ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 三浦綾子 > トピック一覧 > 全国の読書会をご紹介するシリー...

三浦綾子コミュの全国の読書会をご紹介するシリーズ 2017年8月19日に開かれた東京中野三浦綾子読書会をご紹介します

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

今日8月19日午後2時から東京中野三浦綾子読書会が開かれました。
そのご報告を差し上げます。

全員で12名 初めての方も2名参加いただきまして、
男女それぞれ6名ずつと非常にバランスが良かったです。

課題図書 は前回の「道ありき」に続いて「この土の器をも」でした。
順番に感想や意見などを発表してゆきまして、活発な意見交換で非常に盛り上がりましたよ♬


◯1
国村文雄から岡本三千子に宛てた別れの手紙の末尾に「追伸 不死鳥のように、僕が灰の中から飛び立つ奇蹟が、もし起こった時は、
誰よりも先に、君の前に現れるかもしれない」とあったために岡本三千子は別れを受け入れることが出来ず最終的に自死を選んだのですが、
このことに関して女性の参加者に考えをお尋ねしたところ、やはりこう書かれると恋愛が終わったとは考えられないだろうとのことで、
論議が大変活発に盛り上がりました。
始めにこのテーマで盛り上がったので今日の読書会はいつも以上に和気藹々で活発な内容になったと思います。

◯2
三浦家に老人が訪ねて来た際に、親身な忠告をしたことから
結婚することの意味、夫婦であることの意味、家庭を持つことの意味
などを改めて考えさせられました という意見がありました。

◯3
従姉妹(マリちゃん)の結婚式に招かれた際の挨拶の中の「マリちゃん、長い人生には絶望と見える時があるかも知れません。
でも、マリちゃん、その時には、今わたしの言ったことを思い出してください。そして長い間臥ていたあの綾子が、踊れるほどになったということを思い出してください」
という言葉から、内側から励まされたとの発表もありました。

◯4
若い時に「この土の器をも」を読んで、クリスチャンの生き方ってこうなんだと思って、参考にしてきたものがいくつかあります。
そしてそれは今の私の中にいくつか形となって残っています。との発言もありました。

◯5
綾子さんが松本清張と会いそびれる場面から、本題から逸れつつ、松本清張が俳人の杉田久女のことを悪く書いたことの顛末をご紹介してくださいました。
松本清張は一方からの話を鵜呑みにして、杉田久女のことを悪く書き、そのことが後々久女にとって不利なように働いたわけですが、
最後の最後に松本清張の死後全国を巡る回顧展が開かれ、その中で松本清張が久女を評価していたとの記載があって、久女が慰められた とのことでした。
こういう話題の若干の脱線はよくあることですね^^


◯6
道ありきの時代とくらべて、あやこさんが随分元気になって、その反面光世さんが体調思わしくなかったのが印象的。
「氷点」完成後ふたりとも体調を崩すのは、1年間の集中の結果ではないかと思う。
との意見が出されました。

◯7
「氷点」執筆中に、寸暇を惜しんで小説を読む綾子さんの姿に感動。
病気療養中に読み溜めた知識だけで執筆したのではないと知って、凄いなと思いました。
この他、随分マニアックな話題も出ましたが、短文に纒める自信がありませんので、残念ながら割愛させて頂きます。


次回東京中野三浦綾子読書会は以下の通りです。
課題:光りあるうちに
日時:10月21日(土)14:00〜16:00
会場:新中野キリスト教会
   http://shinnakano.jpn.org/info/access/
会費:300円


和気藹々で楽しい読書会です。
初めての方もお貸しする本もございます。
クリスチャンでない方も参加されています。
是非足をお運び下さい。
マニアックな話題もライブでお聴きいただけます(^0^)
https://plaza.rakuten.co.jp/gospelgospel/diary/201708190001/

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

三浦綾子 更新情報

三浦綾子のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済