ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 国際評論家 小野寺光一 > トピック一覧 > <福岡の天災と南海トラフで緊急...

国際評論家 小野寺光一コミュの<福岡の天災と南海トラフで緊急事態条項導入をねらう多国籍軍需産業の思惑>

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

<福岡の天災と南海トラフで緊急事態条項導入をねらう多国籍軍需産業の思惑>

都議選は7月2日投開票だったが、不正選挙の異議申し出は、2週間以内である。

7月14日(金曜日)までに異議申し出を提出した方がよい。(東京都民が東京都選挙管理委員会宛に提出する)

不正選挙は、従来より、少なかったかのように見えるが、完全ではない。

おかしな点があったと思われる。

それに異議申し出を出さなければ、都民ファーストはおそらく

暴走しはじめるはずである。憲法改悪を唱え始めるだろう。

<異常な天災と、南海トラフ地震を引き起こして緊急事態条項を導入したい軍需産業>

長野地震、福岡の異常な天災と来ているが、これは

どうも南海トラフ大地震を引き起こして、多国籍軍需産業が日本に

緊急事態条項を導入して戦争に導きたいいという動きと連動しているようだ。

おかしな天災の背後には、緊急事態条項を入れたい軍需産業が見え隠れする。

(一見、自然災害に見えるが、最新の軍事技術を使えば、天候操作や台風、地震などの自然災害を引き起こすことは可能)

<都議選について>

自民党は都議選で23議席だったが、都民ファーストという第二自民党は、

49議席をとった。

官邸の怪人(コードネーム亡国のイージ○)は

考えた。「これはまずい。不正選挙が一部機能しなくなってきたぞ。」

しかし、内閣改造をやろう。この場合、これまでのように

国民の意向を徹底して無視した政治決定(内閣決議)は

やりにくくなってくるな。

国会議員だと、これほど負けると、次の選挙で落とされるかもしれないと

言い出して反対するかもしれない。

だから、落選する心配のない人物を内閣に入れてしまおう。

それには民間議員という 名目で 何を決議しても選挙で落ちる心配のないやつを入れてしまおう。

そうすれば、国民をだますような強行採決をして

労働基準法改悪、憲法改悪、戦争参戦にも

思い通りのことができる。

それには、大阪からあいつを呼んで

総務大臣か、法務大臣にしよう。

そして、コイズミジュニアを、大臣にしよう。そうしておけば

たとえ安倍が交代させられても、コイズミジュニアを大臣にしておけば

またずっと俺が官邸にいられて、国家資産売却と戦争参加に

いそしめるぞ。

それに神奈川県選出の議員は、不○選挙の城が磐石なので何があっても大丈夫だ。

<前川事務次官の証人喚問、参考人招致は、安倍のいないときにするのは

NHKに中継をさせないため>(NHKは、首相の出るときは必ず中継すると表明している)

前川の証人喚問は、安倍のいないときにやればいい。

なぜなら、NHKの中継基準は、「首相が出席するような重要な

国会を基準として、あとは総合的判断」と言わせているからだ。

だから「首相が出席していない」から「重要な国会ではない」

という口実で、「中継しませんでした」といえる。

俺は悪事の天才だな

北朝鮮も、ミサイルを撃ってくれているから、

それをあおって、憲法改悪をしてしまおう。

<抗がん剤メーカーの利権のために先進代替医療をたたく官邸と厚労省について>

※小林真央の通った、先進医療の表参道にあるクリニックが官邸と厚労省という

医療利権保護のために、医療中止にされているらしい。

抗がん剤を最初投与されてしまい、免疫機能を破壊されていた彼女にとっては

代替医療として、この表参道にあるクリニックに通ったのだろうが、

こういった「一回抗がん剤という毒物で免疫機能を壊してしまっている

患者は、代替療法(人間の健康を取り戻して、その免疫力によって治そうと試みるもの)にいくと、

「時間がかかる」ことが多い。なぜかというといったん、毒物によって自分の免疫力を破壊しているからだ。

したがって、代替療法に転じると、外見は健康的になっていくが、

がんの数値は(一時的には)上がってしまうということはありうることだと思われる。

なぜなら、最初に抗がん剤という強い毒物で体内の基本的な機能を壊してしまっているからだ。

しかし、ここで、数値の結果を見て「なぜ体にいいことしかしていないのに

数値が上がっているのだろう」と患者は考える。そのときに、はたから見ている人は

「ほーら 言わんこっちゃない。従来の医者に戻りなさい。

その代替療法は効かないのよ。」と言い出して、元の抗がん剤療法に

戻してしまうのである。本当は代替療法に変えて、一時的に数値が悪化したように見えるのは

その前に受けていた抗がん剤による免疫破壊が最大の原因なのである。だから一時的に数値が悪化したように見えても

本人の意思で代替療法をするのであれば続けなければならないのだ。しかし、抗がん剤に引きもどされてしまった場合

そうなると今度は、毒物を取り始めるわけだから

確かにがんの数値は一時的に少なくなるかもしれないが

結果は最悪の結果を迎えることになりやすい。

ただ、官邸と厚労省は以前、がんが代替療法で治る本を

全部販売禁止にしたように、抗がん剤メーカーの利権を守る存在なのである。

多くの人は、この表参道にある、代替療法の先駆者のような医療機関が

業務停止になるのは、おかしいと声をあげて苦情を言ったほうがいい。

現に、その医院で治療を受けている患者も多数いるはずである。

それに官邸は、水素水という存在をたたきたくてしかたないのだ。

抗ガン剤、子宮けいガンワクチン、精神医薬などのメーカーは欧米の同じ巨大製

薬産業が共通してやっていることが多く、一大利権である。

要するに抗がん剤の売れゆきが悪くなるようなものはなんでもすべて

攻撃して廃止したいのである。









国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約39ヶ月余りで読者数1万8526名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン。
まぐまぐ大賞2008政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol
まぐまぐ大賞2007政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2007/#policy02
まぐまぐ大賞2006政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/#policy

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
のバックナンバーはこちら
http://archives.mag2.com/0000154606/index.html?l=yum05c2362

◎国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
の配信停止はこちら
http://www.mag2.com/m/0000154606.html?l=yum05c2362

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

国際評論家 小野寺光一 更新情報

国際評論家 小野寺光一のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済