ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 東武鉄道8000系 初期顔車コミュ > トピック一覧 > 東武鉄道SL復活へ向けた動き ...

東武鉄道8000系 初期顔車コミュコミュの東武鉄道SL復活へ向けた動き トピ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

東武鉄道SL復活へ向けた動き トピを新たに立ち上げます。
SLに関する動きがあり次第、報告したいと思います。

4月21日のニュースリリースで、2017年夏に日光・鬼怒川地区において蒸気機関車(SL)を復活させる予定と発表されました。

◆東武鉄道ニュースリリース
http://www.tobu.co.jp/file/pdf/b1aa63bbdbbedc2f1f8e1b16523e14e7/160421_3.pdf?date=20160421123657


6月3日の東武鉄道からのお知らせで、SL復活運転プロジェクト公式Facebookをスタートした模様です。

◆東武鉄道からのお知らせ 
http://www.tobu.co.jp/news/2016/1051/

◆東武鉄道SL復活運転プロジェクト公式Facebookページ
https://www.facebook.com/tobusl/


◆蒸気機関車(SL)復活運転へ向けての概要

 ●東武鬼怒川線で復活するSL「大樹(たいじゅ)」の営業運転開始日を、2017年8月10日(木)に決定!
  http://www.tobu.co.jp/file/pdf/7bf111d6f69b03dc6942d94a799be133/170118-2.pdf?date=20170118121622

 ●運転計画概要
  2017年8月10日運転開始
  東武鬼怒川線 下今市〜鬼怒川温泉間 12.4km
  所要時間 片道約35分
  け薪焼数 土休日を中心に年間約100日(1日3往復)を予定
  サ匱屬虜太閉螳数は、約200席を予定


 ●SL復活運転は「SL+車掌車+客車+ディーゼル機関車(DL)」で運行
  。咤漫 ‖瀝拭。複卷務て察C11-207 (2016年08月19日受入済)
  ⊆崗玄屐‐渡 JR貨物  ヨ8634  (2016年06月11日受入済)
  車掌車 譲渡 JR西日本 ヨ8709  (2016年06月25日受入済) 
  さ匱屐 ‐渡 JR四国
   スハフ14-1、オハ14-1、オハフ15-1、スハフ14-5、オロ12-5、オロ12-10 計6両
   (2016年10月04日、05日受入済)
  ィ庁漫 ‐渡 JR東日本 DE10-1099(2016年12月23日受入済)
  ε昭崑罅‐渡 JR西日本 広島県 三次市→鬼怒川温泉駅(2017年01月26日受入済)
  転車台 譲渡 JR西日本 山口県 長門市→下今市駅(2017年02月03日受入済)
  南栗橋検修庫の新設(2016年08月04日完成) 
  車掌車 譲渡 大井川鐡道 ヨ13785(2016年10月?受入済)
  客車  譲渡 JR北海道(元 寝台急行 はまなす車両)
   スハフ14-508、オハ14-504、オハ14-505(ドリームカー)、スハフ14-501 計4両
   (2017年02月23日受入済)

【東武鉄道SL復活へ向けた動き】SL C11-207 南栗橋構内 試運転 1回目は慣らし運転、2回目は高速走行

コメント(52)

【東武鉄道SL復活へ向けた動き】
SL客車甲種輸送 熊谷貨物ターミナル 14系客車+機関車連結シーン
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】
SL客車甲種輸送 熊谷貨物ターミナル出発 秩父電気機関車(茶釜先頭)でプッシュプル甲種輸送

