea-any-time-soon-weather-is-the-weapon-of-choice-please-look-at-th/

https://twitter.com/astroecology/status/734709715536478208
「米空軍は、2025年には気象を支配(own)できる」
との書き出しでサマリーが始まる米空軍のための研究レポート
http://csat.au.af.mil/2025/volume3/vol3ch15.pdf

https://twitter.com/astroecology/status/734714503242256385
「この書類の目的は、軍事目的を達成するための、将来の気象改変システムの利用戦略の概要を示すことである。」http://csat.au.af.mil/2025/volume3/vol3ch15.pdf
先のレポートをざっと読んだところ、軍事的目的のために気象改変を行うことを公にしており、電離層(ionosphere)という単語も38回出てくるが、電波の反射のため電離層に鏡を作ることは述べられていても、磁力線に沿って共振させ増幅させることなどは書いていない。無難な事のみか。https://twitter.com/astroecology/status/734750285650788353

https://twitter.com/astroecology/status/734759920784936960
The X-37B was developed by the USAF to replace the Alaska land based HAARP and achieve the goal of Prompt Global Strike
X−37B(ドローンスペースシャトル(HAARP照射砲付)
は、USAF(米空軍)によって開発された。
アラスカのHAARP基地の代替となり、グローバルストライクプロンプト(地球規模の攻撃計画)の目的を達成するために。
(beforeitsnewsより)
https://twitter.com/astroecology/status/734762688920838145
同上。宇宙から攻撃して地震か
With the X-37B now in orbit they can beam the narrow beam earthquake inducing radio frequencies from directly over the target

Prompt Global Strikeとは、世界中どこでも一時間で攻撃できるようにしようという米軍の方針。アラスカのHAARPは役目を終え、海からはSBX-1、宇宙からはX-37Bで2〜3Hzの地震誘導ELF照射のようだ。

https://twitter.com/astroecology/status/733841612619419649

HAARPの出しているのは、マイクロ波どころかデカメートル波(短波)。High Frequencyと呼ばれるけど、かなり波長は長い。これによる刺激により、南北両半球にまたがる磁力線に沿ったレゾナンス(共鳴)により、ELF(極めて低い周波数)が生まれるようだ。

http://quasimoto.exblog.jp/19362236/

”悪魔のX-37B”発進:北朝鮮ミサイルよりもっと怖〜〜い無人スペースシャトル!?

世一良幸
astroecology

HAARPは地上から電離層を温める「電子レンジ」みたいなものという比喩は笑うべきものではない。電子レンジを開発したのも、HAARPの設置も、ミサイル防衛も、指向性エネルギー兵器の開発もすべてアメリカのレイセオン社が関わっている。
ちきゅうが南海トラフのところに穴を掘っているが、
どうもこの「ジーニアスプラグ」の中の「スマートプラグ」というのは
怪しい形状をしている。これは福島原発事故で大爆発したという
あの細長い監視カメラの形状とそっくりである。
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20160318_2/

また、原田武夫氏はこういっている。「戯言(ざれごと)」として
南海トラフ地震のサミット時の危険性を書かれている。
https://m.facebook.com/iisia.jp/photos/a.498926340178592.1073741828.497706833633876/1082408421830378/?type=3&refid=17&_ft_=top_level_post_id.1082408421830378%3Atl_objid.1082408421830378%3Athid.497706833633876%3A306061129499414%3A69%3A0%3A1464764399%3A-5969827575051046889#footer_action_list


とにかくこういったHAARPによる地震を防ぐためには大騒ぎするしかない。途中で出力中止になれば
心身が軽快になるからそのときがHAARPの計画がとりやめになったときである。


<仙台市選管では、不正選挙で選管委員の懲戒解雇者が2016年12月に出てから見直しが入っている>
仙台市選管は、2016年12月に 白票水増しが発覚した仙台市青葉区選挙管理委委員が、懲戒解雇になり、そのあと、第三者委員の専門家によって
選挙不正が起きないように、見直しが入っている。

HAARPが稼働していると思われる。
https://twitter.com/TBC_saigai/status/888298260946747393
【2017/7/21-16:20 TBC気象台】仙台管区気象台は『大雨と雷及び突風に関する東北地方気象情報第2号』発表。東北地方では日本海側北部を中心に、22日は大雨による浸水、土砂災害、河川の増水に注意。22日18時までの予想24時間雨量は、多い所で日本海側北部で100ミリ。

HAARPについての英文記事
http://www.globalresearch.ca/haarp-secret-weapon-used-for-weather-modification-electromagnetic-warfare/20407

ttp://jimstonefreelance.com/busted1.html
ジムストーン氏のサイト 先頭に小文字のhを追加して参照
突然ヤフー翻訳サービスが終了している!
Yahoo!翻訳は2017年6月29日に終了いたしました
http://honyaku.yahoo.co.jp/info
Google 翻訳 https://translate.google.co.jp/
テキスト、ウェブページ、ドキュメントを世界各国の言語に翻訳。
Weblio翻訳 http://translate.weblio.jp/
テキスト、ウェブページを英語、中国語、韓国語に翻訳。辞書との連携で単語の意味や発音も確認できる。
エキサイト翻訳 http://www.excite.co.jp/world/
テキスト、ウェブページを世界各国の言語に翻訳。専門性の高い文章にも対応。
infoseekマルチ翻訳 http://translation.infoseek.ne.jp/
テキスト、ウェブページを英語など12の言語に翻訳。
Bing 翻訳 http://www.bing.com/translator/
テキスト、ウェブページを世界各国の言語に翻訳。各種言語間でのテキスト翻訳に対応。
So-net 翻訳 http://www.so-net.ne.jp/translation/
テキスト、ウェブページを英語、中国語、韓国語に翻訳。





国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約39ヶ月余りで読者数1万8526名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン。
まぐまぐ大賞2008政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol
まぐまぐ大賞2007政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2007/#policy02
まぐまぐ大賞2006政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/#policy

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
のバックナンバーはこちら
http://archives.mag2.com/0000154606/index.html?l=yum05c2362

◎国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
の配信停止はこちら
http://www.mag2.com/m/0000154606.html?l=yum05c2362

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

国際評論家 小野寺光一 更新情報

国際評論家 小野寺光一のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済