ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 超宗派・仏教 > トピック一覧 > 入菩提行論の歌 PART1(イ...

超宗派・仏教コミュの入菩提行論の歌 PART1(イメージビデオ)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

 シャーンティデーヴァの「入菩提行論」の第一章〜第四章を要約し、メロディに合わせて歌ってみました^^
 そしてそれに画像をつけたイメージビデオができました。


 26分ありますが笑、歌うだけで(聞くだけで)、「入菩提行論」の四章までのエッセンスが修習できますので、よかったらお聞きください^^


「入菩提行論の歌 PART1 第一章〜第四章」
The Song of "Bodhicharyavatara" Part1 Chapter 1〜4



原典:Shantideva "Bodhicharyavatara" Chapter 1〜4
作詞・歌:Keisho.Matsukawa
作曲・演奏:Yuri.Tanaka
録音・編集:Takuya.Takahashi








 得難き 人身を
 得た今 目的を
 達成しなければ
 再び 時ぞ来ぬ

 あたかも夜に 暗闇の中
 稲妻が一瞬 すべて照らすように
 如来の愛で 衆生の心
 わずかな間 善へと向かう
 
 だから浄行は 力が弱く
 悪の力は とても大きい
 もし菩提心が なかったならば
 いったいどうして 悪を征し得る

 聖者方は はるかなあいだ
 思惟にふけって この菩提心を
 無量の衆生 救済し得る
 菩提心を 発見した

 苦の超越を 衆生済度を
 願うならば 菩提心を
 決して決して 捨ててはならぬ
 すべてをブッダに 変える宝を

 すべての衆生を 救済しようと
 不屈の心で この菩提心を
 持ち続けるなら 怠惰な者にも
 聖なる流れが 不断に生じる

 苦悩の超越 願いながらも
 衆生はかえって 苦しみを得る
 楽を望んでも 惑いのために
 まるで敵のように 自身を扱う

 衆生を救う この菩提心を
 得るため私は 如来に対して
 正しく供養を ささげたてまつる
 ダルマと菩薩に対してもまた

 あらゆる花と 種々の薬草と
 世にある限りの 宝の山と
 清浄な水と 快適な森と
 見事な果実に 満ちた樹木と

 天の香りと 如意宝珠と
 蓮華の池と 他の品々と
 これらあまねき 一切の供物
 ブッダと菩薩に ささげたてまつる

 慈悲ある方よ われを憐れみ 
 これらの供物 お受けください
 われは徳なく とても貧しい
 ゆえにこれらを お受けください

 私自身を あますところなく
 ただあなたへと すべてささげん
 至高のお方 受け入れたまえ
 バクティ胸に 召使いとなる


 あなたに受け入れられれば私は
 恐れることなく 輪廻の世界で
 衆生のために 働き続ける
 悪に打ち勝ち 悪を行なわず

 微塵の数に 等しいくらいの
 無限の数の 礼拝をもって
 私はダルマと 菩薩を伴う
 聖なるブッダに 帰依したてまつる 

 過去世において 今生において
 私がおかした すべての悪を
 私はブッダに 告白します
 怠慢によって おかした罪を

 グルよ私は どんな悪業も
 一つ残らず 告白します
 どうか速やかに お守りください
 カルマの果報は 逃れがたい

 私の罪が 滅びぬうちに
 私が死なぬように願います
 健康などとは 関係がなく
 死は突然に われらを襲う

 愛しいものや 憎むもののため
 私は多くの 悪を犯した
 これらすべてを 捨てて行くのに 
 愛しいものも 憎らしいものも
 やがてはすべて 消えていくのに

 認識された すべてのものは
 ただ記憶の 中に去りゆく
 過ぎ去りしものは 二度と帰らぬ
 ただ罪だけが 私に残る

 かようにわれは 自己がこの世の
 遇来の客と 認識せずに
 三毒により 多くの罪を
 おかし続けた お許しください

 昼夜たゆまず 命すり減り
 私が死なぬ ことはありえぬ
 閻魔の使者に つかまれたとき
 福善のみが 私を救う

 しかし私は それらおさめず