【東武鉄道SL復活へ向けた動き】
SL客車甲種輸送 広瀬川原車両基地付近通過 秩父SLの様子、秩父客車と東武客車の並びも撮影
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】
SL客車甲種輸送 羽生駅 81106F入線〜秩父電気牽引14系客車入線 連結〜805F入線 連結の一部始終撮影
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】
SL客車甲種輸送Α ̄生駅 8000系+14系客車の連結シーンだけを編集しました。
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】
SL客車甲種輸送А ̄生駅 8000系+14系客車のブレーキテスト ブレーキ緩解→非常ブレーキ シーンだけを編集しました。
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】
SL客車甲種輸送 昨日回送された 客車 スハフ14-5+オロ12-5+オロ12-10の南栗橋での様子
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】
SL客車甲種輸送 2日間で回送された 客車6両の南栗橋での様子 & 新たに訓練線用 駅舎建設か?
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】
SL C11-207 南栗橋構内 試運転 1回目は慣らし運転、2回目は高速走行
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】
SL C11-207 南栗橋構内 試運転後 アントに引かれSL車庫に入庫する様子
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】
SL客車 全6編成 現在南栗橋にて、絶賛 屋外留置中!
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】
SL客車 全6両 南栗橋にて留置位置変更して 絶賛 屋外留置中!
【東武ファンフェスタ 2016!ぁ曖咤 「大樹」 撮影会の様子 汽笛を鳴らすシーンあり【音量注意!】
【東武ファンフェスタ 2016!ァ曖咤 「大樹」 2回 汽笛を鳴らすシーンのみ編集【音量注意!】
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】
SL補機 DE10-1099ディーゼル機関車甲種輸送
熊谷貨物ターミナル DE10-1099+機関車連結シーン
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】
SL補機 DE10-1099ディーゼル機関車甲種輸送
秩父鉄道三ヶ尻線内 デキ303号機+DE10-1099+デキ501号機 甲種輸送
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】
SL補機 DE10-1099ディーゼル機関車甲種輸送
秩父鉄道 広瀬川原 長時間停車 DE10-1099をじっくり撮影
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】
SL補機 DE10-1099ディーゼル機関車甲種輸送
羽生駅 81115F入線〜秩父電気牽引 DE10-1099入線・連結〜855F入線・連結の一部始終撮影
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】
SL補機 DE10-1099ディーゼル機関車甲種輸送
南栗橋へ向け 終電後の羽生駅 発車シーン
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】
SL客車 スハフ14-5 南栗橋屋外にて 外装修繕開始か?
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】
SL客車 南栗橋屋外にて 外装修繕開始!
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】 SL終着駅 鬼怒川温泉駅 転車台 設置状況(2017年2月)
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】 SL始発駅 下今市駅 転車台 およびSL検修庫 設置状況(2017年2月)
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】SL C11-207+ヨ8634+ヨ13785+ヨ8709 
車掌車3両の珍しい編成で試運転
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】JR北海道 寝台急行 はまなす14系客車 4両 甲種輸送
熊谷貨物ターミナル 14系客車+機関車連結シーン
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】JR北海道 寝台急行 はまなす14系客車 4両 甲種輸送
秩父鉄道三ヶ尻線 秩父電気機関車(黄釜先頭)PP走行シーン
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】JR北海道 寝台急行 はまなす14系客車 4両 甲種輸送
800系 2編成に挟まれ、南栗橋へ向け 終電後の羽生駅 発車シーン

【東武鉄道SL復活へ向けた動き】JR北海道 寝台急行 はまなす14系客車 4両 甲種輸送
東武鉄道 南栗橋に無事到着
【東武鉄道SL復活へ向けた動き】 南栗橋工場ツアー SL試乗イベント
車掌車 ヨ13785に試乗し構内往復運転
【東武SL 本日も試乗会開催】ドリームカーと普通座席の違いを撮影 ドアは手動で開閉

【JR四国から譲渡14系 4両 原色のまま 検査完了!】
SL大樹 14系客車 車番そのまま 東武の検査票「29-4 南栗工」確認
【東武 下今市駅 SL転車台完成】SL始発駅 下今市駅 転車台 およびSL機関庫 設置完了 SL見学広場を建設中 おまけで6050系 区間快速 車窓撮影
【東武 鬼怒川温泉駅 SL転車台完成 お披露目式】
SL終着駅 鬼怒川温泉駅 会津鉄道 AIZUマウントエクスプレスを転車台で回転!
【東武 SL客車 検査前 6両の状況】
SL大樹 客車 JR四国12系 2両、JR北海道14系 4両の状況確認
【JR四国から譲渡14系に「SL大樹」幕 表示】東武 14系客車 4両編成で「SL大樹」幕 表示
【JR四国から譲渡14系に「SL大樹」側面幕 表示】東武 14系客車 「SL大樹」側面幕 表示
【東武SL大樹 鬼怒川線で初めての早朝試運転! 枡の出と同時 早朝 鬼怒川温泉到着シーン!
【東武SL大樹 鬼怒川線で初めての早朝試運転!◆杁甘楡邁浩 転車台SL+車掌車 回転シーン!
【東武SL大樹 鬼怒川線で初めての早朝試運転!】東武鬼怒川線で最も急なカーブ テレビカメラも隣で撮影 新高徳付近 鬼怒川橋梁を渡るシーン

【東武SL大樹 鬼怒川線で初めての早朝試運転!そ】 下今市到着→入替→SL+車掌車 転車台回転→機関庫入庫シーン

ログインすると、残り12件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

東武鉄道8000系 初期顔車コミュ 更新情報

東武鉄道8000系 初期顔車コミュのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。