ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 三浦綾子 > トピック一覧 > 綾子さんの旧書斎の移築に関する...

ログインして参加する

このコミュニティに参加するにはログインが必要です。

綾子さんの旧書斎の移築に関する北海道新聞の記事をリンク貼って...

綾子さんの旧書斎の移築に関する北海道新聞の記事をリンク貼ってみます。 2016年11月03日 20:53
mixiユーザーmixiユーザー
綾子さんの旧書斎の移築に関する北海道新聞の記事をリンク貼ってみます。

10/21 07:00
 旭川市出身の作家三浦綾子さん、光世さん夫妻の自宅(豊岡2の4)の保存、活用について話し合う検討委員会は20日、三浦綾子記念文化財団に答申する骨子をまとめた。

自宅は解体し、三浦綾子記念文学館(神楽7の8)に隣接する場所に分館を建設して、書斎を移転保存することが望ましいとした。

 同日、市内で非公開の会合を開いて決めた。座長の山内亮史旭川大学長によると、現地保存は維持管理が難しいことなどから断念し、夫婦が口述筆記で数々の名作を生み出した書斎を移転保存するとした。

分館にはファンがくつろげる喫茶、展示や会議に使える多目的スペースなどもつくり、文学館に不足している機能を補完する。

土地取得や解体、移築などに数千万円かかるとして、費用の確保を慎重に検討することなども求める。


自宅は、2014年に亡くなった光世さんの遺言で財団に寄贈された。
財団は広く意見を聞くため、今年2月に市民や建築関係者らでつくる検討委を設置。
今後は骨子を基に答申を作成し、12月に財団に提出する。(石橋治佳)

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/dohoku/1-0329082.html

コメント(0件)

コメントを書く (*の項目は入力必須)

三浦綾子のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

三浦綾子