 怠惰によって 罪をおかした
 救いなき闇の 死後の世界で
 いったい誰が われを救うか

 世界を救い 恐れをのぞく
 世界のグルに 帰依いたします
 そしてダルマに 帰依いたします
 菩薩たちにも 帰依いたします

 苦悩の声で 呼びかけます
 悪人のわれを 守りたまえ

 今までわたしは あなたの言葉に
 そむいてきた 無智なるままに
 しかし今こそ あなたに帰依し
 すべてあなたに 従います

 すべての苦悩を のぞき去る
 全智の医師よ 救いたまえ
 ああ私が その言葉に
 そむくとは 愚かのきわみ

 どうか私を 許したまえ

 先に享受して すでに滅び去り
 師にそむいてまで 求めた快楽
 それから現在 どのような価値が
 わたしに残って いるというのだろう

 すべてを捨てて 私が逝くとき
 愛しいものも 憎らしいものも
 なんの役にも たちはしない
 友も親戚も すべて消えゆく

 私が積んだ 悪の果報から
 どのようにしたら 逃れられるか
 昼夜たえまなく 考えることが
 まさしく私に ふさわしいこと
 
 愚かで迷える 私は多くの
 罪を重ねた これなる私は
 苦しみを恐れ 師主の前に立ち
 合掌をささげ 懺悔いたします


 すべての衆生の 清らかな善を
 私は歓喜し 喜びます
 苦しむ衆生 それらの善で
 安楽となれ 輪廻を超えて

 救済者たちが お説きになる
 菩薩とブッダの 素晴らしい境地
 それを私は 賛嘆します
 そしてブッダに 懇願します

 無明のために 苦しみの中
 沈み落ちてく 衆生のために
 法のともしび 照らしたまえ
 そしてブッダに 懇請します

 無限のあいだ この世にあられ
 苦しむ衆生を お救いください
 この世を闇と したもうなかれ
 そして私の 積んだ功徳で
 衆生の苦悩 滅尽したい

 私は病人の 医者でありたい
 薬でありたい 看護をしたい
 飲食の雨 たゆまず降らし
 飢えと渇きを 滅ぼしたい
 飲食物に 私がなりたい

 貧困にあえぐ 衆生のために
 私は不滅の 宝になりたい


 すべての衆生の 利益のために
 私は私の 体と財と
 過去と未来と 現在に積んだ
 あらゆる功徳を すべてささげる

 すべてを捨てることがニルヴァーナ
 それなら私は すべてを捨てて
 それらを衆生に すべて与えん
 私のこの身 衆生に与えん

 衆生が常に 私のこの身を
 殴るもいいし ののしるもよい
 ごみをあびせたり あざわらったり
 なんでも好きに するがよい

 私は私を 彼らに与えた
 だから私は 私に対して
 たとえ彼らが 何をしようと
 思いわずらう 必要はない

 彼らがそれで 幸せならば
 私を使い なんでもなせよ
 しかしいつでも 私のせいで
 誰かが不幸に なってはならぬ

 もしも仮に 私のせいで
 誰かが怒り 苦しんだなら
 それはかえって 彼らが悟り
 幸せになる 原因となれ


 わたしを誹謗し
 損害を加え
 嘲笑をする
 すべての者が

 どうか 偉大な
 覚醒を得て
 聖者となりますように


 寄る辺なき者の 寄る辺となりたい
 彼岸に渡ろうとする人々の
 船となりたい 橋になりたい
 堤防となり 皆を守りたい
 
 もしもあかりが 必要ならば
 衆生のために あかりになりたい
 もしもベッドが 必要ならば
 衆生のために ベッドになりたい

 衆生のために 召使いとなり
 すべてを生み出す 如意宝珠となり
 医薬となって 如意樹となって
 衆生のために 自己をささげたい

 四大元素が 衆生のために
 様々なさまで 役立つように
 すべての衆生 解脱するまで
 私が衆生に 役立つように

 かつてブッダが 菩提心を持ち
 そして実践し 遵守したように
 わたしも菩提心を起こそう
 世界のために 実践しよう


 人間の生は いま実を結び
 私はブッダの 子供となり 家族となり
 
 だから私は この家柄に
 ふさわしい行為を 常にし続けねばならぬ

 あたかも塵の堆積の中から
 盲人が宝 見つけたかのように
 この菩提心は まさに偶然に
 わたしの前に あらわれたもうた

 菩提心こそは 不死の霊薬
 不滅の財宝 最上の薬
 輪廻に迷い さまよい疲れし
 衆生がやすらう 大きな木陰

 難路を超えるための堤防
 煩悩の熱を冷やす月光
 無明を払う 太陽の光
 ダルマのミルクの新鮮なバター

 今こそ私は 衆生を救い
 仏陀の境地に 導いていこう
 救済者たちの その面前で
 すべての衆生は 歓喜したまえ

 かように菩薩は 菩提心を持ち
 たゆまず努力を しなければならぬ
 偉大なブッダと 菩薩によって
 熟考せられた この菩提行を

 もしも菩薩が 罪を犯せば
 衆生の利益も 阻害されるから
 菩薩の罪は 極めて重い
 それを考え 念正智すべし


 ゆえに私は 菩薩の誓い
 忘れることなく 成就せねばならぬ
 もし今努力 しなかったなら
 底から底へ 落ちねばならぬ


 今まで無数の 偉大なブッダが
 救済のために この輪廻に 登場した
 しかし私は 悪しきカルマで
 いまだに輪廻で 救われずに 苦しんでる

 今生もまた 今までのように
 私が怠惰で あり続けるなら
 病に苦しみ 死して苦しみ
 悪趣に落ちて 苦しむだろう

 人に生まれて 如来に出会い
 信仰を持ち 修行ができる
 かような条件 極めて得難い
 今を逃したら もうチャンスはない

 食べ物があり 災厄もない
 健康な日々も またそうである
 死がいつ来るかは 誰もわからず
 この肉体は ただの借り物

 もし私が今 死んだならば
 人に生まれることは難しい
 悪趣に落ちれば 徳は積めずに
 ただ悪を積み 落ち続けるだけ


 善をなすのに 適してる今
 もしも私が 修行せぬなら
 悪趣の苦痛に 苦しむときに
 なぜに私が 善をなしえよう

 ゆえに世尊は 人の体は
 とても得難いと お説きになった
 海に浮かんだ くびきの穴に
 めくらの亀が 首をいれるように

 わずか一瞬の 罪悪からも
 無間地獄に 落ちることもある
 しかも私は はるか過去世から
 無数の悪を 積み続けてきた

 人に生まれて ダルマに出会う
 貴重なチャンスに 恵まれながら
 もしも私が 努力しないなら
 これにまさるような 愚かさはない

 地獄の炎は わが身を焼いて
 後悔の火は 心を焼こう
 せっかくつかんだ チャンスふいにし
 再び地獄に 落ちるというのか

 あたかも呪文に まどわされたように
 なぜかわたしは 無智におおわれ
 ことの重大さ 気づくことなく
 貴重な時を 無駄にしてきた


 たとえすべての 生き物たちが
 私を恨む 強い敵に なろうとも
 わたしを無間地獄へと
 落とすことは 決してできはしないだろう


 しかし私の 煩悩こそは
 私を無間地獄へと落とす
 仕えるほどに 苦しみだけを
 与える悪魔 それが煩悩

 苦悩を生ずる 唯一の因
 その煩悩が わが心に住む
 私は必ず この煩悩を
 うち滅ぼそう 完膚なきまで

 衆生に多くの 苦しみ与える
 煩悩という 悪魔の王を
 必ず倒すと 誓って私は
 激しい戦の 先頭に立ち

 矢の苦しみも 槍の痛みも
 ものともせずに 雄々しくたたかう
 勝利を得るまで きびすを返さず
 この煩悩を うちほろぼそう



 偉大な戦士は 多くの傷を
 勲章のように ものともしない
 私は衆生済度のために
 立ち上がった その私に

 たとえ多くの 苦しみが来ても
 ものともせずに 突き進もう
 百の苦悩が 来ても私は
 絶望せずに 落胆もしない

 漁師や農夫は 生活のために
 寒暑その他の 苦しみに耐える
 ならば私は 済度のために
 なぜに苦悩に 耐えられないか

 すべての衆生を 煩悩から
 解放しようと 誓いながら
 私自身が 煩悩から
 解放されて いないとは


 だから私は これからたゆまず
 煩悩破壊に不退転となる
 腸がこぼれても 首を切られても
 けして屈せずに戦う


 煩悩は幻
 恐れるな わが心よ
 悟りを 得るために
 ひたすら 努力せよ
 今こそ

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

超宗派・仏教 更新情報

超宗派・仏教のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済